お江戸の熊様と栗鼠様2013(4月)(その1)

相棒とともに
2013/4/9 東京ドーム
相棒とともに

 先月に引き続き、今月も観戦が詰まっており、中々更新を進めさせる時間が足りていないと実感している昨今。各種手配の中で、観戦予定の変更をさっくり行ったと思ったら、変更前のチケットを既に購入しており、変更できなくなったり、色々と疲れが出ているなぁとぐだぐだな状態だったり、シーズン末らしさをひしひしと感じる昨今でありますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 9/26はQVCマリンフィールドのアフターゲームショーにMarines Music Navigationのライブが予定されており、じゃじゃじゃあ! と思っていたら、8月末に9/26の横浜スタジアムのチケットをとっていたと……いうことに昨日、雨のちおか割の案内で気づきまして。観戦管理は比較的しっかりしているはずなんですけど、疲れ、何でしょうかね。とりあえず、マリンに行く予定の皆さんは是非、試合終了後の正面ステージも楽しんでほしいな、なんて思います。

 あと……今月はホント、色々な新しい出会いと楽しい時間が多く。皆さんの野球が好きって話を聞けて、色々な刺激になっていたりするんですけども、酒量も多く、健康に気をつけねばと思う昨今であります(笑)。
 
 
さて、今回は2013年のエントリー。2013年4月9日から11日にかけて東京ドームで行われた北海道日本ハムファイターズと東北楽天ゴールデンイーグルスとの試合で見た色々をお届けしていきます。今回は9日の様子をお届けしていきます。

 ポリーさんとの初顔合わせから数週間後、レギュラーシーズンの北海道日本ハムファイターズ東京ドーム主催試合が。毎年10戦程度組まれていて、東京からずっとファイターズを応援しているファンの皆さんに応えている、鎌ヶ谷で明日のヒーローの開花を見続けている皆さんに応えている、そんな形でしょうか。

 基本ウィークデー開催のため、仕事を終えてから大急ぎで向かうパターン。JRを使ってのルートや京急から泉岳寺に潜り、都営三田線から抜けていくルートなど様々な方向性を駆使しつつ東京ドームへイン。慌ただしくカメラをセットした頃にはもう5回裏のY.M.C.A.に向けての待機、なんてパターンに入っていたりします。

 この年からはポリーさんの参加もありましたけど、他にもちょっとの差が。この絵にも出ていますけども、この年からファイターズガールさんが札幌班の遠征でと言うかたちに。前年までは東京オンリーのファイターズガールさんが担当していたんですけども、この年からは札幌本隊が東京遠征を果たしていました。

 実際、よくよく考えるとなんで分けてたんだろうって思うわけなんですが(笑)、ともあれ、札幌と東京の共有化はちょっと嬉しいなぁとか思いながら、いつものパターンで見ていくことにします。
 
 

※画像をクリックするとポップアップして大きく表示されます。なお、ギャラリー表示はパソコンやスマフォ、タブレットPCなどのみの対応で、一部のフィーチャーフォンで表示できる機種もあるそうですが、基本的には対応しておりません。2013/9/24の更新より、Caption付けを省略しております。これは更新速度を少しでも上げるための措置です。ご了承ください。

 ポリーさんが参画しても、札幌本隊が東京ドームに遠征しても、東京ドームのY.M.C.A.は基本変わらず。B様とポリーさんがエキサイトシート方向に動き、ガールさんたちが内野方向でという流れが。札幌本隊がどう見せてくるのかという思いもあったものの、若干ですけど、全周囲というよりは正面のみをというような印象を感じたので、もっと広く魅せたらいいのに、なんて思いつつみんなの姿を撮っていました。

 ポリーさんのアクトを見たのはの日が二回目なんですけど、女子球団マスコットの例に漏れず、ダンスのスキルは相当なんだろうなぁ、なんて思いながらその動きを撮っていた私。広く撮りつつはたと気づいたのはB様のダンスのキレでした。結構前から色々と書いてます絵K土、B様ってそんなにダンスは得意な方ではないって印象がある私なんですけど、ポリーさんが山から札幌ドームにやってきたことが刺激になっているのか、前年に比べてキレが増しているような気がしました。

 ファイターズガールさんを見ていると、ローソンカラーのメンバーとカラーリングの違う衣装を着たメンバーが。2013年までの施策だったんですけど、投票でトップ3を決め、そのメンバーが違うカラーリングの衣装を着ているという流れが。個人的にはみんな頑張ってる状況で序列を投票だけで付けるってのは懐疑的なんですけども、そういう施策があったってのは残していきたいなぁ、なんて思うわけであります。

 翌年、この衣装を着ることがなかった有貴ちゃん(五十嵐さん。2014リーダー)がASの晴れ舞台で着てたという話を聞いて、その前後のブログとかも見つつ、なんかこう……ストーリーラインが頭に描けてグッと来ていましたし、回避を決めていた西武ドームでのオールスター戦ですけど、ちょっとだけ行けばよかった、なんて思ったりしていました。
 
 
 B様達が内野方向に戻り、ガールさんの横辺りにつけていた頃(近くに有貴ちゃんいますね(笑))、スタジアムのほとんどは中盤から後半のアレ待ちに。いよいよあの時間が近づいてきていましたが、ポリーさんもいよいよアレを見ることになるんだろなぁと、その反応がちょっと楽しみでした。
 
 

 そしてあの時間の到来。スタジアムの皆さんの期待通り、一塁あたりを整備していたグラウンドキーパーさんが動き始め、0から一気にクライマックスまであげていました。この動きにはスタジアムのお客さんも大喜び。東京ドームの名物と言っても過言ではなくなっているグラウンドキーパーさんのハッスルは本当に見事でありました。

 最後のキメを見て、この時期は相棒というよりも、ふたりは否定してましたけど、押しかけ女房的なスタンスがどこかしらにあったのかなぁとか思いつつ、たった一年前(時間軸を考えると相当経ってるんですけども(苦笑))なのに色々と変わるなぁと。ふたりの関係性もそうですし、2シーズン目を迎えた頃のファイターズガールの皆さんの当時と、現在3シーズン目をまもなく終えようとしているガールさんたちの雰囲気だとか、そのへんの差なんかも写真を改めて見なおしていて楽しかったです(笑)。
 
 
 そんなこんなでこのセクションのシメ。ファイターズガールさんたちやポリーさん、B様が引き上げている横をふらふらになりながらグラウンドキーパーさんが帰還。スタッフでは有りますけども、スタジアムを盛り上げるという意味では、しっかりと演者だよなぁと思ってみていたんですけど、ふらふらになりすぎて転倒してしまうというアクシデントが。

 ちょうど、その様子を西川選手と大引選手が見ていまして、グラウンドキーパーさんが落としたトンボを拾ってあげていた大引選手と、大丈夫? と気遣っていた西川選手がものすごく素敵で。プロ野球の興行は選手だけでもキャラだけでもチアだけでもなく、そのみんなとそれを支えるスタッフたちの全部が合わさって成り立っているんだよなぁ、なんて改めて思いました。
 
 

 続いてはラッキーシックスの「lalala Fighters/福原美穂」のお時間。ここのトータルな流れも前年とほぼ一緒。基本、森からやってきたばかりのポリーさんを気遣っていたB様ですけど、ここの全力疾走は魅せ場のひとつと言うこともあって、みんなを置いてけぼりにしつつ、くるっと回っていました。

 ポリーさんが追いついて、ふたりであてぶりっぽさを魅せつつ、後半は併せて行くという流れ。振り付け自体は前年と変わっていないんですけど、ポリーさんに刺激を受けてなのか、B様の一つ一つのキレがホントに良くなってまして。一人で動く楽しさってのもあると思うんですけど、1+1が2以上になるんだよなぁ、なんてことを思いました。

 あとは……まぁ、ファイターズガールさんの色々を撮っていた訳なんですけど、前年は日程的に札幌遠征がなく、カードでしか知らなかった皆さんが実際に踊ってらっしゃるってのはストレートに感動。ただ、Y.M.C.A.とフラッグのアクトだけではその真価は見られないなぁ、なんてことを思っていたんですが、光画部さん的なお約束として、ショートヘアのチアさんに注目して見るという癖が。2014年はリーダーとして活躍している有貴ちゃんの姿を普通に追っかけている所が残っているんですけど、この日の後、当時のブログを見て、この子はただ者じゃない、なんて思うぐらいに書き方が読み手を引き込んでたんですよね(笑)。

 2014年はそんな彼女の活躍も撮ることが多くなっていくんですけど、この頃はただただ「あー、あのショートヘアのチアさんかわいいー」とか、そんな塩梅でした(笑)。
 
 

 ラッキーシックスまで見た後でようやく休憩。試合途中からある意味で駆け抜けているような感じなので、ここいらで丁度中入り……と、コンコースを歩いていると、カビーさんがおねーさんとともに闊歩していくのが見えました。売店でなにかしらを要求していたところを怒られていたり、相変わらずなシーンが見られて、ちょっとにやりとしてしまいました。

 その後、ガールさんが皆さんでグリーティングをしていたので、せっかくですとぱちりと。こうしてみると、今年の中心となっているメンバーが。2年目の最初ですから、今の皆さんの雰囲気とはちょっと違う、たった一年で皆さん相当成長してるんだろうなぁ、なんて事をしみじみしてしまった私でした(笑)。

 その後、ふらふらしているとポリーさんが。ポーズをお願いしますーなんて話をしたんですが、思い切り金銭を要求するなどが。はいはいはい、なんどといなしつつポーズをお願いしたところ、そこら辺に置いてあった台車に乗ってノリノリな姿が。お転婆な子なのかしらなんて風に思っていたら、ドロンと忍者っぽい動きをしてるポリーさんが。その様子を撮ってたのに気付いたらしく、手裏剣で攻撃されていました(笑)。

 ポリーさんのあとはB様の所へ。なぜか素敵なヒップラインを撮れと言うアピールが。中々格好いいシーンを撮る事が少なくなってきていますけど(笑)、B様らしいと言えばものすごくらしい姿だなぁと。この辺はどの瞬間を切り取るかって感じなんですけど、私に関してはそういう流れなんだろうなぁ、なんて思いながら尻を撮っていました(笑)。
 
 

 B様を撮った後、ふと「単焦点でポリーさんを撮ってみたい」と言う衝動に駆られた私。Nikonの50mm f1.8ってレンズはそんなにお高いレンズではないものの、いわゆる標準レンズの中ではかっちりしたいい絵が撮れるという話で、D3を導入したあたりで同時に買っていたものの、なかなかそれを付けてって事がなかったので、今回は多少時間もあったと言うことで、ポリーさんの色々をそれで撮ってみることにしました。

 とりあえず、エア吹き矢やエア手裏剣などで攻撃されたりもしましたけど、ポリーさんの人なつっこさ、表情の豊かさ……表現力の豊かさって行った方がいいかもしれませんけど、そんなあたりがひしひしと感じられて、B様が招聘した、B様の元へ山から下りてきて、共に10thを盛り上げると言う役を任せただけはあるなぁ、なんて感じていました。

 お客さんとふれ合っているシーンを見つつ、その様子を撮っていたんですけども、この当時の数少ないポリーさんグッズであるタオルを持たせてもらって、色々と。私はその様子を撮れたら嬉しいのにとか、そんな塩梅だったんですけど、オープン戦の頃からなにかしら覚えられてしまったのか、顔をタオルで巻いたシーンを撮りなさいという指示っぽい動きを見たり、そのタオルをこちらに被せてきたり、色々な意味で二回目にしておもちゃでありました(笑)。

 その後、なぜかオープン戦の頃からずーっとのアピールだったのびのび(この後のグリで答え合わせ)をされつつ、せっかくだからポートレートを撮らせて欲しいとお願い。ようござんしょってポーズをとってくれたのが、いまでも私自身が撮ったコマの中でも好きなコマであるポリーさんのグラビア写真であります。

 ホント、この上がりはポリーさんらしいかわいらしさが出ているなぁって思うんですけど、その後、おつきのおにーさん及び私にいぢめられたーと号泣してたり、相変わらずなシーンが連続していました(苦笑)。
 
 

 試合は1-9でファイターズの敗戦。2014年、ニューヨークヤンキースに移籍する田中将大投手が堂々のピッチングで、ファイターズ打線を寄せ付けずと言う、そんな塩梅だったこの日。まー、投げる方のドルヲタ(かわいい方のドルヲタはマー様(笑))は難攻不落だよねぇ、なんて思いながら、サンクスグリーティングに切り替えていました。

 カビーさんに堂々とした姿をいただいた後はB様とポリーさんにサインを頂きに向かっていました。そこで知らされたのはオープン戦からずーっと続いていたこののびのびポーズ。どうやらおふたりの中では「オサナイならすぐ気付くだろう」的に思っていたものの、こちら側が全く気付けていなかったため、業を煮やしたらしくサインのついでに「もっと水曜どうでしょうを見なさい!」と書いてくれたB様。え? と言う表情の私を前にして,ユニを引っ張っていた私……は、ようやく点と点が繋がって線になっていました。

 ふたりがオープン戦の頃からやっていたのは、水曜どうでしょうの前枠でもお馴染み、トリオザタイツ(鈴井貴之さん、大泉洋さん、安田顕さん)のお三人の持ちネタ「今日も一日のびーのびと」だったんです。そこに気づけなかった私に対し「もっと水曜どうでしょうを見なさい!」と言う事だったというお話だったんですよね(笑)

 その後、カビーさんが一足お先に引き上げだったんですけど、ポリーさんにキッスをお見舞いしてるなど、なついているところを魅せ付けつつ。カビーさんとポリーさんはある意味で、B様以上にべたべただったんですけど(笑)、カビーさんがそういうオーラ皆無なので、なんかほほえましい感じに写っていました。

 カビーさんも引き上げ、最後はツーショットを。なぜかここでもエア手裏剣飛ばしてきてたポリーさんですけど、その後はコンビデタイツ師匠たちに。どうでしょうさん分からない皆さんを置いてけぼりにするおふたりを見て、ある程度分かってらっしゃる皆さんが素敵でした(笑)。

 細かいネタの後、引き上げていくふたりに対し「つきあっちゃばいいんですよ!」と言うこの頃のネタを。そこの声に反応しておーまーえーは! と攻めてくるB様とその後の「頻尿でクビ」「そして逮捕」とか訳の分からない色々があったり。この辺はポリーさんも初めての流れだと思ったんですが、きっとB様から仕込まれているのか、しっかりと分かっているようで、それはそれで恐ろしかったです(苦笑)。

 と、小芝居が終わった後は強制お辞儀もありつつシメ。おねむですーなんてやってるポリーさんがラブリーでありました。
 
 
 さて、次回はこの日の翌日の様子をお届けしていきましょう。基本的なながれが同じ中で魅せる差違を拾っていくような、そんな流れだったんですけども……。
 
 

 
 

著者紹介

オサナイ タカオ観戦撮影者/コミュニティFMパーソナリティ
自身の担当番組で話すネタにと野球場に足を運んでいたら、スタジアムを盛り上げているキャラたち、そしてチアたち、
いわゆる球場エンターテイメント班のみんなの活躍に心奪われ、素敵で素晴らしいみんなの活躍を色々な人に伝えたいと
写真とテキストで綴る「Radio TRICK -光画部-」を2006年7月19日からスタート。気がつけばもう開設から10年です……。
■現在の担当番組
FM HOT893 「Weekly Hotline」 パーソナリティ
FM HOT893 「Sunday Request Line」 レポーター
FM HOT893 「Now&Know」 パーソナリティ(代打)

«
»

コメント





コメント