負けられない闘い2012(その5)

ダンス中とは違う表情
2012/6/2 QVCマリンフィールド
ダンス中とは違う表情

 今年も残り少なくなってくる中、貯金と言う名の蓄えをガッツリ使い(苦笑)、デスクトップタイプのパソコンに切り替えてくれたPCに源泉徴収の戻りというサンタさんが、ONKYOのサウンドボード(SE-90PCI)をドスパラで買って渡してくれた昨今でありますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

 とりあえず、放送の色々をやってはいますけども、そんなに耳がいい方ではない私。そんな私でも、オンボードを通した音とサウンドボードを通した音の差は如実に判るような、そんなレベル。買って良かったなぁと改めて感じておりました。先日行ったハードオフで中古の同等品があったのを記憶していましたし、新品より2.5Kほど安かったりなんですけども、今欲しかったのと、せっかくだからとサンタさんがきっとくれたんだと思います(笑)。

 これで後は何かの機会にグラフィックボードを入れていけばいいなぁと思うんですけど、基本3Dのゲームとかやりませんしねぇ。オンボードでもあまり大きな問題はなさそうですし、現状維持かしら、なんて思ったりもしています。
 
 
 さて、今回も「今」のエントリー。2012年6月2日と3日にQVCマリンフィールドで行われた日本生命セ・パ交流戦、千葉ロッテマリーンズと中日ドラゴンズの試合で見た色々をお届けしていきます。今回は試合開始前のステージの残りと試合開始前のフィールド前編であります。

 鴎と竜の本気がスパークしていたステージが終わり、試合開始前の正面ステージも最後のイベントに。この日のマッチデースポンサーである千葉興銀さんが冠についた「千葉興銀 PRESENTS ○☓クイズ大会」が行われていくようです。

 この辺のちょっとしたイベントもQVCマリンフィールドの正面ステージらしさが出てるなぁとか、そんな事を思いつつ、ステージアシストやお客さんを呼び込んでいく、そんなパートに入っているM☆SPLASH!! の皆さんを確認。M☆SPLASH!! の面々はダンスだけじゃなく、色々なところで球場を盛り上げている、お客さんと近い位置で頑張っている、そんな事が思い切り伝わってきていました。

 そんな中でバキッと絵里菜リーダーを。当然ながらダンスの時の表情とは違うんですけど、そういうシーンが多く見られるのもM☆SPLASH!! の面々がゆかいな仲間たちと共に「チームとファンを繋ぐ重要なファクター」として確立してるが故なのかなぁ、なんて思いながら撮っていました。
 
 

※画像をクリックするとポップアップして大きく表示されます。なお、ギャラリー表示はパソコンやスマフォ、タブレットPCなどのみの対応で、一部のフィーチャーフォンで表示できる機種もあるそうですが、基本的には対応しておりません。また、フィーチャーフォンやニンテンドーDSブラウザ、PSPブラウザなどでは、キャプションが付くまで画像を見ることが出来ないようです。申し訳ございませんが、対応機種で御覧ください。

 熱いステージには素敵なMCのちからが重要だなぁってのが、数年来楽しませてもらっている私の正直な印象なんですけども、この日、火花を散らしていた千葉ロッテマリーンズと中日ドラゴンズには本当に手練なMCが。

 中日ドラゴンズさんのステージには柔和な中に隠されたナイフでズバズバ切っていく、天敵は燕なるみおねーさんが、千葉ロッテマリーンズにはこの日は欠席でしたが、柔和な中に隠されたヲタっぷりは他の追随を許さないまさなりおにーさんとゆかいな仲間たちを愛するがゆえにドS全開、そして天狗と称されるこなつおねーさんとまぁ、通名っぽく書いたら、予想以上にアレだったんですけど(笑)、お三人ともに大好きなMCさんだったりします。

 そんな中で「千葉興銀 PRESENTS ○☓クイズ大会」はMCの腕が重要視されるクイズもの。司会は当然ながらこなつおねーさんだったんですけど、アシストには我らがマー様とチーバくんも参戦。何か起こるとしか思えなかったんですが、手にした○ボードを使って荒ぶるマー様に通常進行っぷりを感じ、ニヤニヤしながら撮り始めていました。

 この辺、マーくんがなにかやっているのに気づきながら、ステージ進行があるので放置して進行していくこなつおねーさん。そんな動きを知っているので、より以上に攻めているマーくんと言う、そんな循環が完成されているようです。この辺は皆さんが培ったチームワークですが、お客さんもそのへんを踏まえ、笑いながらもっとやれと煽っていたりしていたんですけど、流石に縦での攻撃はやめなさいよとか、そんな勢いがありました(笑)。
 
 

 こなつおねーさんの後で攻めるマー様だったんですが、同じくステージ上でお手伝いをしていたチーバくんは佑香ちゃんの横でしっかりとバッテン表示を掲示したり、県のマスコットとして千葉県の緩いのを統べる存在(チーバくんの部屋)らしさを見せつけていました。

 一方のマー様は天狗様に対して攻撃を加えるという無駄に気づいたのか、ボードをレフ板扱いにして、こなつおねーさんを綺麗にとってもらおうとか、そんな方向セで目ていく様子。背が高いと言う理由でレフ板持ちを仰せつかっていた春風高校光画部員、曲垣剛を思い出したりなんだりしていたんですけど、妙にこなれた扱いに、そういうのもしっかりと覚えてるのかしらとか思ってたりします(笑)。

 そんなこんなでマルバツクイズ大会は滞りなく終了。この手のイベントはホント、ものすごく安定しているような気がします。
 
 
 すべてのステージ終了後、場内入場前にきゃらくがきやかわらばんのチェックを。いつもだと早め早めにと言う形なんですけど、この日は他に優先せざるを得ない事象が多かったので仕方ないかなぁと。

 てなわけで、きゃらくがきなんですが、今回はマー様担当。結果的には雨のあの字も全くなくなっていくんですけども、戦前は雨予報が週末に出ていて、これはやばいかもなんて話があったので、こんな内容なのかなぁと。とりあえず、マー様が雨鴎だと信じてやまない私なんですが、結果降らなかったので、まぁ、いいのかなぁと(笑)。

 そしてかわらばんはチアドラゴンズのメンバーも参加した拡大版。色々な意味で個性がスパークしていて、後々見てもにやりとしてしまうんですけども、ベキ子さんの野原しんのすけが思い切りツボなんですが、微妙に雨女と告白もあったり……なんですけど、チアドラゴンズの雨女といえば、燦然と輝くレジェンド(現在はチアドラキッズの先生、ですよね)がいるので、まだまだなんじゃないかなぁと思ったりもします(笑)。
 
 

 さて、スタンドに入った後はまったりと守備練習を眺めつつ、試合開始までの時間をゆっくりと。球場エンターテイメントにがっつりとっぷり撮るようになっている昨今でありますが、試合開始前の守備練習シーンを見るのが結構好きで。守備練習後にゆかいな仲間たちが登場してくるので、選手たちを撮りながら、諸々の調整をしていたりします。

 この日の座席はS指定の上段。フィールドウィングシートにネットが張られるようになって以来、QVCマリンフィールドではどうやってネットを超えるかが命題になってきているんですけど、通路より上の方であれば、結構なんとでもなったりするんですよね。

 中日ドラゴンズの守備練習が佳境を迎える頃、フィールドにはゆかいな仲間が登場。まずはというか、非常に目立つドアラさんから撮っていくんですけど、相変わらず独自のワールドが。ミニフラッグを持っての登場だったんですけども、そのフラッグを無駄に有効活用しているようです(笑)。

 ドアラさんの謎ワールドを見つめつつ、マーくんがライトスタンド前に移動しきっていたり、シャオさんやパオさんが登場しているのが見え、他の皆さんも登場してきていることを把握。今回はマスコット・チア交流ということもあって、ホーム側は一塁側へ、ビジター側は三塁側へ行くもんだと思っていたんですけど、COOLさんが普通に三塁側へ。ズーちゃんとチーバくんが一塁側へ向かったので、その辺の諸々もあってなのかなぁと思うんですが。COOLさんもなにげに天然ペンギンですから、ねぇ(笑)。
 
 

 ライトスタンド前でたくさんのお客さんを盛り上げていたマーくん。白いスタンドを前にして盛り上げいる姿ってのがものすごく好きなんですけど、この辺はマー様のかっこいいところだよぁと。色々なネタモノはあるにせよ、マーくんらしさが出ているシーンだったりするので、結構好きなんですよね。

 そんなかっこいい姿を見せているマーくんのところへリーンちゃんがやってきました。通常の試合でも一塁側はマーくんとリーンちゃんがというのがお約束なんですけども、この日はリーンちゃんがかなりスパークしていた様子。ふたりの間に何があったのかはよくわかりませんが、くちばしのつかみ合いに発展していました。これでも一応彼氏と彼女という関係なんですけど、たまにその枠をぶっ壊して激しい痴話喧嘩に展開することがあり、色々な意味で油断が出来ません(笑)。

 COOLさんがライトスタンド方向を見ていて、「なにやってんだか、たく……」という雰囲気を出していたようなんですが、とりあえずホームベース方向へ移動していくごりょうにん。ホーム方向からはバズーカを背負ったこなつおねーさんがやってきて、プレゼントバズーカの時間であることを把握。リーンちゃんとこなつおねーさんはスタンドの皆さんを盛り上げ、マーくんがバズーカを撃っていくという、そんな時間であります。
 
 

 一塁側でマーくんがバズーカを撃ち始めたのと時を同じくして、三塁側のフィールドウィングシート前ではCOOLさんがプラバットを持ち、サインボールを打ち込んでいくという、そんな流れが。シャオさんが楽しそうに見ていたり、パオさんがあまり興味なさそうだったりするんですけども(笑)、サングラス着用でのノックはかなり厳しいようで、COOLさん、だいぶ難儀されていました(笑)。

 サインボール打ち込みに難儀するCOOLさんを撮りつつ、ドアラさんたちの様子も……と思ったところで、異様な一塁側の様子が目線に入ってきて、慌ててカメラをそちら側に。なぜ慌てたかと言えば、ご覧いただいているとおり、マーくんがチー場くんを転がすという、いわゆるちーばくんころころが展開されていました。ああいう体型の子は頃がされる運命なのでしょうかとか、そんなことを思いつつ、後半は自ら回転しているチーバくんににやりとしてしまいました。

 一塁側でチーバくんが転がされているあたりで、ビジターチームのスターティングオーダー発表が。シャオさん、パオさん、ドアラさんがレフトスタンド方向を向いて、これから始まるスタメン発表を盛り上げようというような、そんな時間帯ですね。手前ではCOOLさんが引き続きフィールドウィングシートのお客さんとふれあっていたりと、フィールドでは色々な動きが展開されています。

 なお、一塁側ではマーくんとリーンちゃんに救助されたチーバくんも含め、プレゼントバズーカ。ホーム方向へ移動しながらの発砲なんですけど、視線都合でリーンちゃんがこっちを見ているような、そんな雰囲気の写真があって、後でびっくりしていました。
 
 

 中日ドラゴンズのスタメン発表が行われ、シャオさん、パオさん、ドアラさんが盛り上げている、そんな姿や、引き続きのプレゼントバズーカなシーンもも撮りつつ、気になっていたのがリーンちゃんの動き。選手はミーティングに出ているような時間帯かと思うので、トレーナー参加と思うんですが、スタッフさんに水を与えられている、そんなシーンに気づいて笑っていました。

 リーンちゃんもしっかりとチームの一員として遊んでもらってるんだなぁと思いつつ、確かに水をあげたくなるような暑さがあったので、色々と納得する私なんですが、諸々を撮りつつ、顔ふきシートで一息入れていたり。ホントに熱くて日焼けする勢いだったんですけど、腕に書かれていた「うそつき→」をそっと消していました。

 エントリーには書いていなかったんですけど、ステージ前のグリーティングでへこまれ、ジト目で見られた後、強制的にらくがきの時間が。「うわきもの」「うらぎりもの」ときて、次は何が書かれていると思ってどきどきしていたんですけども、今回は「うそつき→」というモノ。マリン全部来るって言ったのに!!! ってことなんだと思うんですけど、おやびんの要求はかなりの厳しさです(苦笑)。

 ちなみに、「うそつき→」を消すのがちょっと遅く、若干日焼けしてしまったりしたんですが、その辺は間違いなくリーンちゃんの念の強さも、しっかりと残った原因として色々とあるんじゃないかと思う今日この頃です(笑)。
 
 

 おやびんのプリティーな姿をとりつついたんですけども、どうやら三塁側のシャオさんたちの方へ移動するようです。近くでリーンちゃんが撮れるならば、何をおいてもそちらにカメラを向けねばと思いつつ、後ろで寝っ転がっているズーちゃんが気になるモノの、リーンちゃんを中心にカメラを向けていました。

 まずはリーンちゃんと入れ替わりで一塁側に向かおうとしていたシャオさんとハイタッチする姿をぱちりと。このふたりはモンハン仲間という噂もありますし(笑)、お互いがお互いに色々と絆が深いのかもしれません。とりあえず、リーンちゃんはガチの狩り鴎ですし、シャオさんもプレイヤー何だって話を聞いたことがあったりなかったり(笑)。

 ※結構ゆかいな仲間たちはゲーマーが多いですよね。3DSLLのぶつ森をほしがったパオさんとか、ときめきメモリアルで紐緒結奈派だったと言うMー様(諸々配慮のため、伏せ字)とか(笑)。

 シャオさんとハイタッチした後、珍しくドアラさんにぴったりとくっついていたリーンちゃん。ドアラさんと女子球団マスコットってあんまり接点がない(=ドアラさん、シャイらしく、男子同士でつるむことの方が多いです)んですけど、リーンちゃんとは付き合いが長いせいか、結構色々なネタを魅せてくれるんですけども、ぴったりくっつりているシーンはあまり記憶になく、めずらしいやねぇ……なんて撮ってたんですけど、実は二人してビジョンに写って遊んでいたというオチが。確かにおふたりともカメラ大好きですよね(笑)。

 ドアラさんがフィールドでも久々のRIKACOで魅せていた頃、シャオさんはズーちゃんのところへ。なぜか転がっていたズーちゃんを助けてあげるという優しい面を魅せています。シャオさんとズーちゃんは年に何回もあわないと思うんですが、かなり良いコンビで。たまにあう親戚の弟っぽいような、そんな扱いといいましょうか。ズーちゃんも実兄相手にするときよりとはちょっと違う、そんな空気感を魅せてくれていました。
 
 
 さて、次回は試合開始前のフィールドの後編、合同オープニングアクトなどを見ていきましょう。
 
 

 

著者紹介

オサナイ タカオ観戦撮影者/コミュニティFMパーソナリティ
自身の担当番組で話すネタにと野球場に足を運んでいたら、スタジアムを盛り上げているキャラたち、そしてチアたち、
いわゆる球場エンターテイメント班のみんなの活躍に心奪われ、素敵で素晴らしいみんなの活躍を色々な人に伝えたいと
写真とテキストで綴る「Radio TRICK -光画部-」を2006年7月19日からスタート。気がつけばもう開設から10年です……。
■現在の担当番組
FM HOT893 「Weekly Hotline」 パーソナリティ
FM HOT893 「Sunday Request Line」 レポーター
FM HOT893 「Now&Know」 パーソナリティ(代打)

«
»

コメント





コメント