負けられない闘い2012(その6)

中日ドラゴンズのみなさん、チーバです
2012/6/2 QVCマリンフィールド
中日ドラゴンズのみなさん、チーバです

 今年の業務も無事に終わり、明日は出勤して掃除と納会なんて話を聴くと、いよいよ2012年も押し迫ってきたなぁと思いますし、年末年始の録画ものの確認もそろそろしておきたいなぁと思う昨今でありますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

 とりあえず、諸々の予定を固めつつ、微調整もしつつという形。掃除を29日と30日で終わらせてと言う前提ではありますが、今冬は「公営ギャンブル場の空気感を楽しもう」と言う、そんな予定を。東京ドームの北海道日本ハムファイターズ開催でもコクチが多く行われていて、一回は行ってみたかった競艇が31日も開催しているということで、ちょろっと計画を。

 まだまだ微妙に予定が未定ですが、そんな方向で。あと、噂に聞く多摩川競艇場の牛炊を食べてみたいんですよね(笑)。
 
 
 さて、今回も「今」のエントリー。2012年6月2日と3日にQVCマリンフィールドで行われた日本生命セ・パ交流戦、千葉ロッテマリーンズと中日ドラゴンズの試合で見た色々をお届けしていきます。今回は試合開始前のフィールド後編であります。

 ドアラさんとリーンちゃんがビジョンで遊んでいたりしましたけども、刻一刻と試合開始に向けた色々が進むフィールド。何も考えないで遊んでいるように見えて、実は相当時計を気にしながら動いているってのは、球場で直にみんなの動きを見ているとしっかりわかるんですよね。

 マーくんにすっかり転がされていたチーバくんさんもしっかりと次のイベントに向けて動いている様子。ぺろっと出た舌がかわいらしいと言いましょうか、正面を向いたチーバくんさんは普通にかわいらしいですよね。
 
 

※画像をクリックするとポップアップして大きく表示されます。なお、ギャラリー表示はパソコンやスマフォ、タブレットPCなどのみの対応で、一部のフィーチャーフォンで表示できる機種もあるそうですが、基本的には対応しておりません。また、フィーチャーフォンやニンテンドーDSブラウザ、PSPブラウザなどでは、キャプションが付くまで画像を見ることが出来ないようです。申し訳ございませんが、対応機種で御覧ください。

 諸々準備が整い、最初のイベントは試合開始前のステージで応援メッセージの記入が行われたフラッグの贈呈式であります。リーンちゃんとズーちゃんはこの後の始球式に向けた準備も行いつつ待機していたんですけども、近くに来たチーバくんの物まねをしていたり、本筋以外も色々と細かく動いています。

 本筋ではマーくんとCOOLさんがお子さんたちと一緒にフラッグの贈呈を。こういうオフィシャルなイベントの時はマーくんとCOOLさんが一緒に動いていることが多かったりするんですけど、この辺は色味的なモノもあるんでしょうかね(笑)。
 
 

 フラッグの贈呈式に続いては始球式。リーンちゃんとズーちゃんが始球式を担当される方を案内して、他のメンツがホームベース後方で待機するというのは毎度おなじみの流れ。キャラクター交流の時はお客様もホームベース後方で待機するんですけども、よりいっそう華やかな空気感を演出しているような気がします。鴎と竜の交流戦ですと、ここ数年はマーくんの横に何かと言えばドアラさんがいて、仲の良さを地味にアピールしているような気がします(笑)。

 始球式に続いては国歌斉唱。このメンツの国歌斉唱シーンを生で見るのも今年で五回目。今年の位置取りは完全にみんなの真横だったと言うこともあって、絵としてはあんまりいい絵ではないんですけども、毎年の記録として、しっかりと残っているかなぁと。

 国歌斉唱シーンでは、ドアラさんはライバルと公式に書いたこともあるCOOLさんの横に。共にプレッシャーがかかる場面でアクロバットを決めていく仲と言うこともあって、なんだかんだでこのふたりも一緒にいるシーンが結構多いです。

 国歌斉唱のタイミング終わりで両監督によるメンバー表の交換。この後のオープニングアクトに向けての準備もしつつ、びしっと見守っていく鴎一派が三塁側から見えていました。特に変なことをしている訳じゃないんですけど、鴎兄弟のほんわかぶりとかリーンちゃんのアイドルっぷり、シュッとしたCOOLさんとか、地味に見所が多いですね(笑)。
 
 

 諸々の試合開始前イベントを締めくくるのは、両チームのチアチームとキャラクターが合同で魅せるオープニングアクトであります。両方のオープニングアクトを二本立てて魅せてくれたこともありましたけど、今年は合同でのオープニングアクトで魅せていくようです。

 交流戦都合で三塁側に陣取って観戦していたんですけども、両サイドから両チームのチアチームが混成状態で登場してくる姿はやっぱりこう……グッと来るわけで。キャラもチアも野球も、野球場で楽しむことの出来るすべてを楽しんでいこうと欲張りな人なので、両チームの球場エンターテイメント班がフィールドで魅せているシーンは本当に嬉しいんですよね。この瞬間に「今年もこのシーンが見られて本当によかった」ってしみじみとしてしまいますし。まぁ、実際はそれどころではなく気合いを入れて撮り倒していくだけだったりするんですけども、後々しみじみと「この場にいてよかった」って思うんですよね。

 てなわけで、合同オープニングアクトは「千葉、心つなげよう」で行く様子。普通に考えると、ビジターチームのチアさんたちがオープニングアクトの曲を普通に踊っているって結構凄いことなんですけど、この二チームの関係性を考えると、当然のアクトでありましたし、何の違和感も感じない、そんなレベルで自然に踊っていました。

 ただまぁ、マーくんの横でがんばって踊っていたドアラさんはこう……相変わらずの独自ワールド。ただ、皆さんと同じようにドアラさんが踊っていたら、それはそれでものすごい違和感だと思うので、きっとこのままが一番良いんだと思います(笑)。
 
 

 ダンスはダンスとして、ドアラさんの真骨頂はやっぱりアクロバット。何も考えず、適当に踊っているように見えるドアラさんですけど、すべてはアクロバットのシーンに向けての前振りのような、そんな気がします。交流戦ではオープニングアクトでドアラさんとCOOLさんがツープラトンでアクロバットを決めていくシーンが見所の一つだったりするですけども、2012年ももちろんしっかりと決めていました。

 今年は特にデーゲームで条件がよかったこと、さらにアクロバットへの流れがものすごくわかりやすく、ドアラさんの動きもCOOLさんの動きも掴みやすかったってのも記憶に残ってます。ただ、ドアラさんの回転を追いすぎて、COOLさんのアクロバットの天地が若干ショートしてしまっていたのは残念なポイント。これはもう2013年に向けての課題、ですね。

 ドアラさんとCOOLさんのアクロバットが終わり、チアの皆さんも両サイドに移動した後、チアドラゴンズの皆さんは撤収、M☆SPLASH!! の皆さんは選手送り出しに向けた移動を。そんな移動の裏というか表というか、ゆかいな仲間たちがセカンド付近に集合、気合いを入れている、そんなシーンが。通常だとマーくんたちだけですけど、交流戦はお客様も含めたみんなで気合いを入れていく、そんな形。交流でのオープニングアクトって言うと、この負けられない闘いぐらいしか私は見られないんですけど、みんなの気合いがひしひしと伝わってきていて、他のチームとの交流でもこういうシーンがあったんだろうなぁと言うことが想像できて、なんか嬉しかったです。
 
 
 オープニングアクトからそのまま選手送り出しという今年のきれいな流れは交流戦でも同様。マーくんたちは一塁側で選手送り出しへ、シャオさんたちは三塁側に向かい、撤収という形なんですけども、高機動型のドアラさんは比較的じっくり選手送り出しを見つめていました。ドアラさんに限らず、ゆかいな仲間たちのバックショットって何かしら絵になるんですけど、今回のドアラさんの背中は妙な色気が漂っていたような、そんな気が。ただまぁ、よく見ればいつものドアラさんなんですけどね(笑)。
 
 
 さて、次回は試合中の諸々を一気に見ていきましょう。
 
  

 

著者紹介

オサナイ タカオ観戦撮影者/コミュニティFMパーソナリティ
自身の担当番組で話すネタにと野球場に足を運んでいたら、スタジアムを盛り上げているキャラたち、そしてチアたち、
いわゆる球場エンターテイメント班のみんなの活躍に心奪われ、素敵で素晴らしいみんなの活躍を色々な人に伝えたいと
写真とテキストで綴る「Radio TRICK -光画部-」を2006年7月19日からスタート。気がつけばもう開設から10年です……。
■現在の担当番組
FM HOT893 「Weekly Hotline」 パーソナリティ
FM HOT893 「Sunday Request Line」 レポーター
FM HOT893 「Now&Know」 パーソナリティ(代打)

«
»

コメント





コメント