お江戸の熊様と栗鼠様2013(6月)(その1)

きょうだいなかよく
2013/6/25 東京ドーム
きょうだいなかよく

 ちょうど前回のエントリーは2009年の熊、今日からは2013年の熊の様子を見て頂いている光画部の進行状況。リアルの世界では、北海道日本ハムファイターズの東京ドーム主催試合も終わり、色々な意味で寂しさも感じてしまう昨今。自分自身のルールと言いましょうか、有限実行でありたいと言いましょうか、やらないで後悔するぐらいなら、やって後悔したほうが言いましょうか……。
 
 
 熊との指切りの約束を果たしに参ります。
 
 
 もちろん、最終的な順位確定があって、ですけども光画部始まって以来の年間二度目のシーズン中渡道。人繰りの問題からちょっと出足が遅れてしまったんですが、とりあえず寝床と足の確保は確定。あとは順位の確定と諸々の確定、でしょうかね。

 諸々が外れてしまったら……まぁ、札幌観光になりそうですけども、なにかしらよろしくお願いします(笑)。
 
 
 さて、今回は2013年のエントリー。2013年4月3日に東京ドームで行われた北海道日本ハムファイターズと千葉ロッテマリーンズの球場エンターテイメントな様子をお届けしていきます。

 この日はある意味で陽岱鋼選手が主役の「アジアンフェスタ」の日。2015年、札幌で野アジアンフェスタでは雪ミクさん(和音ちゃん)が登場して、お客さんのハートをルパンしていった、なんてことがキオクに新しいですけども、光画部さんは通常通り2013年の様子をお届けしていきたいと思います(笑)。

 この日も途中入場だった私なんですけども、丁度B様とカビーさん? がお客さんとじゃれ合いながら写真を撮っているシーンが目の前に。言葉を聞いていると、台湾からのお客さん達なのかなとか、異国情緒ただよう空気感にまさになアジアンフェスタを感じる私でありました。
 
 
 ※2015/2/24の更新から写真置き場をサイト本体よりFlickrに移管しています。見栄えだとかが変わってきていますが、さらなる更新頻度向上のためとしてご理解ください。

 写真本体はFlickr上でご覧頂くか、フレームの右、または左(ちょっとまだ安定しないんです。ごめんなさい)でスクロールさせながら御覧ください。
 
 

 B様とカビーさんの後ろ姿を撮りながら、カビーさんの装備している陽岱鋼選手お面のしっくり来ている姿にちょっと笑っていた私なんですけども、その直後、B様に勘づかれまして。速攻でチコクだと言うチャージを受けている姿を撮っているとか、いつ戻りのスタートでありました(笑)。

 きっちりと撮り始めるのは毎度お馴染み五回裏のY.M.C.A.のシーンから。このへんはポリーさんが参加して、ファイターズガールさんも札幌からいらっしゃってと言う、現在にも通じるフォーメーションが確立され始めた頃。ガールさんの振り付けは2015年とかとはちょっと違いますけども、大まかな流れはこのあたりの時期に確立しているのかな、なんて思います。

 2015年ほど誰が誰だかってのを把握していなかった頃、かろうじて4月開催でその動きが気になって、その後ブログを見たらぶっ飛んでた(笑)、五十嵐有貴ちゃん(2015リーダー)は何となく撮っていたってのがよく分かってちょっと気恥ずかしいんですけども(笑)、どちらかというと個より多を好んでいる思考上、ガールさん達は広くという流れ。それはそれで記録になっているよなぁって今のキオクから見ると思ったりします。

 B様とポリーさんはまだちょっとそのお互いのスタンスに迷いがあるというか、模索していたのかなって感じる雰囲気が。個々のスタンスを見ると、B様は登場から確固たるモノがありますし、ポリーさんもしっかりと見せているんですけど、お互い一緒になったときはまだちょっと色々試しているのかな、なんて感じながら見ていました(笑)。

 あと、毎度お馴染み、グラウンドキーパーさんのハッスルはしっかりと。2009年のエントリーなどに見られる、パイセンの築き上げた魅せるグラウンドキーパーさんという立ち位置が受け継がれいるのかな、なんて思いました(笑)。
 
 
div style=”text-align:center;”>

 Y.M.C.A.が終わった後、息つく間もなくラッキーシックスの「La La La FIGHTERS/福原美穂」のお時間。B様のハイパーダッシュと追いかけるポリーさん、フラッグを持って登場のファイターズガールさんというそんな三者三様がそこにはありました。

 直近のキオクと自身の写真を照らし合わせると、B様丸くなったなぁと言うか、魅せ方がちょっとだけ変化しているのか、最初のダッシュは2015年だとちょっと緩やかにしてるかな、なんて印象。むしろ2013年が尖っているのか名なぁとか思ってしまうんですけども(笑)、こうやって連続してみていると、その変化というのが感じられて楽しいなぁと自分自身の写真ではありますけど思います(笑)。

 ダッシュと回転レシーブ系で魅せていたB様、女性ヴォーカリストというか、福原美穂さん降ろしてます? ってな勢いのポリーさん、そしてフラッグを使ってバキッと魅せていたファイターズガールさんという流れをなるたけ撮りつつ残していたってのがデータにも残っていますけど、この頃から徐々に迷いが生じていたような気もします(笑)。

 ガールさん達の色々を見ると、画角的に一杯一杯だったのか、なんとなく広く撮って、その後に行けるところまで寄ってと言うそんな塩梅。有貴ちゃんはまぁ撮ってるとして(笑)、あやぱんやちなっちゃんなんかの姿(石黒さんの番組に電話で登場した神代さんもいますね(笑))が見えて、色々なはじまりを感じる私でありました。
 
 
div style=”text-align:center;”>

 くまだいかんせんしゅが大人気だったコンコースでのグリーティング。ホント、カビーさんは愛されてるなぁって思うんですけど、永遠の四歳児は大人向けには四歳児、お子さんにはちょっとお兄さん風吹かすってのを見るのが好きで、まさにな姿を撮れていたのはちょっと笑いました。

 カビーさんが移動して言った後、ファイターズガールさんの皆さんが出てきたのでせっかくだからと。単純な記念写真ではありますけども、後々見返すとあの頃のあの姿って事になるのは光画部の更新ではよくあるパターンではあるんですが、印象深いメンツの姿が。なんかこの前のどこかで柵を持って、しっかり設営してた淑女の姿が……いえ、なんでもありません(笑)。

 ガールさん達を見送り、アジアンフェスタならではの置物の横にマーリスがいるのに気付きまして。シンガポール政府観光局の出展だったんですけど、マーライオン像が東京ドームにあるとか、結構レアな状態だったんですけど、ポリーさんはそこを逃しませんでした(笑)。

 たのしそうにマーポリーをやったと思いきや、アテンドのお兄さんの腕時計をカメラに向け、「ちこく!!!」だと言う強いアピールが。手首トントントンのチコクは色々なメンツが色々と魅せてくれる動きなんですけど、この時のポリーさんが見せてくれた「アテンドのお兄さんの腕時計を使う」ってネタはポリーさんだけ。この栗鼠はさすがB様が相棒にってしただけはあるよなぁとか、変なところで感心していました。

 集団で歩いて行ったガールさんがある程度別れて移動していたんですけど、そこで遊んでたポリーさんと合流。せっかくなのでと撮らせて貰っていた頃は50mmの単焦点で。今でもたまに使うんですけど、お値打ちレンズだけど写りはいいって標準レンズらしさを魅せてくれていたり。

 直後、闊歩していたB様もそのレンズで撮っているんですけども、なんか妙にくっきりしてて楽しいなぁって思いますし、2009年の頃の写真と比較すると、色々とこなれたなぁってのが印象。やっていること自体はあまり変わっていないんですけどね、実際(笑)。
 
 
div style=”text-align:center;”>

 この日は4-2でファイターズの勝利。勝利と同時にB様とポリーさんが登場して、歓喜のアクロバットを魅せた後、2015年はハイタッチの後、エキサイトシートにいるお客様へハイタッチに向かってって流れなんですけども、模索期のこの頃はふたり、嬉しくって抱き合うよとか、そんなシーンが。歴史ではありますけど、状況的に黒歴史にもなりかねない動きでちょっと笑いました(笑)。

 B様達がハイタッチを終える頃、ファイターズガールさん達がフィールドに登場。このへんの流れとかタイミングも今とほとんど変わっていないと思うんですが、そのおかげもあって、機材的な上がりの色は違いますけど、タイミングとか撮る指向とかはこの頃に完成していたのかな、なんて。ざっと見て有貴ちゃんあやぱんちなっちゃんはまゆにみずきちゃんと、蛇の道は蛇じゃないですけど、そりゃあどっからかばれるわと改めて思った次第ではあります(笑)。

 この日のヒロインは稲葉選手(現・SCO)。B様やポリーさんがお立ち台周辺で待ち構えている姿とかを撮りつつガールさんも撮りつつと。直近だと、流石に慣れたというか、分かるメンツの方に手を振って、気付かれるかどうか遊んでいたりしますけど、この頃は全然そんなこともなく、ただただ普通に撮っておりました(笑)。

 なお、B様とポリーさんはテレビに映らない衝立の向こう側で警備の皆さんをいじり倒して遊んでいました。テレビでは絶対に分かりませんし、球場に行っていても、ある角度からじゃないと分からないシーン。こう言うシーンに気付いて、色々と伝えていくのは自分の役割かなとかその写真を見て改めて思いました(笑)。

 稲葉選手がダブルでキッスをいただいたヒロインのシメの後、「ファイターズと共に/TRIPLANE」にが流れ、ファイターズガールさん達が踊っていく中でライトスタンド前へ。しっかりと声援に感謝している稲葉選手はアジアンフェスタの赤いTシャツを着込んでの出で立ち。何となくですけど、稲葉選手のこう言う姿を撮るのは東京ドームで多いかも……って、実際どうでしょうね。たまたまこの前の更新と被って立ってだけかもしれないんですけども。

 その後、ガールさん達も引き上げ、B様とポリーさんがライトスタンドの皆さんとのご挨拶を。歌ってるポリーさんが妙に可愛いなぁとか思うんですが、2013年頃だとまだこのぐらいの時間でも何とか皆さんの所に行けたんだよねって事を思い出したり。

 B様もポリーさんもカビーさんもファイターズガールさんたちもその頑張り、動きに感化されて、ファンが増えたんだろうなぁって、2013年のこの後の写真とこの前の2015年のこの前の色々を思い出して、ホントにしみじみとしてしまいました。
 
 
div style=”text-align:center;”>

 てなわけで、試合終了後のお楽しみ、22ゲート前の色々を。この日は直近で発売になっていたBBMのマスコットカードにサインを頂こうという形だったので、写真は撮らずに……なはずが、自分の写真も含めて残っているのは、某人にカメラを奪われていたからというわけで。中々自分で客観的に見る事ってないんですけど、いじられ倒されているなぁって、そんな塩梅。

 みなさんにはほんと、色々な意味でよくしていただいていて、その名残を少しでも伝えられたらいいんですけどって、2015年9月9現在と比較すると……おさないさん大きいねというか、今がホントにしぼんでるというか……(笑)。一人暮らしでウェイト減になり、調子に乗って筋トレしてたら、高校卒業時並の水準まで落とし込めているようで……って、こうなったらホントにどこまで行けるかを試してみたいな、なんて思うので、各地の皆さん、ちゃんと食べて痩せてるので心配しないでください(笑)。

 ※先日、マー様にちゃんと食べるのかと心配されました(笑)。

 B様ポリーさんの所の後は、ファイターズガールさんのご挨拶シーンを。今だともう時間制限が付くぐらいにお客さんが一杯なガールさん記念撮影なんですけど、この頃も人はいなくはなかったものの、そんなに多いと言うほどでもなく。なので、この頃の色々も見ているので、この前の沢山のお客さんってのがホントになんか嬉しくて。二日目だったかな……最後尾の担当が有貴ちゃんで、そんな話をしみじみと……と、2013年の有貴ちゃんの表情と2015年の有貴ちゃんの表情を比べると、その差というか、2013年の頃の空気感にと今の堂々とリーダー張っている姿の差がちょっと嬉しくてというか。

 若干まとまってないんですけど(笑)、成長を見守る事が出来るってのもこう言う球場エンタメを見続けている楽しみなのかもなーって思ったり。正直、徐々に寂しい季節にはなっていくんですけど、出来うる限りその活躍を遺せて行けたらな、なんて思います。

 ガールさん達が引き上げた後、くまだいかんせんしゅの所へ。くまだいかんせんしゅは試合後だというのにもかかわらず、積極的にお客さんとふれ合っていて、ファンサービスが素晴らしいなぁって思っていた訳なんですけど……と、カビーさんの陽岱鋼選手お面の扱いが素晴らしすぎて。しかも、持っていたバッグを見ると「39てーす」と書いてあり、色々な意味で卑怯だと思いました(笑)。

 くまだいかんせんしゅが引き上げていった後、最後はB様とポリーさんのフォトセッション。この年のおふたりはon局ことHTBさん推しというか、水曜どうでしょう推し。オープン戦の頃から大泉さんの腹鼓で攻めてきたりというのがあったんですけど、たまたまお客さんにファイターズonちゃんをお持ちの方がいて、それを借りての撮影でした(笑)。とりあえず、オンカメでポリーさんがファイターズonちゃんを魅せ付けてくる、その姿が楽しくて、ある意味でファイターズonちゃんの魅せ場だったんだなぁと思う私でありました(笑)。

 なお、最後はおねむなポリーさん。翌日もありますし、しっかりと寝てください、なんて話をして見送るお客さん達でありました。
 
 
 
 
 ・お江戸の熊様と栗鼠様2013(6月)(その1)
 
 
 
 
 
 次回も2013年の様子。アジアンフェスタ二日目の様子を見ていくことにしましょう。この日はこの日で色々な方向から撮って見たいなぁと模索していた訳なのですが……。
 
 

 
 

著者紹介

オサナイ タカオ観戦撮影者/コミュニティFMパーソナリティ

自身の担当番組で話すネタにと野球場に足を運んでいたら、スタジアムを盛り上げているキャラたち、そしてチアたち、

いわゆる球場エンターテイメント班のみんなの活躍に心奪われ、素敵で素晴らしいみんなの活躍を色々な人に伝えたいと

写真とテキストで綴る「Radio TRICK -光画部-」を2006年7月19日からスタート。気がつけばもう開設から10年です……。

■現在の担当番組

FM HOT893 「Weekly Hotline」 パーソナリティ

FM HOT893 「Sunday Request Line」 レポーター

FM HOT893 「Now&Know」 パーソナリティ(代打)


最近の投稿
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Share on Tumblr

Tagged with:
投稿日時 2015.09.09 01:15 | カテゴリ: 球場エンターテイメント

«
»

コメント





コメント