もうひとつの負けられない闘い2013(その1)

湾岸チア交流
2013/6/12 QVCマリンフィールド
湾岸チア交流

 つかのまの交流戦ブレイクも18日で終わり、また19日から日常であるレギュラーシーズンの再開。交流戦で分の悪かったチームもある程度借金がなくなったチームも改めて秋に向けての闘いが始まっていく訳なのでありますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 とりあえず、秋の色々に向けて、どうなるか見守っていく形ではあるんですけども、とにかくまぁ、夏場に向けて観戦も詰まってくるので、体調を整えつつ、楽しくやっていきたいな、なんて思うわけで。夏の遠征の諸々が控えていますし、暑い夏を元気に乗り切っていきたい、なんて思います。
 
 
 さて、今回は2013年のエントリー。2013年6月12日にQVCマリンフィールドで行われた日本生命セ・パ交流戦千葉ロッテマリーンズと横浜DeNAベイスターズの試合で見た色々を見て行きたいと思います。まずは試合中の様子を見ていくことにしましょう。

 千葉ロッテマリーンズと中日ドラゴンズのキャラクター・チア交流を指して「負けられない闘い」なんて風に呼んでいた訳なんですけども、この頃にはその両チームと交流を持っている横浜DeNAベイスターズの実力も前述の二チームに追いつけ追い越せと気合いを入れているのが、横浜スタジアムに足を運んでいて感じた私。

 ならばもう、そんな鴎と星の交流も負けられない闘いではないかな、なんて思うわけで……。

 キモチの中でこの二チームの交流は「もうひとつの負けられない闘い」でいいのではないか、なんて思いながら花火打ち上げに向かうみんなの姿を見ていたのですが……。
 
 
 ※2015/2/24の更新から写真置き場をサイト本体よりFlickrに移管しています。見栄えだとかが変わってきていますが、さらなる更新頻度向上のためとしてご理解ください。

 画像左側をクリックすることで先の画像を、右側をクリックすることで前の画像を、画像自体をクリックすることでFlickrに移動して、画面サイズに応じた画像サイズで画像を閲覧することが可能です。
 
 

 頭から見られたらいいんだろうなぁとは思うものの、中々そういう形もとれず、横浜で仕事を終えて大急ぎで海浜幕張に向かうパターンと言う流れ。ちょうど仕掛り始めた2009年頃辺りから、仕事終わりのマリン行きも違和感というか、特段大変なことではないという理解を始めていたんですけども、2013年も当然のごとくマリンにいました(笑)。

 この日は横浜DeNAベイスターズのスターマンさん、キララさん、そしてdianaさんたちがQVCマリンに来場。思い切りチア交流キャラ交流を行うという、当時の流れが。2015年はチアではなくなったdianaさんたちだったので、交流は厳しいのかなと思っていたのですが、キッズチアの交流を含めた形で例年通りに交流を行っていたと。独自色を出したいんだろうなぁとは思うんですけども、なんかこうもやっとする、そんなキモチがいまだに残ったり。もちろん、今頑張っている皆さんを否定するってわけじゃなくて、かじを切っているであろう上の方の考え的にどうなんだろうね、なんて思う今日このごろだったりします。

 花火発破の流れは通常通り。両チームのチアさんたちがフィールドに登場、キャラクターたちも集合してカウントダウンの体勢に。交流がほんとうに楽しいんだなぁって、みんなの表情からも感じつつ、ちょっと遅刻してきたスターマンさんの動きや迎え入れるマー様たちの動きを見ながら、キャラたちも楽しみにしてこの日を迎えたんだろうなぁと、そんなことを思っていました。

 ポム文字でのカウントダウンのあと、マー様とスターマンさんによる起爆。そして打ち上げ。M☆Splash!! とdianaの皆さんは内野のいつもの位置でズラッと集合。レンズの画角的にそれを全部収めるのは難しいんですけども、肉眼レフではシッカリと。それでもある程度、みんながいるっていう姿はシッカリと残そうとしていた意図をあとから感じました(笑)。

 マー様たちは……レディースデーのお客様プレゼント担当のリーンちゃんを除き全員がフィールドに。マー様をくるくる回しているとキララさんの姿が。キララさんの振り切れっぷりが2015年は一部で話題になっていますけども(笑)、この頃からちょっと不思議なと言うか、色々な意味で面白い方向に流れていたのは間違いなく(笑)。くるくる回している、そんなキララさんとくるくる回されているマー様を見てズー様がぷぷぷっと笑っていたのが記録にも記憶にも残っています。

 スターマンさんは……一応、キララさんに憧れる的な設定があるんですけども、交流になるとそれを越えて楽しくなってしまうらしく(笑)、全周囲に向けてアピールが。このあたりの地道なアピールがホームのファン、ビジターのファン問わない「たぬきかわいい(ハムスターですが(笑))」につながっていたのかな、なんて思います(笑)。

 なお、記念撮影後、花火終盤にはヲタ芸っぽい動きをマー様とキララさんが。妙に息のあったふたりの動きを見て、ズー様がふたりのあやしい関係をみてにやにやと。ヲタっぽさ全開のマー様では有りますが、なにげに各地の皆さんと仲がよく、女子球団マスコットにも言い寄られる姿……は神宮ぐらいですけども(笑)、結構慕われているんですよね。設定上、リーンちゃんが彼女ではあるんですけども、リアルなおふたりはおふたりとも趣味に生きている感(マー様:ドルヲタ、リーンちゃん:藩士兼任安田国民)があるので、それはそれでいいのかもしれません(笑)。

 そんなカオスな中、ズー様はお気に入りのスターマンさんと仲良し。COOLさんは結構一匹ペンギンだったんですけども、2015年はキララさんがCOOLさんに乗り換えるなどの事象も。キャラクター交流の色々は現場合わせで毎年色々と変わる楽しさがあるなぁと、そんなことをふと思ったんですけど、何か間違えているような気がしないでもないです(笑)。
 
 

 キャラ交流・チア交流だとビジターチームのラッキーセブンもいつものスタジアムで行われている流れを踏襲した形で行われます。二階席が自由席だという利点を活かし、両サイドのラッキーセブンを見ていこうと、色々と動いていまして、まもなく出番だというあたりのスターマンさんの姿を見ながら、登場を待ち構えていました。

 登場後はレフトスタンド前と三塁のフィールドウィングシート側に別れ、三塁側にはキララさんがレフトスタンド前にはスターマンさんがという布陣で「熱き星たちよ」を魅せていく様子。ダンス自体は同じでも、フォーメーションやビジユニ着用で印象がけっこうかわるよなぁ、なんて思いながら見ていました。

 アクト終了後はダッシュで撤収していくのが常。そんな中でチャージ&ダッシュという、自身の見せ場をきっちり魅せつけていたのはスターマンさん。予想以上の脚力にどよめくのがお約束なんですけども、トッテトテ感が全開のこの走りを撮るのが毎回楽しかったり。しかもこういうアングルで撮れるのはマリンぐらいなので、上がりの写真を見てちょっと笑ってしまいました(笑)。
 
 

 鴎サイドのラッキーセブンは「マリンに集う我ら」に乗せて。リーンちゃんのジャンプから幕を開けるラッキーセブンのアクトではあるんですけども、ベイスターズのラッキーセブン演出終わりで移動してくれば、ある程度おっつけられるという形。このあたり、野球観戦が運動だという謎の意識が働いていたりします(笑)。

 「マリンに集う我ら」名物と言いましょうか、前半の小芝居ゾーンでは、ズー様がベイスターズベンチをガン見していく中でマー様とリーンちゃんがタオルを引っ張り合いした挙句、手羽を雑巾のように絞り上げるという、じゃれあいというか小芝居というか、ふたりっぽさが全開になっている動きを見せていました(笑)。

 あまりに激しいふたりのやりとりにベイスターズベンチをただただ見ていたズー様も注目を。この辺はいつもどおりではあるんですが、たまにそこまで攻めますか? って勢いが出ている時があるため、色々と見逃せなかったりします。
 
 
 後半はしっかりと踊るマー様たち。M☆Splash!! さんたちは撮りにくい位置にいたんですけども、亜依ちゃん(2014で卒業)がなんとか撮れる位置だったので。MMNのメンバーでもあり、東洋美人さんな亜依ちゃんはホント撮ってて楽しかったなぁと言うオモヒデ。ラストレビューで実はファンでしたって伝えて、分かってましって帰ってきた時は、この子すごいって感じましたけども(笑)。どこかで頑張っていることを祈りつつ、またどこかでそのアクトが見られたら楽しいよね、なんて思っています。

 なお、三塁側では実直に回っていたCOOLさんですが、あまりに激しい動きにユニフォームが完全にはだけるという状況が。いつものことではあるんですけど、恥ずかし……と、胸を押さえて走り去る姿を見て、あぁ、COOLさんも攻めてらしたんだと納得する私でありました(笑)。
 
 
 
 
 
 ・もうひとつの負けられない闘い2013(その1)
 
 
 
 
 さて、次回はM☆Splash!! vs diana ダンスバトルの様子を見て行きましょう。もうひとつの負けられない闘いと書きたくなるような、そんな勢いを少しでも伝えられたらな、なんて思います。
 

 
 

著者紹介

オサナイ タカオ観戦撮影者/コミュニティFMパーソナリティ
自身の担当番組で話すネタにと野球場に足を運んでいたら、スタジアムを盛り上げているキャラたち、そしてチアたち、
いわゆる球場エンターテイメント班のみんなの活躍に心奪われ、素敵で素晴らしいみんなの活躍を色々な人に伝えたいと
写真とテキストで綴る「Radio TRICK -光画部-」を2006年7月19日からスタート。気がつけばもう開設から10年です……。
■現在の担当番組
FM HOT893 「Weekly Hotline」 パーソナリティ
FM HOT893 「Sunday Request Line」 レポーター
FM HOT893 「Now&Know」 パーソナリティ(代打)

«
»

コメント





コメント