星と竜の負けられない戦い2013(その5)

不動のセンター
2013/6/30 横浜スタジアム
不動のセンター

 例年になくバタバタしたポストシーズンを過ごしている昨今。

 札幌では色々な思いが胸にあるなかでギリギリの闘いを見届ける、勝利をチームに呼びこもうと頑張る球場エンターテイメント班の2015年を見届ける事ができたかなという、そんな思いが。千葉ではある意味でパブリックビューイング慣れしているみんなの姿を見ることが出来たのは嬉しくて。結果は……まぁ、ホークスさんの厚い壁には歯がたたなかったんですけども。

 両チームの楽しいところを2015年はいろいろと見せてもらったということもあって、本当に複雑な思いで札幌にいましたし、最終日となった金曜日、霧雨降る中で応援を続けるエンタメ班や応援団、お客さんの姿にはちょっとグッときておりました。
 
 
 そんな色々はありますが、パシフィック・リーグは福岡ソフトバンクホークスが横綱相撲で日本シリーズへ。セントラル・リーグはファミリー感溢れる東京ヤクルトスワローズが日本シリーズへとコマを進めていきます。赤勝て白勝てで生暖かく見守るパターンだと思うんですけども、光画部的には、球場エンターテイメント班の交流がしっかり有ることを祈るばかり。

 先駆者たちが灯した火はなんとか繋げていってほしいなぁと、そんなことを思いながら10月後半戦をまったりと過ごそうかと思ったんですけど、光画部の更新が本当に滞っていたので、そこはこう……気合を入れなおして頑張っていこうと思います。
 
 
 さて、今回は2013年のエントリー。2013年6月30日に横浜スタジアムで行われた横浜DeNAベイスターズと中日ドラゴンズの試合で見た色々をお届けしていきましょう。今回は試合中の様子を見ていきたいと思います。

 フル編成での交流だった場合、シャオさんとパオさんが試合中のグリーティングに登場、ホッシーさんたちと一緒に記念撮影をという流れがあり、ドアラさんは高機動型のフィールド専用機として運用されるというパターンがあったんですけども、この日はドアラさん飲みの登場。

 グリーティングはどうなるのかなぁ、スターマンさんとキララさんだけの登場かなぁとか、そんなことを思っていたんですけども、普通にドアラさんが参加してという形に。なんだかんだで自然に参加していたドアラさんですけども、基本は「最低限の動作で最大の効果」を狙っているような形かなと。

 まぁ、早い話がセンターですっと立っていたってだけなんですけどね(笑)。
 
 
 ※2015/2/24の更新から写真置き場をサイト本体よりFlickrに移管しています。見栄えだとかが変わってきていますが、さらなる更新頻度向上のためとしてご理解ください。

 写真本体はFlickr上でご覧頂くか、フレームの右、または左(ちょっとまだ安定しないんです。ごめんなさい)でスクロールさせながら御覧ください。
 
 

 てなわけで、ドアラさんも参加しての試合中グリーティング。上にも書いたとおり、ドアラさんの基本はフィールド専用機だと思っていたので、ここに登場するとは思っていなくて。ある程度、関東でもドアラさんに対するテンションが大フィーバーから落ち着いたものになってきたのかな、なんて。ある意味でその人気が確固たるものになっているというほうがしっくり来るかも、ですね。

 記念撮影ではありますけど、自分自身は写らなくていいので最後の3ショットから撮っていたんですけども、最終盤は両チームのチアさんも入りつつ。dianaさんがなつきちゃんとさりあちゃん、チアドラさんがまりよちゃん、さきちゃん、りかリーダー、かよちゃんという面々。当時の空気感がそのままになる写真は楽しいなぁと改め思いながら。

 光画部さんは更新が遅いので、みんなの当時の姿が何年後かにぽんと入ってくる感じで。この時期だから特にですけども、ウチの更新が終わるまではみんなメンバーだってのを改めて書いておきたいと(笑)。ホントはさくさくとやりたいんですけどね、これでご飯食べてたらまた別なんでしょうけども、そのへんはご理解いただければと思います(笑)。
 
 

 グリーティングが終わると、以降はほぼフィールド。4表が始まる前にはdianaさんたちのアクト。この日は三浦大輔投手の登板日だったので、その応援を兼ねつつの動き。2015年は纏キングをやっていたような時間だと思うんですけど、dianaさんたちが登場して場内を盛上ていました。

 時を同じくしてDB.ライダーさんが愛用のトンボを持って登場。もうちょっと、ギミック的に練っていったほうがいいんじゃないかなぁと思った登場時に比べるとなんとなく固まっていた頃。白崎選手には何やら話しかけられていたみたいですけども、頑張ってグラウンド整備的な動きを見せていたような気がします。
 
 
 五回裏のダンスコンテストは両チームの皆さんが合同で出るパターン。この辺のチア交流らしい絵ってやっぱり好きで。しかもこの日はFAの最前列とか、そんな位置にいたということもあって、ドアラさんよりもチアドラさんやdianaさんたちを優先にという形だった様子。りさちゃんやみほちゃんなつきちゃんといったdiana勢、まりよちゃん、りかちゃんにかよちゃんにはるなちゃんというチアドラ勢をてな塩梅のようですね。

 本当は全員残したいってのが偽らざるキモチだったりんですけど、現実はそうも行かず。ぱぱっと目に入ったメンツを撮って、その上で見ていただけるレベルのものは全部出してしまおうと、そんな塩梅。実際に撮っている分量はもっといっぱいなんすけどね(笑)。
 
 
 Y.M.C.A.のあとはバズーカタイム。チア交流ならでは、ゲストのチアさんがバズーカをという形なんですけども、りかリーダーが持つと、バズーカがもの凄く大きく見えるなぁと。あとは、お客さんを煽るれいかちゃんが楽しいなぁってのが写真にしっかりと残ってたみたいで、あとから選定していてちょっと笑いました。
 
 

 中盤戦の演出の後は、両チームのラッキーセブンであります。

 位置取りが普段あまり座らない、FAの一番前だったため、ドアラさんの挙動に関して若干慌ててしまい、光源状態がとても良い状態なのにもかかわらず、逆さドアラを撮りそびれるという失態。ある程度愉快な仲間たちを、球場エンターテイメント班を撮ることに関して慣れていても、その場その場で行き当たりばったりといいましょうか、一定ではない楽しさなのかな、なんて思います。

 ラッキーセブンの時間、よくよく見ているとモノすごく短くて、ドアラさんをとって、チアドラさんの何人かをとったらもうドアラさんが目の前を通過して行くとかそんな塩梅で。流れの時間をある程度は把握していますけど、実際の現場になると慌てちゃうんですよね、やっぱり。
 
 
 一方の横浜DeNAベイスターズのラッキーセブンも三塁側に登場するパターン。360度、全てにホーム側のファンがいるという前提で立っている球団の場合、三塁側にもチアやキャラを出す事が多いんですけど、ベイスターズさんもそちらの方向。ラッキーセブンにはdianaさんとともにキララさんが登場しています。

 ここはザーッと撮りつつ、キララさんと……さりあちゃんを多めに。ショートヘアのチアさんは光画部、自動で応援していくパターンなんですけども(笑)、さりあちゃんはコロコロと表情が変わって、撮ってて楽しかったんだよねと、そんなことを改めて。最初のフックからずーっと撮っていたりすると、さらに楽しくって、そんなパターンだったのかな、なんて思います。

 今もさりあちゃんはなにかしら頑張っているんですけども、舞台は違えど、何かしら頑張っている姿を見かけることが出来るのはちょっと嬉しかったりします。
 
 
 一方の一塁側はスターマンさんが気合を入れて応援を。キャラクター交流・チア交流の時は三塁側からスターマンさんが頑張っているシーンを見ることが多いんですけど、相当細かく動いているのが分かります。そんなスターマンさんの後ろを三浦大輔投手がマウンドに向けて歩みを進めている、白いスタンドとスターマンさん、そして三浦大輔投手という絵がキラキラしていました。
 
 
 その後、8回裏に多村選手が同点のホームランを。喜びのるりちゃんやキララさんを撮りながら、若干流れがベイスターズ側に流れていったかなぁと思いながらハッピーナインを。ハッピーナインは一塁側を中心にという形なので、登場のシーンやバックショット中心ではあるんですけども、勝利をチームにというみんなの気合を見守っていました。
 
 

 三浦大輔投手と山本昌投手の投げ合いだったこの日、一進一退の攻防の末、9回裏に試合を決めたのは中村紀洋選手。3-2で横浜DeNAベイスターズがサヨナラ勝ちを決めた、そんな一日でありました。

 試合が決まったのと同時にスターマンさんとキララさんが登場。ライトポール下からはdianaさんたちも登場して勝利のシーンを盛り上げていく形。スターマンさんはまだこの頃、中畑監督(当時)とのハイタッチに躊躇していた時期なのか、そのへんの絵が残っておらず。もしかすると撮りそびれただけかもしれないんですけど、2014,2015年ほど勝利時にともに見せる方向というのは少なかったのかもしれません。

 勝利時の分かち合い、「勇者の遺伝子」が流れる中、スタンドと一体感を魅せていく球場エンターテイメント班。三塁側から見た一塁側の風景は本当に素晴らしく、全体的な喜びというのがひしひしと。引いている絵なので小さくはありますけど、スターマンさんとキララさん、dianaの面々が嬉しそうにしている姿が絵に出ていたら嬉しいです。

 「勇者の遺伝子」と勝利のスタージェット打ち上げ(当時は薄い水色が勝利の時の、でしたよね)が終わり、お立ち台方向へ移動していく皆さん。三塁側の状況を見て、こちらも移動していきます。
 
 

 人もひきはじめたあたりでバックネット裏の方からお立ち台を見守る形に。周りを見ながらではあるんですけど、皆さん正面に回っていくのと、お高い席の方々は終了後に早々に引き上げてという形なのかなと。この辺は周りの空気を読みながらというのは今も昔も変わらずに、ですね。

 この日は先発の三浦大輔投手とサヨナラヒットの中村紀洋選手。お立ち台の脇をdianaさんたちとスターマンさん、キララさんが固めてという横浜の勝利時の流れを横から。インタビュー時、テレビに写らない(テレビに映るのは主役の選手たち)んですけど、いろいろと動いて現地の皆さんを樂しませてってのは、光画部でもいろいろと書いてきましたし、野球場で楽しむことを知っている皆さんはその辺も期待しているのかな、なんて思う時もあります。

 ヒロインが終わり、お立ち台で記念撮影という流れなんですけど、ちょっと笑ったのがキララさん。メインという立ち位置のはずのスターマンさんが体格都合なのか下に降り、キララさんが上で三浦投手と中村選手と記念撮影していたって絵なんですけども、なんかふたりらしさが出ててちょっと笑いました。

 ヒーローたちは投げ込み用のボールにサイン記入後、ブルペンカーのMR-Sに乗って移動。2015年は謎のピックアップに替りましたけど、この頃はMR-Sにむりくり乗って移動してたんですよね。データを残して、数年後に見返していくってのが光画部なんですけども、その時の色々もしっかり残っているのが楽しいです。

 ライトスタンド方向にヒーローが向かった後、お立ち台にはスターマンさんとキララさん。楽しそうにしている姿を撮りつつ、頃合いを見計らって、ジャンプして降りるってシーンを待っていたり。狙い通りジャンプシーンを撮りつつ、ライトスタンドでライダーガトリング砲を使って、プレゼントを打ち込んでいる中村選手を撮っていました。
 
 
 お立ち台下に降りたスターマンさんとキララさんはdianaの面々とハイタッチ。ヒーローとのフォトセッション待機へ向かい、dianaさんたちはライトスタンドの二次会に一緒に参加して……と、この辺は2015年も変わらないスタイル。変化を付ける形ももうちょっと緩やかな感じでよかったんじゃないかな、とも思います。

 スターマンさんたちはライトスタンドの皆さんにご挨拶した後、内野のお客さんたちとふれあいを。時間の許す限り、お客さんたちと触れ合っている、スターマンさんたちの姿を見るのが好きで。そんな姿を残しておきたいなぁって思いながらいたんですけど、最後の引き上げで気づいてくれたスターマンさんがサッと「チコク」だと……。苦笑いで「最初からいたから!」って返したんですけど、とりあえずスターマンさんはもの凄く楽しそうでした。

 最後、ライダーダッシュを見送って外へ。スターマンさんたちのサンクスグリはなかったんですけど、ライダーさんがイケメンなポーズを取ってくれて、それを収めて撤収。トータルでこの年も交流は楽しかったよねーとかいいながら、中華街でお友達たちと打ち上げな酒席に突入するのでありました。
 
 
 
 
 
 ・星と竜の負けられない戦い2013(その5)
 
 
 
 
 
 さて、次回は2009年のサルベージネタ。GWの千葉マリン模様を……なんですけども、生データをロストしており、次回のエントリーは画像サイズが小さいパターンに。当時の息吹をそのままに……というパターンで申し訳ありませんが、よろしくお願いします。
 
 

 
 

著者紹介

オサナイ タカオ観戦撮影者/コミュニティFMパーソナリティ
自身の担当番組で話すネタにと野球場に足を運んでいたら、スタジアムを盛り上げているキャラたち、そしてチアたち、
いわゆる球場エンターテイメント班のみんなの活躍に心奪われ、素敵で素晴らしいみんなの活躍を色々な人に伝えたいと
写真とテキストで綴る「Radio TRICK -光画部-」を2006年7月19日からスタート。気がつけばもう開設から10年です……。
■現在の担当番組
FM HOT893 「Weekly Hotline」 パーソナリティ
FM HOT893 「Sunday Request Line」 レポーター
FM HOT893 「Now&Know」 パーソナリティ(代打)

«
»

コメント





コメント