すべてのはじまり、千葉

この日のスタメン?
2006/7/17 千葉マリンスタジアム
この日のスタメン?

 秋から冬に移ろいゆく季節に体調が付いていかず、明らかに風邪を引いている昨今でありますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 毎シーズン共に、レギュラーシーズンの終わりと共に燃え尽きた感全開で風邪を引き、今年も楽しかったなぁとそんな感慨にふけっていたんですが、2010年は日シリまでびっちりで風邪を引く暇がなく、2011年は横浜ベイスターズのファンフェスタと共に風邪をひいたりとか、そんな感じだったんですけど、今年は早々に来た感じで(苦笑)。

 とりあえず、喉の痛みと全身の倦怠感ってぐらいで、熱もあまり上がっていないようですし、何とかなるかしらなんて思うんですけども、ホント、油断大敵ですな。体調管理はすべての基本。何とかして行きたいところでありますね。
 
 
 さて、今回は過去のエントリーの再構築。2006年7月17日に千葉マリンスタジアムで行われた千葉ロッテマリーンズと東北楽天ゴールデンイーグルスの試合で見た色々……。おさないたかおが球団マスコットたちの様子を色々な人に伝えていきたいと思わされた出来事のお話をお届けしていきたいと思います。

 この日は海の日で、イースタンリーグ公式戦が浦和で、パシフィックリーグ公式戦が千葉マリンスタジアムで行われるような、そんな行程。折角ですし、親子どんぶりで野球を楽しみたいなぁと地元神奈川を早々に出発、武蔵浦和からロッテ浦和球場に向かったんですけども……雨天中止。グラウンドコンディションもあまり良くなく、仕方がないなぁと思いつつ、浦和での観戦はまだ今度だと頭を切り換えていました。

 イースタンリーグ公式戦を見てからだと多少遅れるかなぁと思っていたんですけども、中止の影響もあって武蔵野線経由でまったりと海浜幕張到着。千葉は到着の時点では雨が降りそうではありましたけども、なんとかもつかなぁと、そんな感じで。この頃は自信を持ってシーズン中晴れ男宣言だとかは言えていない頃で、祈るような思いでいたのを覚えています。

 トップの写真は……この頃はちゃんと見ていた(笑)練習見学会でのビジョン調整風景。先発バーンはまだいいとして、河本組長(ロッテの抑えとしても活躍した河本育之氏。後に読売ジャイアンツのコーチとして活躍)が前ってのは無茶ですし、サードの小倉は……小倉恒投手、ですよね。
 
 
 ちなみにホントの先発は千葉ロッテマリーンズが渡辺俊介投手、東北楽天ゴールデンイーグルスが有銘兼久投手投手。アンダースローの渡辺俊介投手を生で見ていなかったので、初めて見ることが出来るわとワクワクしていたり、未だ健在だった藤田宗一投手、薮田安彦投手、小林雅英投手の流れははどんな塩梅かなぁと、試合中のプレイの部分が本当に楽しみにしていたんですけども、予想外なところから予想以上の衝撃を加えられることとなるんですけど、この時はそんな気配に気付けませんでした。

 まぁ、気付くわけもないんですけどね(笑)。
 
 

※画像をクリックするとポップアップして大きく表示されます。なお、ギャラリー表示はパソコンやスマフォ、タブレットPCなどのみの対応で、一部のフィーチャーフォンで表示できる機種もあるそうですが、基本的には対応しておりません。また、フィーチャーフォンやニンテンドーDSブラウザ、PSPブラウザなどでは、キャプションが付くまで画像を見ることが出来ないようです。申し訳ございませんが、対応機種で御覧ください。

 練習見学会終わりで外に出てきた私が次に向かったのはキャラクターたちの所でありました。

 今でこそ開場前から開場後までみっちりと正面ステージ周辺で色々とステージショーが行われていますが、当時はそんなに一杯という印象もなく……。もちろんそこまで意識がなかったというのが正直なところだったんですけども、とりあえずはマーくんたちにご挨拶をしておこうと各キャラクターの所へ向かっていました。

 ズーちゃん、COOLさん、リーンちゃんと順番にご挨拶。天候不良もあったという形だと思うんですけど、今と比較するとみんなの周りにお客さんが少ないなぁってのが改め写真を見た印象でしょうか。COOLさんも2005年の登場特需が落ち着いたのか、そこそこまったりという形。ズーちゃんもリーンちゃんもなんというか、もの凄く普通な印象が。もの凄くスタンダードな印象を受けますよね(笑)。

 この頃はまだまだ頻繁に千葉マリンスタジアムへ行っていたという訳じゃありませんし、私はまだ光画部の諸々を始めていない頃。いかに彼ら彼女らが人の顔を覚えるのに長けているとは言え、そんな回数で覚えているわけが……無いと思ってました、この頃は。
 
 
 最後にマーくんの所へ行ったあたりで空から無情にも雨が。試合進行自体に問題は無さそうでしたけども、ストレートに観戦するにはめんどくさい雨が降ってきまして、マーくんとのグリーティングも軒下へと変更していました。今であればお前が降らせたと大騒ぎになるところですが(笑)、この頃はホントにもう普通に軒下へと移動していました。

 軒下での一枚も時代を感じさせると言いましょうか、マーくんのオフィシャルポーズと言って良いんじゃないかなと思うような、そんなポーズ。公式写真とか、こういうポージングで写っている事が多いですけども、中々こういうシーンが最近は撮れなくなってきています。まぁ、いまさらこのポーズを撮るのも気恥ずかしいですし、マーくんも気恥ずかしいと思います(笑)。
 
 
 一枚撮らせてもらった後も、雨のおかげもあり移動するのもアレだとマーくんのふれあい風景を見ていた私。改めてマーくんやM☆SPLASH!! さんたちのお客さんへの接し方を見ていて、自分が担当しているレポーターの時のお客さんとのふれあいにもこういう動きは参考になるなぁと、改めて気づいたんですよね。このあたりから、マーくんたちのグリーティング風景など、各キャラクターたちとお客さんのふれあい風景をちょっと離れたところから客観的に見て、向こう側の動きやお客さんの笑顔を感じつつ、自分の色々にも生かすようになっていました。

 さて、そんなグリーティング風景の中でだんだら模様のユニにサンバイザー、黒ニーソに黒スカートと言うM☆SPLASH!! のメンバーとは違う格好をしたおねーさんが写っていますよね。光画部を始めた当初は誰だか全く分かっていませんでしたし、ずいぶんと可愛らしい子がいるもんだねぇ、なんてことを思っていたんですが、この女子は……こなつおねーさん、その人であります。

 何気ない一瞬で撮影したこの写真に写るおねーさんが数年後、オールスターの大舞台で堂々としたMCっぷりをみせつけていたり、自身の冠名が付いたステージを行っていったり、キャラクターたちから「てんぐさま」扱いをされていたり、「(高校球児たちなど)若い子たちをはべらかしている」などといじられつつも、一歩も引かずにやりあっていく凄腕になっていったりするんですけど、そう思うと、何気ない日常でも写真を撮っておくってのは重要なんだなぁと改めて思いました(笑)。
 
 

 雨が若干強くなる中ではありますが、入場。S指定から試合を見つめていく形だったんですけど、雨のため試合開始前の練習がキャンセルされている状態で、この当時楽しみにしていた諸々が撮れないなぁと、ちょっと残念に思いながら試合開始を待っていました。

 雨模様と言うことで、私が座っていた前後左右にお客様がおらず、傘アダプターを付けて試合開始を待っていたんですが、レフト方向からこの日キャラクター交流にやってきていたクラッチさんとクラッチーナさんがやってきていました。前日から来場するというニュースは見ていましたし、石黒さんのブログで「キャラクター交流は楽しいです」ってエントリーは見ていたと思うんですけども、意識的に会いに行こうと言う事が無く、「あー、楽天のマスコット、クラッチとクラッチーナだ。Mr.カラスコは仙台に行かないと見られないんだよね」とか、その程度の考えしかありませんでした。

 雨でお夕飯を食べることが叶わず、しかも動くに動けない状況というのもあったので、クラッチさんとクラッチーナさんの動きをじーっとファインダー越しに見ていたんですけど、その動きを見れば見るほど惹かれていったのは事実で。

 動きだけでお客さんを盛り上げているってのはB・Bのコラムで見ていたので納得していたんですが、そんなみんなの色々を雨という状況があったにせよ、じっくり見ることが出来て、これは確かに凄いや、職業としての球団マスコットは本当にプロなんだなぁと改めて感じていました。色々と細かく動きつつ、国歌斉唱シーンではしっかりと律している姿とか、本当に格好良かったですしね。

 まぁ、選手だまりを警戒して避けている姿とか、写真では撮れなかったんですけど、野村監督とかにご挨拶している姿はただただほんわかしながら見守っていました(笑)。
 
 

 写真を改めて見て気付いたんですけども、国歌斉唱終わりでオープニングアクトという流れだったようです。2012年の流れと近いんですけども、オープニングアクトからそのまま選手送り出しへという流れで行くと、この形が一番しっくり来るのかもしれませんね。

 過去の写真を改めて見ていて、この日がはじめてオープニングアクトもしっかり撮っていた日。上にも書いたとおり、雨が降っていたと言うこともあり、カメラで写真を撮るぐらいしかできなかったという事が、後々で有効に効いてきていたという形でしょうか。

 すでに過去のエントリーで紹介したとおり、M☆SPLASH!! の衣装が同じシーズンでも違うと言う、そんな状況。音までは気にしていなかった頃なんですけども、衣装を見ていると、今に通じる和テイスト溢れる楽曲だったなのかなぁと思う訳で。この頃から意識してみていれば、あの曲ですよ、なんて話がバキッと出来たんですけど、ちょっと残念ですよね。当時を記憶されている方がいらっしゃったら、是非そのあたりを教えていただければ幸いであります。

 三塁側ベンチ前ではクラッチさんが正座でそのアクトを見つめ、クラッチーナさんが見事なチア立ちで見守っている中、マーくんたちもバキッとダンス。衣装持ちなマーくんたちらしいアロハにムームーという出で立ちで、さらにたぶんスタッフの私物であろう(笑)サーフボードを持ち出して海の日らしいオープニングアクトを魅せてくれています。
 
 
 さて、青アロハのマーくん、黄色アロハのズーちゃん、ピンクムームーのリーンちゃんの中、レイしか付けていないCOOLさんと言う衣装だったんですけど、COOLさんの残念っぷりが気になっていた私。ヒールサイドを担っていく形で登場したモノの、イマイチこう……しっくり来ず、その立ち位置が色々と変わってきていた頃だと思うんですけど、千葉マリンスタジアムに到着したのが2005年夏のおかげで夏衣装がまだ無いのかな、なんて思うんですけど、色味その他は夏祭りでありがちと言いましょうか、テキ屋のお兄ちゃんチックでした(笑)。

 そんなこんなでオープニングアクトアクト終了。クラッチーナさんもなにかしらバキッと踊りきったのか、鉄平選手の前あたり気持ちよさそうでした(笑)。
 
 

 オープニングアクト終了後、M☆SPLASH!! の皆さんがベンチ前に移動、選手送り出しようの花道を形成していくんですけど、オープニングアクトで着ていたはっぴを脱いで、COOLさんに引っかけていくとか、そんな動きが。最初はM☆SPLASH!! の皆さんの衣装を見ていて、はっぴの下はこう……お祭り感溢れる衣装でまとめていて、細かいところもこだわりがあるんだなぁとか、そのあたりを気にしていたんですけど、ふとCOOLさんの姿を見ると……はっぴに押しつぶされかけていました(笑)。

 ここがCOOLさんの残念伝説に気付いた最初だったりもするんですけど、はっぴに潰されかけ、最終的に放り投げていたCOOLさんの姿にグッと来ていた私。各キャラクターのキャラクターがつかめていなかった頃ではありますけども、なんとなくそういうラインのペンギンなのかなぁと思いながら撮っていました(笑)。
 
 
 そんなこんなで選手送り出しシーンS指定からだと上手く撮れないかなぁとか思いつつ、なんとか。そんな中で気がつくのマーくんたちやM☆SPLASH!! の立ち位置の差、でしょうか。マーくんがホーム寄りにいますし、リーンちゃんがライト側に、M☆SPLASH!! の皆さんもスタンド側に寄った形で列を形成しているんですけど、選手登場の動き自体が変わってきているのかもしれませんけど、改めて当時の動きを見るとかなり新鮮だなぁと、そんな風に感じます。

 この前後の皆さんの動きを見ていると、ざっくりした記憶の中でアレなんですが、当時のがメンバー多かったのかなぁと。なんとなく今より多かったような記憶がおぼろげながらあるんですけども、この辺もご記憶されてる方がいらっしゃいましたら、コメント欄とかで教えていただければ幸いです。
 
 

 試合開始前の最後はファーストピッチセレモニー。マウンドへはズーちゃんとリーンちゃんが始球式を担当する方の誘導を行い、他のメンバーはホームベース後方で盛り上げるという流れは今も昔も変わりません。

 ゲストのクラッチさんとクラッチーナさんもホームベース後方でマーくんとCOOLさんと合流してファーストピッチセレモニーを盛り上げていきます。マーくんがクラッチさんとなにやら槍としているシーンはちょっと格好いいなぁと思ったり、クラッチーナさんがCOOLさんのツンツンに興味持ちすぎて、触ろうと頑張っている姿に笑ったり、改めて見ても当時の記憶が鮮やかに蘇ってきていたりします。

 この頃のクラッチさんはアクロバットがビンビンにきまっていた頃。始球式の投球と共にくるんと回っていく姿は本当に格好良く、同じ鳥類でも隣のとは偉い違いだなぁと思いながら見ていました(笑)。

 この後は雨の中でプレイボール。一向に雨がやむ気配はありませんでしたが、強行していくようで、祝日で前売りが売れていたのかなぁとか、花火までは何とか進めるのかなぁとか、色々と耐えながら思っていました。

 6年間の知識とずるがしこさをこの当時に持って戻れば、雨が厳しくなった時点で二階自由席の上の方へと場所を変えるんですけど、この時は未だ未だ初心者。耐えたからこそ見えた動きはありますけど、自分自身の若さにちょっと笑っていました。
 
 

 さて、雨の中の試合で中断などもありつつ、五回裏まで終了。試合が成立する中、バックスクリーン後方から花火が打ち上がっていきます。発破の瞬間をどうやら抑えていなかったんですけど、とりあえず無事に打ち上がっております。

 衣装持ちの皆さんはアロハから浴衣や甚平に着替える中、M☆SPLASH!! の皆さんもふたたび登場して花火を盛り上げています。彼女たちを改めて見るとポムのカラーが黒と赤のツートンだったり、フィールドに出ている場所に差があったりなんですが、傘アダプターで体とカメラを守る中なので、皆さんを撮影できたおかげで諸々残っていたなぁと、そんな形のようです。
 
 
 そんな花火の最中、不穏な動きを魅せていたのはマーくんとクラッチさん。写真をひっくる返しても、クラッチーナさんが写っていなかったので、このシーンは出ていなかったのかもしれないんですけど、マーくんとクラッチさんが花火を一緒に見ていたり、グラウンドキーパーさんに花火を教えていたり、一緒に動きながら色々と細かく刻んでいました。

 マーくんとクラッチさんが一緒にいるのに気付いた最初の段階では「ホスト球団のマスコットがゲスト球団のマスコットをもてなしているんだろうなぁ」と言う、そんな風に位しか思っていなかったんですけど、徐々におかしくなっていることに気付き、マーくんとクラッチから目が離せなくなります(笑)。
 
 

 本当に雨が強くなってくる中、セカンドベース後方にマーくんとクラッチが正座して花火を見つめているという姿に気付いた私。D70sを買った直後の千葉マリンスタジアム、東京ヤクルトスワローズとの交流戦でつば九郎さんとみんなが一緒に花火を見ているシーンを覚えていたので、その辺でいい絵が撮れるんだろうなぁと思っていたんですけど、なんか若干マーくんとクラッチさんが近く感じたんですよね。雨が降りしきる中でしたし、若干肌寒いのも分かるんですけども、明らかな違和感を感じていたんです。

 なんかやりそうだなぁと、ネタに関する嗅覚は多少研ぎ澄まされている方だったので、マーくんとクラッチさんに照準を合わせてその動きを伺っていたんですけども、寄り添った正座から膝枕へとそのステージが上がり始めています。これはもうとんでもないシーンを見ているかもしれないと思いつつ、夢中でシャッターを切っていたんですが、ギュッと抱き合って、どう見てもそういうカップルが花火の下でいちゃついているような、そんな状況にまで発展していました(笑)。

 ぐいぐいとマーくんとクラッチさんの動きに惹かれている中、その近くを知ってか知らずかリーンちゃんが……。今の諸々を考えると、リーンちゃんをも含んだネタだったんだと思うんですけど(笑)、この時は目前に近づいてくる修羅場感にドキドキとワクワクで一杯になっていました(笑)。
 
 
 なんかもうちゅーとかしちゃってんじゃないの? って言うタイミングでリーンちゃんが振り返り、修羅場へ。ふたりを正座させて、どういうことなのよと詰問していくんですが、丁度グラウンドキーパーさんに隠れてしまっていますけど、おそらくクラッチさんがマー様のくちばしを奪っていたぽく(笑)、あまりの出来事のショックでリーンちゃんは泣きながらズーちゃんたちの方へと駆けだしていました。
 
 その後、花火の終了と共に引き上げていく皆さん。そんな皆さんを見つめつつ、明らかに田んぼ化していくホームベース付近とかを確認しつつ、雨天コールドは時間の問題かなと思っていたところで中断。そのままコールドゲームと言う形で、東北楽天ゴールデンイーグルスが勝利。クラッチさんとクラッチーナさんが勝ちを呼び込めた、そんな塩梅でありました。
 
 
 強い雨の中という悪条件ではありましたけど、フィールドで行われているマーくんとクラッチさんとリーンちゃんの濃すぎるネタに気付いている人がいないようで。もちろん数多くのお客さんが足を運んでいると言うこともあって、気付いている人も多かったと思うんですけど、S席周辺では花火の方の反応はあったにせよ、BL的な展開がフィールドで繰り広げられ、もの凄い修羅場を気付いている人はほとんどいなかったんです。

 家に帰って、改めてマーくんとクラッチさんとリーンちゃんの小芝居写真を見ていて、こんな面白いモノはもっとみんなに知って欲しいと心の底から思いまして。デジタル一眼レフを買ったあたりで思い描いていた、写真を中心としたブログを作っていこうと作業を開始して、出来たのが「Radio Trick -光画部-」であり、最初のエントリーがマーくんとクラッチさんとリーンちゃんのそういう感じのエントリー(笑)だったと、そんな形なんですよね。

 その後、選手の写真ももちろん撮りながら、ではありましたけど、ゆかいな仲間たちを中心とした写真を多く撮影。球団マスコットたちを撮って、インターネット上にアップして、色々な皆さんに見てもらうその動きのきっかけってのはマーくんとクラッチさんとリーンちゃんだった、そんな感じなんですね。そこから6年、紆余曲折ある中でみなさんとは球場で色々とやいのやいのやっていたりするんですけども、マーくんとリーンちゃん、そしてこの時熱いキッスでマーくんをリーンちゃんから奪い去っていた(笑)クラッチさんには本当に感謝していたりするんですよね。
 
 
 球団マスコットたちの動きの熱さを現場で気付かせてくれて、本当にありがとうございますって。
 
 
 まー、今更過ぎますし、妙に気恥ずかしかったりするので(笑)、マー様とかリーンちゃんとかに直接こういうコトバを言ったりってのもないんですけども、たまにはテキストでも感謝してるんですよってのを伝えていきたいと思います。あんたは口だけって言ってそうですけどね、鴎たちは(笑)。
 
 
 さて、次回はふたたび時計を2012年に。ゴールデンウィークの大阪遠征の様子をお届けしていきます。

 カメラを担いで西東と動く中、球場へは足を運んでいたのにもかかわらず、プロ球団の本拠地開催としては足を踏み入れていなかった阪神甲子園球場に今年こそ行きたいというスケジュールを組んでいたら、ゴールデンウィークの4日のジャイアンツ戦は前日は京セラドームでオリックス・バファローズと千葉ロッテマリーンズの試合があると言うことに気付き、関西遠征を確定させ、諸々の手配に動いていました。

 実は2011年夏、バファローブルくんとある約束をしてたんです。約束って言っても、実際には必ずいつの日か通る道ではある、そんなレベルの約束なんですけど(笑)、「ホーム球場で頑張るブルくんとベルちゃんの姿、ちゃんと見に行くからね!」って約束してたんですよ。

 その直後の京セラドーム大阪の試合は近鉄バファローズ復刻試合でブルくんとベルちゃんはメンテナンスのため一切登場がありませんで。演出意図は分かるけども、今と過去を繋ぐ受け皿がないのはなんだかね、なんてことを思いながら大阪を後にしていたんですけども、ここでようやっとその約束を果たすことが出来るという形だったんですよね。

 てなわけで、次回「京セラドームは大正」編もお楽しみに。

 

著者紹介

オサナイ タカオ観戦撮影者/コミュニティFMパーソナリティ
自身の担当番組で話すネタにと野球場に足を運んでいたら、スタジアムを盛り上げているキャラたち、そしてチアたち、
いわゆる球場エンターテイメント班のみんなの活躍に心奪われ、素敵で素晴らしいみんなの活躍を色々な人に伝えたいと
写真とテキストで綴る「Radio TRICK -光画部-」を2006年7月19日からスタート。気がつけばもう開設から10年です……。
■現在の担当番組
FM HOT893 「Weekly Hotline」 パーソナリティ
FM HOT893 「Sunday Request Line」 レポーター
FM HOT893 「Now&Know」 パーソナリティ(代打)

«
»

コメント





コメント