お江戸の熊様2008(7月)(その2)

なに? 終電逃したの?
2008/7/16 東京ドーム
なに? 終電逃したの?

 明日からはインターリーグ、日本生命セ・パ交流戦のスタート。世間様的にはマンネリだと言われたり、交流日程を見ていると多少縮小傾向が見えてきてしまい、色々と寂しい気持ちになっていたりしますけども、それはそれとして、普段はない対戦やDHの状況の差など、楽しむポイントは結構あるんじゃないかなぁ、なんて思う昨今でありますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 毎年恒例の選手間ライバル宣言を見て楽しんだり、様々な交流戦グッズを見て、あれがほしいこれがほしいと財布の紐が緩んだり、プロ野球をひっくるめて楽しんでいる人には本当にワクワクな期間、なんですよね。

 とりあえず、まずはパシフィック・リーグの本拠地から開幕する今年の交流戦。パシフィック・リーグのスタジアムなので、DHが使えないという形で進行するんですけども、強打者ピッチャーの爆誕を楽しみにしてしまう私。色々と魅せ方の差なんかも楽しんでいきたいですね。
 
 
さて、今回は再構築系エントリー。2008年7月15日から17日にかけて東京ドームで行われた北海道日本ハムファイターズと東北楽天ゴールデンイーグルスとの試合で見た色々をお届けしていきます。今回は16日の様子をお届けしていきます。

 終電を見事に逃し、海老名からタクシーで帰宅していた私。翌日も東京ドームで北海道日本ハムファイターズ主催試合があると言うことで、ほいほいと向かっていた訳なんですけど、この日は珍しく前半戦のグリーティングと入場がかち合うような展開に。

 ぎりぎりで帰ったことはB・Bもアテンドさんも御存知だったと言う事もあり、会うなり速攻で「綺麗に逃しました!!」と元気よく応えたところ、この回答がとても楽しかったらしく、手を叩いて喜んでいたB・Bとアテンドさんが。B様はなんか言いふらそうとしていましたし、アテンドさんも「(終電)大丈夫でした?」と聞いている割には笑っていたりで(苦笑)。

 なんとなく、B様との関連性が完成されたというか……。いじる熊といじられるオサナイというそんな図式が完成されたというか……。
 
 
 まぁ、いじってもいいお客さんってのに気づかれてしまったんでしょうね、きっと(笑)。
 
 

※画像をクリックするとポップアップして大きく表示されます。なお、ギャラリー表示はパソコンやスマフォ、タブレットPCなどのみの対応で、一部のフィーチャーフォンで表示できる機種もあるそうですが、基本的には対応しておりません。2013/9/24の更新より、Caption付けを省略しております。これは更新速度を少しでも上げるための措置です。ご了承ください。

※今回、当時の懐かしい勢いを感じていただく、基本お客さんにぼかしを入れておりません。6年前の写真と言うこともあり、諸々ご容赦いただけれると幸いですが、諸処ございましたらTwitterやらメールやらコメントやらでご連絡いただけると幸いです。

 終電を逃したオサナイを指さし、ものすごく楽しそうにしていたB・Bですけど、グリーティング風景を横で見ていると、自分の担当する中継にも生かせるよなぁと言う、そんなやりとりがお客さんと。まだこの頃は向こう側の皆さんに小さい箱ながらラジオで色々担当している人だと言うことがバレていなかった頃なんだと思うんですけど(笑)、色々を見ながら自分の糧にしていたんですよね。

 ただし、撮る写真はゴミ箱を漁っている写真……って、これは今も昔も変わりませんね。人里に降りてきた熊なんざ、こんなもんです(笑)。
 
 
 B・Bが引き上げていった後の5回裏はY.M.C.A.の時間。大きく流れは変わりません。B様がライトスタンドまで走り、中盤以降はファイターズガール(東京)を含むスタッフ陣がY.M.C.A.をしっかりと踊っていくと言うパターンは変わりなかったんですけど、唯一というか、大きく違っていたのはB様の出で立ちであります。

 この日のY.M.C.A.でB様は大きめのキャップをかぶっていまして。今でもウェルカムグリーティングの時にかぶっているキャップと同じものだと思うんですけど、この時はそのキャップをかぶっての登場でした。ものすごく珍しいなぁと思いながら撮っていたんですけど、なにかしら見覚えがあったのも事実。どこで見たっけかなぁ……と思い出して、ニヤリ。この年はカビーさんがくまエステに行った年なんですけど、そのときにキャップも新調したらしく、旧のキャップはB様が引き取った、いわゆるおあがりだったっぽいんですけど、嬉しそうにかぶって踊っていました。

 とりあえず、内野に戻る際、ボールボーイのおにーさんとキャップの交換をして遊んでいたり、最初っから有効に使っていたようです(笑)。
 
 

 ラッキーセブンの流れ、この日も前回り前転。全力疾走からの前回り前転は格好いいなぁって思うんですけども、これをいかにバキッと撮るかってのを頭の中に描きつつ、スタンドで盛り上がる皆さんを手間に、一体となっている風で撮るのがこの頃好きだったようです(笑)。

 引き上げるシーンなどもしっかりと押さえつつ、おトイレ休憩。今はもう無くなってしまったんですけど、前売り券売り場の所に登場した頃のB・Bの絵が残っていたのも当時。お米の国のデザインは凄いなぁって思いますけど、B様を明確に認識した高崎記念(マスコット対抗(レオとバフィ不参加)。ダート100m)での活躍はこの頃のお顔。なもんで、この頃がなければ、B様への記憶もゆかいな仲間たちへの興味もあまり湧かなかっただろうなぁと思うわけで。なので、その辺の絡みで撮っていたんだろうなぁと言う、とってつけたようなことを書いておこうと思います(笑)。

 なお、この日のスイングスイングはセンター・バックスクリーン際。フェンスを乗り越える尻を見ながらw、動線を考えて見に行ったら、全力疾走でホームベース方向へ戻る熊が。スイングスイングの時間帯だと1点差の状態だったので、逆転の可能性もあったので、出番を考えると大急ぎで戻らないと行けなかったんでしょうね。

 この辺の運用の変化を見ていくのも結構楽しかったり。そういったあたりもアーカイブとして残せていったら、たのしいよねって事で、光画部の色々は続いております。
 
 
 なお、試合は2-5で登録楽天ゴールデンイーグルスの勝利。当時のスコアを見ると、色々と感慨深い物がありますね。
 
 

 さて、試合終了後は原付が海老名においてある安心感とかもありつつ(苦笑)、22ゲート前のサンクスグリーティングへ。時間的な部分とか、様々な制約無ければ、基本フリーダムにグリーティングをやりたい派だったB様なので、この頃のゆるい感じが実は性に合ってるのかな、なんて感じながら当時の写真を再選定していました。今はゆかいな仲間たちへの注目が高まっていることなどもあり、中々難しいと思うんですけど、当時は結構フリーダムでした(笑)。

 この時、B様が着ていたのはユニフォームではなく「PUMA」のパロディTシャツ「KUMA」でありました。関東では中々見ない怪しげなTシャツにどこで売ってるのよ、そういうTシャツは! なんて声が。後年、新千歳空港や札幌市内のお土産販売所にこの手のTシャツが大量にあるのを見て、ただただ笑っていたんですけども、この年のB様はこの手のTシャツネタが大好きだったようで、この後も同様のネタが多数出てきます(笑)。

 Tシャツを見せつけていった後、当時のアテンドさんとの2ショットをお願いされていたB様が。あまり一緒にってのは今も昔もないんですけど、この時はふたりで……って、思い切り足を踏んでるところがらしさ全開だったのかなぁ、なんて思います(笑)。

 その後も身体能力の高さを見せつけたり、Tシャツを自慢したり、思い切りカメラに指を差してきたり、Tシャツを自慢したり、格好いいポーズでお馴染みの鼻ほじりをしていたり、Tシャツを自慢したり、謎のプレッシャーをかけてきたり、Tシャツを自慢したりと大騒ぎでした。

 ちなみにラストカットの後、みんなでまったりと引き上げていく最中、前年に読売ジャイアンツへFA移籍していた小笠原道大選手(現・中日ドラゴンズ)の写真を見つけて、まだしっかり応援しているんだよ的なポーズを魅せていたかと思えば、当時色々と騒がれていた某選手の背番号を指で表し、どこにあると捜していまして……。

 みんなきょとんとする中、何となく伝わっていた私はなにかしらの単語単語を出して、B様がうなずき、皆さんはいはいはい、なんて納得していたりとか。非公式な場の非公式なネタだったりしたんですけど、まさかそのオフに……とか、ホントに分からないものですよね。
 
 
 さて、次回は三連戦の最終日、17日の試合の様子を見ていきましょう。
 
 

 
 

著者紹介

オサナイ タカオ観戦撮影者/コミュニティFMパーソナリティ
自身の担当番組で話すネタにと野球場に足を運んでいたら、スタジアムを盛り上げているキャラたち、そしてチアたち、
いわゆる球場エンターテイメント班のみんなの活躍に心奪われ、素敵で素晴らしいみんなの活躍を色々な人に伝えたいと
写真とテキストで綴る「Radio TRICK -光画部-」を2006年7月19日からスタート。気がつけばもう開設から10年です……。
■現在の担当番組
FM HOT893 「Weekly Hotline」 パーソナリティ
FM HOT893 「Sunday Request Line」 レポーター
FM HOT893 「Now&Know」 パーソナリティ(代打)

«
»

コメント





コメント