ほしととらのこうりゅうせん2013(その2)

勝利っ!
2013/6/22 横浜スタジアム
勝利っ!

 観戦集中区間を駆け抜け、改めて観戦予定を見ると、逆にカウントダウンが始まっているという状況に気づいた私。もうそんな時期に突入しているんだと寂しくもあり、宿題が一切手付かずな現状に憂いを感じたりなんだりというような、急に秋めいてきた日々を過ごしている昨今でありますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

 夏の入りもそうだったんですけど、秋も急に訪れたと言いましょうか……。じわじわと季節が移り変わってくれたら体調を崩さずに済むのになぁと思うんですけど、そうは問屋がおろさない形なのかなと。とりあえず、栄養と睡眠をしっかりとって、日々の観戦に支障が出ないようにしていきたいと思います。観戦の合間に仕事をしているオンシーズンなので、観戦に支障が出なければで問題無いと(笑)。
 
 
 っと、速報的に、2015年8月27日の試合でB・Bが1000試合出場達成と聞きまして。B様のコラムで「職業としての球団マスコット」に興味が湧き、実際に見に行ってその凄みを感じ、さらにキャラクター達と共にスタジアムを盛り上げるチアの皆さんの楽しさも知った……と言う私なので、ホントにB様の1000試合出場達成が嬉しくて……。

 1000試合出場おめでとうございます。次の1000試合出場まで、自身の写真集のタイトルのごとく、「RUN」でとことん突っ走っていってください!

 ※諸々のオモヒデ話的な枕は次回更新で(笑)。

 
 
 さて、今回も2013年のエントリー。2013年6月22日に横浜スタジアムで行われた横浜DeNAベイスターズと阪神タイガースの試合で見た色々を見て行きたいと思います。今回は試合終了後の様子を見て行きましょう。

 この日は5-3で横浜DeNAベイスターズの勝利。2年前でしかないんですけど、この日のテーブルスコアとかを見ると懐かしい感じも。日頃から即時性はないと宣言している光画部ではありますけども、ちょっとしみじみと。

 ただ、写真のチェックを改めて行っていて、現在は広島東洋カープで頑張っている新井貴浩選手をこれでもかと撮っていたと言う事実にちょっと笑ってしまいました。

 それでは、ベイスターズ勝利後の様子、試合終了後の様子を含めて見ていくことにしましょう。
 
 
 ※2015/2/24の更新から写真置き場をサイト本体よりFlickrに移管しています。見栄えだとかが変わってきていますが、さらなる更新頻度向上のためとしてご理解ください。

 写真本体はFlickr上でご覧頂くか、フレームの右、または左(ちょっとまだ安定しないんです。ごめんなさい)でスクロールさせながら御覧ください。
 
 

 この日は三塁側A指定の上の方から見ていたんですけども、広くゆっくり見るにはFAとかより楽にできるわけで。この辺はスタンスの問題かなぁと思うんですけど、私が性に合っているのは、近いところでではなく、遠目のところから望遠使って撮っていくってのが一番なのかな、なんて思います。

 そんな上から見ていた勝利時の様子。スターマンさんとキララさんの動きにちょっとまだ遠慮があるというか、模索しているのかなぁというのは2015年から見た感想。中畑監督とスターマンさんに若干の距離感を感じたり、ここ最近のおなじみである勝利のハイタッチを撮り逃しではなく、おそらくやっていなかったっぽいのを感じたりってのが再チェックで感じた思いであります。

 引いた位置で見守っていたんですけども、阪神ファンの皆さんは敗戦とともに撤収モード。勝利の流れを見守りつつ、移動しながら様子を撮っていたんですけども、真横からお立ち台が狙えるスペースに空きがあったので、ヒョイッと向かってみることにします。
 
 

 この日のお立ち台は先発の藤井秀悟投手からマウンドを継いで、1回1/3を投げ切った大田阿斗里投手と2点タイムリースリーベースを含むマルチヒットで大活躍だった石川雄洋選手でありました。石川選手のヒロインといえば、色々とワクワクしてしまう状況もあったりするんですけど、この時はその内容よりもスターマンさんやあやかちゃんの様子を押さえることで精一杯でした(笑)。

 お立ち台の選手とキャラとチアと言うのを現地で見るのが楽しみな私。、この辺はホント、テレビには映らない、現地に行った人じゃないと楽しむことが出来ない、そんなポイントだと思いながら球場に足を運ぶんですけども、そういった楽しみを勝手にもっと伝えていきたいなぁって思いますし、知った人は「生の球場の魅力」から離れることが出来ないだろうなぁ、なんて思ったりもします。

 改めて写真を見ていて、スターマンさんたちの細かい動きがしっかりと残っていまして。現地でもヒーローに光を当ててしまえば、気づかないかもしれないシーンですけど、ヒーローたちの姿は大手さんが拾えばいいやと言う頭のもと、ゆかいな仲間たちの姿を残していけたらいいかなと。

 ただ、そんな光画部ですが、ヒーローがブルペンカー(現在は謎のマシン)に移動したあとのスターマンさんたちの動き、お立ち台でアピールしたあとのジャンプは見事に撮り逃し。次こそは逃さないように経験の蓄積を行っていくってのもパターン。ただただ遊んでいるだけではありますけど、次に繋げる、しっかりと押さえるってことは外したくないなぁと、そんなふうに動いています。

 ヒーローを見送ったスターマンさんとキララさんはdianaさんたちとハイタッチ。こういうシーンを見るのも撮るのも好きで。チアの皆さんの笑顔、キャラたちの笑顔な雰囲気、その両方をしっかりと撮って残していきたいなぁとシャッターを切っている私であります。しかしまぁ、ぱっと見で手前にいらっしゃる、スラっと美人なるりちゃんはこうしてみるとほんとに麗しく。ただ、スイッチ入ると……面白かったですよね、るりちゃん(笑)。
 
 

 ヒーローのご両人がライトスタンド前でご挨拶しているところにガトリング砲でプレゼントをぶっ放していたライダーさんが合流。ある意味で美味しいところを綺麗にかっさらっていたという、そんな流れ。このあたり、今もそうですけど、せっかくなのでキャラもみなさんも一緒にって流れを作れたら綺麗なのにねって思います。

 お立ち台周辺でヒーローを見つめていたスターマンさんとキララさんですが、ヒーローがホーム方向に戻ったあとで行われるヒーローフォトに向けての位置へ移動していきます。その移動の途中でもdianaさんたちとハイタッチをしながら移動していくスターマンさんとキララさん。ほんとに嬉しいがしっかりと伝わってきます。

 しばらくして、dianaさんたちは2次会を更に盛り上げるべく、ライトスタンド方向へ。走り去る姿が綺麗だなぁと思いながらシャッターを切っていたりしたんですが、OGになってから改めて書きますけど、実はファンだった(笑)さりあちゃんの姿を撮ることが出来たのはこの時素直に嬉しかったんですよね(笑)。

 スターマンさんとキララさんはヒーローフォトに参加、dianaさんたちはバキッと整列して二次会と言う、そんな星のきらめきを感じる試合終了後、一頭の虎が動き始めます。
 
 

 横浜DeNAベイスターズ側の皆さんが盛り上がっている頃、三塁側の一角ではトラッキーさんがフラッと登場。手には試合中、ライダーさんが持っていた星形のトンボを持っての登場で、細かい小道具もしっかりと用意して来るあたり、師匠の面目躍如といった感じでしょうか(笑)。

 まずはお付きのスタッフさんにバキッと決めたポーズを撮って貰い、そこからホームベース後方へ。そこでエアならしを敢行していたトラッキーさん。このへん、野球へのリスペクトがしっかりとしていると言いましょうか、実際に馴らすことはなく、馴らすふりをして、実際に土に触れることはなかったという所。整備は整備のプロに、ですね。

 エア整備を終えたトラッキーさんがトンボを返却し、続いて向かったのは三塁方向。こちらはリーンちゃんもよくやる、ほうきとちりとりを使っての清掃作業のようです。誰に頼まれた訳じゃなく、自主的に行っているんだと思うんですけども、その背中は若干すすけていました(笑)。
 
 

 エア整備を終えたトラッキーさんですが、ホームベース付近に再び戻ってきて、なにをするかと思えば帽子を取り……と、ここまでで何となくトラッキーさんがなにをやりたいか分かった私はその一挙手一投足に注視していきます。キャップをとったトラッキーさんはそのばで跪き、キャップの中にハマスタの土を入れるという、そんな動きをしていました(笑)。

 甲高校野球ではお馴染みの「甲子園の土を持ち帰る」という動きですけども、交流などで登場したトラッキーさんが敗戦時に魅せる動きとしても残っていまして。確か最初に見たのは2009年の札幌、みんながみんなスパークしていたあの夏だったと思うんですけど、そこから変わらぬネタを魅せてくれていると言うことがなんか嬉しかったです。

 悲しみのトラッキーさんですが、お客様にはしっかりとご挨拶。三塁側で残っていたタイガースファンの皆さんの声援に応え、帰るのかと思ったんですが、そのままフィールドで待機していたようです(笑)。
 
 

 一塁側ではスターマンさんたちがFAのお客さんとふれ合ったりしている最中。ヒーローフォトが終わった後、その様子を見守っていたお客さんの所に行くのがお馴染みの流れ。外でのグリーティングがないときでも、少しの時間しかとれない時でも、特別演出がない限りはしっかりとふれ合っている、そんな印象があります。

 諸々ふれあいを終えて、スターマンさんとキララさんがホームベース後方へ。バックネット付近でお客さんと遊んでたトラッキーさんと合流して、締めくくりのフォトセッションを行っていくようです。合流直後の雰囲気とか、ものすごくいい感じですし、締めるところは締めていたり、かなりいい雰囲気だったことが記録で遺せているかな、なんて思うわけで。

 スマートな記念撮影からスターマンさんの飼い主の頃から脈々と受け継がれている星合わせの儀式。このへんまではスマートな流れだったんです。キララさんがトラッキーさんなぜてたり、スターマンさんが尻をなでて貰おうと反対向いたら、みんなでぴとっとしてたりとか、そういうのはありましたけど(笑)、比較的おとなしかったと思います。
 
 
 ただ、ここで気付くべきでした。キララさんがトラッキーさんをなでまくってたことから、どうもお互いにお気に入りなんじゃないかなという事実に。
 
 
 撮影が終わり、さんにんが再び顔を合わせているシーンで、トラッキーさんがスターマンさんとキララさんの関係を確認してまして。スターマンさんは照れているけど、キララさんは全然その気なしという、ありがちすぎる光景があったんです。あーあーあー、いつもの流れだ……と思ったのもつかの間、トラッキーさんがキララさんをお姫様だっこして、そのまま連れ去るという事案が発生していました(笑)。

 どう見てもまんざらじゃなかったキララさんとか、予想外のオチを付けてくれた坂田師匠とか、魅せ場は色々だったりなんですけども(笑)、完全に虚を突かれた形のスターマンさんの悲哀が本当にたまらなく、きっちりとそういうネタで魅せてくる、おさにんのポテンシャルは素晴らしいなぁと思いながら、消え去ったふたりを追いかけるスターマンさんを見送っていました。
 
 
 
 
 ・ほしととらのこうりゅうせん2013(その2)
 
 
 
 
 
 次回は2009年の様子、東京ドームで行われた北海道日本ハムファイターズと千葉ロッテマリーンズの試合で見た色々を見ていくことにしましょう。2015年8月27日の1000試合出場を達成したB様の6年前の姿は……今とあまり変わっていないようにも思うんですけども、そのあたりをしっかりと再構築していきたいと思います。
 
 

 
 

著者紹介

オサナイ タカオ観戦撮影者/コミュニティFMパーソナリティ
自身の担当番組で話すネタにと野球場に足を運んでいたら、スタジアムを盛り上げているキャラたち、そしてチアたち、
いわゆる球場エンターテイメント班のみんなの活躍に心奪われ、素敵で素晴らしいみんなの活躍を色々な人に伝えたいと
写真とテキストで綴る「Radio TRICK -光画部-」を2006年7月19日からスタート。気がつけばもう開設から10年です……。
■現在の担当番組
FM HOT893 「Weekly Hotline」 パーソナリティ
FM HOT893 「Sunday Request Line」 レポーター
FM HOT893 「Now&Know」 パーソナリティ(代打)

«
»

コメント





コメント