マーくん達の開幕戦2009(その1)

開幕のその日に
2009/4/3 千葉マリンスタジアム
開幕のその日に

 社会人の皆さんの夏休みまであと少し……というか、明日から夏休みな皆さんもいらっしゃるのかしら、なんてことを思いながら、金曜日の諸々を済ませている昨今でありますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 放送的にも特番編成が多く入ってくるこのぐらいの時期。明日は14時までの生放送で、試合開始の17時にはおそらく間に合うであろう時間帯。ステージショーは見られませんけども、それ以降の色々を思い切り楽しんでいきたいな、なんて思います。

 とりあえず土日を生き延びて、火曜日からは2015年、夏の観戦大遠征。天候は概ね安定してそうなので、とりあえず気合で遊んでいこうと思います。
 
 
 さて、今回は久々に2009年のエントリー。2009年4月3日に千葉マリンスタジアム(QVCマリンフィールド)で行われた千葉ロッテマリーンズと埼玉西武ライオンズの試合で見た色々を見て行きたいと思います。今回は試合開始前のステージイベントを中心に再構築していきます。

 2009年4月3日、久しぶりのセパ同時開幕日となったこの日、私は千葉マリンスタジアムにいました。予定では2009年最初の千葉マリンスタジアムは3月20日を予定していたのですが、流れ流れて開幕の日となったわけで。2008年に引き続き、開幕の日に野球場にいられる幸せを噛みしめていました。

 と言うわけで、今年も健在だったきゃらくがきをホクホクしながら見つめる私。開幕が「海」浜「幕」張だったマーくんとか、親会社から供給されたと思われるお菓子食べまくっていたリーンちゃんだとか、テンション高すぎて笑ってしまうズーちゃんだとか、力強い筆跡で今シーズンも突っ走っていきそうなCOOLさんだとか、開幕が故のテンションに「今シーズンもいよいよ始まるなぁ」と気合いが入ってしまう私でありました。

 開幕スペシャルと言うことで、裏面にはM☆Splash!! の皆さんのきゃらくがきがあったり、こなつおねーさんのきゃらくがきがあったりと大騒ぎだったホワイトボード。今年もマリンに足を運んだときはこの「きゃらくがき」は要チェックなようです。
 
 
 ※2015/2/24の更新から写真置き場をサイト本体よりFlickrに移管しています。見栄えだとかが変わってきていますが、さらなる更新頻度向上のためとしてご理解ください。

 写真本体はFlickr上でご覧頂くか、フレームの右、または左(ちょっとまだ安定しないんです。ごめんなさい)でスクロールさせながら御覧ください。
 
 

  平日の開幕だったこの日、球春到来とばかりに半休をとっていた私。重い荷物を背負って東京駅での乗り換えを行っている時にも「始まるなぁ」と言う気持ちで一杯。多少、本域で早歩きをしながら、横須賀線ホームから京葉線ホームへ急ぐ私。気合でわかしお号発車の15時に間に合い、20分強で海浜幕張駅に到着。わかしお号の中も千葉マリンスタジアムへ向かうであろう皆さんが多く、なんというか、「お仲間感」満載でありました。

 球場に着いて、きゃらくがきを撮影後、しばらくするとマーくん達が正面入口からわらわらと登場。いよいよ今シーズンの幕開けであります。
 
 
 まずはと言うことで、マー様からご挨拶。やはり、仁義を切るのはメインマスコットからっつー感じですね。マー様には今年も大変お世話になると思いますし、2009シーズンの通しのネタとしようとしていた「中継レポーターのときに記念撮影をお願いされた際のポーズのお知恵拝借」はさておき、いい塩梅のポーズをとっていただこうかと、そんなお願いをしていました。

 今年最初のいい塩梅なポーズはこんな感じ。雰囲気というか、全体的な空気感が昭和のアイドルアイドルするマーくんは今年も健在。とりあえずは球団マスコット好きのハートをねらい打ちのようです。なんでしょ、未だにグループは問わずジャニーズ入り(2009年当時。まさか2015年現在、ドルヲタとして名を馳せるとは思いもよりませんでした))を目指している、そんな気迫が伝わってきていました(笑)。

 マーくんのあとは“美浜区のおやびん”(2009年前後からおやびん表記がテキストでも出てくるようになったようです(笑))こと、リーンちゃんの所に向かう私。久々に会うこぶんにお気づきになった途端、指は差すわ、(2009年もやっぱりというか、2015年もですけども(苦笑))一人で来てはりますよーとかいじり倒していく様子。おやびんらしいなぁとか思う私であります。

 そんなリーンのおやびん、私にメッセージがあるようで、何かと思って紙とペンを渡しました。2009年当時は円滑なコミュニケーションのために紙とペンを忘れない様にしてたり。2015年現在はお客さんも多いですし、中々そういう機会もないのでって塩梅では有りますけども、サインを頂くようにスケブがはいっていたりってのはあります(笑)。

 この時、リーンちゃんがなにを書くのかと思えば、2008年夏に旅のおみやげとして渡した倉敷特産のい草キューピーが石垣島で旅立ったというそんなお話。申し訳なさそうにしていたリーンちゃん。ホントに律儀だなぁというか、優しいなぁって思う私。

 ただ、開幕戦で久々にリーンちゃんに会えると思って、2009年の正月土産である松葉かにキューピーを持ってきていたんです。当時はリーンちゃんにご当地キューピーを上納するってのが通例だったんです。なもんで、申し訳無さそうなリーンちゃんにススッと松葉かにキューピーを取り出してプレゼント。速攻で「ナイス!」と喜んでいただけたようで、こぶんはとってもうれしかったです(笑)。

 当時の小ネタはさておき、このリーンちゃんのポーズは微妙に昨年の開幕戦のネタの続きなんすよね。2008年の開幕戦は西武ドームでオリックス・バファローズと埼玉西武ライオンズの試合を見ていたのですが、そのときにレオとライナが球団創立30周年を表すスリーピースをぶちかましてたんですよ。それを踏襲しているのか、リーンちゃんは球団創立40周年を示すフォーピースで今年最初のポージングだった、なんて思い出していました。
 
 
 マーくん、リーンちゃんに続いてはズーちゃんにご挨拶。きゃらくがきを見る限り、かなりのテンションで開幕を迎えていると推測される訳で、そのテンションを思い切り表現してもらったような、そんなポーズで。ポーズからもズーちゃんの元気の良さも思い切り出てますけど、空の青が飛んでいないと言うことが本当に嬉しいですね。2009シーズンはD300でいい絵が一杯撮れそうかも、なんて思いながら確認していたような、そんな記憶があります。

 マーくん、リーンちゃん、ズーちゃんと来て、残すはCOOLさん。きゃらくがきを参考にすると、どこにいるのかよく分からないことになっていますが、実際にはライト方向にいることが多いわけで。その辺を含ませながらライト方向に向かったのですが、運悪く引き上げのタイミングだったみたい。まぁ、転んでも泣かない強い気持ちが重要なんだなっつー感じで。早め早めの移動がかかると言うことは、開幕戦のステージの主役は……COOLさんなんかな、なんて思ったりした私であります。
 
 
 COOLさんが引き上げていったのを見て、ステージ開始時間がまもなくだと言うことに気づく私。ステージ・人工芝・ベンチ・その後ろと言うマリンのステージは今シーズンも変わっていない様子。キャラ好きの人、チア好きの人、いろんな人が場所取りに余念がないみたいです。

 基本的に出たところ勝負な私なのですが、とりあえずよかべぇと思った場所に陣取って、今シーズン最初のステージ待ち。半身の体制で撮ろうといろいろ体勢を整えていたら、こんな微笑ましいシーンが真後ろで展開されていました。このお嬢ちゃんの一生のオモヒデになってくれることを祈る私。ふれあいが絆を呼んで、たくさんの人がスタジアムに足を運んでくれると嬉しいなぁとか勝手に思う私でありました。

 と言うわけで、リーンちゃんとお嬢さんの良いシーンを見て和んでいたあたりで、いよいよステージの幕が上がりそうです。
 
 

 ステージの幕開けはやっぱりこなつおねーさんの声だなとか思ってしまう私。シーズンオフ中はこなつおねーさんの元気の有り余ってる声が聞こえなくて、ちょっと物足りなかったり。2009シーズンもステージでの活躍を楽しみにしつつ、今日もいいところや自分自身で生かせるところはガッツリ盗んでいく気満々な私でありました。

 2009年の機器更新の色々、D300の発色の良さをドアラさんの肌色で確認してましたけど、なんかもう改めて納得と言うか何というか。肌色が本当に綺麗に出るなぁって感じですね。

 こなつおねーさんの説明によると、今日のステージは「COOLのアイスフィールドを取り戻せ!」と言う演目。昨シーズン末を踏襲した形で、見たことある人もいるかもしれませんが、なんて話がありました。逆にシーズン末のマリンでステージを見られていない私としては、いろんな意味でラッキーとか思ってましたけども、この後もしばらく「COOLのアイスフィールドを取り戻せ!」がおなじみの演目になるとは思っていませんでした(笑)。

 と言うわけで、「COOLのアイスフィールドを取り戻せ」は文字通りCOOLさんが主役。序盤のものすごくテキトーな生い立ち説明のあと、肉親を捜して7つの海を股にかけるCOOLさん(海賊団団長であり、海賊船船長)の登場であります。出で立ち的に非常にわかりやすい海賊であるCOOLさん。どちらかというと、本域で悪い海賊と言うよりも義賊的な立ち位置。雰囲気としては、キャプテン・ハーロックとかなんかなぁと。

 よだれかけ……ではない、紫色した胸のビラビラが中世の海賊な雰囲気を醸し出していますし、バンダナに刻まれたドクロマークはドロンジョ一味ではなく、やっぱりハーロック的何かなんでしょうね。

 さて、名称不明ながらCOOLさんが船長を務める海賊船には乗組員がたくさんいます。海賊と言えば、基本は「あらくれもの」であります。ただし、キャプテンの決定は絶対というか、信服しているからこそ付き従うというか、COOLさんさんも7つの海に揉まれて、実力が大変なことになってるんですね。と言うわけで、非常に統率のとれた乗組員の皆さんの間を堂々と突き進むCOOLさん船長であります。

 海賊団の皆さん勢揃いの図であります。全員がしっかりと敬礼する姿は本当にりりしく、非常に統制のとれた船だと言うことが分かります。どこでどう乗組員を集めたのか気になるところですが、船長のカリスマ性にやられたとか、それらしいことを想像しておきます。しかしまぁ、なんと言いましょうか……。改めて見てもCOOLさん、このステージは本当にメイン的な立ち位置なんですね、なんて印象を受けていました(笑)。

 COOLさん船長の船にやってきたのは異国のサムライ。2009年当時、時代劇専門チャンネルの「柳生十平衛 あばれ旅」を見ていた私は、何となく志保実悦子さん演じる十平衛の妹が性別を偽って諸国を漫遊する何かに見えたり見えなかったり。「何やってんの、COOL!」と言いながらもノリノリで準備するこなつおねーさんに乾杯であります。

 ノリノリで準備していた異国のサムライ、こなつおねーさん。海賊云々はさておき、7つの海を股にかけつつ、家族を捜しているCOOL船長を不憫に思ってか、海賊団に参戦であります。凛々しさあふれる異国のサムライが乗組員に加わり、COOL海賊団、益々戦力増強と言ったところでしょうか。微妙に船長がサムライに食われているような気もしますが、それはそれ・これはこれっつー感じで(笑)。

 そんなこんなで異国のサムライが加入した海賊団。7つの海を再び駆けめぐる冒険の旅に出るのですが……。航行中に不審な飛翔体3つを発見。乗組員の皆さんに加え、船長や客分のサムライも何事かと飛翔体の方を見ています。飛んでいるのはここまで出てきていないあのさんにんだと思うのですが、彼らは空をちゃんと飛べ……たのは、ステージ演出。マリーンズが日本一になった時に守られるであろうマー様の公約「空を飛ぶ」がどうなるのか、未だに気になって夜しか眠れません(笑)。

 謎の飛翔体三つですが、何らかの理由で真っ逆さまに落ちてDESIRE……真っ逆さまに海へと墜落していったようです。何かが落ちたことに気づいた船長もビックリしていますが、公海上での海難事故ですから、救護活動に向かっていくようです。つか、船長、ポーズが乙女チックです(笑)。
 
 

 気持ちよく飛んでいた(と思われる)マーくん達が何らかの理由で海に墜落。海賊船が落ちた面々に近づくと共に落ちたメンツも頑張って船にたどり着こうと泳ぎ始めています。マーくんは平泳ぎというか立ち泳ぎなんですね(笑)。

 とりあえず、近くの屋台から立ちこめる煙が予想外に「緊急感」っぽさを魅せてくれています。この頃のステージは屋台村の煙との闘いだったなぁとか、白い絵を見ながら思いました(笑)。

 マーくんに続いて、リーンちゃんとズーちゃんも波にもまれながら海賊船の方向に向かっています。マーくんは見事な立ち泳ぎでしたが、この絵から見ると、ズーちゃんがクロール、リーンちゃんが何故かバンザイアタックと言う不思議な状態になっています。そんなこんなで、三人とも海賊船に収容されるようです。

 海賊だろうがなんだろうが、遭難している人を助けるというのは人として当然。乗組員達も懸命になって遭難者の救助にあたっている様子。ただ、鴎の少女ひとりに5人がかりでの救助なのですが、リーンちゃんはそんなにm(ry ……いえ、なんでもないです。りーんちゃんはまりんのあいどるですよ。ほんとですよ。

 さて、COOLさん達に救助されたマーくん。何が起きて海にダイブしたのかを説明しています。とりあえずは三羽共に気持ちよく空を飛んでいたんだけれども、スモッグの中に突っ込んでしまい、体調が悪くなり墜落したとのこと。パッと見、山の向こうにオレンジ色の物体が云々と言っている農夫のお父さんぽく見えますが、気にしないようにします。

 スモッグの中と言うのは、鴎達が意識を失うというか、飛べなくなるほどに空気が悪いらしく、救助された後のズーちゃんが辛そうに咳き込んでいます。リーンちゃんも心配そうに見守っているようです。若鴎の方が大気汚染に弱いのかもしれませんし、思い切り悪い空気を吸ってしまったのかもしれません。地球温暖化、そして大気汚染……。病んでいる地球が浮き彫りになっているのかもしれません……というような、流れで進んでいきます。

 空が汚れているために飛べない鴎、大気汚染に身体をむしばまれる危険のある鴎。三人が三様の不安を抱える中、リーンちゃんの不安が爆発寸前。基本的に尻に敷かれていると思われる二人の雄鴎は為す術もなく…。

 と言うわけで、リーンちゃんの妄想劇場をお楽しみ下さい。
 
 

 マーくんとズーちゃんの手を振り切って、ステージ中央で自身の思いの丈を独白していくリーンちゃん。大気汚染が進んで、命が短くなってしまうことでやりたいことが出来ないじゃない! と言う魂の叫びのようです。後ろのマーくんが「また始まったよ……」的な雰囲気を出しているんですが、どうしましょう(笑)。

 リーンちゃんの妄想劇場はまだまだ続きます。命短し恋せよ乙女じゃあないのですが、命が削られて困ることの一つに食べることがあるようです。きゃらくがきでも「オフはお菓子を一杯食べてた」発言もありますし、食欲と女子は切っても切れないんじゃないかと思うわけであります。後ろでズーちゃんが「お兄ちゃん、どーすんのよ」と言う動きをしているのが伺えます。

 あまりにも妄想が過ぎるリーンちゃんを見かねて、海賊船の船長であるCOOLさんと客分のこなつおねーさんがマーくんに抗議。マーくんも申し訳なく思っているのか、非常に低姿勢でごめんなさいをしています。マーくんとCOOLさんの2ショットでこの手の絵は珍しいなぁとか思いながら、リーンちゃんの妄想劇場の続きを見てみましょう。

 リーンちゃんの妄想はついにクライマックスへ。女子のお約束とでも言いましょうか、いつの日か白馬に乗った王子様と一緒にバージンロードを歩く的な妄想夢芝居を繰り広げています。さすがにここまでくると、優しい乗組員さん以外の皆さんは放置の方向に流れるようです。とりあえず、マー様が白馬に乗ってくればとりあえずはいいんじゃないかと思うのですが、いかがでしょうか……と、当時は書いてましたけども、2015年の今からすると、安田さんonちゃんが白馬に乗ってくればいいんじゃないかなって思います(笑)。

 リーンちゃんの妄想劇場が繰り広げられている裏では、マーくんがCOOLさんと密談中。たぶん、アイスフィールドを取り戻せの根底にある「大気汚染」と言う話は間違いなくしているはずなのですが、たぶん、「連れのストレスが相当溜まってましてん」的な話をしてるんじゃないかなとか思いながら、妙な結束感を強める二人を見ていました。強い女子の尻に敷かれるのが、NPB男子マスコットの流れなんですね。

 リーンちゃんが後ろであーじゃないこーじゃないとやっていたメンツに気づき、ブチ切れていました。特に、食べてばっかりだとか見せ球なしの直球勝負だったりするズーちゃんに怒りの矛先が向いているように見えたのですが……。とりあえずマーくんはなだめる方に回るようですが、リーンちゃんとズーちゃんのやりとりが熱くてちょっと笑ってました。
 
 

 さて、助けてもらっておきながらってな感じではありますけど、鴎三羽が気にしていたのはCOOLさんやこなつおねーさんの格好。赤を基調にしているものの、頭に描かれたドクロマークがどうにも引っかかる様子。リーンちゃんとズーちゃんがやってるのは、エックスマークではなく、いわゆるクロスボーン。もしかするともしかします。

 どちらかと言えば、身分を偽った方がいいような気もするのですが、ハーロック系の義賊的海賊としてはしっかりと名乗りを上げるのが筋ってもんなのかもしれません。要はあれですよね、この世の果てに俺のすべてを置いてきたとか、その辺のアレですよね。個人的に、海賊と言えば小さなバイキング ビッケが印象に残りますでしょうか。義賊とは違いますけども、海賊艦隊ってーと機動戦士ガンダム0083のシーマ艦隊とかがってな塩梅で(笑)。

 最初は海賊と聞いて怖さが先行してたマーくん達なんですけど、COOLさんさんやこなつおねーさんの説明により、怖くない海賊、いわゆる義賊的な立場であることが分かり、一緒に航海をしていくこととなります。ノリノリになったマー様の力強さは天下一品。目がさんさんと輝いているのが分かります。ちなみに、ズーちゃんはどこかで聞いたことのあるような「海賊王に俺はなる!」とかわいらしい声で叫んでいました。

 と言うわけで、異国のサムライ・こなつおねーさんのほか、マーくん、リーンちゃん、ズーちゃんの三人が旅のお供に加わっていきます。旅は道ずれ世は何とやらじゃないですけど、仲間は多い方がいいですもんね。COOLさんさんは船長らしく、マーくん、リーンちゃん、ズーちゃんに担当を割り振っていきます。2008年春先のステージ「マーくんのメタボ解消大作戦」でチャラ夫全開でこなつおねーさんをナンパしていた姿はみじんも想像できません(笑)。
 
 

 基本的にかもめーずのキャラクターショーはミュージカル風味。これは2015年の今も変わっていない流れ(2015のネタ、早くみたいです(笑))。話と話の合間にはダンスパートがは挟まってくるという形。COOLさんキャプテンと乗組員の皆さんはステージ上で、マーくん、リーンちゃん、ズーちゃん、こなつおねーさんは客分と言うこともあって、ステージ下でのアクトとなるようです。全員そろった感じのこの雰囲気はさすがマリンと思いますし、このステージを入り口に千葉マリンスタジアムに何度も足を運ぶお子さん達もいるんだろうなぁって思いながらシャッターを切っていました。

 ステージ下に陣取ってくれたおかげもあって、リーンちゃんがいい塩梅に撮れたようですよ。ネタ含みで「美浜区のおやびん」なんて遊んで書いてますけど、千葉ロッテマリーンズのマスコットの中で唯一のおんなのこであるリーンちゃん。その女の子らしさは是非一度見てほしいなぁと思ういます。まぁ、なんやかんやとこぶん扱いですから、こういうステージシーンでないと女の子ぽいい動きを見ることが少ないんですし、2015年の今はもう猫にゃん棒でぼっこぼこなんですけどね(苦笑)。

 個人的な立ち位置の都合上、なかなかしっかりと撮影することが少ないズーちゃん。今回はうまい具合にはまってくれたようで、ズーちゃんの力強さを改めて再確認させてもらったような、そんな感じでしょうか。まぁ、よにんのマスコットのうち、ライトスタンドで熱い声援を送る皆さんと一番よくふれ合う印象が多い(外野でのグリーティングが多い)ズーちゃんなので、ライトスタンドの熱さをそのまま受け継いでいるのかもしれませんね。

 と言うわけで、サムライのこなつおねーさんも元気いっぱいに踊ってます。なんだろ、撮る楽しみが新機材になって増えた様な、難しく考えなくても楽が出来ると言うか……。とにもかくにもステキな笑顔です。っと、すっかり忘れていましたが海賊団の出ばやしの歌は宇宙戦艦ヤマトのCOOLさん版、そしてマーくん合流後の歌はひょっこりひょうたん島です。

 ノリノリで踊っていたこなつおねーさんの背後に忍び寄る一羽の鴎……。マーくんもテンション上がってしまっているのか、振り付けの右ストレートがこなつおねーさんの近くをかすめていきます。サムライなので大丈夫だと思いますが、ちょっとビックリしてる様子。マー様のほんわかした外見に騙されると怪我をするといういい例です(笑)。

 マー様の右ストレートをすんでの所でかわしたこなつおねーさんですが、予想外だったことをお客さんにアピール。こなつおねーさんはサムライですから大丈夫だと思うのですが、この辺は見事だなとか思って笑ってました(笑)。マー様、開幕戦と言うこともあって荒ぶる何かがあるのかも知れませんね。

 中盤のセクションはひょっこりひょうたん島のCOOLさん版に併せたダンスも〆であります。ステージ上ではCOOLさん船長と乗組員の皆さんが、ステージ下ではマーくん達がビシッとポーズを決めています。ステージ下ではマーくん達がビシッとポーズを決めています。ステージ開始前はそんなに多くなかった人もこの辺りには全周囲すずなり。いよいよ試合開始に向けてのカウントダウンが始まって居るんだなぁと体感した私でありました。
 
 

 マーくんとこなつおねーさんが並んでいる姿を撮りつつ、基本的なやりとりは「ライバル」と書いて「友」と読む黒いのと白いの。今回のステージではCOOLさんさんが主役でマーくんは脇を固める形。それにしてもCOOLさんのヘアバンドがゼンジー北京師匠の腹巻きに見えて仕方ないですし、マーくんの頭は大きいなぁと思いながら、ステージ下にやってきたのを幸いにバストアップを狙ってみます。D70sだとこの辺りの状況下ではまず間違いなくサングラス状態になってたのですが、微妙につぶらな瞳が見えています。文字通りのクールさの影にあるかわいらしさがCOOLさんのステキなポイントであります。大きめのヘアバンド装備のCOOLさんが、色こそ違えどロケットマンことふかわりょうさんの初期に見えたのですが、どうしましょうか。

 ダンスが終わった後、環境問題に関するクイズをズーちゃんが出題していきます。COOLさん船長は流石に環境大使だけあって真剣に挑む気満々。ただし、リーンちゃんは左手方向のお客さんの声援に応えていたり、マーくんはなんか不思議な動きをしていますね。しっかり者の弟の問題に挑む兄。アングル的にカメラ目線っぽく写っているのですが、マーくんのこのポーズ、最初はお腹が減ってるのかと思ったんです。でも、両手で指を舐めに行くってのはなんか引っかかったわけで……。

ポクポクポクポク……チーン!

一休さんだ……。

 そうなんです。ズーちゃんのクイズに挑もうとしていたマーくんは本気仕様だったようで、若い世代にはなんのこっちゃ判らないと思う……逆に言うと、お父さんお母さんお兄さんお姉さん向けの「一休さんのとんちポーズ」で答えをひねり出そうというそんな塩梅のようです。この時はまだ「ねんれい5さい」の頃だったと思うんですけど、若年層をおいてけぼりする、その心意気が見え隠れしていたようです(笑)。

 ズーちゃんのクイズの中で「無駄を無くしていこう」的な流れになったのですが、ここに反応したのはリーンちゃん。常々彼氏であるマー様の一番「無駄な部分」が気になっていると言うこともあって、「ここを無くせばいいじゃない」とアピールしている様子。チーム・メタボ(マーくんを筆頭にカビーなどが主要メンバーでした(笑))の長がこの発言を聞いてどうなるか、色んな意味でワクワクしていたのですが、マーくんの行動は予想の斜め上をかっ飛ばしていました。

 どっかりした体型は「デブは2倍」の初様的な伝統を受け継ぐマリーンズの強打者の証。と言うか、メタボ解消大作戦を通じても大して変わらず、さらには日によってものすごい勢いで増減していたステキなお腹を増やすならまだしも、減らすとはどういう事だっつー塩梅なのでしょうか。リーンちゃんのクチバシをむんずと掴んで押し出しています(笑)。なんか、石垣島で自称ではありますが「痩せた」とか言ってたらしいマー様なのですが、今年もどっかりとしたキャラは健在のようですね。

 ズーちゃんクイズの出題が終わり、地球温暖化はみんなで止めていこうじゃないですか的な話に流れていくステージ。一般の方に話を聞いたり、見たままをとりあえずレポートしている兄ちゃんとしては、キッチリ演じている演者の皆さんは凄いなぁとか、抑揚ってのは大事なんだよなぁとしみじみ思いました。あと、再確認したのはこなつおねーさんの声質が個人的にツボ。これは今も昔も変わらず、こなっちゃんの声とか仕切りが本当に大好きな私であります。
 
 

 と言うわけで、無駄をみんなでなくしていきましょうと言う啓蒙も含めた「MOTTAINAI体操」を行っていきます。元ネタは「MOTTAINAI~もったいない~/ルー大柴&仁井山」と、そう言えば曲を出した当時にルーさんが紅白目指すとか言ってた様な。……手持ちにないのでそのうち仕入れていきましょうかいね。試合開始が近づくにつれ、だんだんとステージ周辺にも人が集まってきています。なんというか、賑々しさが増してきてます。

 熱いダンス中のおやびん、リーンちゃんのバストアップであります。世の中の男子の中でポニーテールに弱い御仁はちらほらいらっしゃると思うのですが、リーンちゃんは球界マスコットの中で唯一のポニーテール。鴎でもポニテなのです。私はどっちかというとショートカットの方がストライク(2009年のテキストを再構成していますが、ここは変えていません(笑))ですが、リーンちゃんは別枠です。殿堂入りなのです。

 「COOのアイスフィールドを取り戻せ!」と銘打たれているだけあって、各パートパートのキメポーズのセンターにはCOOLさんが来ています。昨年のステージだと、リーンちゃんとマーくんでマーくんがセンターより、ズーちゃんとCOOLさんでCOOLさんがセンター寄りってな立ち位置を見たキオクがありますが、今回はバッチリセンターを確保するCOOLさんであります。しかし、改めてみるとCOOLさんの小顔さとマーくんのビッグヘッドが際だちます(笑)
 
 

 MOTTAINAI体操の後はいよいよ〆へ突入。各キャラクターのシメコメが始まっています。千葉マリンスタジアムの中央ステージはある一部分だけではありますが、キャラクターの声ので、喋っているメンバー以外は結構自由に動いてたりします。こなつおねーさんとマーくんは何をしてるんだかよくわかりませんが、ふたりとも物凄い笑顔です(笑)。

 付けっぱなしのテレビを消そうとか、水道を出しっぱなしにしないとか、忘れがちだけど重要な話がある中で、ズーちゃんが無駄をなくそうという絡みで「厚化粧をやめるとか~」とか「おねーさんはもう少しお化粧してもいいかもね」とサムライ・こなつおねーさんをいじるという命知らずっぷりを発揮しています。化粧に反応したのはこなつおねーさんと言うよりも、何故かCOOLさん。COOLさんは妙なセクシーポーズをとって、ズーちゃんのからかいに乗っかっているのですが、後ろこなつおねーさんの横にいるお兄さんが指笛で煽ってるとか、どこのドリフコントかと思いました(笑)。
 
 

 そんなこんなで楽しかったステージもまもなくラスト。最後の曲のタイトルコールの前にマーくんが左手の薬指に光る何かをお客様やカメラを構えている人々に見せつけています。「COOLさんのアイスフィールドを取り戻せ!」のラス曲が「おかえり/絢香」だってのは聞いていたので、なんだろう? はてなマークが浮かびます。こなつおねーさんから絢香結婚関連の話。マーくんはその「絢香結婚」をかなり押していきたい様子なんだそうで。まさか、球団マスコット達から芸能ニュースを知ることになるとは思いませんでしたよ。ホント、マーくん達は見事なテレビっ子です(笑)

 キャラショーの曲というと、ノリノリだったりだとか、分かりやすいダンスチューンだったり、アニソンってパターンもあるでしょうか。昨年の段階で「COOLのアイスフィールドを取り戻せ!」の使用曲に「おかえり/絢香」が入っている事を聞き、どうするんだろうねぇと思ってたら、普通に格好良く踊ってました。球界最強マスコット、チックくん(京浜アスレチックス)は言いました「ダンスはハート」だと。この言葉に強く納得するに思う私であります。

 開幕スペシャルでカメラの動きも見ていきましょうと言う形でパシャパシャ撮っていた私。本域で頭からお尻まで撮影して、電池の持ちを確認するのには丁度千葉マリンの一日が一番な訳でありまして。ただただこなつおねーさんの写真を載っけているだけじゃあないんですよ。

 たまたまマー様と同じようなポーズがあったので、こなつおねーさんには比較対象となって貰ったわけですよ。笑顔は甲乙付けがたいと思うのですが、マー様はやはりチーム・メタボの長。その包容力が何とも言えないあんこ型なわけですよ。まぁ、りょうにんとも見てて癒されると言うことで、ドローってことでどうでしょうか?

 マスコットよにんしゅうの中で、被写体として文字通りCOOLに写るのがCOOLさんで。今年もサングラスギラリを狙っていこうと思いつつ、基本は光線がはまらないと撮れないんだよなぁとかおもいつつ、その横顔を撮影。やっぱりきりっと締まるなぁと思った次第。でも、このCOOLさんさばっかり見てると、つぶらな瞳を忘れちゃうんですよね。

 曲の方もクライマックスをまもなく迎える感じの頃、ステージ上手側にいたズーちゃんが動き始め、ゾーンの全周囲に顔見せという形。とりあえず、この日は屋台村が気合い入れて煙を出していたおかげで、何となくスモークっぽくステージにかかってきていたのはラッキーというか、CO2でなくてもスモークは炊くことが出来るというか、なんというか(笑)。

 「おかえり/絢香」のラスト、バグパイプの様な音が鳴り始め、演者の皆さんがスタジアムの方向を向き、転調かかったところでスッとお客さんの方を向くという動き。ホント、素直に「格好いい」と思えた瞬間であります。試合自体に加え、こういういいステージが見られるから、千葉マリン通いを続けてしまうんだろうなとシャッターを切りながら思っていました。

 楽しかった試合開始前のキャラショーは以上。最後の最後まで絢香の結婚ネタを押してきていたマー様なのですが、この辺は時事ネタを思い切り入れてきているのか、絢香結婚が残念なのか判断に苦しむところ。なお、2009シーズンの新ステージの初演は4/29から。ここ数年に比べると早い段階からのキャラショーだなぁとか、ちょっと懐かしく思いました(笑)。
 
 

 キャラショー「COOLのアイスフィールドを取り戻せ!」の後はM☆Splash!! のダンスステージ、だったんですけども。6年後の自分から考えて、本当にもったいないことをしているのね、なんて思うんですけど、キャラショー終わりで数曲見て、ゆきちやあゆみちゃんを撮って、それだけで輪の外に出てたんです。

 2015年の現在から考えるとあり得ない動きをしていたんですけども、単純になんか撮っていいのかな、なんて思ってたりだったってキオクがあるんですけど、これが徐々にみんなのアクトに引き込まれ、音とアクトと全部ひっくるめて楽しむようになるわけで。

 今は色々な人が写真を撮ったり動画を撮ったり、その活躍を伝える人が多くなっている訳なんですが、当時は徐々に増えつつあったかな程度の頃。負けられない闘いなどを経て、光画部も「全部ひっくるめた球場エンターテイメントの楽しさ」を伝えようという方向に変わってきていますけども、2009年開幕の頃はダンスステージに関する写真が4枚だった、そんな事実は残しておこうと思います。
 
 
 これがのちにキャラだけでなくチアの皆さんもって流れになっていくんですから、ほんと世の中は分かりません(笑)。
 
 
 
 
 ・マーくん達の開幕戦2009(その1)
 
 
 
 
 
 さて、次回は試合開始前、開幕戦の試合開始前の色々を一部にはなってしまうんですけども、お届けしていきます。2009年らしい、そんな空気感を切り取れていればいいんですけども、結構懐かしいシーンもあったりなかったり、かもです(笑)。
 
 

 
 

著者紹介

オサナイ タカオ観戦撮影者/コミュニティFMパーソナリティ
自身の担当番組で話すネタにと野球場に足を運んでいたら、スタジアムを盛り上げているキャラたち、そしてチアたち、
いわゆる球場エンターテイメント班のみんなの活躍に心奪われ、素敵で素晴らしいみんなの活躍を色々な人に伝えたいと
写真とテキストで綴る「Radio TRICK -光画部-」を2006年7月19日からスタート。気がつけばもう開設から10年です……。
■現在の担当番組
FM HOT893 「Weekly Hotline」 パーソナリティ
FM HOT893 「Sunday Request Line」 レポーター
FM HOT893 「Now&Know」 パーソナリティ(代打)

«
»

コメント





コメント


Sakiko Otsuji Ishii liked this on Facebook.


Hiroshi Okada liked this on Facebook.