お江戸の熊様と栗鼠様2013(4月)(その5)

連勝!
2013/4/10 東京ドーム
連勝!

 両リーグの全レギュラーシーズンの日程が終了し、各タイトルの確定や最終戦セレモニーなどが。テレビ中継でその様子を見ていて、各チーム共に魅せ方の差が出るなぁとか、各チームの癖ってのは出るなぁとか思いつつ、今シーズン限りで指揮官から離れる小川監督、星野監督のご挨拶をザッピングで見ながら、ファンという立ち位置でプロ野球に関わる人的な一発目の年の瀬を感じる昨今でありますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 実際には上位チームの皆さん達によるポストシーズンが始まっていきますし、光画部の更新に季節感も即時性もないのでアレですけども、なんとなく年の瀬感が。毎年のことではありますけども、なんとなく燃え尽きた感じがするこの時期なんですよね。しかも、この時期に油断すると風邪を引いてしまうと、そんなパターンで。

 とりあえず、油断せぬようになにかしら頑張っていこうと思います。
 
 
 さて、今回も2013年のエントリー。2013年4月9日から11日にかけて東京ドームで行われた北海道日本ハムファイターズと東北楽天ゴールデンイーグルスとの試合で見た色々をお届けしていきます。今回は11日の様子、その後編、試合後の様子を見て行きましょう。

 この日は前半戦の様子を見ていただいたとおり、前半戦は初回に中田選手のタイムリーで先制。先発の木佐貫投手が楽天打線を抑えていくのですが、5回表にマギー選手(現在はマイアミ・マーリンズ所属)に一発を喰らい同点に。どっちに転ぶのか悩ましい中で8裏にアブレイユ選手の3ランホームランで試合が確定的に。

 てなわけで、木佐貫 、鍵谷 、宮西 、石井 、増井投手と5人のリレーで繋いだ北海道日本ハムファイターズがこの日は勝利。根っことか色々とあるものの、ホーム球団の勝利はゆかいな仲間たちやみんなの出番が増えるので、それはそれでという頭があったり。真正面から見ている方にお叱りを受けそうな気もしますけど、球場エンタメ班の色々は凄いんだよってのを伝えるのが先なので……というか、そろそろもうその辺を書かなくても、ご理解いただいてるような気も。

 ホント、各球団のファンの皆様のお世話になっているなぁという思いと、色々な楽しい場面を教えてくれることに感謝していたり。皆さんのお陰でより一層、野球場で楽しく過ごせている、そんな気がします。

 それでは改めましてこの日の勝利後の動きを見ていくことにしましょう。
 
 

※画像をクリックするとポップアップして大きく表示されます。なお、ギャラリー表示はパソコンやスマフォ、タブレットPCなどのみの対応で、一部のフィーチャーフォンで表示できる機種もあるそうですが、基本的には対応しておりません。2013/9/24の更新より、Caption付けを省略しております。これは更新速度を少しでも上げるための措置です。ご了承ください。

 前日はちょっと慌ててしまっていた部分があったんですけど、この日は落ち着いてB様歓喜のアクロバットから。回転数が他の子よりそんなに多くないので、はまらない時は本当にダメなんですけど、この日は駄目なパターンに。それでもカッコいいところが撮れているからまぁ、いいやと割り切っていたりしました。

 歓喜のアクロバットから続行でやって来たぽリーさんと抱き合って喜ぶという、模索期のおなじみ。この日のくるくるはほんとうに綺麗に撮れていて、こういう流れならば流れでいいんじゃないかなとか、他球団の面々が色々といじってほしいなぁって思ったりだとか、そんな感想を。もちろん、これがまだ模索期にあったってのは今にして思うところなので、当時は「このリア獣め……」と思っていたような、そんな記憶があります(笑)。

 B様とポリーさんがくるくる回ってヨタっとしている横をガールさんが内外野方向へ。ここまで来るとくどいですけど、面白いので書いていこうと思いますが(笑)、有貴ちゃんが先頭だったのでそのコマを使っている形ですと言い訳にならない言い訳を。二枚目はロングだった頃のみずきちゃんが中心に来ているなぁと。みずきちゃんとちなつちゃんは2014年にショートヘアにされて、ショートヘアバンザイはとしては嬉しかったものの、びっくりしたキオクが。その辺のお話は先行写真(Flickr)とか、来年ぐらいの本更新をお待ちください。

 ガールさんの整列が終わった頃、B様とポリーさんがエキサイトシートのお客さんとのハイタッチを終えて万歳三唱。勝利を呼び込むために全力を尽くすのがキャラクターの立ち位置にある、そんなことをB様は自身のコラムに書いていましたけど、文字通りの役割を終えて、ただただ嬉しそうにしている姿が印象に残っています。

 まぁ、リア獣め……って雰囲気は全開でしたけどね(笑)。
 
 

 この日のヒロインは決勝ホームランを放ったアブレイユ選手。選手の登場まではフィールドに出ている球場エンタメ班が繋いでいくんですけども、定点からだとちょっとB様達の色々は遠かったため、手前側のファイターズガールさんを撮っていました。ヒロインが始まるまでの合間はスタンドからの声援に手を振って応えていたり、そんなシーンが有ったのでぱちりと。

 このセクションだと、ちょうどあやぱんがまっすぐの位置にいたのでって形で。色々と書いてますけど、実際には撮れる範囲にいる皆さんを重点的に撮っているだけ、なんですよね。やっぱり、基本姿勢はみんな凄いんだよってのが根底にあるので、なんとか広くとは思っているんですけど、中々うまくいかないという部分もあったり……まぁ、ファンはファンですけども、ね。人間、素直になったほうがいいことがあるような気がします(笑)。

 しばらくしてヒーローのアブレイユ選手が登場。定点からだと、お立ち台風景は見られませんので、そのお立ち台を盛り上げている皆さんの様子を撮っていくわけなんですが、この日も衝立をなにかしらしようとしていたB様が。ただし、ポリーさんはそれに同調せず、ミニスカポリスと化し、悪い熊を検挙している、そんな小芝居がありました。テレビに映らないのをいいコトに、球場では自由なんだよってのを伝えていますけど、この日の色々は冴えてたなぁって後にして思います(笑)。

 しばらく警視庁24時ごっこをしていたおふたりですが、後半はバラけてのヒロイン横。B様はカメラマンさんの方に向かい、色々といたずらしていたんですけど、ある意味でらしい光景だなぁと。ただ、決めるところは決めていくので、要所ではスタンドに向けてのガッツポーズ、なんて姿も見られました。

 そんなキャラ的には色々と動いていたヒーローインタビュー中の風景ですけど、ファイターズガールさんたちは基本は凛と待機。こういう待機シーンでも色々と伝わることがありますし、皆さんの姿を見て、札幌のガールさんたちは凄いなぁって素直に思っていたんですが、7月のASが札幌でというお話だったので、レギュラーシーズンはちょっと厳しいかな、なんて予想を立てていたりもしました。

 お客さんは色々とやりくりが大変なんですよ、実際(笑)。
 
 

 ヒロインが終わり、ベンチからは選手がサインボールを携えてフィールドに出て行こうという、そんな流れの時間帯。フィールドのファイターズガールさん達はフラッグを振りながら盛り上げているという、そんな塩梅。2014年と比較すると、経験値の差ももちろんあると思いますが、なんとなく違いがあるかなぁと。そういう違いを感じたが故に楽しく思えたのかな、なんて思うんですけどどうでしょうね。

 引き上げてくる選手たちを見守るポリーさんを撮っていたら、予想以上にカメラ目線で笑ってしまうんですけど、続行でB様とアブレイユ選手が。その後、ライトスタンドにしっかりとお辞儀をして終了……とはならず、報道の皆さんがしっかりとライトスタンドを背景に撮影していました。

 フィールドを盛り上げていたガールさん達もアブレイユ選手の撤収に併せてクロージング。有貴ちゃんの走っているシーンが上手いこと決まり、かっこいいなぁって思ったり。チアさんのかわいいとか綺麗って拾いやすいんですけど、格好いいって思うシーンが見つかると、じゃじゃじゃあ、また次も撮りたいよねーなんて。

 乗りかかった船じゃないですけど、一度引っかかったフックって中々外れないのが光画部の流れ。なもんで、この三連戦以降、光画部のネタには有貴ちゃんがよく出てくると思うので、なにかしらよろしくお願いいたします(笑)。
 
 

 ガールさん達が撤収したあとはB様とポリーさんの時間。B様の1-9に併せた細かすぎて伝わりにくい物まね選手権をポリーさんが盛り上げて行くというパターンは替わらず。B様の動きにポリーさんの色々が加わったって流れなので、大きな変化もなく、自然な流れでこの時を迎えていたような、そんな気がします。

 翌日は移動日と言うこともあるのか、ある程度のところで引き上げていくおふたり。仲の良さが際立つ4月ではあったんですけど、このままの路線で行くならいくで楽しいし、違うなら違うで楽しいしと、ふたりがどういう世界を構築してくるのかが楽しみな私でした。

 B様は比較的さくさく行ったものの、スタンドにいるところをポリーさんに見つかった私。若干切れちゃってるのが残念ですけども、フィールドからエア弓矢を射られるとか、その姿が戦国無双の稲姫(CV:大本眞紀子さん)っぽいなぁとか、そんなことを思う私。

 ポリーさんの人なつっこさにちょっと笑ってしまい、こりゃあ他の女子球団マスコットの皆様と扱われ方は同じだわと悟っておりました(笑)。
 
 

 最後のシーンまで撮っていたので、B様とポリーさんのサンクスグリーティングの列はこの日も諦める形。カビーさんのラブリーな所を50mmで撮ったり、ガールさん達の集合写真を撮ったり、一方向がダメなら違う方向を攻めていけばいいじゃないと、そんな感じで。カビーさんバックの「22」がらしさを感じますし、ガールさんのそのときがきっちり残っている、そのときが封じ込められているってのは楽しいなぁと。再構築で手練衆なみんなのルーキーの頃なんかが今後出てくるんですけども、このコマも色々と懐かしいです(笑)。

 とりあえず、最後に囲みがあるだろうなぁと思って、みんなと雑談しながらグリーティングの様子を見ていた訳なんですが、合間を縫って「お前は来るのが遅い」とお怒りのB様がアピールを。はいはい仕事してくださいと戻すってのもいつもの流れでありました(笑)。

 てなわけで、最後はカビーさんも交え、さんにんで集合写真。今年のレジェンドシリーズで御大たちともやっていましたけど、囲んでいるお客さんに向けたポーズのあとは、後ろのドーム側のお客さんにも。色々な意味でお約束なんですが、この頃からこのおさんにんはやらかしていました。

 と、最後、後ろを向いた隙に腹パンチを弟にお見舞いする兄と見守ることしかできない幼なじみとか訳の分からない展開がありつつ、シメ。この4月ネタ的には腹鼓は欠かせなかったので、そんなふうな節回しで声を出して、しっかりと乗ってくるポリーさんとか、色々な意味でカオスでありました(笑)。

 最後は元気よく引き上げるみんなを見送って4月の東京ドームの終了。次の機会に会うのは交流戦、そして明けの東京ドームという形だったんですけど、そのときが本当に楽しみな、そんな記憶がしっかりと残る、4月の東京ドームのあれやこれや、でした。
 
 
 さて、次回は再構築エントリー。次回は2008年夏、最初で最後の広島市民球場(旧)に行ったオモヒデを、スラィリーさんが楽しそうにしているあの球場でのオモヒデを振り返っていきたいと思います。
 
 

 
 

著者紹介

オサナイ タカオ観戦撮影者/コミュニティFMパーソナリティ
自身の担当番組で話すネタにと野球場に足を運んでいたら、スタジアムを盛り上げているキャラたち、そしてチアたち、 いわゆる球場エンターテイメント班のみんなの活躍に心奪われ、素敵で素晴らしいみんなの活躍を色々な人に伝えたいと 写真とテキストで綴る「Radio TRICK -光画部-」を2006年7月19日からスタート。気がつけばもう開設から10年です……。 ■現在の担当番組 FM HOT893 「Weekly Hotline」 パーソナリティ FM HOT893 「Sunday Request Line」 レポーター FM HOT893 「Now&Know」 パーソナリティ(代打)

«
»

コメント





コメント