もうひとつの負けられない闘い2013(その3)

しおりちゃんの横顔
2013/6/12 QVCマリンフィールド
しおりちゃんの横顔

 今日のプロ野球は東京ドームを除く試合が地方開催という珍しい日。どこにでも行く黒い皆さんが様々なルートを使って旭川に集結、旅程と食を楽しんでいる姿を見て羨ましいなぁとひしひし感じていたり、大宮開催でライナさんがお肉をゲットしているシーンをおともだちが撮っていて、ゆかいな仲間たちも地方開催は楽しいんだろうなぁあと、そんなことをふと思った昨今でありますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 私自身も旅と観戦とってのが好きなので、いつかは地方開催もと思うんですけど、なかなかうまくはまらず。ゆっくり出来る機会が会ったら、旭川だとか諸々も……っと、大宮は行ければいけたかなと思うんですが、給料日前が全て悪いんです(苦笑)。
 
 
 さて、今回は2013年のエントリー。2013年6月12日にQVCマリンフィールドで行われた日本生命セ・パ交流戦千葉ロッテマリーンズと横浜DeNAベイスターズの試合で見た色々を見て行きたいと思います。今回アフターゲームショー、M☆Splash!! vs diana ダンスバトルの様子、後編を見ていこうと思います。

 終盤戦のdianaの攻撃は「Love & Peach/ゆず」から。イニング間演出でよく使われていた楽曲で、ゆずのお二人のホームグラウンドというか、バックグラウンドを考えると、横浜勢が楽曲を使うってのがものすごくしっくり来ていて、「Love & Peach/ゆず」のントロが聞こえたことにテンションが上がっていました。

 最初の一枚は元気印のしおりちゃん。今もこの頃もしおりちゃんは声が目立つので、うっさいうっさい言って遊んでますけど、しおりちゃんの声を聞くと、ベイスターズのエンタメ班だよねってひしひしと感じるんですよね。

 ある意味で個人的には横浜の象徴的なのがしおりちゃんだったりするんですけども、とりあえず、楽しそうなのが思い切り伝わってきています(笑)。

 
 ※2015/2/24の更新から写真置き場をサイト本体よりFlickrに移管しています。見栄えだとかが変わってきていますが、さらなる更新頻度向上のためとしてご理解ください。
 
 

 上にも書いたとおり、「Love & Peach/ゆず」は勝手に横浜DeNAベイスターズらしいなぁ、なんて楽曲で。アーティスト的な流れもそうですし、アクト全体の雰囲気もそうですし、なんとなくdianaらしいなぁって、そんな思いがありまして。しばらく配信のみだったので、早々に購入したあと、放送でも結構使ったなぁ、なんてオモヒデが有ります。

 ある意味で定番な曲なんですけども、この曲の後半からスターマンさんとキララさんがステージサイドで盛り上げていたりするシーンも。キララさんは普通にステージサイドで踊っていたんですけども、スターマンさんが体格の都合上、ステージ前を思い切り横切っていたってのがポイント。スターマンさんらしくてちょっと笑いました(笑)。

 最後はバキッとオールキャストで。QVCマリンフィールドの正面ステージで踊れているって事がものすごく楽しいんだろうなぁと、そんなことを写真を見ながら思いました。
 
 

 M☆Splash!! サイドも最終回の攻撃。2013年のダンスショーで締めくくりにはいることが多かった「maestro/九州男」で終盤戦を彩っていきます。このアクトを見たとき、疾走感が素晴らしいなぁって感じたんですけども、その印象はナイトステージでも一切変わりませんでした。

 中盤から後半にかけてはマー様達や全員でって感じの流れがあるんですけども、序盤はメンバーの中でも手練衆だったりとか、ルーキーなんかでもこれは……というメンツが登場してくることが多かったんですけども、改めて序盤のメンツを見ると、この日のメンバーの中でも手練衆の粋ってな、そんな感じもしています。

 中盤以降、ステージ下にM☆Splash!! の面々が、ステージ上にはマーくんリーンちゃんズーちゃんCOOLさんこなっちゃんと言うフォーメーションで。どこをどう撮るか……となると、キャラたちを中心にというパターン。最初にタイミングを計っているマーくんとズーちゃんが可愛いんですけど、そういう細かいところもちゃんと魅せる意識ってのが凄いなぁとホントに思います。

 最終的にはスターマンさんとキララさんも参加してのアクトという超豪華版。なにげにおふたりともダンスは上手いんですよね(笑)。
 
 

 「maestro/九州男」終了後、ステージにはキャラクター達とまさなりおにーさん、こなっちゃんが残り、ご挨拶の時間に。わきゃわきゃしているキャラクターズの輪の中にdianaのなつきキャプテンとM☆Splash!! の貴代リーダーの二人が登場、ステージを見守るお客さんにご挨拶を行っていきます。

 お辞儀のスキにソックスを直すリーンちゃんのルーティーンやマー様の昭和全開なエア指笛なんかもありつつ、なつきキャプテンが堂々としたご挨拶を。そんな最中にも後ろの皆さんはフリーダム全開に。スターマンさんと仲良しのズー様というほんわかする組み合わせがあったり、COOLさんとキララさんがなにかしらしていたり、キララさんとリーンちゃんが仲よさそうにしていたり、この二チームの絆、みたいなモノを感じていました。

 貴代リーダーの挨拶の合間にキララさんがなつきキャプテンをギュッとしてるシーンが見られたり、色々な意味で貴代ちゃんらしい豪腕っぷりが全開になったご挨拶なんかがありつつ。ズー様がツボに入ったらしく、こなっちゃんの肩を借りて笑いを堪えていたような、そんな塩梅だったり、リーンちゃんが指をさしてぷぷぷとしていたり、色々な意味で通常進行でした(笑)。
 
 

 最後のコラボレートは何を使うのかなぁとワクワクしていたんですけども、最後にチョイスされたのはマツダオールスターゲーム2011で使われ、球場エンタメ好きの心にしっかりと刻まれることとなった「HOLD MY HAND(Ver.Chiba)/SEAMO,HOME MADE 家族,nobodyknows+」でありました。

 M☆Splash!! サイドだと「HOLD MY HAND(Ver.Chiba)/SEAMO,HOME MADE 家族,nobodyknows+」のフリが入っているメンツってのも多いんですけども、dianaさんだとこの日のメンバーを確認すると、りさPDが当日のメンバーだったことを除くと、後々フリを入れたのかなと思うわけで。そのへんの腕とか流れ、心意気なんてのが伝わってきたのがものすごく楽しかった、そんなキオクがあります。

 全員集合過ぎるとどこを撮っていいのか悩ましくあるんですけども、とりあえず光源のあるステージ上を中心に。ちょうどくるみ姉さんとかしおりちゃん、あやかちゃんなんかがという形でしょうか。ただ、終盤になるにつれ、写真にも出てるんですけども、雨がさーっと。演者の勢いに押されつつ、その空気感が残せたらいいやってそんな勢いで撮ってたと。これはもう状況がどうとかじゃなく、この瞬間を残したいってそんな風に思っちゃうんですよね。

 基本、バックステージで見守っていたゆかいな仲間たちですけども、キララさんはdianaにあこがれてナンボなハムスターなので、上手の他のメンツの邪魔にならない位置で楽しそうに踊ってました。キララさんもこの頃にはもうすっかりNPBに馴染んでたのかな、なんて感じる私でした。
 
 

 最後はオールキャストでの記念撮影。キャラクター・チア交流の最後の記念撮影はまつりの終わり感を感じるのと同時に共に魅せてきた面々の充実した顔を見るのが楽しくて。叶うことのない願いですけども、この時間がずっと続いたらいいねと、そんな風に思ったりしてしまいます。

 バキッとした撮影後、みんなが引き上げていくんですけども、女子組が手に手を取ってご挨拶しているシーンにほんわかしたりしていたモノの、最後、お客様にハイタッチを求めに来たスターマンさんに笑わされて、笑顔のままQVCマリンフィールドを後にしたのでした。
 
 
 
 
 
 ・もうひとつの負けられない闘い2013(その3)
 
 
 
 
 
 さて、次回は2009年のエントリー。東京ドームで行われたオープン戦の様子、読売ジャイアンツと埼玉西武ライオンズの試合で見た色々をお届けしています。
 

 
 

著者紹介

オサナイ タカオ観戦撮影者/コミュニティFMパーソナリティ
自身の担当番組で話すネタにと野球場に足を運んでいたら、スタジアムを盛り上げているキャラたち、そしてチアたち、
いわゆる球場エンターテイメント班のみんなの活躍に心奪われ、素敵で素晴らしいみんなの活躍を色々な人に伝えたいと
写真とテキストで綴る「Radio TRICK -光画部-」を2006年7月19日からスタート。気がつけばもう開設から10年です……。
■現在の担当番組
FM HOT893 「Weekly Hotline」 パーソナリティ
FM HOT893 「Sunday Request Line」 レポーター
FM HOT893 「Now&Know」 パーソナリティ(代打)

«
»

コメント





コメント