帰ってきたみんなの夏2013(その8)

ドーム内グリーティングスポット
2013/7/19 札幌ドーム
ドーム内グリーティングスポット

キャンプイン後、毎年恒例の豆まきでドアラさんが鬼お面装備でハッスルしていたり、初めての休日があったチームはルーキー組が沖縄の皆さんと触れ合っていたりとか、らしい風景が連日伝えられていて、早く生で野球を見られる日が来ないかなぁって指折り数えて見たものの、それよりも目先に鴎エンタメ班卒業式が待ち構えているじゃないってことに気づき、あわわしている昨今でありますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 正直あっという間の一年でしたし、光画部の本更新は一年半遅れですし、えらいものをライフワークに感じてしまったもんだと思うんですけども、とにかく自分で見たキオクをキロクに残してと言う作業、自分の見て来た楽しいを伝えるという作業は続けていきたいなぁと思うわけで。

 まぁ、色々な意味でゆるゆるとやっていけたらいいなぁってのと、早く生で野球が見たいなぁと思う今日この頃であります。
 
 
 さて、今回は2013年のエントリー。2013年7月19日に札幌ドームで行われたマツダオールスターゲーム2013 第一戦の試合で見た色々をお届けしています。今回は試合中の様子を見ていくことにしましょう。

 マツダオールスターゲーム2013の第一戦は最初からグリーティングスポットでのグリーティング(撮影のみ)が予告されていて、どの時間に誰が来るかは分からないけれど、そこに行けば誰かしらはいるというような、そんなお知らせがされていました。

 一回の表裏が終わった時点で電池が切れたという事もあり、同じような位置で同じように考える仲間と共にフラッとコンコース内に設置されたグリーティングスポットへ。告知の効果もあって、すでに沢山の人が列に並んでというそんな光景が広がっていました。

 そして……ゆかいな仲間たちの背景になにかしらこう……本気を感じる私。色々な意味で二回目の札幌も凄い気合だったんだろうなぁと背景のみんなを見れば見るほど思う私でした。
 
 
 ※2015/2/24の更新から写真置き場をサイト本体よりFlickrに移管しています。見栄えだとかが変わってきていますが、さらなる更新頻度向上のためとしてご理解ください。

 写真本体はFlickr上でご覧頂くか、フレームの右、または左(ちょっとまだ安定しないんです。ごめんなさい)でスクロールさせながら御覧ください。
 
 

 今回のグリーティングスポットは片方が各チームの女子球団マスコット、片方が男子球団マスコット(メイン級)という面々が掲載され、さらにそこへみんなのサインが入ってと言う本当に豪華な代物。女子球団マスコット一覧には色々な意味で背筋が伸びましたけども(笑)、スポット表示としてはこれ以上無いものがあったのかなと。

 ただ、さらに一歩先を考えると、もしかしてなんですが、2009年にキャラクター大集合、キャラクター達がメインのエンターテイメントをという形で敢行した札幌のFASとASを経て、4年後のASでは女子球団マスコット達も集合させようとしてたんじゃないかなぁって。このグリーティングスポットの表示を見て、B様のやりたかった事って、本当の意味の大集合だったんじゃないかな、なんて感じまして。実際にはどうかは全く分かりませんけど、そんなことを表示を見て思いました。

 我々がグリーティングスポットにやってきたときにはマー様とつば九郎さんがという組み合わせだったんですけども、フィールドでの出番に併せて入れ替わり立ち替わりという流れ。フィールドではイニング間に各チームの紹介なんかもチアの皆さんと共に行われていたので、その裏で誰がやってくるのかはお客さん側はホントに分からなかったんですよね。

 そんなこんなでオサナイの番はある意味で豪華な皆さん。ドアラさん、スラ様、レオ様、ポリ子さんというよにんでという形。人の顔を見るなり、手裏剣で攻撃を仕掛けてくるポリーさんのらしさに笑いましたが、皆さんシュッと。ドアラさんのちょっとこじゃれたポーズがツボでした(笑)。
 
 

 諸々と休憩を入れながら、座席に戻ってしばらくしたあとは「Hold My Hand(Ver.Stadium)/SEAMO,HOMEMADE 家族,nobodyknows+」のお時間。ココはチアの皆さんがメインのお時間だったんですけど、キャラクター達が丁度グリーティングを行っている時間帯だったりもという形で、色々と練られているようでした。とりあえず「Hold My Hand」自体の振り付けは純然たるチアではない広島東洋カープのホームランガールさん達も踊れる振り付けで組まれていて、この振り付けを見るとオールスターだなーと、そんな風に感じていました。

 ここで誰が撮れるかはもう、完全に運任せ。丁度一塁側にM☆Splash!! の貴代リーダーやチアドラゴンズのりかリーダー、dianaのれいかちゃんとか、よく行く場所で色々と撮らせて貰ってたり、キャラ付きの時に遊んでたりする面々がいてくれて、いい巡り合わせだなぁとか思いながら撮っていました。あとは他のメンツを見ても。2011年にチア大集合が行われたあたりから頑張っているメンツが多かったり、そのへんもグッと来てたんですよね。さえあにショートあたりにいた友莉香サブリーダー(鴎)やらゆまちゃん(竜)をギリギリで押さえていたり、頑張っていたなぁってのがよく分かります(笑)。

 ただ、当時から箱でと言い張っていた意識の元、2016年の意識で上がりの写真を見ていくと、ファイターズガールのあやぱん(菊池綾さん)とちなってぃー(菅又千夏さん)をちゃんと押さえていたのにはにやりと。この年から札幌組が東京にやってきてくれて、そこで覚えていた面々をって形だと思うんですけど、その数年後に面白くなるって思った中核を(このあとの表彰とかでよく分かるはまゆもふくめ)担っていくと思うと、やっぱりいつもからしっかりと撮って行かなきゃなぁって改めて思います。

 でもまぁ、この頃はそこまで意識も無かったですし、当時の旗振りの色々な流れに懐疑的な部分もあったので(笑)、そこまでは厚めに撮らなかったんですけども、改めて確認すると……と。まぁ、まさか数年後に面が割れるとは思ってませんけどね(笑)。
 
 

 「Hold My Hand(Ver.Stadium)/SEAMO,HOMEMADE 家族,nobodyknows+」のお時間のあとのイニング間は各チームの紹介的に両リーグの面々が登場。丁度千葉ロッテマリーンズとオリックス・バファローズ、横浜DeNAベイスターズと阪神タイガースの紹介が行われているセクションを見ることが出来ました。

 流石に一塁側から三塁側の様子は雰囲気でしかないんですけども、M☆Splash!! の貴代リーダーと友莉香サブリーダー、Bs DreamsのKYOKOちゃんとHISAEちゃんがバキーッと魅せているシーンを何とか確認。交流も頻繁に行われていた鴎と牛の頑張りにグッと。鴎の二人は翌日の神宮で生歌を魅せ付けて、鴎ファンはぶっ込んできたと笑い、他球団ファンは度肝を抜かれていたと聞きます(笑)。

 後半の横浜DeNAベイスターズのdianaのおふたり、なつきキャプテンとれいかちゃんには……完全にばれてたようで。たまたま横浜ファンの御仁や西武ファンなんだけど横浜スタジアムによく言ってた御仁と撮ってたってのもあるんですけども、思い切り見つかっておりまして。横浜勢もお星様やハムさん達と遊んでるときに色々見られて、色々なルートでばれるんだろうなぁと(笑)。

 ラッキーさんはタイガースガール発足までチア枠を独りで担っていた淑女なのでダンスの切れに関しては確かなものがあったなぁと。この年は毎年使っていたオリジナルのポムではなく、他のチアさん達と変わらないポムを使っていたので、さらに見栄えがステキだったかな、なんて再チェックをして思いました。
 
 
 各チームの面々が出ていないシーンではファイターズガールさん達がNPBのコクチを持って移動というのも。2014-15とかだったら誰かってのはぱっと分かるんですけども、さすがにまだ細かくは分からない頃。手元に資料はある(BBMチアカード)んですけど、ぱっと見で分からなかったりってのは2013らしいなぁと自分でも思います。
 
 

 回は進んで5回裏終了時のY.M.C.A.であります。ここではファイターズガールの皆さんも総登場して12球団チアの代表、そしてキャラクター達と共にY.M.C.A.を盛り上げて行きます。ここでのラッキーはもう今更隠してもアレですけども、札幌にここまで行くとは思ってなかったですし、どうせばれないだろうと当時から「ファンです!」って書いていた有貴ちゃんが丁度一塁側に来てくれて、その姿を押さえる事が出来たってことで。基本は箱だとか書いてるので、オサナイは中々ファンですって公言しないんですけど(笑)、もしかしたらちゃんと声を出して「ファンです」って言った方がいいのかな、なんて今にして思ったりします(笑)。

 キャラクター達に関しては一塁側なのでセントラルリーグの面々を中心に。札幌ドームへ交流でやってくるメンツとかは慣れたもんだと思うんですけど……と、B様が交流戦で色々なところに行っているおかげもあって、大多数のキャラクター達はここでY.M.C.A.をやってるんですよね。やってない球団を捜す方が少ないんですけど、それはそれとして(笑)。

 半分を過ぎる頃にチアの皆さんの立ち位置が変わっていたんですけど、そこで気付いてきたのが我らが貴代リーダー。鴎の面々はもうのちに貴代リーダーが卒業時に「ファミリア! です」って言ったような言葉がそのままお客さんの意識にもあって、こう言う遠征んときはもう、姪っ子達の晴れ舞台を見ているようなキモチになるんですけども、速攻で光画部のカメラを見つけて笑っているのもどうかと思います(笑)。

 フィールド席だったので、外野方面に向かったメンツの姿を押さえるのは結構大変だったんですけど、ほてほて歩くスターマンさん越しにクルクル回るB様が撮れたりだとか、前年のASでもやってた跳んでるトリ達(マー様とハリーさん)の姿を撮ってたりだとか、ゆかいな仲間たちの動きもしっかりと押さえていきます。

 最後まで残っていたスターマンさんがクラウチングの体制に入ったのを確認、そのままハイパーダッシュで駆け抜けていくという、横浜スタジアムでは見慣れた動きをしていたんですけども、札幌の皆さんも「アレが来た」的に見守っている皆さんが一杯いて、なんか嬉しかったのを思い出します(笑)。
 
 

 センターバックスクリーン下からわらわら出てきたのはセントラルリーグの面々のラッキーセブン。ミックスは2011年の球団歌ミックス(DJ Mistuさん謹製)を越える色々に結局出会えぬままASから足が遠のいている昨今なんですけども、このときもしっかり応援歌メドレーが行われていました。

 ここでは同じチームのキャラとチアが組んでのシーン。キャラたちとチアの皆さんがどこまで打ち合わせているかは全く分からないんですけど、一緒にやっているチームもあれば、完全別行動なチームもあったりで見ていて飽きませんでした(笑)。

 セントラルリーグのラッキーセブンだったので、外野守備はパシフィックリーグの面々が。交流戦などで仲良くしている面々が守備に就く前にみんなの様子を見て至りって形かなと思ったんですけど、陽岱鋼選手がおともだちのドアラさんをからかいまくっている姿がものすごくキオクに。つば九郎さんも交えてなにやらやっている姿は、ものすごくらしい光景で見てて楽しかったです。

 あと、目が離せなかったのは糸井選手。丁度近くでジャバさんがアクロバットを決めていたんですけども、そのアクロバットを思い切りガン見しているという絵が残っていました。糸井選手自身は鎌ヶ谷でカビーさんにも揉まれてきているでしょうし、キャラ自体は特段珍しいモノでもないと思うんですけど、ずーっと見つめていたのがものすごく印象的でした。

 なおやっぱり最後まで残ってたのはスターマンさん。おなじみ過ぎる流れですね(笑)。
 
 

 セントラルリーグの面々が終わったあとは、ホーム側のパシフィックリーグの面々のラッキーセブン。ブルくんを先頭に登場しているシーンから撮って行くんですけども、セントラルリーグの外野手の皆さんはそんなにゆかいな仲間たちに興味がないらしく、結構さくさくと進行していた様な印象が。

 そんな中でもマー様はWe Love Marinesでいつもは飛ばないはずの空を飛んでましたし、B様も本当にダンスを頑張ってらして(笑)。きっちりとまわるメンツはアクロバットを魅せながらという、スタンダードな流れだったんですけど、個人的には撤収シーンでハリーさんとレオさんがグータッチをしながら引き上げていくシーンにはなんかグッと来ていました。
 
 

 そしてフィールドでのイベントのオーラスは4年ぶりに開催されたG1レース 札幌記念(芝100m ハンデ戦)であります。

 初のレースはトリビアの泉の1コーナー、トリビアの種のコーナーで「12球団のキャラクターの中で一番足の速いのは誰」というネタが当時の高崎競馬場のダートで行われた高崎記念(ダート100m)のが最初であります。高崎記念の優勝は道民の期待を背にして走ったB様。交流戦が始まり、諸事情で出来なかったレオさん、そして新規参入のクラッチさんやカラスコさんなんかと闘い、不動の一位を誇っていたのですが、2009年に札幌で行われたフレッシュオールスターで伝説の企画復活と称し、芝の100mのハンデ戦で札幌記念を行い、ハンデの考慮が甘かったのか、大幅ハンデを行かしたクラッチーナさんが1着、熾烈な2着争い(ハンデ無し)の結果、芝属性……というよりも、ダート属性がなかったドアラさんの後塵を拝し、初代王者は3着に沈んだのであります。

 そして4年の時を経て迎えた第二回の札幌記念。この年も100mガチ対決があると聞いて、B様がリベンジを果たすのか、ドアラさんが逃げ切るのか、はたまた第三勢力が……と、試合開始前から試合以上に球場エンタメ好きの予想が白熱していたのをも出します。

 ポリーさんとファイターズのスタッフさん、ラッキーさんが登場し、ゴール付近を形成。走者達は思い思いの雰囲気で待機していたんですけども、第二回の札幌記念もハンデ戦であることがみんなの立ち位置で分かりました。体力自慢の面々と鈍足だと言い張るメンツには20m程度のハンデがあったんですけども、このハンデは誰が付けたのか分からなかったんですけど、疑惑のハンデではないかという思いが私の中にありました。

 スラィリーさんやつば九郎さん、クラッチさんの地足の遅さはいかんともしがたかったんですが、本気を出せば結構早いスターマンさんとビジター交流のラッキーセブンで時間がないときにえらい勢いで走っているマー様がハンデを貰っていると言うことに異を唱えたかったんですよね(笑)。

 ただ、本鴎はしめしめと思っているのか……チア立ちでシレッと。ブラフにはダマされないぞと思いながら、スタートの時を待ちます。
 
 

 スタートと同時にハンデを行かした位置からマー様が大きく逃げ、スラィリーさんもなかなかの足を魅せる中、先頭を行くマー様をものすごい勢いで追走していたのは芝属性◎だったドアラさんであります。他のハンデ無しな面々がかすむというか、本当にものすごい勢いで追い上げていったんです。あのときのドアラさんの走りは本当に格好良かったんですよね。

 ただ、マー様の脚も鴎ファンの予想通りものすごい勢いがありまして、逃げるマー様と追うドアラさんという、この闘いは本当に熱いものがありまして。他のメンツも撮りたかったんですけど、この時のふたりのデッドヒートはちょっと胸が熱くなるような、そんな勢いがあったんですよね。

 結果は……マー様がギリッギリで逃げ切り一着、二着に完全と追い込んでいったドアラさん。3着ジャバさん4着スラィリーさん、5着にようやくB様という結果……だったですかね。とりあえずマー様とドアラさんの争いが凄すぎて、トップ争いしかカメラが追えていなかったんですよね。

 つば九郎さんがハンデとかどうでもよく、今回も競争中止になるなか(笑)、みんながマー様の健闘を称え……って、B様がなんか自分がて姿勢を崩していないようですけども、マー様が優勝でありました。100m走は結構みんな体力を使うようで、クラッチさんとかはその場に倒れ込んでいました。

 ゆっくりとウィニングランをという時間はありませんでしたけど、スタンドの皆さんからマー様に拍手が。次回の札幌記念かどこでのGIになるかは分かりませんが、次回マー様はノーハンデでいいと思いますと言うことをしっかりと光画部に書いておこうと思います(笑)。
 
 
 次回の札幌でのASがあったら……リベンジマッチを。でも次回はホントにノーハンデでのガチンコ対決が見てみたいですってのも書いておきますね(笑)。
 
 
 
 
 
 
 ・帰ってきたみんなの夏2013(その8)
 
 
 
 
 
 次回は試合終了後の様子などを見ていきます。最後の最後まで魅せつけていく、球場エンターテイメント班の誇り、そんなあたりの様子を見ていきたいと思います。

 
 

 
 

著者紹介

オサナイ タカオ観戦撮影者/コミュニティFMパーソナリティ
自身の担当番組で話すネタにと野球場に足を運んでいたら、スタジアムを盛り上げているキャラたち、そしてチアたち、
いわゆる球場エンターテイメント班のみんなの活躍に心奪われ、素敵で素晴らしいみんなの活躍を色々な人に伝えたいと
写真とテキストで綴る「Radio TRICK -光画部-」を2006年7月19日からスタート。気がつけばもう開設から10年です……。
■現在の担当番組
FM HOT893 「Weekly Hotline」 パーソナリティ
FM HOT893 「Sunday Request Line」 レポーター
FM HOT893 「Now&Know」 パーソナリティ(代打)

«
»

コメント





コメント