星竜交流プラスワン2007(その3)

プレゼンター
2007/10/7 横浜スタジアム
プレゼンター

 いよいよ明日から2013年のポストシーズン最終決戦、コナミ日本シリーズ2013が行われようとしている昨今ですが、あいにくの雨模様。元々の予定だった女子プロ野球のビクトリアシリーズも金曜日の試合は早々に中止が決定して、お給金日の今日を色々と謳歌しているような、していないような、給料日直後が給料日前だとか、そんな状況では有りますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

 とりあえず、晴耕雨読じゃないですけども、雨な日は作業を一つでも進めて行かないとと。まぁ、なにかしらやっていけば、何時の日か追い越して追い抜く日もあるんじゃないかなとか、若干の夢も見ながら。実際に追いつくまでには、観戦数を本当に絞っていかないと厳しいんだろうなぁ、なんて。正直、現状では逆立ちしても追いつかないと思います(苦笑)。

 まぁ、それはそれとして、最新はFlickr、熟成したあとの編纂は光画部でと言う形で楽しんでいただければ幸いです。たぶん、このスタイルでほぼ確定なので、何かしらでなれていただければと思いますし、オフシーズンはできるだけ更新を巻いていきたいなぁと思う今日このごろであります。
 
 
 さて、今回も再構築系エントリー。2007年10月7日に横浜スタジアムで行われた横浜ベイスターズと中日ドラゴンズの試合で見た色々をお届けしていきます。今回は試合開始前のフィールドを見て行きましょう。

 今も昔も横浜スタジアムの試合中はフィールドが中心。特に後年、石黒さんから「フィールド専用機」と評されることとなったドアラさんもフィールドで全力を魅せてくれています。先日の更新で、バズーカやらプレゼント類がボールからTシャツに変わっていて、枠の中に入れやすくなっているってのをお伝えしたと思うんですけど、2007年の絵を見ると手にはしっかりとボールが。

 手投げであればそれほど不安感は無いんですけども、妙にドヤ顔なドアラさんの顔を見て、にやりとする私でした。
 
 

※画像をクリックするとポップアップして大きく表示されます。なお、ギャラリー表示はパソコンやスマフォ、タブレットPCなどのみの対応で、一部のフィーチャーフォンで表示できる機種もあるそうですが、基本的には対応しておりません。2013/9/24の更新より、Caption付けを省略しております。これは更新速度を少しでも上げるための措置です。ご了承ください。

※今回、当時の懐かしい勢いを感じていただく、お客さんにぼかしを入れておりません。6年前の写真と言うこともあり、諸々ご容赦いただけれると幸いですが、諸処ございましたらTwitterやらメールやらコメントやらでご連絡いただけると幸いです。

 前半戦のボールプレゼントタイムとダンスコンテストのようすを一気にみていただいていますけども、6年前とは変わらない勢いがドアラさんから感じられますし、細かいネタの数々が6年という歳月を思い切り伝えているような気もします。

 序盤のプレゼントボールはそんなに個数がないんですけど、お客さんはドアラさんのボールがとりたいと大声援を送っていますけども、さすがにボールの数には限りが有りまして。ドアラさんも無いですよってのを思い切り伝えているんですけど、その伝え方が妙に可愛らしく、気持ち悪いと可愛いが同居する、ドアラさんらしい姿が如実に現れているよなぁ、なんて思いながら見ていました。
 
 
 そしてもう一方がダンスコンテスト。チアドラゴンズの皆さんはおらず、ドアラさんのみでdianaさんと魅せていく形なんですけども、基本はコラボではなく自由全開。まずは有無をいわさずレフトスタンド方向へ移動すると、当時、ドアラさんがドはまりしていた小島よしおさんのネタを見せつけていました。レフトスタンドのみなさんもそのネタをしっかりと把握していたようで、「うぇぇぇ」から「でもそんなのかんけーねー」、そして「はい、おっぱっぴー」まで完璧に併せていました(笑)。

 その後、内野方向に移動して、これまた自由に。dianaさんの動きとは一線を画する動きではあったんですけど、本当に訳の分からない動きが。ただ、妙なキレがドアラさんにはあったので、いろいろな意味で全開。むしろ、濃縮していたんじゃないかなってぐらいに全開だったので、お客さんもキャーキャーと黄色い声援で答えていたような、そんな記憶が残っています(笑)。
 
 

 五回裏のダンスコンテストを見終わり、当時は後半戦もキャラクターグリーティングが行われていたので、ホッシーさんのところへ。スタンドでの設定をそのまま、フラッシュを焚いてホッシーさんを撮ったおかげで、なにかしら飛んでしまっていたりするんですけど、これはこれで。あとは正面受付に飾ってあったみんなのサインを見て和んでいたりしました。

 皆さんは誰が誰のサインだってわかりますでしょうか。今とはタッチが違っていたり、その辺の歴史は大人の世界で飲み込んでいただきつつ、改めて見ると懐かしいなぁとしみじみ。とりあえず、書いてておくと……。
 
 
マー様|トラッキー|クラッチ兄さん
ネッピー|ジャビィ|スラ様
レオ|ハリーホーク|BB
つば先生|ドアラ|ホッシー
 
 
 上記のようなメンツ。12球団のゆかいな仲間たちが集合し始めた頃の色々なんですけど、お客さんも楽しかった以上にゆかいな仲間たちも楽しかったのかな、記録として残したかったのかな、なんて。まぁ、後年、より一層のコラボや交流がオールスターで行われることになるとは誰も思わなかったんんですけどね。夢としてはあっても、現実になるとは思ってなかったんじゃないかなぁと。

 でも、願えば思いはかならず叶う、なんてなことなのかもしれません。
 
 
 ……なんてな。((C)和久平八郎)
 
 
 そんなふれあい風景や二回目のプレゼントタイムもありつつ、回は進んでラッキーセブン。ドアラさんはひとり戦いに挑んでいく形。燃えよドラゴンズ2005~球場歌唱編が流れる中、大きなフラッグを持って登場。旗の大小は今と違うポイントだったりしますけど、たまには遠征でもダイナミックな大きなフラッグをもっての色々ってのも見たいなぁと思いました。

 ちなみにこの日はこの頃には珍しくドアラさんが失敗。今でこそ打率三割をとか、そんなレベルで推移していますけど、2007年当時とかはホント、失敗するのが珍しい状態。ちょっとうずくまっていたシーンも有りましたけど、そこから立てなおしてラッキーセブンを盛り上げていく姿はプロのドアラだよねと。

 アクロバットの失敗はあまり頻繁に見てはいけないシーン(ここ最近はホント多くなってますけど、満身創痍ですもんね……)ですけど、そう言うところからプロを感じることが出来て、このコアラさんの姿を撮って行きたいなぁと。ゆかいな仲間たちの動きにプロを感じるシーンを撮って行きたいなぁ、なんて感じていました。

 後にチアの皆さんの「プロを感じるシーン」ってのも含めて、球場エンターテイメントを見続けていきたいって形に変わるんですけど、最初のキッカケにはこういうミスをリカバリーして魅せていくシーンてのもあったりするんですよね。
 
 
 なお、この日は横浜さんサイドのこまはほぼ撮れず。エキベ~さんの脚が速いなぁとか、そんなことを見て楽しんでいました(笑)。
 
 

 さて、この日は三浦大輔投手と山本昌投手の投げ合いだったんですけど、昌さんは粘ったものの、後続が打たれ、さらに味方の援護もなく敗戦。6年後、この両先発で試合を見ていたりもするんですけど、6年前のスコアを見ると、色々とこみ上げるものが有ります(笑)。

 ここ最近はビジターサイドのチームが負けると、よっぽど攻める(笑)チームとホームサイドの許可がない限りはみんな出てこないんですけど、この頃は相当に攻めていたですし、2007年最終戦ということもあってか、ドアラさんが出てくれたんですよね。クライマックスシリーズで日本シリーズ進出を目指すところというのもあり、関東のファンへの感謝ってのもあるのかなって思いますし、シーズン最終戦だということをベイスターズサイドが慮ってってのあるのかな、なんて思いながら見ていました。

 ヒーローインタビュー中は静かにしていたドアラさんですけども、引き上げてくるブルペン陣にいじられ、シミスポさんをいじりとなにかしら楽しそうに。ヒーローインタビューが終わったあたりで、ドアラさんを待っている皆さんのところへと移動していきます。この当時の写真を今、再確認していくと、やっぱりドアラさんの人気ってのは当時大爆発してたんだなぁと。もちろん、今でも人気では有りますけど、今はもうその人気が安定してますからね。

 レフトスタンドのみなさんと小島よしおさんのネタで盛りあったあとはFBやFAのお客さんのところへ。握手をしたりサインをしたり、ゆっくりと引き上げていくのが見えています。今ではなかなかなこういう時間もとれないので、逆にこういう写真が貴重だったり。個人的に好きなのは大きなドアラさん人形(後年、ドアラさんプロデュースパートで活躍するあのサイズ(笑))をおこさんのようにあやしているシーンとドアラさんにサインを頂いている時に撮った耳毛全開の写真です。

 ドアラさん人形をおこさんのようにってのはなんか分身を大事にする動きがツボでしたし、耳毛はもうフェチ全開。当時、ドアラさん好きの皆さんに耳毛中心の写真はたいそう喜ばれたことを思い出します(笑)。 
 
 
 さて、次回は2012年の写真。次回は久々のQVCマリンフィールド模様、しかもファンが多いあのMCさんのスペシャルな夜の様子をお届けしていきます。

 ……2012年もお客さんを萌えさす気マンマンの天狗様。天狗様と天狗様に招聘されたステキな面々の熱いステージの様子、お楽しみに。
 
 

 
 

著者紹介

オサナイ タカオ観戦撮影者/コミュニティFMパーソナリティ
自身の担当番組で話すネタにと野球場に足を運んでいたら、スタジアムを盛り上げているキャラたち、そしてチアたち、
いわゆる球場エンターテイメント班のみんなの活躍に心奪われ、素敵で素晴らしいみんなの活躍を色々な人に伝えたいと
写真とテキストで綴る「Radio TRICK -光画部-」を2006年7月19日からスタート。気がつけばもう開設から10年です……。
■現在の担当番組
FM HOT893 「Weekly Hotline」 パーソナリティ
FM HOT893 「Sunday Request Line」 レポーター
FM HOT893 「Now&Know」 パーソナリティ(代打)

«
»

コメント





コメント