セリーグ・ファンミーティング2013(その10)

ふたりの時~Forever With You~
2013/3/25 東京ビッグサイト 西ホール
ふたりの時~Forever With You~

 今週は日曜日の神宮程度でひっそりとおとなしく。金曜の某茄子を利用して、土曜にタイヤ交換したいなぁとか、そんなレベルでしか無いんですけども、それよりなにより台風8号の状況が気になる昨今でありますけども、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 とりあえず、何もこの時期に台風が来なくても……と言う勢いで横浜DeNAベイスターズと読売ジャイアンツの試合が沖縄で計画されていたのが、8日の試合は中止。翌日は台風一過のもとで試合が行われていたんですけども、中継を見ていて、沖縄での試合やキャンプは一度行ってみたいなぁと。

 色々と日本を北に南にしてますけども、沖縄はまだ行っていない土地。いつの日かA&Wで飽きるほどにルートビアをお代わりしたいです(笑)。
 
 
 さて、今回も2013年のエントリー。東京ビッグサイトで行われセントラルリーグ・ファンミーティング2013で見た色々をお届けしていきます。今回はマスコットグランプリと応援歌メドレーの合間をつないでいたふたりの活躍を見て行きましょう。

 マスコットグランプリが終了したあと、各チームの応援歌・球団歌メドレーまでの間、スポンサー様のCMなどが流れていたんですけど、それが終わった後はしばらく静かな時間が流れたんです。いわゆるひとつの間が開いていたという形なんですけども、そこを埋めるべく登場したのがスターマンさんと燕太郎さんでした。

 燕太郎さんと過去にTwitterさんのやりとりをしていたのはスターマンさんの飼い主、ホッシーゾさん。ホッシーゾさんたちが星に戻り、飼いハムスターであるスターマンさんだけが横浜に残りという形だったんですけど、飼い主の意思をしっかりと継いだ形なのか、ふたりで時間を繋げていくようです。
 
 

※画像をクリックするとポップアップして大きく表示されます。なお、ギャラリー表示はパソコンやスマフォ、タブレットPCなどのみの対応で、一部のフィーチャーフォンで表示できる機種もあるそうですが、基本的には対応しておりません。2013/9/24の更新より、Caption付けを省略しております。これは更新速度を少しでも上げるための措置です。ご了承ください。

 てなわけで、間をつなくためにやってきたスターマンさんと燕太郎さんの勇姿を一気に。出られるところは全部出るという気合が入っていたと思われるスターマンさんとそんなスターマンさんに惹きつけられてステージにやってきたという雰囲気も少なからずあった燕太郎さんなんですけど、これが中々にしっくり来ていたんですよね。

 とりあえず、登場してきたおふたりはそのまま階段の方へ。全体的には「不思議な組み合わせ」と思われていたようですけども、前述の流れ……。ホッシーゾさんと燕太郎さんの繋がり、ホッシーゾさんとスターマンさんの繋がり、そしてスターマンさんと燕太郎さんの繋がりを思い出すと、納得の組み合わせだったりします。

 しばらく座ってお客様に愛想を振りまいていたおふたりですが、何度か前後に揺れた後、ステージ上に転倒。このあたりもエライ可愛らしさだったんですけど、ここからがおふたりの本気。まずはみなさんがある意味期待していた「スターマンコロコロ」を燕太郎さんが行い、ハムさんが嬉しそうに転がっていた、そんなシーンから何かが動いていきます。

 上手から下手へと転がった後、燕太郎さんがスターマンさんを起こしていくんですけど、そこでも一ネタ。ギッタンバッコンじゃないですけど、燕太郎さんがスターマンさんを引っ張ってコテンと。ここで一笑いとったあと、スターマンさんが燕太郎さんを引っ張ってさらに重ねてコテンと……。古典的ではあるんですけど、お約束全開過ぎて楽しくなってしまいました(笑)。

 ギッタンバッコンのあとは再び階段付近に腰掛けていたんですけど、また何か始めるようで、ステージ上には燕太郎さんが、ステージ下にはハムさんがと言う配置。何をするのかしらと見守っていたら、燕太郎さんの得意技であるブレイクダンスをものすごく格好よく魅せてくれる、そんな形でありました。

 燕太郎さんのブレイクダンスというのは本当に定評があるんですけども、この大舞台で披露される動きというのは本当に素晴らしく。燕太郎さんブレイクの兆しありかなとか本気で思っていたんですけど、個々がものすごく頑張っても、それをバックアップしてくれる体勢、環境なんかが必要なんじゃないかなぁと2014年の今から2013年初頭、確実に輝いていた燕太郎さんを見て思います。

 燕太郎さんの技を見て、素直にすごいなぁと思っていたんですけど、スターマンさんがそのままでいるわけもなく。堂々とステージの上へ。どうするのかしらとワクワクしていたんですけど、スターマンらしくといえばらしく、らしくないといえばらしくない(笑)、手を軸にくるくる回るという大技を。結構素直にすごかったので、お客さんから大きな拍手が巻き起こっていました。

 最後はしっかりとご挨拶してバックステージへ。このふたりの組み合わせはほんとに鉄板だなぁと改めて感じつつ、オーラスのセクション、応援歌・球団歌メドレーの時間に突入していくのでありました。
 
 
 長かった大ネタ、セントラルリーグファンミーティング2013もいよいよ大詰めであります。最後までお楽しみにっ。
 
 

 
 

著者紹介

オサナイ タカオ観戦撮影者/コミュニティFMパーソナリティ
自身の担当番組で話すネタにと野球場に足を運んでいたら、スタジアムを盛り上げているキャラたち、そしてチアたち、
いわゆる球場エンターテイメント班のみんなの活躍に心奪われ、素敵で素晴らしいみんなの活躍を色々な人に伝えたいと
写真とテキストで綴る「Radio TRICK -光画部-」を2006年7月19日からスタート。気がつけばもう開設から10年です……。
■現在の担当番組
FM HOT893 「Weekly Hotline」 パーソナリティ
FM HOT893 「Sunday Request Line」 レポーター
FM HOT893 「Now&Know」 パーソナリティ(代打)

«
»

コメント





コメント