星と竜の負けられない戦い2013(その4)

ビジョンに映るさんにん
2013/6/30 横浜スタジアム
ビジョンに映るさんにん

 セントラル・リーグ、パシフィック・リーグともに2015年の全公式戦日程が完了。最終戦まで順位の確定がない、そんな状況では有りましたけども、いよいよこの後はポストシーズンに突入していくという形で、2015年の締めくくりがどんな形になるのか、ワクワクし始める昨今でありますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

 更新が止まっている間、東京ヤクルトスワローズの本拠地、神宮球場での胴上げからファンの前でのビールかけという、中々見られないシチュエーションを目の当たりにして、終電を逃す覚悟で見届けたり(その後、新宿まで出て一杯引っ掛けた後にマン喫で始発まで寝てました(笑))、クライマックスシリーズ出場を確定させたあとの千葉ロッテマリーンズ・ホーム最終戦を見届け、ステージで「PVやります」の報を受け、おさない、札幌なんだけど……と苦笑いをしていたら、みなさんにバレっバレ。更にプレッシャーも程よくかけられたりなんだりと、みなさんの耳のはやさに笑っておりました。

 とにもかくにも、10日のエフエムさがみ、Now & Knowが終了した後は羽田に向かって機上の人。前泊したあとの日曜日、勝敗によっては月曜日もという形で札幌で色々と見届けてきます。
 
 
 
 ……とりあえず、なに食べようかなぁと頭がいっぱいな昨今です(笑)。
 
 
 さて、今回は2013年のエントリー。2013年6月30日に横浜スタジアムで行われた横浜DeNAベイスターズと中日ドラゴンズの試合で見た色々をお届けしていきましょう。今回は試合開始前の色々の様子を見ていきたいと思います。

 ステージでの熱い交流、熱いコラボが行われ、その興奮冷めやらぬ……実際には、ラス曲はなんかこう、この交流だからこその曲とか、オールスターで全員集合の時にやっていた「Hold My Hand」が良かったよねとか、お客さんが故にフリーダムにあーじゃないこーじゃないといろいろと言いながらスタンドに入っていったのをなんとなく思い出します(笑)。

 座席について、息つくまもなくビジョンに映るさんにんが。大型ビジョンに映る皆さんのインパクトはすごいなぁと感じつつ、自分の勝手に課した役割を果たすべく、気合を入れなおすのでありました。
 
 
 ※2015/2/24の更新から写真置き場をサイト本体よりFlickrに移管しています。見栄えだとかが変わってきていますが、さらなる更新頻度向上のためとしてご理解ください。

 写真本体はFlickr上でご覧頂くか、フレームの右、または左(ちょっとまだ安定しないんです。ごめんなさい)でスクロールさせながら御覧ください。
 
 

 まずはビジョンでご挨拶のおさんにん。ご丁寧な挨拶はドアラさんの基本ですし、スターマンさんもいつも通り。個人的にはひょっこりしているキララさんがラブリーで、まさか数年後、選手物まねでベイスターズファンの皆さんのハートをルパンすることになるとは思いませんでした(笑)。

 ご挨拶後、ドアラさんがふわっと移動を開始。続いて三塁側からスターマンさんとキララさんがご挨拶という流れだったんですけども、この日はキャラ・チア交流戦と言うこともあって、最前列にスターマンさん達のおともだちが一杯。そのみんなにご挨拶をしながらという形なので、色々とサービス全開。光画部のカメラを見つけて、チコクだと言うスターマンさんがそこにいたりしたんですけども、周りの皆さん色々な意味でキョトンとされていました(笑)。

 ライダーさんもこのぐらいの時間帯には出てきていたんですけど、横浜スタジアムの平和を守るライダーさんはグラウンド整備の行方がとても気になっているようでした(笑)。
 
 

 ふわっと移動していたドアラさんですが、その後はスタメン発表に合わせてレフトスタンドを盛り上げるというミッション。ここ数年はドアラさん単体での遠征が多いので、このへんの盛り上げも重要な役割。シャオさん、パオさんも一緒の遠征だった頃ももちろん、スタメン発表時はハイテンションだったんですけどね(笑)。

 そんなドアラさんのバックを狙っていたスターマンさんですが、このセクションはベイスターズのスタメン発表もあるので、そこそこにして移動を開始。キララさんと共にライトスタンド前に移動して、スタメン発表を盛り上げて行きます。

 ビジターサイドのスタメン発表が終わったドアラさんはグラウンド整備を見ていたライダーさんと一瞬の交錯があり、一旦ベンチ方向へ。ライダーさんは逆にスターマンさん達の方へ移動していくいうかたちで、結構めまぐるしく動いていきます。

 ライダーさんはスタメン発表をスターマンさん達と盛り上げた後、ホーム方向へ移動。スタジアムDJの南さん横でこの後の諸々に向けての待機。フィールドキャッチボール大会が行われている後ろできっちりとスタメン発表を盛り上げたスターマンさんとキララさんはレフト方向へ。そこで次のイベントに向けて移動してきたドアラさんと合流していました。

 スターマンさんは個々で本懐を遂げるべく動き始めます。ドアラさんが状況を見ながらふらふらしていたんですけども、スターマンさんはそのドアラさんのしっぽを触りたくて仕方が無い様子。むしろその先にあるおしりをなで回したいんだろうなぁと、被害者の人としては思うんですけども(笑)、ぱっと見は非常にほほえましい光景が展開していました。

 ドアラさんが絶妙なタイミングでスカしているなぁって思ってたんですけど、実はちゃんと気付いていたっぽくて、ある瞬間にちゃんとしっぽをぷるぷるさせていたりとか、素敵な光景が。こう言う何気ないシーンを見ると、ドアラさんって優しいよなぁって思います(笑)。

 きっちりと尻を触れて満足したスターマンさんは座りながらレフトスタンドを観察していたんですけども、そろそろ次のイベントが始まるようです。
 
 

 相変わらずスターマンさんがドアラさんの尻に興味津々な中、フィールドイベントの対決シリーズに。両サイドのフィールド席のお客差の同士で大きなゴムボールを運びあい、最終的にキャラクターズがゴールのライダーさんの所へ運んでいくという、そんな流れ。

 実際、三塁側のボール運びが順調すぎて、えらい大差が付いていたんですよね。そんな中でドアラさん、状況をしっかりと見ながらボールを軸に回転して、大きな動きでゴールインを果たそうとしていたんですけど、ここもおそらくしっかりと見た結果だと思うんですけど、回転したあげくにボールを吹っ飛ばすという、そんな動きが。

 これでだいぶタイムロスしたドアラさんですが、スターマンさんチームはさらに遅く、なんとかかんとかドアラさんの動きを含めていい勝負に。結局、ドアラさんが辛くも勝ちを収める結果になり、スターマンさんはその場で倒れ、ドアラさんは勝利に感謝するのでありました(笑)。
 
 

 対決イベント後は、dianaとチアドラゴンズの合同オープニングアクト。このへんはもう、チア交流の華と言ってもいいのかなと。お邪魔する側、ホームサイドのオープニングをお邪魔する側のみんなも含めて一緒に踊っているシーンというのは、やっぱり胸が熱くなるのであります。

 楽曲は試合開始前のステージでも使われた洋楽のメドレー。フィールドの中心ではdiana、そしてチアドラゴンズの面々がきっちりと合わせてダンスを魅せています。誰がどこに来るかってのは、お客さんからしたらもう、そのときにならないと分からないんですけども、この時の写真を見ると、りかちゃんが三塁側方向に居たような、そんな雰囲気ですね。

 2013年の星と竜の交流戦だと、キャラたちはチアさんに被らないあたりで自由に。ドアラさんが対決で使ったボールに座り、バランスボールのような、そんな感じで。そんなドアラさんの尻を追いかけていたスターマンさんは最終的に一緒にコラボっぽく見せているような動き。

 なお、ドアラさんのキメはボールに足を乗っけてのひとり扇。地味に体力使いそうな、そんな動きで締めていました(笑)。
 
 

 合同アクトの後は、三浦投手の応援ダンスレクチャー、スタメン確認、選手送り出しという形。応援ダンスレクチャーではスターマンさん安定のころんと。キララさんがしっかりと見つけて、ゆっさゆっささせていたんですけども、なすがままのスターマンさんはこう言うのがホントに似合うなぁと、ちょっと笑ってしまいました。

 スタメン確認できっちりしたところを魅せた後はスタメン確認する監督に深々とお辞儀、そして選手送り出しと言う流れ。やっぱり息のあった、ビシッとした送り出しは格好いいなぁって思いますし、試合が始まるぞと言う、そんなテンションにスッとさせてくれますよね。

 あとは……三浦大輔投手を最大級のお辞儀で迎え入れているスターマンさんにグッと。選手とキャラとの関係をゆっくり見ていると、色々と感じるモノがあるなぁと、久々に見た写真で思う私でありました。
 
 
 
 
 
 ・星と竜の負けられない戦い2013(その4)
 
 
 
 
 
 さて、次回は試合中・試合終了後の諸々を見ていきましょう。この日は横浜が三浦大輔投手、中日が山本昌投手の投げ合いで実に締まった展開だったんですけども、球場を盛り上げる皆さんの色々はいい意味でその熱戦のスパイスだった、そんな様子をお届けしていきます。
 
 

 
 

著者紹介

オサナイ タカオ観戦撮影者/コミュニティFMパーソナリティ
自身の担当番組で話すネタにと野球場に足を運んでいたら、スタジアムを盛り上げているキャラたち、そしてチアたち、
いわゆる球場エンターテイメント班のみんなの活躍に心奪われ、素敵で素晴らしいみんなの活躍を色々な人に伝えたいと
写真とテキストで綴る「Radio TRICK -光画部-」を2006年7月19日からスタート。気がつけばもう開設から10年です……。
■現在の担当番組
FM HOT893 「Weekly Hotline」 パーソナリティ
FM HOT893 「Sunday Request Line」 レポーター
FM HOT893 「Now&Know」 パーソナリティ(代打)

«
»

コメント





コメント