大宮劇場2012・夏(その3)

ドキドキがホントに止まらない
2012/8/25 NACK5スタジアム大宮
ドキドキがホントに止まらない

 熱く燃えさかる8月突入。ここからの一ヶ月間は観戦集中区間という形で週末のスタジアムに足繁く足を運んだり、お盆期間は連チャンで観戦が続いたり、マジカルミステリーツアー第二弾と称してどこかへと旅に出ていたりするんですけども、皆様も観戦計画を練り練りされていますでしょうか。

 観戦集中区間に入ると、必然的に更新数が減ってきてしまう訳なんですけども、なんとか頑張っていきたいところ。ただまぁ、お盆期間は更新もお盆期間だと思っていただければ幸いですし、即時性のある撮ってだしは別方面でやりますので、適当にお待ちいただければ幸いです。

 ウチはもう遅いんですから、即時性のあるモノは別の所とか別の方が頑張ってください(笑)。
 
 
 さて、今回も2012のエントリー。2012年8月25日にNACK5スタジアム大宮で行われた大宮アルディージャとベガルタ仙台の試合で見た色々をお届けしていきます。今回は「アルディ&ミーヤのORANGE! HAPPY!! SHOWTIME!!!」の残りと試合中、試合後の色々を見て行きましょう。

 アルディさんが新しい扉を開いてしまった後、最後は「Vamos Ardija」にあわせて締めていくみなさん。終わりよければすべてよし的な流れににやりとしてしまうんですけど、これが大宮のスタイル。お客様が来ていても、いい塩梅に通常進行なところが素敵だなぁと改めて感じていました。

 ただ……アルディさんのドキドキがとまらない様子。ベガッ太さんも罪な男です(笑)。
 
 

※画像をクリックするとポップアップして大きく表示されます。なお、ギャラリー表示はパソコンやスマフォ、タブレットPCなどのみの対応で、一部のフィーチャーフォンで表示できる機種もあるそうですが、基本的には対応しておりません。また、フィーチャーフォンやニンテンドーDSブラウザ、PSPブラウザなどでは、キャプションが付くまで画像を見ることが出来ないようです。申し訳ございませんが、対応機種で御覧ください。

 ちょっと写真点数都合で終盤の「Vamos Ardija」に乗せて踊るアルディさんとミーヤさん、そしてえり姉の姿を最終エントリーに含ませていただきましたけども、ダンス自体は至ってストレート。ここにネタはあまり挟まれず……キッスして始まってキッスして終わるのは通常進行なので驚く事がないんですけども(笑)、さんにんがさんにんともしっかりと踊っています。

 NPBの本格的なダンスステージとかを見ていると、規模自体は比べるモノでもないと思うんですが、さんにんの「Vamos Ardija」に対する気持ちはしっかりと伝わるなぁと。細かいダンスのイロハには詳しくありませんが、伊達に年間そういうものを軸に観戦している人だけあって、細かいところに感じる色々があるんですけど、さんにんのダンスは小さいおともだちがしっかりと一緒に踊っている姿、2年前に比べて参加しているお子さん達が増えていることを目の当たりにして、気持ちがしっかりと伝わっているんだろうなぁと、そんなことを思いながら撮っていました。

 とりあえず、終盤のミーヤさんジャンプシーンは2年のブランクがあってもしっかりと覚えていた様子。ここを外したらホントに面目が立たないので気合いを入れる形だったんですけど、なんとかバキッと押さえることが出来まして。この辺はゆかいな皆さんの色々を押さえ続けてきたが故になんとかって感じなのかなと。
 
 

 ダンス終了後はクロージングご挨拶。キスは何回やっても足りないと肉食系っぽさを見せつけているミーヤさんだとか、アルディさんがベガッ太さんと出来てると断言しているえり姉がいたりだとか、とてもわかりやすい状態ながら、オフィシャルには上がりにくそうな色々なネタでクロージングでありました(笑)。

 その後、引き上げていくミーヤ様を見ていたらチャージを喰らったり、カメラに対してしっかりとアピールをしてきたりと大騒ぎ。実際、2年弱ぶりだったんですけど、なんでそこまでロックオンされているのか分からずと言うよりも、ゆかいな仲間たちの記憶力や情報収集能力はハンパ無いんだなぁと改めて感じていました(笑)。
 
 

 蹴球だと試合中はほぼ出番はなく、ハーフタイムもアルディさんがセグウェイに乗ってフィールドを闊歩していたり、ミーヤさんが中継のハーフタイムレポに参加したりという、そんな形だったりするんですけども、数少ないシーンを押さえていたり、野球の試合にはない風景を撮って楽しんでいたり、スタジアムグルメを堪能していたりしました。

 NPBでキャラクター交流というと、フィールドまでガッツリ、なんてパターンが多いんですけども、この日は特にそういうのはなく。この辺は思想とかの違いなんだろうなぁと、その差違に思いを馳せていたり。所変われば色々と変わるんだろうなぁと、そんなことを改めて感じていました。あとは、試合開始前の色とフィールドの色の差違、でしょうか。締めるところはきっちり締めています。

 試合終了後、ご挨拶に走るアルディさんが甚平を着ているのに気づいた私。サンクスグリーティングはなにか楽しそうだなぁと、諸々を片付けて1ゲートに向かうのでありました。
 
 

 1ゲート前ではゆかたに身を包んだミーヤさんと甚平に身を包んだアルディさんがサンクスグリーティング。入場前の行列でおさんにんが横を通過していったのに気づいていたんですけど、改めてみるとアルディさんもミーヤさんも和装がしっかり似合ってるなぁと。実はえり姉もスカートがゆかた生地で出来ているのを着用していたり、細かいこだわりが見えて、グッと来ておりました。

 とりあえず、ミーヤさんはセクスィで殿方を悩殺していきたい様子。オレンジ色の帯がらしさをアピールしているんですけど、裾をちらっとしていたり、魅せ方が上手いなぁと言う印象が。うちのおやびん(リーンちゃん)もゆかたを着て魅せているときがありますけど、女子球団マスコット達がゆかたを着ると、ホントに映えるなぁってのが印象だったりします。

 試合開始前のステージでは色々合ったおふたりですけど、甚平とゆかたで(これでもかという勢いで)ラブラブに。いつもの日常が帰ってきているんだろうなぁと、そんなことを思いながら撮っていたんですけど、最後にせっかくなのでえり姉も入って貰って3ショットを撮らせて貰おうとお願いしていました。

 じゃあ、あたしも入りますねとアルディさんとミーヤさんの間に入っていたんですが、ムギュッと潰されるという愛されっぷり。これに対してえり姉は……「あづい……」とストレートな言葉でこの状況を表現していました(笑)。
 
 
 てなわけで、2012年のマスコット大賞受賞者と主演女優賞受賞者のそろい踏みを期せずして見てきたという、そんなお話でした。2年弱ぶりなのに完璧に覚えられていたり、一切名乗っていないのにサインに「たかおさん」と書かれていたり……もちろん、ゆかいな仲間たちの活躍もプラスして、サッカー参戦に予想以上の楽しさを感じていた私。地元はベルマーレ平塚のホームタウンですけども、大宮アルディージャを応援していこうと、そして次の観戦の時も楽しく見られたらいいなぁ、なんてな事を思いながら湘南新宿ラインに揺られていました。

 ……まさかそのときは2013年に予定以上の数でNACK5スタジアム大宮に行くこととなるとは、一切予想出来ない私でありました(笑)。
 
 
 さて、次回は再び2007年のエントリー。次回はこぐまが休みでB・Bだけが頑張っていた東京ドームでの試合の様子を見ていきたいと思います。
 
 

 
 

著者紹介

オサナイ タカオ観戦撮影者/コミュニティFMパーソナリティ
自身の担当番組で話すネタにと野球場に足を運んでいたら、スタジアムを盛り上げているキャラたち、そしてチアたち、
いわゆる球場エンターテイメント班のみんなの活躍に心奪われ、素敵で素晴らしいみんなの活躍を色々な人に伝えたいと
写真とテキストで綴る「Radio TRICK -光画部-」を2006年7月19日からスタート。気がつけばもう開設から10年です……。
■現在の担当番組
FM HOT893 「Weekly Hotline」 パーソナリティ
FM HOT893 「Sunday Request Line」 レポーター
FM HOT893 「Now&Know」 パーソナリティ(代打)

«
»

コメント





コメント