負けられない闘い2008(その6)

夜の世界はGuys☆Bが主役
2008/6/4 千葉マリンスタジアム(現・QVCマリンフィールド)
夜の世界はGuys☆Bが主役

 ここのところ「忙しい」としか前枠で書いていないような気がするんですけども、実際問題、本当に半端ない忙しさで目が回る状態で、やってもやっても仕事が終わらないとか、そんな状態な月曜。東京ヤクルトスワローズの球団マスコット、燕太郎さんをめぐる色々になんかこう……なんだかなーと言う、そんな気持ちでいっぱいな昨今でありますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 キャラの進退を、なんてことを考えると、あまりにもあまりにもな状態のまま現在までやってきているとお客さんとしたら思うんですけども、その程度にしか考えていないととられてしまっても仕方ないのかな、なんて思うわけで。燕太郎さんが云々と言うよりも、燕太郎さんを生かし切れなかったってのがものすごく残念としか言いようが無く。

 せめて正式なところで発表して欲しいと思いますし、新聞報道だけで公式発表がないなら、いつまででも待っているしかないわけで。いかんともしがたい現実にホント歯がゆさだけが募ります。ホント、もったいないですし、もっともっとやりようはあったんじゃないの、なんて外野は思います。
 
 
 さて、今回も再構築系エントリー。2008年6月4日と5日に千葉マリンスタジアム(現・QVCマリンフィールド)で行われたセ・パ交流戦、千葉ロッテマリーンズと中日ドラゴンズの試合で見た色々をお届けしていきます。今回は試合終了後に行われたアフターゲームショー、「Guys☆B Feat. DJドアラ With チアドラゴンズ スペシャルショーケース どえりゃーen-Chaun」の様子を見て行きましょう。

 ここ数年の実績ですと、初日の夜はキャラクターバラエティステージとなる事が多い負けられない闘いですけども、2008年は当時「Guys☆B」と言うユニットを組んでいた(笑)、ズーちゃんとCOOLさんのステージをベースに大いにプラスしてのアフターゲームショーでした。

 さらに個々にぶつけてきたかと言うのが飛ぶ鳥を落とす勢いだったドアラさんがDJデビューした、なんてネタの発表も。DJドアラという……当時から今でも見続けている皆さんはCDが手元にあるんじゃないかな、なんて思う訳なんですけども、色々な意味で濃い夜が展開していました。

 ……が、このDJドアラデビューイベントでもある「Guys☆B Feat. DJドアラ With チアドラゴンズ スペシャルショーケース どえりゃーen-Chaun」の様子のほとんど、二次ヒロインに登場したズレータ選手の写真も含めてなんですけど、元データをロストしていまして……。

 データ転送時のミスなんですけども、この時の戒めでデータ転送には細心の注意を払うようになったんですけども、そこから4年後、もっと酷いこととなるとは思いませんでした(苦笑)。
 
 

※画像をクリックするとポップアップして大きく表示されます。なお、ギャラリー表示はパソコンやスマフォ、タブレットPCなどのみの対応で、一部のフィーチャーフォンで表示できる機種もあるそうですが、基本的には対応しておりません。2013/9/24の更新より、Caption付けを省略しております。これは更新速度を少しでも上げるための措置です。ご了承ください。

※今回、当時の懐かしい勢いを感じていただく、基本お客さんにぼかしを入れておりません。6年前の写真と言うこともあり、諸々ご容赦いただけれると幸いですが、諸処ございましたらTwitterやらメールやらコメントやらでご連絡いただけると幸いです。

 とりあえずロストしてしまったデータですけども、ロスト前に旧光画部での更新を終えていた部分があるので、今回はそれをサルベージしつつ再構成を。序盤はGuys☆Bのショーケースと言うこともあって、普段とは違う出で立ちのズーちゃんとCOOLさんが登場。M☆Splash!! の皆さんもBLACK☆Splash!! の衣装に身を包み、どちらかと言えば大人向けのショーを演出していたのかな、なんて思います。

 ぱっと見でも美菜子先生やひとちゃん、あいちゃんにゆきちと後の手練衆がすでにパンと一線を貼っているのがグッと来ますけども、惜しむらくはこの頃ブートレグ音源を録音していないんですよね。当時は聞き取り、直後になんだけってやっていた訳なんですけども、再構築で困ると言うことが今になってあります(苦笑)。Guys☆Bのステージなので……と、当時のエントリーに曲目情報がないので分からず。、当時のデータを持ってらっしゃる方がいましたら、是非教えていただければと思います(笑)。

 Guys☆Bに続いて登場したマー様がブルーマックス革手をギュギュッと。やる気あふれる動きにオーディエンス一同どよめいたものの、そのままフェードアウト。お客さんを綺麗にスカしていたり、今に通じるらしさが出ていたりするんですけども、その直後のドラゴンズサイドの攻撃、「Love & Joy/木村由姫」ではシレッとシャオさんやパオさん、チアドラゴンズの皆さんに混じってある程度しっかりと。後年、ドアラさんの操り人形と化す前の貴重な一コマであります。

 そして……ステージ上にはDJ機材がセッティングされ……って、これ、ドアラさんのってよりも鴎。むしろDJメジーの機材じゃないかな、なんて今にして思うんですけども(笑)、ジャケット写真にも使われたB-BOYっぽい出で立ちのドアラさんがDJ機材の前に立ち、いよいよDJドアラのデビューステージが敢行されます。

 今にして思えば、色々とドアラさんバブルの象徴のような気もしますけど(笑)、ドアラさんがミックスしたわけでもと言うより、ドアラさんがDJというわけではなく……と、非常に曖昧な状況説明になってしまうんですけども、音に合わせて即興で模索しつつ、明らかに追い込まれているドアラさんの姿は貴重でしたし、ものすごくグッと来たんですけども、ドアラさんはある意味追い込まれて花が咲くのかな、なんてNO PLANの曲のように感じる私でした。

 そんな追い込まれていたDJドアラさんですけども、それだけで鴎たちが終わらすわけもなく、DJドアラに合流したのはマーくんとリーンちゃん。後に体感するマー様ナイトの香りも漂う感じで交流戦らしいコラボで魅せてくれたのはいまだにヒョイッと選曲することがある「DOPAMINE/m-flo loves EMYLI & Diggy-MO’」であります。1DJドアラ、1MCマー、1ボーカルという編成だったので、d-flo loves Rine & MARだったのかな、なんて思いますけど、この時のアクトがものすっごく好きで。データロストに気づいて一番がっかりしたのがこのセクションの生データが無くなってしまったという事実、だったりします。
 
 
 d-flo loves Rine & MARのアクトに続いてはブートレグ音源が無くてもドアラさんの挙動でなんの曲をやっていたか分かると言う。試合開始前のステージの様子でも見ていただいた「You Can’t Stop The Beat/Hair Spray Cast」なんですけども、DJドアラの衣装でも動きはいつも通り。アフターゲームショーでいつも以上のテンションでしたけども、十二分にらしさが出ていたと思います(笑)。
 
 

 ここからはデータが残っていたので、改めて再構築を。先ほど革手袋で気合いを魅せてくれたマーくんがバラエティ班たちと挑んでいたのは……おぼろげなキオクだと「Step and Go/嵐」かなと思うんです。もしかしたら違うかもなんですが、編成メンバーの数とか、当時の音を考えるとこのあたりかな、なんて思うんですけども、どうでしょうか。

 マーくんたちに続いてはGuys☆Bが登場。このセクションと出だしのセクションのどちらかは「COCODA/BIGGA RAIJI」あたりかな、なんて思うんですけど、これまたデータがないので(苦笑)。それにしても、Guys☆Bのおふたりは後年、マー様ナイトではっちゃけるまではこの時ぐらいしか違う衣装で出ていないので、ホントに新鮮に見えますし、おふたりともしっかりとそういう系のブラザーに見えるのが凄いですよね。
 
 

 楽しい時間はあっという間。今の勢いで撮っていれば、「Guys☆B Feat. DJドアラ With チアドラゴンズ スペシャルショーケース どえりゃーen-Chaun」だけでも数エントリー行きそうですけども、この頃はメディア容量もあって、相当絞って撮っていた様子。あとはカメラと撮影者がアフターゲームショー慣れしていなくて、ポイントが掴めていなかったり、なんて形なんですけども、それはともかくエンディングは現在ではオールエンディング曲としてスペシャルなときに使うような、そんな楽曲である「Starlight Destiny/SOUL’d OUTSOUL’d OUT」が流れてきていました。

 近年では最後の最後以外はキャラクターたちが出てくることはなく、M☆Splash!! とチアドラゴンズの面々だけが踊っていく形なんですけども、この日はのっけからマーくんとドアラさんが出ずっぱりでバキッと合わせてくる両チームのチアさんと共に魅せていました。

 エアマイクを使ったアクトと言えば、現在ではマー様ナイトでお馴染みの光景ですけども、マーくんとドアラさんが魅せてくれたこの時の「Starlight Destiny/SOUL’d OUT」も中々。基本自由ですし、SOUL’d OUTというよりは、どこぞのアイドルかって勢いだったんですけども、後に発覚するマー様の嗜好を考えれば納得ですし、ドアラさんがマイクを持つと水木の兄貴になるか昭和アイドルになるかなので、これまた納得だったりします(笑)。
 
 
 とりあえず「Starlight Destiny/SOUL’d OUTSOUL’d OUT」でコラボを魅せてくれているメンバーを見ると、後の手練衆だらけでグッと来る私。この頃はホント。ぜんっっぜん名前も分からずに見ていたなぁと思いますし、名前が分かってそのアクトを見始めると、また違って見えるものだなぁ、なんて改めて感じました。
 
 

 「Starlight Destiny/SOUL’d OUTSOUL’d OUT」が終わると、ホントに舞台がはねた、なんて感じるんですけども、よくよく考えると翌日もあるわけで。それはそれとして、前年からの流れとして中日ドラゴンズの石黒さんからお客さんに向けてメッセージが。

 2013年のステージでの挨拶と比べると、この頃のご挨拶は初々しさがあったなぁと思うんですが、正式発表こそほとんど無いものの(笑)、2014年1月のトークショーやラジオを聞いていると、どうやらMIKさんはシャオパオドアラさんやチアドラゴンズの面々の色々からはちょっと離れてしまったのかな、なんて感じるんですけども。テンション上がっているシーンとかものすごくグッと来たなぁ、なんてことをしみじみと思い出したりしていました。

 石黒さんのご挨拶に続いてはコリオグラファーのミサオ先生のご挨拶も。今では結構スタッフさんもご挨拶に登壇したりってことがままありますけども、この時はホントに珍しく。厳しい練習を越えたところにある何かを掴んでいたみんなへの言葉がものすごく暖かかったのを覚えています。

 ご挨拶の後はキャラクター紹介があり、マーくんリーンちゃんズーちゃんCOOLさんシャオさんパオさんドアラさんと紹介されていくんですけども、マイクを持っているマーくんの小指が立っていないことに驚きを隠せなかったり(笑)、リーンちゃんはこの頃から完璧だったり、ズーちゃんとCOOLさんのブラザー感が素敵だったり、シャオさんが(後に見えるいたずらっ子ぽさが隠れた状態で(笑))紳士だったり、パオさんがもちもちだったりと、今に通じる色々がある中、若手感残るドアラさんがトンボからダイノジと、今から考えるとおしりが心配になるような激しさで攻めていたりしていました(笑)。

 最後は記念撮影で締めくくり。最初は「Guys☆B Feat. DJドアラ With チアドラゴンズ スペシャルショーケース どえりゃーen-Chaun」登場メンバーだけだったんですけども、最終的にはこの日登場していたM☆Splash!! も全員登壇して記念撮影が行われていました。

 すべてが終わり、チアの皆さん、そしてキャラの皆さんが撤収。リーンちゃんとパオさんの仲の良さが際立つ中、沢山のオーディエンスにシメのアクロバットを要求されていたドアラさん。しっかりとオーディエンスを盛り上げ、この頃にはお馴染みとなっていた「1・2・3 ドアラー!」と言うかけ声と共にバク転を決めていました。
 
 
 さて、次回はこの日の翌日の様子を、試合中のフィールドの様子から見ていくことにしましょう。
 
 

 
 

著者紹介

オサナイ タカオ観戦撮影者/コミュニティFMパーソナリティ
自身の担当番組で話すネタにと野球場に足を運んでいたら、スタジアムを盛り上げているキャラたち、そしてチアたち、
いわゆる球場エンターテイメント班のみんなの活躍に心奪われ、素敵で素晴らしいみんなの活躍を色々な人に伝えたいと
写真とテキストで綴る「Radio TRICK -光画部-」を2006年7月19日からスタート。気がつけばもう開設から10年です……。
■現在の担当番組
FM HOT893 「Weekly Hotline」 パーソナリティ
FM HOT893 「Sunday Request Line」 レポーター
FM HOT893 「Now&Know」 パーソナリティ(代打)

«
»

コメント





コメント