こぐまのたんじょうび2012

漆黒のスタンド
2012/7/16 ファイターズスタジアム鎌ヶ谷
鎌ヶ谷に降った雪

 気がつけば色々と忙しいような、そんな3月を送っている昨今でありますが、毎年、年度末なんてものはそんなものですし、とりあえず生き抜いていくだけだと腹をくくって頑張っている昨今でありますが、皆様いかがお過ごしでしょうか(笑)。

 ちょうど更新自体が写真点数とかテキスト点数が少ないゾーンだったので、ラッキーといえばラッキーなんですけど、2012年の色々はここからが大きな山場ですし、色々と気合を入れていかねばならないなぁと。特に今回のエントリーの後、午後からのQVCマリンの色々はホントに盛り沢山でしたし、選定自体が追いつかなくなってきていたり……。

 まぁ、諸々をこなしながら、気合で乗り切って行きたいと思います。
 
 
 さて、今回は2012のエントリー。2012年7月16日にファイターズスタジアム鎌ヶ谷で行われた北海道日本ハムファイターズと横浜ベイスターズの試合開始前に見た色々をお届けしていきます。

 この日はQVCマリンフィールドで行われる千葉ロッテマリーンズと東北楽天ゴールデンイーグルスの試合を観戦する予定だったんですけども、例年通りファイターズスタジアム鎌ヶ谷でカビーさんのよんさいをお祝いする「鎌スタ☆祭」が行われる、なんて一日でして。数年前までは横浜スタジアムでの色々がかぶり、千葉には引っかからなかったんですけど、2012年は見事に大当たりでありました。

 ただ、幸か不幸かQVCマリンフィールドでの試合は17:00プレイボール。プラスアルファの色々を考えても、ちょろっと顔を出しても問題はなさそうかなと言う時間だったと言うこともあり、久々にカビーさんの誕生日、「鎌スタ☆祭」の様子を見に行きました。

 毎年、色々な仕掛けで楽しませてくる「鎌スタ☆祭」ですけども、2012年は正面駐車場に雪が降っていました。この絵は……ホントにシュールというか、不思議な絵ですよね(笑)。
 
 

※画像をクリックするとポップアップして大きく表示されます。なお、ギャラリー表示はパソコンやスマフォ、タブレットPCなどのみの対応で、一部のフィーチャーフォンで表示できる機種もあるそうですが、基本的には対応しておりません。また、フィーチャーフォンやニンテンドーDSブラウザ、PSPブラウザなどでは、キャプションが付くまで画像を見ることが出来ないようです。申し訳ございませんが、対応機種で御覧ください。

 神奈川から千葉方面に向いますと、QVCマリンフィールドだと東関東自動車道を、ファイターズスタジアム鎌ヶ谷だと京葉道路を抜けて向かうんですけど、両者共に首都高の状況が読めないので、早め早めに移動。ファイターズスタジアム鎌ヶ谷には結構いい時間に到着していました。

 ファイターズの選手たちのアップ風景を見守ったり、横浜DeNAベイスターズの選手バス(京急バス運行)の運転席付近にホッシーさんたちとレックさん、そしてスターマンさんの人形が置かれていて、実際に見ることが出来なかった勢揃いに胸が熱くなりながら、この後の諸々都合もあり、ひとり浴衣でまったりしておりました。
 
 
 開場直後から降雪イベントが行われていたり、各種売店が開かれていいにおいを漂わせていたりする「鎌スタ☆祭」の会場。色々な意味で独立国家を形成しているとひしひしと感じていたり。保護地域で言えば千葉ロッテマリーンズの傘下であるべき鎌ヶ谷市で独自のワールドを展開している、ファイターズスタジアム鎌ヶ谷の色々、カビーさんと皆さんの楽しい時間というのは、ホント色々な偶然が重なって形成されているんだろうなぁ、なんてことを時折降ってくる豪雪に当たりながら思っていました。

 会場から45分が過ぎたあたりでしょうか。金魚ちゃんタオルを頭に巻いたカビーさんがおねーさんと共に登場。太陽の下で、ファイターズスタジアム鎌ヶ谷でカビーさんに会うのは実はものすごくぶりだったんですけど、やっぱりカビーさんのホームはファイターズスタジアム鎌ヶ谷なんだなぁと、登場と共におおきいちいさいかかわらず、お友達に囲まれている姿を見てひしひしと感じていました。

 サインをしながら移動するカビーさんを見ると、服装が完全水防備仕様。Tシャツやタオルはある意味で広告塔だったりするんですけど(笑)、足下の長靴を見て、このこぐまは殺る気満々だと言うことに気づきます。
 
 

 お客さんとふれあいながらお水遊びゾーンにやってきたカビーさん。NPB関連のキャラクターで最初に水に入り始めたのは行水ダイブを敢行していたMr.カラスコさん、そしてその後訳も分からんまま水に入れられていた生野菜ことゴーヤさんなんかが先駆者として語れることが多いんですけど、じつはカビーさんも水もしたたる系のゆかいな仲間たちだったりします。

 とりあえず、何の準備もないまま、プールゾーンに突貫しようとしていたカビーさんがおねーさんに止められ(笑)、これはいけないと準備運動を。プールに入る訳じゃあありませけど、色々な意味で体をほぐしていかないと、急に動いたときに大変ですからねとか、そんな感じなんだと思います。

 かるく準備運動を始めたカビーさんを撮りつつ、静止画だとカビーさんのはらぐろさは中々でないよなぁと思う私。この絵から漂う空気感はまぎれもなく鎌ヶ谷の天使。リアルにあると若干の堕天使っぷりも一部では見えていたりするんですけど(笑)、その辺はカビーさんの色の魅せ方のうまいところだと思います。
 
 
 ものすごく軽い準備運動だけで、またもやプールに入ろうとしていたカビーさんを止めるおねーさんという小芝居がありつつ、やんちゃざかり全開。みんながみんなテンション高くなっているというのもあるんですけど、カビーさんが一番ハイテンション。勢い余って、おねーさんのむぎわらぼうしのつばに手が当たってしまっていたり、なんかもう大騒ぎです。

 テンションが上がったカビーさんはおこさまプールに向かうと、入りはしなかったものの、ジャブジャブと手を水の中に。何をしてくるのかと思えば、そのまま手に付いた水をこちらに飛ばしてくると言う非道な攻撃に出ていました(笑)。
 
 

 準備運動も終わり、体も温まったところで、カビーさんが高圧洗浄機を持ち出し、お客さんにぶっ放すというとても荒々しいお祭りが。防水仕様の携帯やコンデジであれば突貫、なんてことも考えられるんですけど、デジイチを守りながらカビーさんを撮るってのは結構大変。風の息吹を感じながら、風上を探しつつ、いかに動線を避けるかがポイントとなってきます(笑)。

 遠くに行きすぎると人垣でカビーさんが撮れなくなってしまいますし、近すぎるとカビーウォッシャーの餌食になってしまいますしで結構大変。さらに悪いことにこの後色々で浴衣に雪駄という装備で身動きが取りづらいというかなりの悪条件がそろっていたんですが、諸々やってそろそろ若手から中堅にさしかかるような年数ですし、何とかなっていました。

 ただまぁ、カビーさんも4さいですから、狙っていいところとよくないところをしっかりと把握されているので、安全は安全なんですけどね。ただ、万が一ってのもありますし、お互いに気を遣って撮っていたり噴射していたようです(笑)。ある程度やりたい放題やったカビーさんですが、10分程度でおみずあそび終了。短いように思えるかもしれませんが、お客さんもカビーさんも本気なので、10分ぐらいが丁度いいんだと思います。

 なお、引き上げていくときもお誕生日プレゼントを貰ったりなんだりしていたカビーさんですけど、手に付いている水をピッピと飛ばすという嫌がらせをしつつ楽しそうにしていました(笑)。
 
 

 おみずあそびを見守った後、そろそろ移動と言うこともあって、カビーさんにお誕生日おめでとうと伝えに行ったんですが、なんで浴衣を着ているんだとツッコまれまして。正直にこの後、海の近くの球場に行くこと、行かないとポニテのおやびんに角が生えてしまうと言うことを伝えていた私。鎌ヶ谷から美浜区の球場まで車で30分ですし、そんな話を伝えていても、どうせぽにてのおやびんにはばれないと思っていたんですけど、情報の伝播力はハンパ無いことを後で知ることとなります(笑)。

 そんな話の途中でも浴衣をタオル代わりにして手を拭くカビーさん。いやいやいや、とツッコミを入れている最中に足を踏んできたりと黒さ全開。普通であればおねーさんとかお付きの人も止めていたりするんですけど、(この時の)鎌ヶ谷スタイルだと一緒になって攻め立ててくるのでたちが悪かったです(笑)。

 「このままかまがやてすよねー」という、激しいプレッシャーに「これ(ポニテ)がこれ(つの)なもんで」と言うやりとりがしばらく続き、そんな様子もお知り合いの皆さんがぱちりとされていたり、時間にしては本当に一瞬だったんですけど、この日の鎌ヶ谷に顔を出せたこと、カビーさんの4さいを久々に祝えたことは本当に嬉しかったです。
 
 
 ここでカビーさんとおねーさん、かまがや組の皆さんとはお別れ。愛車に乗り込み、海の近くの球場へと向かう私でありました。
 
 
 さて、次回はそのまま続き……ではなく、2007年のエントリー。次回は2007年7月、私の野球観戦の原点で行われた同一球団内キャラクター交流の様子をお届けしていきます。

 2007年で同一球団内でのキャラクター交流が行えるのは……北海道日本ハムファイターズ、そして横浜ベイスターズと湘南シーレックスの2球団。私は生まれも育ちも神奈川県。となると、次回のエントリーは後者の横浜ベイスターズと湘南シーレックスであります。

 次回は平塚球場で行われた湘南シーレックス主催試合にホッシーさんがやってきた日の様子をお届けしていきます。
 
 

 
 

著者紹介

オサナイ タカオ観戦撮影者/コミュニティFMパーソナリティ
自身の担当番組で話すネタにと野球場に足を運んでいたら、スタジアムを盛り上げているキャラたち、そしてチアたち、
いわゆる球場エンターテイメント班のみんなの活躍に心奪われ、素敵で素晴らしいみんなの活躍を色々な人に伝えたいと
写真とテキストで綴る「Radio TRICK -光画部-」を2006年7月19日からスタート。気がつけばもう開設から10年です……。
■現在の担当番組
FM HOT893 「Weekly Hotline」 パーソナリティ
FM HOT893 「Sunday Request Line」 レポーター
FM HOT893 「Now&Know」 パーソナリティ(代打)

«
»

コメント





コメント