慌ただしい夏(その5)

スナイパー・トラッキー
2012/7/21 坊ちゃんスタジアム
スナイパー・トラッキー

 今年最初の横浜スタジアムは場内入場までが一苦労。開幕節の連勝や負けたとは言え、ものすごくいい試合だったということ、さらにはジャイアンツ戦だったということもあって当日券売り場がものすっごい混雑。30分ぐらいたって中に入るも、そんなにお客さんがいないという事実に打ちひしがれていた昨今でありますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

 とりあえず、まだ場内をウロウロするレベルまでは出来ていなかったんですけども、初めましてのご挨拶はバキッと。今シーズンから横浜スタジアムにやってきたDB.キララさんには本当に初めましてのご挨拶を。まだ染まっていないのか、これから開花していくのかはよく分かりませんが(笑)、一まずはよろしくお願いいたしますとしっかりとご挨拶できています。

 ライダーさんにもお会いして、ファンミでの色々にお疲れ様です言ったり、スターマンさんとキララさんの動きを見守ったり、イニング間演出を見守ったり、ノリさんのホームランを見たり、筋肉のお侍(澤村投手)を見たり……慌ただしかったですけど、最初の一歩は色々と楽しかったです。

 とりあえず、毎度おなじみですが、撮って出しはついぴくさんで。このへんがとりあえずのオススメです(笑)。
 
 
 さて、今回も2012のエントリー。2012年7月21日に松山坊ちゃんスタジアムで行われたマツダオールスターゲーム2012 第二戦の試合で見た色々をお届けしていきます。今回は試合開始前のフィールドの様子を前後編で見ていきたいと思います。今回は試合開始前のフィールド後編です。

 ビッグフラッグの展開が終わった後は、残すイベントもあと僅か。ちょっとした合間の時間も普通であれば休憩時間ですけども、球場エンタメを軸に野球を見ている人にとってはまだまだ気の抜けない時間。こういう合間の時間にはゆかいな仲間たちと選手たちが絡んで楽しいネタを魅せてくれるんですよね。

 とりあえず、トラッキーさんは謎のカメラでドアラさんを激写している様子。このへんの訳の分からなさがオールスターらしさといえば、らしさかもしれません(笑)。
 
 

※画像をクリックするとポップアップして大きく表示されます。なお、ギャラリー表示はパソコンやスマフォ、タブレットPCなどのみの対応で、一部のフィーチャーフォンで表示できる機種もあるそうですが、基本的には対応しておりません。また、フィーチャーフォンやニンテンドーDSブラウザ、PSPブラウザなどでは、キャプションが付くまで画像を見ることが出来ないようです。申し訳ございませんが、対応機種で御覧ください。

ゆかいな仲間達も選手達も開始前のリラックスタイムを楽しんでいる様子。現在のプロ野球が行われているフランチャイズ球場であれば、比較的どうとでもなるこう言うシーンですけども、地方球場特有のネットの高さに阻まれてしまい、結構大変なことに。この辺はもう雰囲気を楽しんでいただければと思います。

 一塁ベンチ側ではドアラさんがバレンティン選手となにやら楽しげに。お話が終わった後に何か渡していたんですけど、いわゆるドアラの飴ちゃんプレゼントかしらと思われます。スラィリーさんは毎度お馴染みのジャバさんとラッキーさんカップルになにか伝えていたり、ドアラさんはさらにラミちゃんにも飴ちゃんのプレゼントをしていたようですけど、スターマンさんがそのあ目ちゃんを欲しがっているような気がします(笑)。

 パシフィックリーグの皆さんも選手達と記念写真を。田中将大投手とマー様の夢の競演に皆さんが入っていたりするんですけど、いつの間にかドアラさんがお友達の多いパシフィックリーグの方に遊びに来ていました。成瀬投手とマー様が相変わらずのやりとりをする中でB様とベルちゃんが割って入っていたり……。とりあえず、マー様とB様はホント仲がいいなぁとニヤニヤしておりました。
 
 
 スラ様が一塁側で腰を振る中、ドアラさんがB様に捕まり、強制ハイウエストの刑。これ、実際にやられたことがあるんですけども、結構おまたがきついんですよ。ドアラさん達は2011年に自主的なハイウエストマトゥーリーを開催していたんですけども、その名残はまだまだ残っているようです(笑)。

 その他、ラッキーさんがトラッキーさんの帽子をかぶってノーマル仕様で魅せていたり、マー様とB様が稲葉さんと記念撮影していたり、クラッチさんとベルちゃんが楽しそうにしていたり……よくよく見ていると、よく分からない時間が過ぎていきます(笑)。
 
 

 不思議な時間が過ぎていく中、まもなく始球式かなと言うところで動いてきたのはスターマンさんとB様でした。なんとなく始球式に向けて移動をしようとしていたスターマンさんをB様が見つけ、スターマンさんもB様が来たを見て何事か把握。横になったスターマンさんをB様が転がして「スターマンころころ」の完成であります。最後はハイタッチでお互いの心通わせていたんですが、おふたりともノリノリです。

 B様とスターマンさんのころころになぜか刺激を受けてしまったハリーさんとクラッチさん、そしてベルちゃん。ナニをどうするのか見ていると、クラッチさんが転がり担当でハリーさんとベルちゃんが転がし担当でクラッチころころも成立していました。

 こう言う意味の分からない闘いが生まれるのもオールスターゲームらしさ、ですよね(笑)。
 
 

 さて、諸々の準備が整い、いよいよ始球式に。ここでも色々と魅せ方に違いが出てくるのが楽しいんですけども、みんなのせめぎ合いは本当に真剣そのもの。ほとんどのメンバーは定型通り、キャッチャー後方で待機、ストライクを盛り上げるという形なんですけども、最初に動いたのはジャバさんでした。ジャバさんは始球式を担当するお子さんを誘導する役を買って出て、そこで目立っていこうという形のようです。

 これで終わりかと思いきや、明らかにおかしい動きをしていたのがドアラさん。なぜか一塁ベース付近にいたんですけども、ナニをしたかったのが分かってその深さににやり。もうひとり、つば九郎さんもその挙動に感づき、同じ方向で攻めていくようです。

 両先生が行いたかったのは一塁守備とランナーコント。最初にドアラさんが守備につき、一旦姿が見えなくなったと思ったところにつば九郎さんが。そして最終的には一塁を守るドアラさんとランナーのつば九郎さんという形が完成していたようです。こうなるともうどこを撮っていいのか本気で悩み始めるんですけども、一塁ベース付近のふたりからは目を離すことが出来ず、帰塁風景マニア的にもつば九郎さんの帰塁は押さえておきたかったと言うこともあり、プレイボールが宣告されたあとは一塁を撮って遊んでいました。

 無事にストライクが入り、ドアラさんは始球式を担当した少年を谷繁選手のところへ誘導するという、そんな流れが。自然にやっているようで、皆さんどう目立つかの真剣勝負だったと言う、そんな始球式風景でありました。
 
 
 なお、この始球式の様子は直後の週刊ベースボールで紹介されていたんですけど、外野方向からの撮影だったので、一番写りがよかったのはホームベース後方の皆さんで、ジャバさんの背中が写る形。ドアラさんとつば九郎さんの色々はすっかりフレームの外だったんですけど、色々なせめぎ合いが合ったというのをここで改めて紹介できたのは嬉しい限りです(笑)。
 
 

 謎のカメラにアピールする熊がいる中、始球式終わりで再び両サイドに分かれていくゆかいな仲間たち。始球式後も細かい色々があるのはオールスターゲームのお約束ではあるんですけど、もうちょっとみんなのネタが見られるようで、集中力を斬らさないようにしていました。

 マー様がハリーさんの目のまで空を飛んでいたりしたんですけど、レオさんとB様が抱き合っているシーンとかお好きな皆さんたまらないシーンが。皆さん、そういう層に向けたネタも入れて来ているのかしらなんて事を思いつつ、パシフィックリーグの面々が円陣を組み始めていきます。若干ハリーさんが出遅れたんですけども、レオさんのしっぽに捕まって円陣にさんかしていました。

 こう言うシーンはパシフィックリーグらしいなぁと思いながら撮っていたんですけど、再び整列して行くみんなを見て、オンとオフの使い方が見事だなぁと改めて感じていました。ただ、B様の土下座シーンやハリーさんがマー様のボディにワンパンたたき込んでいる姿を見て、オンなのかオフなのか、そもそも私の認識はあっているのかなど色々と悩んでしまう私。

 とりあえず、マー様がいじられキャラだと言うことはよく分かりました(笑)。
 
 

 マー様がいじられ倒されている中、この日の審判団がホームベース後方に待機しているんですけど、オレンジ色のと茶色いのが混じっているような錯覚が。マー様がボディにワンパン喰らった苦しみにもだえているのを見た後、改めて審判団を見てみたんですが、PL、1,2,3塁審と両サイドの線審と6名のはずが、8にんいたんですよ……と、なんか紛れているジャバさんとスターマンさんでした(笑)。

 さて、いじられキャラのマー様を軸にするコント大会を実施している白いボールのファンタジー派ですけども、おながが痛いから出ているに話が変わり、さらにそこからのハイウエストマトゥーリー in 松山が開催されていくなど、予想の斜め上をかっ飛ばすカオスっぷりを見せつけていました。

 まさか松山でハイウエストマトゥーリが見られるとは思っていなかったんですけども、今年は上げ倒したウエストを激しくぶつけ合うという、訳の分からない方向でパワーアップ。クラッチさんが指を差し、ベルちゃんが見てイイのかどうなのか迷うレベルだったので、2012年の祭りはある意味で男祭りだったのかもしれません。ただ、お好きなお嬢様型も多数いらっしゃると思うので、あのふたりのお嬢様向けサービスだったのかもしれません。ベルちゃんがお好きかどうかは知りませんが、なんかテンション上がって魅せてたとか、そんな感じだという方が面白いので、そうしておこうと思います(笑)。

 やりたい放題魅せたい放題だった皆さんの時間もまもなく終わり。それぞれスタンドのお客様にアピールしながら引き上げ、セントラルリーグの面々は先発の前田健太投手を送り出しで試合開始前の色々が終了。レフト後方の予讃線では単行列車が伊予市駅方向へ進む中、プレイボールを迎えるのでありました。
 
 
 さて、次回はイニング間のイベントを見ていきましょう。まずは試合前半のイニング間のイベントをお届けしていきます。若干記憶があやふやですが、その場ののりと勢いを何となく感じていただければ幸いです。
 
 

 
 

著者紹介

オサナイ タカオ観戦撮影者/コミュニティFMパーソナリティ
自身の担当番組で話すネタにと野球場に足を運んでいたら、スタジアムを盛り上げているキャラたち、そしてチアたち、
いわゆる球場エンターテイメント班のみんなの活躍に心奪われ、素敵で素晴らしいみんなの活躍を色々な人に伝えたいと
写真とテキストで綴る「Radio TRICK -光画部-」を2006年7月19日からスタート。気がつけばもう開設から10年です……。
■現在の担当番組
FM HOT893 「Weekly Hotline」 パーソナリティ
FM HOT893 「Sunday Request Line」 レポーター
FM HOT893 「Now&Know」 パーソナリティ(代打)

«
»

コメント





コメント