星と竜の負けられない戦い2013(その2)

いよいよ始まるダンスショータイム
2013/6/30 横浜スタジアム
いよいよ始まるダンスショータイム

 パシフィックリーグのクライマックスシリーズ進出をかけたギリギリの猫と鴎の戦いが月曜日に。両チームとも負けられない状況下で鴎ちゃんが一点差を守りきり、自力CS進出の目を残したという、そんなギリギリの戦いが行われている中で、西口投手の引退セレモニーがあったり、前日には森本稀哲選手の引退セレモニーがあったり「そういう時期」だということを嫌でも自覚させられてしまう昨今でありますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

 ホント、この時期の空気感はなれないですし、慣れる気はありませんけども……。今年は特にビッグネームが多く引退を決めたり、現役続行を目指して退団したりと、色々な動きが。スタンスとして、公式発表が出るまでは平常心でという形でいたいかなと。一喜一憂してってのもあれですし、心静かになんとか過ごしていたいと、そんな風にも思ってます。

 球場エンタメ……特にチアの皆さんの今年と来年もってのもそろそろちょっと気になる季節ではあるんですけども、目の前で起きている事象を全力で楽しんでいけたらいいなって思います。色々思っても仕方がないですし、とにかく全力で遊んでいこうと、そんな風に思います。
 
 
 さて、今回は2013年のエントリー。2013年6月30日に横浜スタジアムで行われた横浜DeNAベイスターズと中日ドラゴンズの試合で見た色々をお届けしていきましょう。今回と次回で試合開始前に行われたdiana VS Cheer Dragons Dance Show Timeの様子を見ていくことにしましょう。

 2015年シーズンは「サポーテッドカールズユニット」として、新しい船出を切ったdianaさんたちですけど、この頃は普通にチアパフォーマー。千葉ロッテマリーンズや中日ドラゴンズとキャラ交流・チア交流を果たし、交流はチームを育てるを体現していた、そんな流れがあったように思います。

 両チームの球場エンターテイメント好きも年に一度の交流を楽しみにしていて、お互いがお互いのチームの凄いところがぶつかってくるんだろうなぁと、ワクワクしていたような、そんな日曜日。色々な場所で色々と楽しませていただいている私も今年はどんな交流が見られるのか、期待しながら始まりの時を待ち構えていたのであります。

 先行はdiana。この年の交流戦以降登場したホットパンツ系の衣装に身を包んでの登場だったんですけど、みんなの表情を見て、この後の色々がえらい楽しいモノになるだろうなぁと思う私でありました。
 
 
 ※2015/2/24の更新から写真置き場をサイト本体よりFlickrに移管しています。見栄えだとかが変わってきていますが、さらなる更新頻度向上のためとしてご理解ください。

 写真本体はFlickr上でご覧頂くか、フレームの右、または左(ちょっとまだ安定しないんです。ごめんなさい)でスクロールさせながら御覧ください。
 
 

 てなわけで、先行のdianaさんはこの頃のオープニングアクトのメドレーをここで。手元のブートレグ音源を確認しつつだったんですけど、最初の曲が分からず。中盤の「Party Rock Anthem/LMFAO」や「Dance Again/Jennifer Lopez」は何とかアプリが拾ってくれたんですけども……と、セトリ作成と音源収集はある意味で趣味であります。

 結構早い展開で進んでいくというのもあって、ある程度引いた絵で撮った後は個々をと。いい絵を引けたかなぁってのがオサナイがあまり公言しない(笑)チアさんでファンですって人の一人(笑)、さりあちゃんとかまりちゃんのコマ。れいかちゃんなんかもいい感じかなってんで、アップしている次第であります。

 フィールド上でのコラボも控えていたという形なのか、終盤はチアドラゴンズの面々も一緒に。りほちゃんやりかリーダー、ゆまサブリーダーに翌年リーダーを務めるゆいちゃんが参加していくって形なんですけども、数年寝かした後で当時の写真を見ると、それはそれで楽しいってのは、こう言うなにげないコマから感じたりします(笑)。
 
 

 続いては中日ドラゴンズの2013年オープニングアクトの曲「Let’s Dance/nobodyknows+」を。2015年のオープニングアクトを先日……今年出最初で最後になりますけども見ることが出来て、悪くはないと思うんですけけど、このあたりのnobodyknows+さんが絡んでいた頃の流れが好きだったので、ちょっとゆっくりした感じ(「Uptown Girl/Billy Joel」を使用)がちょっと不思議でした。

 りかリーダー、ゆまサブリーダーを撮りつつ、全体の流れを。この曲もdianaさんのオープニング同様、コラボでのアクトがあったんですけど、しおりちゃんとあやかちゃん(2015も横浜で頑張ってます)、さりあちゃん(違う形ですけど横浜で頑張ってます)、そしてれいかちゃんが参加して「Let’s Dance/nobodyknows+」をという交流ならではの動きが。思い切りコラボしていく、交流していくと言うのは他ではあまりない、星と竜の交流ならではだったかな、なんてキオクがあるんですけど、どうでしょうか。

 ざーっとみんなの写真を再チェックしていて、グッと来たと言えば2015年は北の大地、ファイターズガールとして頑張っている茉莉代ちゃんがチアドラゴンズとして活躍しているシーンを押さえる事が出来ていたって事で。もちろん、ファイターズガールとしてはルーキーですけど、そこまでに体感した経験が北での色々に生きているかな、なんてのを札幌や東京で見まして。

 NPBの球場エンターテイメントは本当に凄いんだよとか、そんなことを言い続けている人として、こういった形が今後さらに多くなると、それはそれで楽しいと思いますし、チームの勝敗は勝敗として、違う方向で、いつも見に行く球団とは別の球団の試合を見てみようってなっていったら楽しいよなぁと、そんな風に思うわけであります。
 
 

 両チームのオープニングが終わり、りさPDとなつきキャプテンのMCで一旦休憩した後はチアドラゴンズの攻撃。この年の「メンバーの得意分野を全面的に押し出す」アクトである「Dance Earth ~Beat Trip~/EXILE」を繰り出してきます。この年のGW、そして数週間前の千葉でそのアクトを目の当たりにして「押さえたいシーン」というのはある程度頭に描きつつ……ではあったんですけど、いざ実際に蓋を開けると慌てちゃってってパターン。このへんはいつになっても治らない私の癖だったりします。

 りかりーだーとかよちゃんのリボンはきっちりと押さえたいなーとか、あんずちゃんとかりほちゃんのソロを……思いつつ、名古屋や千葉では出てこなかったドアラさんが不意に。一瞬だけで戻っていったんですけども、キャラは自身だけが参戦ですし、何とか盛り上げて行こうという、そんな勢いがあったのかな、なんて推測しますけど、実際はただただ出たかったとか、単純な理由のような気もします。
 
 

 攻守交代してdianaさんが魅せるのは「Pom Poms/Jonas Brothers」であります。各チームともに選曲の傾向が出るって話は光画部でも色々と書いていましたけども、dianaさんはどちらかというとアメリカンな路線。それでも、いわゆるなアメリカンなチアさんてよりも、ディズニーチャンネルの影響が強いのかな、なんて思いながら聞いていました。

 ここはある程度この日登場のメンバーが全員出てという流れがあったみたいなんですけども、ちょいちょいしおりちゃんがぶっ込んできていたり、ゆーきちゃん、ともちゃん、あやかちゃん、れいかちゃんをポンポンと。トータルで撮りながらも個々を撮ってみようって、2015年現在の流れがこの頃にはしっかりと確立されていたんだなぁと、そんなことに気付いていました。

 今でももちろん模索中ではあるんですけど、何となくの形が出来上がってきているかなぁと。ただ、今の感覚でこれをどう撮ったんだっけって分からなくなることもあるので、たまに見返すのは重要だなぁって思います。
 
 

 進むステージ、チアドラゴンズの面々はタオルを使った楽曲「Sunshine On You/シェネル」を繰り出してきます。MIK担当時代という形にはなりますけど、チアドラゴンズの皆さんの選曲の流れを聞いたことがあって、結構深い考えの基で選曲されているんだなぁって思ったんですけども、この「Sunshine On You/シェネル」はどちらかというと、タオルを使いつつも可愛い系統の楽曲になるかな、なんて思いながら聞いて見ていたと思います。

 タオルを使う曲というと、大体激し目で元気いっぱいって曲が多いんですけども、この曲はまさに。そんな元気いっぱいの楽曲の中で光ると言えばみんなの笑顔かなぁと。ざざーっと選定していて、みんなの笑顔がいい塩梅に遺せているなぁって思ったんですけど、特にりかリーダーが可愛く撮れたかも! なんて思ったんですが、次の曲の導入部で壊れていくとは予想出来ませんでした(笑)。
 
 

 「Sunshine On You/シェネル」に続いてはマスコット対決でも使われた「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ/ダウン・タウン・ブギウギ・バンド」なんですけど、これの導入部分は若干、コントっぽい動きが。dianaからはそういうのが得意すぎるという印象がはなっからあったしおりちゃんが登場。対するチアドラゴンズは……ドアラさんとの童謡シリーズの相棒を務めていたりかリーダーが参戦、お客さんもりかリーダーが参戦するところまでは読めたんですけど、即興でとことんしおりちゃんに併せてくるとは思わず、その動きを見ながらみんな爆笑していました(笑)。

 サングラス装備のスターマンさんと昭和のイカしたサングラスとスカーフ装備のdianaさん達が魅せてくる「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ/ダウン・タウン・ブギウギ・バンド」はスターマンさんとdianaさんの小芝居含みのアクトがホント好きで。ビシッと決めているdianaさんにテレビの中でしか見たことのないゴーゴーガール感を感じさせて貰ってましたし、簡易ベンチを波止場のビットに見立てて格好を付けているスターマンさんは格好いいんだかなんか分からないんですけど、その勢いだけはしっかりと感じさせてくれていました(笑)。
 
 
 簡易ベンチをしっかりと片付けてスターマン組が撤収した後は続けてキララさん組。スターマンさんとキララさんの新曲をと言う流れだったんですけど、横浜さんは2014年までセンスのいい楽曲多かったんですけど、中々音源化されなくて。音源化されていたら担当番組でもシレッと流せるのになあってそんなことを思いながら見ていました。

 キララさんは女子球団マスコットらしくバキッとしたアクトを。dianaになりたいハムスター、dianaキッズのファーストクラスだと言い張るなど、キララさんのダンスにかける思いというのは当時は凄かった……今はベクトルが選手物まねの方にちょっとずれて面白くなってますけど(笑)、この時の堂々とした姿はしっかりとデータに残っています。
 
 

 横浜の攻撃が続いた後、チアドラゴンズの皆さんは前年の星竜交流がシェイクダウンだった「Heart Beat/加藤ミリヤ」を繰り出してきます。遠征で新ネタをという流れがチアドラゴンズさんはあったんですけど、前年の横浜で「Heart Beat/加藤ミリヤ」を見たときは、ロンドン五輪の直後だったですし、なんかグッときたのを思い出します。

 ここのセクション、写真の点数は多いんですけど、ほぼほぼ加藤ドアラさんの印象だけがのこりまして。もちろん、チアドラゴンズの皆さんの姿も押さえていますし、きっちりと撮っているんですけど、加藤ドアラさんの色々があまりに濃くて。加藤ドアラさんもチアドラゴンズの皆さんの動線はしっかりと確保しつつ、横の方であてぶりをしていた形なんですけども、それが逆に目立ってしまったような気がしないでもなく……。

 ただ、加藤ドアラさんの動き……。謎のあてぶりやゴング音に併せた怪しい動きなど、そのへんがなければチアドラゴンズの皆さんの魅せる「Heart Beat/加藤ミリヤ」らしくないと、そんな風に思います(笑)。
 
 
 
 
 
 ・星と竜の負けられない戦い2013(その2)
 
 
 
 
 
 さて、次回はダンスショータイム後編、diana2013のdianaらしさが全開になっていたところのあたりから見ていきたいと思います。美人さんでもスイッチが入ったら大騒ぎだってことを知らしめていきたいです(笑)。

 
 

著者紹介

オサナイ タカオ観戦撮影者/コミュニティFMパーソナリティ
自身の担当番組で話すネタにと野球場に足を運んでいたら、スタジアムを盛り上げているキャラたち、そしてチアたち、
いわゆる球場エンターテイメント班のみんなの活躍に心奪われ、素敵で素晴らしいみんなの活躍を色々な人に伝えたいと
写真とテキストで綴る「Radio TRICK -光画部-」を2006年7月19日からスタート。気がつけばもう開設から10年です……。
■現在の担当番組
FM HOT893 「Weekly Hotline」 パーソナリティ
FM HOT893 「Sunday Request Line」 レポーター
FM HOT893 「Now&Know」 パーソナリティ(代打)

«
»

コメント





コメント