Happy Xmas ~Season Is Over(その1)

ライオンたちが街にやってきた
2007/12/24 関越道・高坂サービスエリア
ライオンたちが街にやってきた

 今日はアジアシリーズ準決勝で東北楽天ゴールデンイーグルスと統一セブンイレブンライオンズの試合……ではあるんですけども、実はオサナイ、何回目かの25歳を迎えまして。最近の節々の痛みや酒量の増加などを考えると、華麗に加齢を重ねてきているかなと思ったり思わなかったりするんですけども、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

 何回目かの25歳を迎え、同い年の渡辺俊介投手がアメリカメイジャーリーグに挑戦だとか、里崎選手は相変わらず天使だとか、英智コーチはむしろ現役並じゃないのとか、金城選手や多村選手は来年も大活躍をとか、篠原コーチは後進を思い切り育てていただいてとか……と、なにげに濃い世代な皆さんに負けず、なにかしら頑張っていこうと思います。

 って、綾小路翔さんだとか振分親方だとか井ノ原快彦さんだとか山本耕史さんだとか棚橋弘至さんだとか、芸能や他のスポーツでも濃い世代の何回目かの25歳世代なんだなぁと、改めて感じた今日でありました。

 とりあえず、毎年恒例ですけども、去年よりも1mmでも成長できていればそれでヨシって形で。去年よりは物を壊してない……ですが、色々と失せ物が多いので、mm単位では何とかなっていると信じているので、それはそれ、これはこれでなんとか楽しんでいこうと思います(笑)。

 
 さて、今回は再構築系エントリー。2007年12月24日に関越道・高坂サービスエリアで行われた西武ライオンズ、ファンクラブ入会促進イベントで見た色々をお届けしていきます。まずは一回目のコクチステージの様子を見て行きましょう。

 翌年から名前に埼玉がつく、なんて発表があったり、ドームのネーミングライツが切れ、西武名義に戻りそうだとか、2007シーズンは25年ぶりのBクラス入りだとか、色々なお話があったこの年の西武ライオンズ。翌年からの攻めをオフからという形なのか、埼玉の名前を冠する形なのか、天皇誕生日の振替休日、クリスマスイブの昼間にNEXCO東日本主催でファンクラブの入会促進イベント「クリスマスフェスタin高坂」を行う、そんなニュースが入っていました。

 クリスマスイブの夜はエフエムさがみでクリスマス特番「Message For You」と言う番組を毎年行っている(今年もやります!)んですけど、昼間であればなんとかなると。全部の回(1130から四回予定していました)は全部見ることは出来ないけれど、最初の二回ぐらいはなんとか見られるだろうと、早朝の地元を出発。上り線でのイベントだったため、下道をズンズンと進み、東武東上線の東松山駅を経由したりしつつ、早々に高坂サービスエリアに到着していました。

 今ほどお知り合いが多い頃ではありませんし、基本お一人様に慣れている私なので、夜の特番なども見越してゆっくりと休みつつ、なんとなく出てきそうな場所を確保。何かしらが始まるのを今か今かと待ち構えていたんですけども、さっそうと登場してきたライナさんとレオさんの赤いサンタコスをみて、深夜までかかる特番の前であっても、ここに来てよかったと、改めて感じる私でありました。
 
 

※画像をクリックするとポップアップして大きく表示されます。なお、ギャラリー表示はパソコンやスマフォ、タブレットPCなどのみの対応で、一部のフィーチャーフォンで表示できる機種もあるそうですが、基本的には対応しておりません。2013/9/24の更新より、Caption付けを省略しております。これは更新速度を少しでも上げるための措置です。ご了承ください。

※今回、当時の懐かしい勢いを感じていただく、基本お客さんにぼかしを入れておりません。6年前の写真と言うこともあり、諸々ご容赦いただけれると幸いですが、諸処ございましたらTwitterやらメールやらコメントやらでご連絡いただけると幸いです。

 元気いっぱいに登場したレオさんとライナさんはご挨拶とばかりに「吠えろライオンズ」を踊っていきます。2013年現在、「吠えろライオンズ」は8cmCDが廃盤、以降再販売が行われていないという状態なんですけど、サンタコスのレオさんとライナさんの踊る「吠えろライオンズ」を見て、そろそろ再販してもいいんじゃないかな、なんて思います。

 それはさておき、この頃のレオさんとライナさんのアクトは格好いいという面もしっかりとありましたけども、かわいいが前に出ていたのかなぁと。あとは屋内でのこう言うイベントに私がなれていなくて、キメのシーンで足が切れてしまっていたのが残念。ただ、こう言う残念を教訓にして色々と頑張ってたりするのかな、なんて今の目から見て思います。
 
 

 (たしか)「吠えろライオンズ」を踊りきったレオさんとライナさんですけども、当時付いてらっしゃったアテンドさんがマイクを持って、改めてレオさんとライナさんの紹介をしていきます。すでに見えているとおり、この日はクリスマスイブと言うことで、レオさんもライナさんもサンタコスで登場していたんですけど、その衣装はライナさんが夜なべして作っていたとか、そんな話が紹介されていました。下は通常のライオンズユニだったんですけど、そのユニを着た上から着てもばっちりと可愛らしく決まるようにつくるお針仕事はホントに凄いなぁ、なんて思いました。

 「ライナが作ったんです」という言葉に照れまくるライナさんがいたんですけども、この照れ照れしている姿は男子のハートをルパンしていくんだろうなぁと思いましたし、ライナさん自体はルパンしていることに気づいていないパターンなんだろうなぁと思いながら見ていました(笑)。

 あと、ライナさんが褒められたときにレオさんが見せていた誇らしげな表情が写真に。レオさんはいつでもライナさんの頼れるお兄ちゃんなんだよなぁ、なんて思ったり。たまに抜けてたシーンもありますけど(笑)、私の中のレオさんのイメージはいつでも頼れる兄さんであります。
 
 

 さて、レオさんとライナさんの衣装の紹介などもありましたが、今日ふたりがやってきたのは、2008年から「埼玉」の名前が付き、さらに地域密着していく気満々だった西武ライオンズのファンクラブ入会促進の意味もかねて、だったんですよね。この日から約6年が経っていますけども、所沢開催だけだったのが県営大宮で主催試合を敢行したり、微力前進……しているのかなと思うんですけど、地域のイベント参加は一時期の退潮傾向を脱して、増加に転じているかも……ってのが、最近の動きでしょうか。

 それはさておき、2008年のファンクラブ先行入会と共にガラポンが設置され、2007年のファンクラブ入会特典がもらえる、なんてお話が。在庫せいr……と思いましたけども、モノがもらえるだけありがたかったでしたし、この頃の西武ライオンズファンクラブはチケットの優待が良かったので、二回以上行くのならば、入会した方が得、だったんですよね。

 そんなプレゼントの紹介なんですけど、色々な意味でレオさんとライナさんが自由に紹介していまして。エナメルバッグをかぶるレオさんだとか、そのエナメルバッグの中が気になってしょうがないライナさんだとか、色々な意味で大騒ぎでした(笑)。

 その後、ライオンズのファンクラブに入って、一緒に応援しましょうというお話になるんですけども、この年の順位を包み隠さずに。堂々と事実を受け止めているレオさんと逃げたくなっているライナさんという姿が合ったんですけど、それはそれとして、一緒に応援していきましょうという、とても綺麗な流れでまとまっていました。

 ゆかいな仲間たちの色々を見てきて、埼玉西武ライオンズさんの色々を見る機会というのが、現状ではこの時で終わってしまっているんですけど、流れの綺麗さを改めて感じます。再構築前から比較すると、写真の量を相当増しているんですが、写真を見ていても、本当に綺麗な流れで進行していたのがしっかりと伝わってきています。
 
 

 この頃はまだ音を残して更新のベースに仕様という考えがなかった頃で……というか、見てきた直後にエントリーが書けていた頃だったので、細かい色々が欠落してしまって申し訳ないんですけど、ファンクラブ入会促進のコクチの後は再びレオさんとライナさんのダンスステージが行われていきます。

 過去のエントリーを見ていくと、前半はクリスマスイブらしく「赤鼻のトナカイ」をお客さん参加型で、後半は「地上を駆ける獅子を見た/松崎しげる」を踊っていた……と、そんな感じの記述が。動きを連続してみていると、何となくそれっぽいかな、なんて。あやふやな記憶ではありますけども、レオさんとライナさん、ふたりともかなり気合いを入れてこのイベントに臨んだんだろうなってのが写真からも伝わってきていました。個人的には

 「赤鼻のトナカイ」は一般の皆さんも一緒に踊っていると言うこともあって、数コマ、レクチャーシーンのみの撮影にしていましたけど、楽しそうにしている姿がしっかりと残っています。あと、後半の「地上を駆ける獅子を見た/松崎しげる」で魅せてくれたレオさんの跳躍力の凄さが印象に残っているのと、キメの後にずるずると股割のような、そんな形で滑り始めるレオさんが可愛らしかった、そんな感じの様子が残っています(笑)。

 とりあえず、このセクションでは二人のダンス力のすばらしさもしっかり見ていただきたいんですけど、合間合間にベンチに座って、お客さんとふれ合いながらやっていたと言うこと、でしょうか。あとは……何となくですけど、ゆかいな仲間たちの記憶力の凄さを裏付けると言いましょうか、レオさんが明らかにロックオンしながら、ライナさんも合間合間でロックオンしてきていたという状態で。もちろん、そういうことに気づくのは後々という形なんですけど、改めて凄いなぁ、なんてことを思う私でありました。
 
 
 さて、次回は初回ステージの後半戦、レオさんとライナさんが気合いを相当入れていたというお話の「All I Want For Christmas Is You/Mariah Carry」をじっくりと見ていくことにしましょう。
 
 

 
 

著者紹介

オサナイ タカオ観戦撮影者/コミュニティFMパーソナリティ
自身の担当番組で話すネタにと野球場に足を運んでいたら、スタジアムを盛り上げているキャラたち、そしてチアたち、
いわゆる球場エンターテイメント班のみんなの活躍に心奪われ、素敵で素晴らしいみんなの活躍を色々な人に伝えたいと
写真とテキストで綴る「Radio TRICK -光画部-」を2006年7月19日からスタート。気がつけばもう開設から10年です……。
■現在の担当番組
FM HOT893 「Weekly Hotline」 パーソナリティ
FM HOT893 「Sunday Request Line」 レポーター
FM HOT893 「Now&Know」 パーソナリティ(代打)

«
»

コメント





コメント