初めての竜ファン感(その3)

まだまだ続くフィールドでのアクト
2012/11/24 ナゴヤドーム
まだまだ続くフィールドでのアクト’

 今年は消費税率引き上げ直前ということもあるのか、3月の忙しさが例年以上。色々な意味で週頭からヘロヘロになっているものの、なんとかこなしていかないと、開幕後の生活に支障が出てしまうので、なにかしら気合を入れて頑張っている昨今でありますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 とりあえず、年度末を乗り切ればきっと何かしら楽になると信じつつ、目先の予定の確保などを。上長に24日は休む予定ですのでとか、そんな話を打診していたり……。今年は指定席なので、大急ぎで行くこともないかなとは思うんですけど、終わったあとで仲間内で打ち上げはあるでしょうし……と、今からワクワクだったりしております。

 ただまぁ……目先にある山積みのお仕事を何とかしなくちゃ、なんですけどね(苦笑)。
 
 
 さて、今回も2012のエントリー。2012年11月24日にナゴヤドームで行われた中日ドラゴンズファン感謝デーで見た色々をお届けしていきます。今回はファン感謝デーのオープニングを飾ったD-STAGE2012 フィールド版の後編をお届けしていきます。

 フィールド中央ではチアドラゴンズの皆さんがバキッとしたアクトを披露し、シャオさんとパオさんが脇を固め、ドアラさんが両サイドに設置されたお立ち台で自由にやっていくスタイルで進行していたファン感謝デーのオープニングアクト。皆さんの勢いは素晴らしいんですけども、どうしても加藤ドアラさんやドアラ・インティライミさんが気になってしまい、そちらの方を多めに撮っていたりしました。

 「Heart Beat /加藤ミリヤ」「Take me out to the ball game/Captain Jack」「カーニバる? (Album ver.)/ナオト・インティライミ」と続いてきたステージですけども、そんな自由なドアラさんもメインでやらざるを得ない、そんな楽曲が聞こえてきました。

 そう、続いて聞こえてきたのは先生のテーマでもある「ドアラのマーチ(スタジアムVer.)/ダイヤモンド☆ユカイ」でありました。
 
 

※画像をクリックするとポップアップして大きく表示されます。なお、ギャラリー表示はパソコンやスマフォ、タブレットPCなどのみの対応で、一部のフィーチャーフォンで表示できる機種もあるそうですが、基本的には対応しておりません。2013/9/24の更新より、Caption付けを省略しております。これは更新速度を少しでも上げるための措置です。ご了承ください。

 ドアラさん自身がテーマになっている「ドアラのマーチ(スタジアムVer.)/ダイヤモンド☆ユカイ」が流れているフィールド。この曲の時は何となくなんですけど、みんなより一層の笑顔になっているような気がするんですよね。チアさん達と笑顔ってのは切っても切れませんけど、ちょっと増して感じるのは、この曲の持ってるなにかしらなんだと思います。

 一応ドアラさんの曲なので、お立ち台ではなく、前の方に出張っていたようなんですけど、フルメンバーで踊る「ドアラのマーチ」のフロントで躍動する姿はホントに圧巻。挙動はアレでも、さすがは冠名の付いた楽曲といった感じの雰囲気を全開にしていました。

 とりあえず、動きの一つ一つに昭和芸人を感じる私でした(笑)。
 
 

 いつものD-STAGEとはちょっと違う構成で進行していくフィールド。曲順が違うと結構新鮮な印象を受けるんですけども、「ドアラのマーチ(スタジアムVer.)/ダイヤモンド☆ユカイ」に続いて聞こえてきたのは、通常だと序盤に来ることが多い「無条件ハッピーエンド (Stick Wit’ U)/Girls’ Generation」でした。

 シャオさんとパオさんがチアドラゴンズの皆さんと可愛らしく踊っていくのが「無条件ハッピーエンド (Stick Wit’ U)/Girls’ Generation」のイメージなんですけども、ドアラさんもなにかしら参加しての動き。いつもは参加していない楽曲なので、挙動不信感が増幅するというか、ドアラさんなりの解釈で踊っていく姿が非常に楽しく、ドアラさんの挙動に負けずに踊っているチアドラゴンズのメンバーにもグッと来ておりました。まじめに踊っている目の前で同じような挙動をしてたら、笑顔じゃなくて笑いますよね、ホント(笑)。

 とりあえず、普段は真正面から見ることが多かった「無条件ハッピーエンド (Stick Wit’ U)/Girls’ Generation」ですけど、角度を少し変えるだけ、バックステージが無いというだけでも受ける印象がだいぶ違うんだなぁと自分の撮った写真を見て思いました。

 なお、自由にやっていたドアラさんですけども、仕込む余地がなかったのか、この後にチャージしていたのか後半は警備警戒に。それはそれとして、フルメンバーでのキメにグッと来ていました。
 
 

 中日ドラゴンズの球場エンターテイメント班のみのパートからスペシャルゲストとのコラボステージに移行していくフィールド。開幕前に諸々セッティングしていましたし、DJ機材にしっかりとユニット名が入っているので、シークレットゲスト(誰もがみんな知っている)と言う、2011年のオールスター(名古屋)を思い出す雰囲気で、nobodyknows+さん達が登場してきました。

 ここからはコラボと言うことで、D-STAGEでも使われた「ココロオドル/nobodyknows+」を。ライブとダンスとでものすごく豪華なことになっていたんですけど、いつものステージで見たコラボとはやっぱり違うなぁと。会わせる方は大変だと思うんですけど、見ている方はその豪華さとかライブならではの勢いだとかが思い切り伝わってきていたので、正直、皆さんの勢いに圧倒されていました。

 「ココロオドル」は野球だなんだってよりも前から放送で普通に使っていましたし、その音を生で体感できるのはホントに贅沢な話で。しかも、エンジンが全開になっているドアラさんの勢いってのが本当にものすごく、漫☆画次郎さん(現・ちびまるおさん)やcrystal boyさんが若干笑ってしまっているのが印象的ですけど、流石パフォーマー、しっかりと合わせてお互いにいいところをお客さんに見せつけていました(笑)。

 このセクションをトータルで見て、一番印象に残っているのは「Enjoy!」の歌詞のところでドアラさんがぴょんと飛んでいるところでしょうか。タイミングだけはばっちりだったので、妙なおかしさがファインダー越しに伝わってきていました。シャオさんとパオさんは格好良さが前に出ていたんですけど、このコアラはどうしてこうなるのかが分からないぐらいにハイテンションだってのは伝わってきていました。とりあえず、(褒め言葉として)その動きの意味は訳が分かりませんでしたが、時折格好良く見えるときもあって、この辺は流石のドアラさんだと思いました。

 演出上仕方ないとは言え、ちょっと寂しかったのはコラボとはいえ、バックで盛り上げるスタイルをとっていたチアドラゴンズの皆さんには照明があまりあたっていなかったこと、でしょうか。ISO感度を強引に上げて、何とか撮っていたりもしましたけど、これはこれで雰囲気出てますけど、せっかくですし、なんて思いました。
 
 
 あ、そうそう。全体を通して、ではあるんですけど、アクト中、ドアラさんは落ちたポムの端切れを熱心に拾っていまして。地味ながら裏方気質が全開になっているなぁ、なんて思いながら撮っていました(笑)。
 
 

 「ココロオドル/nobodyknows+」の後、ナゴヤドームの照明がとんと落ちて、漆黒の闇に。高感度耐性に勝るフラッグシップ機(発売時)の実力を確認しつつ、こうなってしまうともうどうしようもないかな、なんてさじを投げかけたところで聞こえてきたのはこの年のチアドラゴンズのテーマ曲であり、オープニングアクト曲である「Join us/nobodyknows+」でありました。

 とりあえず、ピンスポの中で浮かび上がる皆さんを何とか押さえつつとか、色々な意味でギャンブル全開。立ち位置でゆまちゃんが撮れたりしていましたが、撮れ高的にはやはりnobodyknows+さん達と一緒にいたドアラさんが一番多かった、なんて形で終始していました。

 ただまぁ……光源の状態でドアラさんがちょっと怖く写ってしまっていたり。これはこれで思い出ですけど、若干トラウマになるような、そんな気もします(笑)。
 
 
 てなわけで、コラボでのアクトも含めたオープニングはここまで。次回は選手入場時の燃えドラから選手バトルのあたりまでを見て行くことにしましょう。
 
 

 
 

著者紹介

オサナイ タカオ観戦撮影者/コミュニティFMパーソナリティ
自身の担当番組で話すネタにと野球場に足を運んでいたら、スタジアムを盛り上げているキャラたち、そしてチアたち、
いわゆる球場エンターテイメント班のみんなの活躍に心奪われ、素敵で素晴らしいみんなの活躍を色々な人に伝えたいと
写真とテキストで綴る「Radio TRICK -光画部-」を2006年7月19日からスタート。気がつけばもう開設から10年です……。
■現在の担当番組
FM HOT893 「Weekly Hotline」 パーソナリティ
FM HOT893 「Sunday Request Line」 レポーター
FM HOT893 「Now&Know」 パーソナリティ(代打)

«
»

コメント





コメント