初めての女子プロ野球観戦

初めての女子プロ野球観戦
2013/4/21 明治神宮野球場
初めての女子プロ野球観戦

 すっかりと一人暮らしも落ち着き、諸々の流れが何とかつき始めた昨今。後は諸々にかかった経費の精算と来月以降の経費をどう見ていくかという事を頭に置きつつ、週末のファン感が今からホントに楽しみな今日この頃でありますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 こつやポイントを掴むと、なにかしらも楽しいんだなぁてのが分かって、日々の諸々も楽しく感じる訳なんですが、問題は前にも書いたとおり、一人分の分量で作ると言うことが難しいなぁと言う形。この辺、一ヶ月は作ってみて、コスト的に総菜を買ってきた方が安いのであれば、そっちに切り替えていきたいなぁ、なんて思ったりしております。

 ただ、自分で色々作るのも楽しいんですよね。もやし炒めバンザイでありますが、作る気満々なペペロンチーノはいつ作ることになるのでしょうか(笑)。
 
 
 さて、今回は2013年のエントリー。2013年4月19日に神宮球場で行われた女子プロ野球・ヴィクトリアシリーズ、オールイースト対オールウェストの試合で見た々をお届けしていきます。

 基本のメインフィールドがNPBな光画部。そこに色々な縁で大宮アルディージャの試合を見に行くようになり、色々と世界を広げてきた訳なんですけど、2010年の発足以降、一度は見て見たかったのが女子プロ野球でありました。発足当時、ネーミングライツがつく前の相模原球場で試合をしたりって事があったんですけど、金曜日で中波に行くことが出来ず、涙をのんでいたりしたんですよね。

 その後、女子プロ野球のキャラクターたちがTwitterをしていて、そこでの交流から試合を見たいというキモチが募っていたものの、本拠地が関西と言うこともあって、中々見に行くことが出来なかったんですよね。ホント、こればっかりは日程次第……だったんですけども。

 そして2013年。Twitterをやっていた女子プロ野球のキャラクター三人娘は諸処の事情で旅立ち、新体制で臨むシーズン。この年は4チームで全国を駆け巡る形のシーズンだったんですけども、4チームで駆け巡るカップ戦と東西対抗的な立ち位置のシリーズ戦の二つの形で魅せていく流れがあったようです。

 この日は中継後に神宮へ。初めての女子プロ野球は明治神宮野球場でと言う形になった訳なんですけど、初めての状況にただただワクワクしておりました。
 
 

※画像をクリックするとポップアップして大きく表示されます。なお、ギャラリー表示はパソコンやスマフォ、タブレットPCなどのみの対応で、一部のフィーチャーフォンで表示できる機種もあるそうですが、基本的には対応しておりません。2013/9/24の更新より、Caption付けを省略しております。これは更新速度を少しでも上げるための措置です。ご了承ください。

 中継終わりで神宮球場に向かっていたこの日、大学野球の進行が最優先される神宮球場らしさを肌身で感じながら入場待機列へ。印象よりもお客さんが少ないと言うのが正直な印象で、ちょっと心配になったりもしたんですけど、これからなんだろうなぁ、なんて言う思いを胸に秘め、色々と見守っていました。

 座席確保後、コンコースを巡ると、2013年から登場のフローラさん、ディオーネさん、アストライアさん、レイアさんと言う皆さんがグリーティングの真っ最中。ホントに初めましてだったので、しっかりとしたご挨拶と共に去年まで活躍していた古都美ちゃん、スインビットちゃん、ハニーちゃんのおかげで女子プロ野球に興味を持ったんですよってのを伝えられたのが何となく嬉しかったりしていました。

 とりあえず、挨拶は挨拶として、よにんとも色々な意味で全開であることを確認。どんなシチュエーションでも、球場エンターテイメントを司る面々の熱さは素敵だなぁと感じる私でした。
 
 
 その後、よにんはメインフィールドへ。フィールドで選手たちの登場を盛り上げていたり、送り出しでハッスルしていたり。この辺はNPBも何も変わらないのねと言う、そんな印象が。同じ野球の興行ですし、大きくぶれないってのが正直なところなのかな、なんて思います。

 今回の試合はヴィクトリアシリーズ(2013年)なので、一塁側がオールイースト(イースト・アストライアとノース・レイア連合軍)、三塁側がオールウエスト(ウエスト・フローラとサウス・ディオーネ連合軍)と言う形。キャラたちもそんな形で推移する訳なんですが、よにんともに大ハッスル。色々な意味で豪華さを感じる私でした。
 
 

 試合中もタイミングを見計らってスタンドに登場。試合に出ていない選手たちがお客さんと一緒に応援している中、キャラクターたちも気合いを入れて応援していました。

 選手たちが普通に応援している姿というのも新鮮でしたけど、キャラクターたちが普通にスタンドで楽しそうにしているというのも今では結構新鮮。NPBもその昔はスタンドにホイホイ出てってのもありましたけど、球団マスコットたちの色々が注目されるようになって以降、ちょっと危険な部分もあるため、中々スタンドは出にくくなっているんですけど、比較的緩さあふれていたこの日の神宮でよにんむすめは元気に応援していました。

 コンコース移動中につばみさんの写真があったので、それを押さえつつ一塁側と三塁側で色々撮ってたりしたんですけども、カメラを構えている人の所に突っ込んでいく習性はどこの子も変わらないなぁと(笑)。あと、天使の女の子なんですけど、カメラに突っ込んできた後のドヤ顔は色々な意味で凄いと思いました(笑)。
 
 
 試合はオール・ウエストの勝利。お立ち台周辺で盛り上げているフローラさんとディオーネさんの姿を押さえつつ、初めての女子プロ野球を楽しんでいた私。また打まだ荒削りな部分もいっぱいあるけれど、色々なレベルが底上げされたら、もっと楽しくなるんだろうなぁ、なんて思いながら全体的な試合を見守っていた、そんなキオクが残っています。
 
 

 試合終了後は選手も登場してのふれあいイベントが正面入り口付近で行われていました。女子プロ野球レベルの規模だから、サンクスグリーティングに近いことが出来るのかなとは思うんですけど、やってやれないことはないんじゃないかなぁってのをみんなの動きを見て思ったりしていました。

 よにんむすめみんなにご挨拶をしつつ、登場からそんなには時間が経っていない状態ではあるんですけど、お客さんからしっかりと名前を覚えられているよにんむすめは素敵だなぁと思いつつ、絵には写っていませんけど、実際に競技者として野球をやっている子達と楽しそうにしていたりってのがあったんですよね。

 あとは……みんな細かいところで濃いなぁと。ディオーネさんの決めポーズがなんか好きだったり、みんながみんなしっかりと個性を出しているのが見事で。あとはこの辺がどう花開いていくのかな、なんて思いつつ、そのハッスルを見守っていました。

 この後、2013年は色々とみんなの活躍を見ることとなるのですが、それはまた別のエントリーでお届けしていきたいと思います。
 
 
 さて、次回は2008年のエントリー。次回は2008年夏の北海道日本ハムファイターズ東京ドーム主催試合。この試合はお盆に予告もありましたけど、マーくんたちが東京ドームに遠征するという、今ではあまりない展開があった、そんな試合の様子なんですけども、ある大ネタが待ち構えていたのであります。
 
 
 
 2008年、夏。
 
 伝説のスタンド流しそうめん再び……。
 
 

 
 

著者紹介

オサナイ タカオ観戦撮影者/コミュニティFMパーソナリティ
自身の担当番組で話すネタにと野球場に足を運んでいたら、スタジアムを盛り上げているキャラたち、そしてチアたち、 いわゆる球場エンターテイメント班のみんなの活躍に心奪われ、素敵で素晴らしいみんなの活躍を色々な人に伝えたいと 写真とテキストで綴る「Radio TRICK -光画部-」を2006年7月19日からスタート。気がつけばもう開設から10年です……。 ■現在の担当番組 FM HOT893 「Weekly Hotline」 パーソナリティ FM HOT893 「Sunday Request Line」 レポーター FM HOT893 「Now&Know」 パーソナリティ(代打)

«
»

コメント





コメント