鴎と鷹、鳥類の競演(その7)

うーまないざーはいねがー
2012/7/28 QVCマリンフィールド
うーまないざーはいねがー

 金曜日土曜日と横浜スタジアムで行われた横浜DeNAベイスターズと阪神タイガースの試合を観戦、横浜DeNAベイスターズの球場演出を楽しみつつ、予想以上の位置の座席で演出と共にプロ野球観戦のストレートな部分、選手のプレー、勝敗などなどを心の底から楽しませていただいた今日この頃でありますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 先行したモノはついぴくさんで見ていただいてますけども、予想以上にいい塩梅のお席でベンチに戻ってくる選手の声やスターマンさんの持っているタンバリンの音なども聞こえるような、そんな凄いお席で。日々の繋がりだとか絆を再確認、お知り合いの導きに乗っかっていい塩梅の絵が撮れたのは本当に嬉しかったです。

 それと共に横浜DeNAベイスターズ場内演出をある程度じっくり見てきた訳なんですけども、今年は本当に安定しているなぁと。あとは試合開始前のステージだとかを色々と見たいなぁと思うんですけど、中々日程が合わないんですよねぇ……。
 
 
 さて、今回も2012のエントリー。2012年7月28日と29日にQVCマリンフィールドで行われた千葉ロッテマリーンズと福岡ソフトバンクホークスの試合で見た色々をお届けしていきます。今回は試合中の諸々を見ていきたいと思います。

 試合中の皆さんの動きはきゃらくがき(2013年はキャラボードと言う表記)にグリーティング予定がしっかりと書かれていて、ゆかいな仲間たちに会いたい場合は、その辺のボードにあわせて動けば何とかなるという形で。この日は頭からの観戦でしたし、せっかくですしと言うことで、おやびんをさがしつつ、お夕飯を探しながらフラッと場内を闊歩していたりしておりました。

 お知り合いの淑女と同流しつつ、きゃらくがきどおりの場所を歩いていたんですけども、早々に艶やかなおやびんを発見。周りにお客さんも少なく、2012仕様のゆかたがモノすっごくかわいいとか、あんたは口だけとか色々やりつつ、あやてぃがツッコミを入れていくとか訳の分からない状況に。

 そんな中でお知り合いの淑女に魅せていたこのポーズ。今も間違いなく上から見守ってくれているお星様がよくやっていたポーズで、親友のおやびんがしっかり受け継いでいるなんてことを改めて思うんですけど、男子的には背筋が凍ります(笑)。
 
 

※画像をクリックするとポップアップして大きく表示されます。なお、ギャラリー表示はパソコンやスマフォ、タブレットPCなどのみの対応で、一部のフィーチャーフォンで表示できる機種もあるそうですが、基本的には対応しておりません。また、フィーチャーフォンやニンテンドーDSブラウザ、PSPブラウザなどでは、キャプションが付くまで画像を見ることが出来ないようです。申し訳ございませんが、対応機種で御覧ください。

 てなわけで、この日の試合中グリではおやびんの2012ゆかたをバキッと撮るぞってのが第一の目標でしたので、それに関しては大満足。眉をひそめる皆さんもいらっしゃいますけど、可愛いが正義なので個人的にはありだとおもう、最近の流行りであるドレスっぽいゆかたで攻めていたおやびん。あやてぃと佑香ちゃんは正当派な着こなしでいい塩梅の競演を撮れていたりしたんですが、その後はうーまないざーはいねがーと大荒れなおやびん。色々と取材都合もあるんですよとか色々やりつつ、あんたのこともちゃんと見てんだかんね(=監視してる)と言うアピールを。ホント、可愛いんですけど、後ろめたいことは一切無いんですけど、ドキッとします(笑)。

 その後、COOLさんと友里ちゃん、千智ちゃんの黒仕様な2012ゆかたを撮って、真ん中のペンギンが岡っ引きだったり、グリの最後のエレベーター前で2012仕様でもしっかりと家系ラーメン屋店主で推していくマー様だとかを見てこのセクションは終了。BLACK☆Splash!! は色味をCOOLさんに併せて黒のゆかたなんですけど、これまたいい塩梅。マー様は……まぁ、お約束なので、家系ラーメン屋店主は(笑)。
 
 

 中盤戦の5回裏終了後、花火が打ち上がるのはQVCマリンフィールド名物。ハリーホークさんが来場していたこの日も例外に漏れず、さらにはスポンサーマッチデーがその名も「京成花火ナイター」でしたから、5回裏終了後には花火の打ち上げが行われます。一塁側からはマー様達がゆかたに身を包んで、三塁側からはハリーさんが、さらには京成パンダさんも堂々と登場であります。

 お客様が来たときはカウントダウンの後の起爆をマー様と共に行っていくんですけども、この日はゲストが一杯で本当に華やかな感じ。この日アテンドに付いていたM☆Splash!! の面々がしっかりと登場して、ポム文字でカウントダウン表示が行われ、バキッと打ち上がっていきます。

 打ち上がった後にハリーさんもかなりの勢いで打ち上がっていたんですけども(笑)、この日は起爆装置が置かれる位置やみんなの動きをある程度読みながらやっていたと言うこともあり、80-400mmのレンズで履く、28-300mmの広角よりのレンズで撮影していたんですけども、そのおかげで花火も……まぁ、花火とかは下手するとコンデジとかの方が上手く撮れるので、こんなの上がってました程度に見ていただければ幸いです。

 打ち上げ直後はみんなでまったり花火見物。バックショットをオフィシャルカメラマンさんが撮っていたりしますけども、こう言うシーンが積み重なって公式ページとかかもめ写真館が充実するんだろうなぁと思いながら見ていました。
 
 

 マスコット交流が行われているときのイニング間演出はラッキーセブンも華やかに行きます。まずは7回表に福岡ソフトバンクホークスのラッキーセブンが。いつもは他の面々と共に盛り上げているハリーさんですけども、この日はひとりでレフトスタンドの皆さんと心を一つにチームの勝利を呼び込んでいこうという、そんな形ではあったりします。

 いざゆけ若鷹軍団に乗せて、序盤はダンスをしていくハリーさんですけども、後半戦はアクロバットを魅せていく形。ハリーさんのアクロバットは努力を積み重ねて完成したような、そんな雰囲気がひしひしと伝わってきて、ものすごくグッと来るんですよね。ぱっと見はただのバク転かもしれませんけども、ずーっと見ているからこそ気づく、そんなポイントもあったり。細かい部分も見ているとホントに楽しかったりしますんで、是非その辺のポイントも気にしてみていただけると楽しいです。
 
 

 一方の千葉ロッテマリーンズもしっかりとラッキーセブンを盛り上げていきます。この日はマスコット交流仕様で三塁側に席を確保してみていたんですけど、おやびんのジャンプはしっかりと押さえていく意識があったので、バキーッと。ゆかたドレスなので中々ジャンプが難しいんじゃないかなぁと思っていたんですけど、その辺はしっかりと飛んでいくようです。

 三塁側からラッキーセブンの様子を撮っていくと、ほとんどがバックショットとなっていくんですけども、マー様は京成パンダさんと楽しそうにしていたのは確認。マー様はホントに京成パンダさんが大好きなんだなぁと思う私であります。あとは、ズーちゃんがちらっと三塁側をむいた瞬間を逃さずに押さえていたり、引き上げ風景を撮っていたり。実際には三塁側ではCOOLさんがアクロバットを魅せるセクションがあるんですけど、フィールドウィングシートに阻まれ、アウトだったんですよね。

 それだけだとアレなので、トイレ休憩をかねて引き上げていくCOOLさんに今日もいい塩梅だったねとか、そんな話を。引き上げの時にちょろっとふれあいがあったりするんですけど、見た目はツンツンですけど心優しきまじめなペンギンであるCOOLさんはしっかりと応対して帰って行くんですよね。そんなCOOLさんの姿を見るのが結構好きな私であります。
 
 

 さて、この日は1点差で何とかしのいでた千葉ロッテマリーンズが9回表に追いつかれるという展開が。延長戦に突入していくんですけども、そこで「ふりかざせちバット/MMJP」が流れ、みんなが登場するという展開が。横浜DeNAベイスターズの9裏突入時に行われる「熱き星たちよ」アゲインに近いような雰囲気と言いましょうか、何とかもう一踏ん張りして、チームに勝利を呼び込んでいこうという、そんな気持ちが伝わってきてグッと来ていました。

 基本はちバットを斧のように振り下ろして行くという流れなんですが、どうしても「ふりかざせちバット/MMJP」と言うと、きゃらくたぁ大喜利2012でのマー様のネタ、「ふりかざせちバット」の幻の歌詞を考えようにおける「たーけーだーくーみーこー」が頭に残ってしまい、気合いを入れようと言うシーンで笑いが先に来てしまうと言う事象に悩まされていました(笑)。マー様のネタは若年層を完全に無視していたりするんですけど、大人向けにはかなり残るネタが多く、「たーけーだーくーみーこー」もその一つ、なんですよね(笑)。

 あとはおやびんがバットを振っている姿はなんかグッと。このゆかたドレスはホントにストライクだったなぁと改めて思います。2013年がどうなるのかはまだ分かりませんけども、色々と楽しみにしていきたいです。
 
 
 さて、次回はこの日の試合終了後の様子をお届けしていきます。グリーティング風景に加え、アフターゲームイベントである「げんべいビーチサンダル飛ばしグランプリ」の様子などを見ていきたいと思います。
 
 

 
 

著者紹介

オサナイ タカオ観戦撮影者/コミュニティFMパーソナリティ

自身の担当番組で話すネタにと野球場に足を運んでいたら、スタジアムを盛り上げているキャラたち、そしてチアたち、

いわゆる球場エンターテイメント班のみんなの活躍に心奪われ、素敵で素晴らしいみんなの活躍を色々な人に伝えたいと

写真とテキストで綴る「Radio TRICK -光画部-」を2006年7月19日からスタート。気がつけばもう開設から10年です……。

■現在の担当番組

FM HOT893 「Weekly Hotline」 パーソナリティ

FM HOT893 「Sunday Request Line」 レポーター

FM HOT893 「Now&Know」 パーソナリティ(代打)



«
»

コメント





コメント