鴎と熊の2008年(その1)

新しい試み、きゃらくがき
2008/4/11 千葉マリンスタジアム
新しい試み、きゃらくがき

 師走という色々と忙しいさなか、平日仕事の引っ越しがあったり、休日の放送はクリスマス特番に向けて大忙しだったりする昨今でありますが、いよいよ新しい相棒であるダイハツ・コペンが日曜日にやってくるというお話になり、ドキドキとワクワクとエカエカでいっぱいな金曜日、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 実際には平日仕事の引っ越しがかなり難敵で、終わる気配すら見えない状況もあったり、土曜日が出勤扱いで掃除を行っていくとか色々とへろへろな状況だったりするんですけど、すべては納車があるからがんばれるとか、そんなことを思いつつ、何とか日曜日の提案だった納車を土曜の夜にできない物かと明日あたり交渉しないといけないなぁ、なんて思っていたりします。

 諸々のお話は週末のポッドキャストは日々の写真でお届けしていきたいと思います。諸々よろしくお願いします。
 
 
 さて、今回は再構築系エントリー。2008年4月11日に千葉マリンスタジアムで行われた千葉ロッテマリーンズと北海道日本ハムファイターズの試合で見た色々をお届けしていきます。まずは試合開始前のグリーティングの様子を見ていきたいと思います。

 ファイターズスタジアム鎌ヶ谷をある程度の時間で離脱した私は千葉県道八号線を海に向かって南下。この日の最終目的地である千葉マリンスタジアムにやってきていました。この日と翌日は北海道からB☆Bが千葉に来訪、マーくんリーンちゃんズーちゃんCOOLと何かしら魅せていく、そんなお話でありました。

 本来であれば金曜日ですしみんなの様子を見ることができませんし、土曜日はこの頃からしっかりとウィークリーホットラインのパーソナリティーを務めていたので、交流の様子を見ることができないかなと思ったんですけど、平日仕事の諸々が落ち着いていたと言うこともあり、鎌ヶ谷経由で千葉マリンスタジアムにやってきていたと、そんな塩梅でありました。

 駐車場に車を止めて、何となくステージ位置を確認。そんな中で見えてきたのはキャラクター自らが書き、この日のグリーティングや諸々の出番をしっかりと記載しているインフォメーションボード。2008年が(たしか)初出となるきゃらくがきですけども、仙台……フルキャストスタジアム宮城でもそういうインフォメーションがあり、それをうまく取り入れているのかな、なんて思いながらわかりやすい告知にグッと着ていました。

 とりあえず、この日の担当はマーくん。キャラクターごとにカラーリングがあることに気づくのはまた後のお話なんですけども、「おはヨネスケ」の出だしはマーくんなんだろうなぁと感じていた私。徐々にマーくんはかわいいだけじゃないマスコットだってことに気づいていた私ですが、この辺のきゃらくがきをみて、あの鴎は色々とおかしいなぁと感じていました(笑)。

 あと……赤いペンのりーん画伯の絵のうまさを感じ始めたのもこの日のきゃらくがきからってのをしっかりと書いていきたいと思います!
 
 

※画像をクリックするとポップアップして大きく表示されます。なお、ギャラリー表示はパソコンやスマフォ、タブレットPCなどのみの対応で、一部のフィーチャーフォンで表示できる機種もあるそうですが、基本的には対応しておりません。2013/9/24の更新より、Caption付けを省略しております。これは更新速度を少しでも上げるための措置です。ご了承ください。

※今回、当時の懐かしい勢いを感じていただく、基本お客さんにぼかしを入れておりません。5年前の写真と言うこともあり、諸々ご容赦いただけれると幸いですが、諸処ございましたらTwitterやらメールやらコメントやらでご連絡いただけると幸いです。

 この2008年からだいぶ今の撮影スタイルに近づいてきているなぁと自分で撮った写真を5年ぶりぐらいに確認しているんですけど、色々と方向性が固まり始めた、キャラのキャラをそのまま出していこうという方向に千葉ロッテマリーンズの皆さんが向かい始めていたのかなぁと写真から感じていました。まだまだポーズは手堅い(笑)ですけど、いまっぽい空気感がありますよね。

 とりあえず、リーンちゃんの登場とともにほかの面々も。マーくんにいけているポーズを撮ってもらいつつ、リーンちゃんのところへ向かったんですけど、ここでRadio Trick光画部を語る上で外せない事件が。リーンちゃんの列に並んで、今日はどんなポーズをお願いしようかなぁとか、今年から衣装が替わったんだなぁとか思いながらワクワクと待機。そしてリーンちゃんにかわいらしい、実にかわいらしいけど普通(笑)なポーズを撮ってもらった後、なぜか手を出せとアピールされていました。

 なんでしょうねとアテンドについていたM☆Splash!! のおねーさん(当時はホントに名前を覚えていなかったというか、名前がわからなかったんですよね)と顔を見合わせつつ、リーンちゃんは私が差し出した手にある三文字を書いてくれます。その文字は単純明快だったんですけど、すぐにはわからなかったんです。その文字は……。

「ラ」
「イ」
「ナ」

 ……ライナ。

 この三文字ですべてを悟り、膝から崩れ落ちていた私。その様子を見ながらプンスコしながら楽しそうにしていたのがリーンちゃん。あんたは鴎派なんだから、あたしをいっぱい撮りなさいよね!!!! という、今も変わらぬアピールなんですけども(笑)、この頃は本気でびびっていました。放送の色々でまれに顔出しはしていましたけど、基本ばれていないはず。デジイチを持ってみんなを撮っていましたけど、そこまで珍しいことを……当時としては珍しかったのかもしれません。

 とりあえず、諸々を総合すると、リーンちゃんはしっかりと高坂SAでのライナさんやレオさんの様子を見てくださっていたようで、なんでライナばっかりなのよ!! というお怒りだったんです。諸々を悟った私はこの時点でリーンちゃんのこぶん、リーンちゃんをおやびんとして遊んでいこうと思っていました(笑)。

 そのほか、マーくんが前年まで使われていたブルペンカー付近でグリーティングを開始。ブルペンカーに乗りながらサインをしているとか、妙に器用なところを見せつけていました。
 
 

 マーくんの姿を撮っていた頃、ステージではTEAM26向けサイン会の準備が進んでいたんですけど、そのテーブルにリーンちゃんがちゃっかり座っていました。妙にしっくり来ていたんですけど、残念ながらリーンちゃんのサイン会ではなく、この年からリーンちゃんと共に衣装が替わった、後に愛称が熱帯魚だったことを知るあのカラフルな衣装から今も健在な赤い衣装に替わったこなつおねーさんがさっくりツッコミを入れていました。

 のちに希代のマスコット使いと称されるようになるこなつおねーさんのヤングな頃。この頃はまだ自身プロデュースのステージが行われるように(2014年は復活楽しみにしてます)なるとは思っていなかった、まだまだ若手感漂う、きれいよりかわいいが前に来るような、そんな雰囲気が。5年前ですから、ただただ懐かしいと思ったりもしますけど、リーンちゃんとのやりとりはこの頃から完璧でありました(笑)。

 とりあえず、リーンちゃんのサイン会じゃないです……と言われた後のへこみっぷりがものすごくかわいらしかったですし、もちろんステージのスケジュールを把握した上でのボケだったんですけど、こなつおねーさんがリーンちゃんをうまく使い、リーンちゃんもこなつおねーさんにしっかりとのっかり、息ぴったりなところを魅せていました。

 この時までもこのふたりが好きでしたけど、このシーンでさらに好きなったような、そんなオモヒデがあります。ホントですよ。信じてくれないでしょうけど(苦笑)。
 
 

 マーくんが引き続きブルペンカー二乗りながら撮影しているのを確認しつつ、マリーンズミュージアム方向から帰ってきたズーちゃんをぱちり。この時一緒に着いていたのは、後に色々とぼける踊るツッコむ魅せると本当に楽しませてもらった、M☆Splash!! バラエティ班の片翼、ひとちゃん(ひとみちゃん。現在はMDA講師兼任コーチ補佐)であります。今はもう(しゃべらなければ(笑))大人の女性って感じがしますけども、この頃はもう若さあふれる……とか書いていると、あとで怒られるような気もします(笑)。

 マーくんのグリーティング風景やカメラ大好きなズーちゃんの姿をとりつつもやっぱり気になるのはリーンちゃんの姿。この年から現行の衣装に替わっているんですけど、この衣装がホントにリーンちゃんにぴったりきていまして。マリーンズファンだけではなく、ファイターズファンの皆さんにも本当に大人気だったんです。しかもすごいなぁって思ったのが、男子人気と同じぐらいに女子人気が高かったんですよね。

 ポーズをつけているリーンちゃんのカット数がとても多いと言うことが私の衝撃を表していると感じていただきたいんですけども、ポージングのうまさとか、端々にあふれtる女子以上の女子らしさとか、リーンちゃんのかわいいところ、すてきなところをもっともっと撮りたいって素直に思ったんですよね。その思いが写真に乗っかっているとうれしいんですけど、その思いを汲んだ上でひどいあつかい(笑)をしてくるリーンちゃんはマジでツンデレだと思う2013年の初冬であります(笑)。

 このセクションでの注目はリーンちゃんのバッグ。まだいわゆるリーンちゃんバッグの完成を見る前の写真なので、本当にリーンちゃんが手作りしたバッグを装備していたんですよね。この頃のリーンちゃんバッグについているアクセサリーが現在のバッグにも着いてい足りもするんですけど、是非2014年、どの辺のアクセサリーがこの頃からしっかりと受け継がれているかっているのを確認するのも楽しいと思います。

 とりあえず、ぱっと見でわかるのはひこねのよいにゃんこ、ひこにゃんのアクセサリー。それ以外にもちらほらあったりするので、是非チェックを(笑)。
 
 

 ズーちゃんとひとちゃんが普通にステージを見ているとか、そんなレベルのお客さんだった頃な写真を見つつ、ブルペンカー付近でグリーティングをしていたマーくんのところへ。構図を考えると、いいあんばいの絵が撮れるかなって思いを頭に描きつつ待機。グータッチをするときもハンドルを離さないマーくんの姿に貫禄というか、こだわりを感じていました(笑)。

 そして改めて意図をマーくんに伝え、マーくんもその意図を理解。「千葉マリンスタジアム」表示をバックにプルペンカーに乗ったかっこいいマーくんの姿って形でお願いしていたんですけど、1stカットは実にかっこいい感じ、ある意味でオフィシャルっぽい……そう言い切るには「マーくん」と言うよりも「マー様」っぽい色が出ていたような気もしますが、いい塩梅のコマが撮れていました。

 そして……最後にシャラランとエアロン毛をふんわりしている姿をとって、この鴎のただものではないところ、ゆかいなところを感じ始めていましたし、おそらくマー様の方もサンボマスター山口さんに似た(とマー様がこの頃名前を知らなかった私をさして言ってたと後に白状(笑))こいつはなんだか楽しいかもしれない、なんて感じ始めていたのかもしれません。
 
 
 マーくんにいい塩梅のポーズをいただいた後、引き上げてくるCOOLさんを発見。鴎の球場エンターテイメント班の中でアクロバットを担うCOOLさんはかなりの猫背と言うことを感じたりしつつ、かっこいいんだかよくないんだかわからないポーズを。この辺はもうCOOLさんらしいと今でこそ思うんですけど、当時はものすごくオンとオフがあるんだなぁとちょっと笑っていました。

 そして……COOLさんについていたBLACK☆Splash!! は美菜子先生(ひとみちゃんと同様、現在はMDA講師兼任コーチ補佐)が。今でこそ、あ! と思うんですけど、この頃はほんっっっと、M☆Splash!! の皆さんを「M☆Splash!! のみなさん」としか認識していなくて、改めてもったいないことをしているなぁと5年後に思っております(笑)。
 
 
 さて、次回は大人も子供も楽しめる楽しいステージの様子を見ていくことにしましょう。
 
 

 
 

著者紹介

オサナイ タカオ観戦撮影者/コミュニティFMパーソナリティ
自身の担当番組で話すネタにと野球場に足を運んでいたら、スタジアムを盛り上げているキャラたち、そしてチアたち、
いわゆる球場エンターテイメント班のみんなの活躍に心奪われ、素敵で素晴らしいみんなの活躍を色々な人に伝えたいと
写真とテキストで綴る「Radio TRICK -光画部-」を2006年7月19日からスタート。気がつけばもう開設から10年です……。
■現在の担当番組
FM HOT893 「Weekly Hotline」 パーソナリティ
FM HOT893 「Sunday Request Line」 レポーター
FM HOT893 「Now&Know」 パーソナリティ(代打)

«
»

コメント





コメント