Radio Trick 光画部での色々やらなにやらのお話。(リニューアル挨拶に代えて)

 野球場に行ってご飯食べてビール飲んで試合を見て……。

 そんな「日常生活に対しての非日常」から、当時のプロ野球ブロガーの皆さんが撮っていた写真に刺激を受け、高機能コンデジで選手を撮る日々に変わった2005年から2006年にかけて。撮りたいが半歩遅れるコンデジに嫌気が差し、デジタル一眼レフを買って撮りたいを残せる喜びを感じる日々に。そして球団マスコットたちの活躍、チアさんの活躍なんかも撮り始めて、放送で紹介したり、記事にして紹介したり……。

 2006年に20試合程度観戦だったのが、10年後に週末は夏場以降じゃないと行けないのにもかかわらず、トータルの観戦数は60試合越えるとか、非日常の楽しみだった野球観戦と言う枠組みが、いまや日常の中にプロ野球やスポーツ観戦がしっかりと組み込まれた、そんな感じの日常を送っています。
 
 
 テレビの中で動いている姿ではなく、実際の球場でプロ野球を体感して、プロ野球と言うのは選手監督コーチだけではなく、試合を盛り上げるみんながいて興行として成り立っているんだって気づいた当時、どこに行けばみんながいるんだろうとか、どこに行けば何が見られるんだろう、何を感じるんだろうってのが全然わからなかったんですよね。

 2006年頃といえば、キャラの色々とかチアさんの色々とか、現地に行ってもよくわからない、Webでもネタがない、情報がない……と、本当に何をどうしたら良いのかわからなくて。そんな中で現場に足を運んでいくと、どこで何してるとか、どういう風にやってるとか、それこそ作り手の思い、魅せる側の気持ち、なんてのをなんとなく感じつつ球場で遊んでいました。

 このあたり、千葉ロッテマリーンズの本拠地、千葉マリンスタジアムが行き始めの頃は一番多かったですし、今も足を運ぶのは多いんですけども、様々な球団の球場エンターテイメントの色々や情報、球場の選手以外がやっていること、見せていることを伝えていきたいと感じたんです。

 今でこそキャラクターインフォメーションが出たりとか、SNSの発達でどこにどの子いたっていう話があったりとか、当時は色々な情報が現場に行かないとわかりにくかったんですよね。お友達の影響や応援していたチアさんが今はそちらのフィールドで頑張っているということもあり、2017-2018シーズンですっかり楽しさに目覚めてしまったBリーグ(バスケ)なんかだと、まだまだ自分自身が安心できるほど現場に足を運べていないってのもあり、知ることの新鮮さを感じてたりするのですが、それはそれとして。

 スポーツ・エンターテイメントのみんながスタジアムやアリーナのどこで何をしているか、みんながどんなことをしているのか、球場で彼ら彼女らが担う役割とは……とか、硬軟混ぜつつでがありますけど、「球場エンターテイメントを伝える」ということをSNSややエフエムさがみ(神奈川県相模原にあるコミュニティエフエム局。現在、愛称はエフエムホット)の放送で伝えてというスタイルでと言うのは今も変わらずやっていることかな、なんて思います。
 
 
 ただ、元々みなさんが知ってくださった、球場エンターテイメントの色々を勝手に書いていた光画部の更新の方は、6年前にサーバデータをふっ飛ばしてしまったのを機に色々と方向修正しつつ、なんとかかんとか少ない時間をやりくりしてやってきていたんですけど、ちょっと更新自体まで追いつかなくなってきてしまいまして。

 放送自体の人繰りの問題で平時の土曜の帰宅時間が遅くなり、作業に使える時間が減ってしまったことや一人暮らしでやらねばならないことが多くなったこと、単純に観戦数の増加で色々が追いつかないなどいろいろな理由もあり、ナチュラルな形で更新を一時お休みさせていただく形に。

 光画部のエントリーとして伝えきれなかったという部分では心苦しい部分はあるんですけども、24時間のうちで使える時間は限られていますし、先に見てもらいたいものもあるし、そもそも写真をという部分ではSNSとかで十分じゃないかなと思っていたりで、諸事情をご理解いただければ、なんて思うわけであります。
 
 
 そんな日々を過ごす中でTwitterやInstagramで色々と写真をアップして、呟いてなんてことをしていますが、短文だけに伝えたいが伝わっているのかちょっと心配な部分もありますし、元々つらつらと書くのが好きな性分。時間的にいっぱいいっぱいになっていく前の、光画部を始めた頃のエントリーを見ていると、テキストの分量が結構多くて、当時の自分自身の熱量にちょっと驚かされていました。

 ここ最近の文化系野球の流れと言いましょうか、いわゆるな解説者さんや関係者さんではなく、お客さんに近い側のみなさんが色々と野球に関わるコラムを書かれてる、なんて動きがあるのかなと感じる昨今。プロ野球の伝え方の間口が広がったんだなぁと言うことを色々な書き手のテキストを見て思ったんですよね。

 外からの刺激で始めるというのは、写真を始めた頃も同じなんですけども、とにかくまぁ、根無し草体質とでも言いましょうか、責任を自分で取れるフィールドで大きな枠組みやなにかしらの柵がないところ……。ある意味で自分の中の規範はもちろんあるんですけども、自分の好きや伝えたいを自由に書いて、なにかしら読んでくれた人のフックにちょっとでも引っかかったら嬉しいなぁと、そんなことを始めてみようかなと。

 プロ野球を中心にスポーツ・エンターテイメントをただただ楽しんでいる、そこら辺のお客さんが書きたい時に書きたいものを的なやつで。近況報告やらステージ使用曲を控えるだけの備忘録的な内容になるものなんかも出てくると思いますけども、伝えたい、残したい的な話をそっと書いていきます。
 
 
 どこまで続くかわかりませんが、Radio Trick テキスト編、ゆるゆるとお付き合いいただけたら幸いです。

 おさないたかお
 

投稿者プロフィール

オサナイ タカオ観戦撮影者/コミュニティFMパーソナリティ
自身の担当番組で話すネタにと野球場に足を運んでいたら、スタジアムを盛り上げているキャラたち、そしてチアたち、いわゆる球場エンターテイメント班のみんなの活躍に心奪われ、素敵で素晴らしいみんなの活躍を色々な人に伝えたいと写真とテキストで綴る「Radio TRICK -光画部-」を2006年7月19日からスタート。写真はTwitterやInstagramで、色々なテキストはこちらでというスタイルでお届けしていきます。
■現在の担当番組
FM HOT893 「Weekly Hotline」 パーソナリティ
FM HOT893 「Sunday Request Line」 レポーター
FM HOT893 「Now&Know」 パーソナリティ(代打)