元石黒広報トークショー2013(その4)

お色直しして登場
2013/1/2 ナゴヤハウジングセンター日進梅森会場
新年ご挨拶色紙

今日は神宮で女子プロ野球の東地区開幕戦が。今シーズンは埼玉県を中心に試合を行っていく東地区、イーストアストライアとノースレイアなので、前期日程だと今日の神宮が私が観戦できる唯一の日なので、ホイホイと行ってきましたが、皆様はどこで野球を、蹴球を楽しんでらっしゃいましたでしょうか?

中々その興業というか、状況がコンクリートしない女子プロ野球ですけども、自身が楽しいと思ったものですし、その行く末がどうなるかってのは、ただただ見つめていくだけかなぁ、なんて思うわけで。とりあえず、イーストアストライアには好きな選手が多いので、少ないチャンスを外すわけにはいかんかったんですよね。

てなわけで、マリンになんで行かないのよと言うお話に対しての言い訳でした(笑)。

さて、今回も2013のエントリー。引き続きお正月のお約束、ナゴヤハウジングセンター・日進梅森会場で行われた中日ドラゴンズのゆかいな仲間たちのイベントの様子をお届けしていきます。今回は午後のドアラさんとつば九郎さんの時間を見ていきたいと思います。

演者もお客様もお昼ごはんを挟んでのイベント。近くのデニーズだとかちょっと行ったところのコメダ、サイゼリアなんかが賑わう時間帯なんですけども、毎年の語らいが楽しかったりするんですよね。そんなお昼を終えて、再びナゴヤハウジングセンター・日進梅森会場へ。

再び戻って、ドアラさんが熱心に推していたカレンダー販売場(イベント会場から18番区画へ移動)を見に行くと、そこではドアラさんとつば九郎さんのご挨拶色紙が設置されていました。

なんというか、ドアラさんの字は見ているとなんかホッとするんですよね。この辺はコアラさんのコアラ柄が出ているような気がします(笑)。

※画像をクリックするとポップアップして大きく表示されます。なお、ギャラリー表示はパソコンやスマフォ、タブレットPCなどのみの対応で、一部のフィーチャーフォンで表示できる機種もあるそうですが、基本的には対応しておりません。2013/9/24の更新より、Caption付けを省略しております。これは更新速度を少しでも上げるための措置です。ご了承ください。

 まずはドアラさんのご挨拶色紙を見てもらいましたけど、隣にはつば九郎さんのご挨拶も。この辺、筆跡に個性が出まくりなんですけど、つば九郎さんの筆跡を見ると、90年代のバラエティ番組で使われていたテロップを思い出すんです。と言うよりもむしろ、木梨憲武さんの筆跡を思い出すんですよね(笑)。

 そんなご挨拶色紙を見つつ、午後のステージの開幕。進行はしっかりとるみおねーさんが担当。元気な声で進行をしていたんですけど、袖ではドアラさんがカレンダーの確認なども。トークショーでまだ見てない、なんて話を書いてましたけど、ここに来てようやくのようですね(笑)。

 そんなドアラさんですが、やはり自身のカレンダーは多く売っていきたいらしく、乗っけからスケッチブックで宣伝を。告知や宣伝はとことんと叩き込まれている私ですけど、ドアラさんの告知力の素晴らしさはこの日だけではなく、この後のキャンプやオープン戦でも感じられていました(笑)。

 一方のつば九郎さんはスマフォ片手に悠々登場。LINEだブロクだとかなりデジタル化が激しいつば九郎さんですけど、おわりのお客様に自身のスマフォを見せびらかして行くのでしょうか。

 なんてなことを思っていたのも一瞬。るみおねーさんが大慌てでつば九郎さんからスマフォを奪還。ピンク色のケースにもしやと思ったんですけど、どうやらこのスマフォはるみおねーさんの私物。大好きたからいじめたくなるつば九郎さんの複雑な男心を感じてなんか楽しかったです(笑)。

 ただ、るみおねーさんはやんわりとマジギレしていたようで、手羽がスマフォ対応していないくせにと辛辣なコトバを浴びせかけていました。そんな言葉にも動じないと言うか、嬉しそうなつば九郎さんは本当に男子だなぁと感じる私でした(笑)。
 
 

 とりあえず、るみおねーさんがおふたりを紹介するのですが、えどとおわりのきょしょうですから、基本は野放し上等。むしろ、放って置いた方がいいのではないかと、そんな感じで。両きょしょうとの付き合いの長いるみおねーさんですから、予想通り基本は放置のようですし、台本もありませんし、どうせぐちゃぐちゃになるでしょうという予想があったので、そのままをお客さんに伝えていたようです(笑)。

 そんなこんなでふたりのビッグショーが始まるんですけど、ここでもまずは「カレンダーをいくつも買いましょう」と、これでもかと言う勢いで推していたドアラさん。松下先生の首もかかると噂のカレンダーですが、ドアラさん的にも色々あるのかもしれませんね(笑)。

 ドアラさんの告知の後、つば九郎さんがペンの出を確認していたり、ドアラさんのキメが妙にカッコよかったりとマニアックなところに目が行くなか、とりあえずおふたりにということで、るみおねーさんから質問が投げかけられていました。
 
 

 おふたりに投げかけられた質問は午前中のシャオさんとパオさんのステージにも聞かれた初夢に関するお話。シャオさん同様、見てないとバッサリなドアラさんとFAでジャニーズ移籍して、ドームでコンサートと大きくぶち上げたつば九郎さんと、色々な意味で好対照なおふたり。つば九郎さんのFA、真の目的はジャニーズ入りという物があったようなんですけど、るみおねーさんからは「なんて無謀な夢」とばっさり斬られていたようです(笑)。

 ちなみにドアラさんは、あとでカレンダーが売れる夢に変えていたので、この辺は商魂逞しい感じなんだなぁと思います(笑)。
  
 遠くにいるらしいづまひとにつば九郎さんが挨拶をするなか、ドアラさんはホワイトボードに軽くもたれかかり、かっこいい感じに。ちょっとしたポージングだと思うんすけど、なにかしらかっこいい感じに写るのは、ドアラさんのフォトジェニックなところなんだと思います。

 るみおねーさんから続けてお互いそれぞれにと聞いていく形なんですけども、ドアラさんには来年の目標、来年に向けて頑張っていきたい事を聞くという、正月にありがちな言い間違いがある中、つば九郎さんはそこをグイグイ突いていくようです。ルミおねーさん的には余り効いていなかったようですし、最終的には「そんな細かいことはどうでもいいんですけど」とひっくり返そうという強い気持ちで一杯でした(笑)。

 とりあえず、目標として頑張っていくことを書いたドアラさんですけど、ここはあくまでもカレンダーを売って行きたいと言う強い気持ちを。そんなにしなくても、ドアラさんの人気であれば余裕ではないかと思うのですが、ここは貪欲に行くぞと言う強い気持ちを感じていました。
 
 

 ドアラさんの来期に向けての目標がカレンダーを売ることに決まっていたんですけども、一方のつば九郎さんにはドアラさんがどう頑張ればバク転成功すると思いますか? アドバイスを、なんて話が。つば九郎さんほんにんがわからないと語っていたんですけども、こういう所はしっかりとマジメなんだなぁとみんな納得していました(笑)。

 とりあえずは50年に一度と言う一応の公式設定を再確認していましたが、結構知らない人も多いみたいです。そんな会場の雰囲気に「まやぶんめい(クラスのスパンという意味?)」なんてことが書かれていたんですけど、ルミおねーさん的に読むのがめんどくさくなっていたようです。そんなるみおねーさんにつばくろうさんが攻撃を加えていたりして、場内が沸いていたんです。この辺のやりとりもおなじみなんですけども、好きな子にちょっかいをかけたくて仕方がない、小学生並みの流れなんだと思いますが、るみおねーさんからの評価は地に落ちてる気もします(笑)。

 その後はもう、お年玉を貰ったかどうかの確認があり、つば九郎さんは金杯で当てればいいのにとか思う中(笑)、貰ったらどうするかと言うお話に何を買うかでカレンダーを売る、カレンダーを買う流れ。ドアラさんの貪欲さが本当に凄まじく、だんだんと悪い大人の表情に変わっていたような、そんな気さえして来ていました。ルミおねーさんからの質問に対するリターンが呆れるほど早く、その流れがものすごく楽しかったんですよね(笑)。

 とりあえず、るみおねーさんからのツッコミは一切聞こえない方向にしてたみたいなんですけども、こういう小さいところも見せながらやってる姿は色々と流石だなぁと。ちなみにどあらさんは一杯貰ったお年玉で1000冊を自分で買うらしいとか、つば九郎さんはドアラさんカレンダーを4冊程度仕入れた後は錦の飲み屋に持って行くとか、そんな話が。

 名古屋に来てまでしっかりと「よるのパトロール」に勤しむ姿が目に浮かぶようなんですけど、なごやめしで一杯引っ掛けている姿がものすごく似合いそうだなぁとか思うのですが、いかがでしょう。ただし、実際にカレンダーはそこで売ってますよと言う声には聞こえないふりをしていたのを書き残しておこうと思います(笑)。

 ちょいちょいおふたりのバストアップを撮りつつ、ステージ進行を見守るわけなんですけども、そろそろ次の展開に。このままグダグダに任せるわけにもいかずと、そんな感じでしょうか。適当にながしているようで、るみおねーさんはしっかりと時計を見ております(笑)。
 
 

 そろそろ次の展開をと、そんな話がるみおねーさんからお願いされる中、真ん中に設置されたホワイトボードを使って魅せる毎度おなじみのお絵描きしりとり大会を敢行して行く様子。D-STAGEなどではお馴染みのドアラさんとつば九郎さんのお絵描きしりとりはある意味で素晴らしいんですけど、今回はうまく回るのでしょうか。基本はほったらかさないと面白くないので、そのまましばらくやっててくださいと言う熱い仕切りがあり、るみおねーさんはおふたりにステージを任せて行くようです。

 とりあえず、スタートはつば九郎さんが描く2013年の干支、蛇であります。ここからおふたりの画力が全開になって行きつつ、即興で答えも考えなくてはならないと言う素敵な時間が始まって行きます。

 このセクションは答えを言わず、お客さんみんなで「あーあーあー」とか「はいはいはい」とか言いつつ楽しんで行く時間なんですけど、これが中々たのしく。大きくはぶれないものの、なにかしらおかしなシーンも出てくるので、目が離せませんでした。

 この辺の答え合わせは次のエントリーで行うので、今回はただただその様子を当時のお客さんと同じく見ていただいているだけなんですけども、この時はBGMにnobodyknows+さんのココロオドルがエンドレスで流れていたんですけど、それに大きく反応していたのはつば九郎さんでした。

 お正月テンションだとか、このあと錦に飲みに行けるテンションだとか、色々な要因はあったんだと思うんですけど、こちらがびっくりしてしまうようなテンションで。「Enjoy!」のシーンでタイミング良く飛びまくっていて、その勢いにただただ笑ってしまいましたが、ドアラさんがさらに乗っかり、ノリ・ダ・ファンキーシビレサスさん並みの動きを見せていて、色々な意味で暴走特急全開で、撮っていて本当に楽しかったです(笑)。

 ココロオドルでおふたり踊っていた、そんな状況をおさえながら、どうやら完成。本当は最後に蛇に戻って完成形と言う形だと思うんですけど、円形ではなく、のの字で終了。何と無くと言うか、名古屋市営地下鉄名城線のような、見事なのの字を示していました。

 さて、次回はこのお絵描きしりとりの答え合わせなど、午後のステージ後編をお届けして行きます。お楽しみに。
 
 

著者紹介

オサナイ タカオ観戦撮影者/コミュニティFMパーソナリティ

自身の担当番組で話すネタにと野球場に足を運んでいたら、スタジアムを盛り上げているキャラたち、そしてチアたち、

いわゆる球場エンターテイメント班のみんなの活躍に心奪われ、素敵で素晴らしいみんなの活躍を色々な人に伝えたいと

写真とテキストで綴る「Radio TRICK -光画部-」を2006年7月19日からスタート。気がつけばもう開設から10年です……。

■現在の担当番組

FM HOT893 「Weekly Hotline」 パーソナリティ

FM HOT893 「Sunday Request Line」 レポーター

FM HOT893 「Now&Know」 パーソナリティ(代打)



«
»

コメント





コメント