スターマンのいちにちてんちょ・冬(その1)

ぼくはさんたくろーす
2012/12/24 横浜DeNAベイスターズオフィシャルショップ
ぼくはさんたくろーす

 セントラルリーグのファンミーティング2014も終わり、今日は両リーグの公示日。プロ野球に関わる選手、首脳陣、スタッフ、ファンの皆さん第三のお正月、開幕の日まであと少しという、そんな日になったんだなぁ、なんてことをしみじみと思ってしまう昨今でありますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 試合自体が始まるというわくわく感もありますし、早々に発表となっているキャラクター交流の日程なども見え始め、いよいよ始まるなぁと。それにしてもウチの放送が特番で飛ぶってんで入れた4月6日のQVCマリン観戦にB様がやってくるとか、いきなりの巡り合わせにドキドキしております。

 東京ドームの前に別のスタジアムでその姿を見るとか、多分2008年以来。巡り合わせにワクワクしておりますよ、ホントに。
 
 
 さて、今回は2012のエントリー。このセクションでいよいよ2012年もオーラスと鳴りますけども、今回は2012年12月24日に横浜スタジアムのベイスターズオフィシャルショップでスターマンさんが一日店長を務めた、その様子を見ていきたいと思います。

 この日はスターマンさんがオフィシャルショップの一日店長を務める、なんてニュースがあった振替休日。夜は毎年恒例のクリスマス特番がエフエムさがみで予定されていたので、海老名まで来るまで向かい、そこから関内へと言うルートを想定していたものの、見事にチコク。初回の途中あたりに押っつける形になるなぁ、なんて思いながら、昼間でゆっくり進む相鉄線の中で焦っていました。

 諸々の想定通り、一回目の途中で押っつけた私。知り合いの皆さんにそっとご挨拶しつつ、スターマンさんには気づかれないようにその様子を見守っていくんですけども、見事に……クリスマスでした(笑)。
 
 

※画像をクリックするとポップアップして大きく表示されます。なお、ギャラリー表示はパソコンやスマフォ、タブレットPCなどのみの対応で、一部のフィーチャーフォンで表示できる機種もあるそうですが、基本的には対応しておりません。2013/9/24の更新より、Caption付けを省略しております。これは更新速度を少しでも上げるための措置です。ご了承ください。

 上記の通り、チコク含みで関内に到着した私。南口から横浜スタジアムに向かいつつ、カメラにレンズを取り付け、移動しながらも撮影準備を行うという慌ただしさだったんですけども、到着してカメラを構える頃にはすでにてんちょが登場していて、集まったお客さんたちと楽しくやっていました。

 お客さんが連れていたわんちゃんとふれ合うと見せかけて尻をなで回していたスターマンさんですけども、ぱっと見のかわいらしさは流石。お客さんのサンタコスのスターマン人形を借りてポージングしている姿とかはもう反則級にかわいいんですけど、個人的にはどこの段階でオコナイに気づくのかが焦点でした(笑)。
 
 

あっ!
2012/12/24 横浜DeNAベイスターズオフィシャルショップ
あっ!

 サンタコスのスターマン人形を返した……そのお客さんの横にカメラを構えた私がいた訳なんですけども、返却と同時に気がついたようで、いきなりの洗礼。チコクを怒られるというのはよくある流れで、皆様に本当にかわいがっていただいているなぁと思うんですけども、思い切りの指さしには苦笑いでした。

 それではチコクした光画部の人に驚くスターマンさんの様子を観察してみましょう。
 
 

 とりあえず、指さしでびっくりしていたスターマンさんですが、その後オフィシャルショップ前に鎮座している自身の分身になにかしら報告。その後ダッシュで遠くに行った後、二段階でびっくりしているとか、そんな状態に。いやいやいやいやと、ツッコんでいたんですけども、じわじわ戻りつつ、エアカメラでこっちを撮っているとか、本当に分からない光景が展開していました(笑)。

 再びご本尊の横でこちらの様子を伺いながら「DAISUKI」っぽい動きを魅せていたスターマンさんですけども、改めましてご挨拶……と、非常に長いネタを繰り出してきました(笑)。

 
 
 一回目のご挨拶の本当に終盤に押っつけた感じだったので、ちょっとしたネタの後はハイタッチをして引き上げていく姿などを。入り口付近でしっかりとご挨拶していく姿も押さえいた訳なんですけども、改めてスターマンさんの細かい動きにほっこり。翌年、さらに注目を浴びて、女子を中心にキャーキャー言われたりすることとなるんですけども(笑)、改めてその破壊力を目の当たりにしたような、そんな気がします。

 とりあえず、挨拶はすべての基本とばかりにしっかりとご挨拶する姿にグッと来ながら、一回目の戻りをまったりと見守っていました。
 
 

 二回目は約一時間後の一二時半頃。それまでは時間がタイトだったと言うこともあって、知り合いたちと雑談で時間を潰す方向。この辺、雑談力が試されるじゃないですけども、喋っているとあっという間二時間が過ぎていったりするんですよね。

 それはそれとしてお昼ご飯を終えたんじゃないかなってぐらいに絶好調だった二回目のスターマンさん。いきなりのいいポーズでお客さんのハートをがっちりと掴みつつ、写真を撮らせてとお願いしているおねーさんにどアップで攻めていたり、ガチャガチャをやりたくて仕方ないのに小銭がないとか、細かいところもしっかりと魅せていました。

 この日前後もよく見られたスターマンさんの動きとしては、地面をガンガンに叩いて悔しがる「くちおしや……」な動き。拾ってくれる人がいるというのをきっちりと把握しているのが心憎いんですけども、こちらもハムさんの動きを楽しく撮っていました。

 ただ……こちらがポーズをと言う風にお願いすると、金品を要求するなど黒いところを。もちろんネタですけども、同じような動きをしてくるモヒカン生やしたのを知っているだけに、スターマンさんのお金にきたないポージングにはちょっと笑っていました。

 あと、スターマンさんが意外にしっくり来るのは土下座っぷり。この辺は2013年、そして2014年も輝いていきます。
 
 

 とりあえず、お客さんと記念撮影したりなんだりしながら自由に遊んでいくスターマンてんちょ。なにかしら目立っていたのでしっかりと集客の役には立っていたようですけども、スターマンさん自身も色々と楽しそうな様子。自身の分身であるスターマンさん人形と並んでどっちが本物でしょうとか、非常に難しいネタを入れて来たりしていたんですが、同じ3Dなのに見るものに与える心理的影響が全然違うというか……。ハムさんのがまるっこくてなんか安心しますけど、ふたりが並んでいる姿はとてもシュールでした。

 最初は横に並んでいたスターマンさんですけど、何かを思いついたのか並列から直列に。その様子を見ていたお客さんがさらに並べていきまして、サンタスターマンがマジョリーシカのように並ぶというさらにシュールな展開が。最終的にはごにん編成と非常に豪華な直列サンタスターマンと言う絵が展開していたんですけども、大中小のサンタスターマンセット、なんて売り出して、抽選で一名様にサンタスターマンがサンタスターマンを引き連れてお宅訪問とかやってもありなんじゃないかな、なんて妄想を繰り広げていました。

 しかしまぁ……改めて見てもあざといですね、直列サンタスターマンの二番目は(笑)。
 
 

 皆さん色々なスターマングッズをお持ちなんだなぁ、なんて思いながらパペットを手にしているスターマンさんを撮っていた私。スターマンさん自身がなぜかパペットマペットさんのような動きをしていた訳なんですけども、三体ともスターマンさんだったので、全く持って収集付かずで。

 でも、このポーズは反則的に可愛らしいと思いながら撮っていました。ホント、スターマンさんは自身のアピールポイントをよく分かってらっしゃいますけど、そういう所をたまに自ら崩しに来るので見ていてホント飽きないんですよね(笑)。

 パペットマペットさんで楽しんだ後は相変わらずの土下座だったり、この後はDJですか? と言う細かい確認がスターマンさんからあり、この後はサンタ捜しレポーターなんですけど、スターマンさん、サンタ見かけませんでした? なんて返しをしていたり、色々な意味で通常進行なクリスマスイブを過ごしていました(笑)。

 最後はクリスマスプレゼントを貰ってホックホクで引き上げていくスターマンさん。礼に始まり礼に終わる、きっちりとしたところを魅せつつ引き上げていくんですけども、閉店ガラガラの後にシャッターを開けるなど、本当に細かいところも魅せていました。
 
 
 さて、次回はこの続きの最終三回目。三回目で今年最後の大ネタと言う事もあり、スターマンさんは本当に自由だったんですけども、その辺の様子をじっくりとお届けしていきたいと思います。
 
 

 
 

著者紹介

オサナイ タカオ観戦撮影者/コミュニティFMパーソナリティ
自身の担当番組で話すネタにと野球場に足を運んでいたら、スタジアムを盛り上げているキャラたち、そしてチアたち、
いわゆる球場エンターテイメント班のみんなの活躍に心奪われ、素敵で素晴らしいみんなの活躍を色々な人に伝えたいと
写真とテキストで綴る「Radio TRICK -光画部-」を2006年7月19日からスタート。気がつけばもう開設から10年です……。
■現在の担当番組
FM HOT893 「Weekly Hotline」 パーソナリティ
FM HOT893 「Sunday Request Line」 レポーター
FM HOT893 「Now&Know」 パーソナリティ(代打)

«
»

コメント





コメント