せめぎあいの大阪(その3)

みんなのヒーロー
2009/5/5 京セラドーム大阪
みんなのヒーロー

 いよいよ11月に突入。プロ野球界的には水面下で動くであろうストーブリーグ以外だと秋季キャンプとファン感が主なところ。来シーズンに向けての色々と今シーズンの締めくくりがまもなくと言った感も有るんですけども、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 とりあえず、急遽の予定変更(詳細は今週更新のポッドキャストでお話していますので、ご興味ありましたらなにかしら。)で11月1日の浦和・大宮が完全に飛びましたけども、11月3日の鴨川は時間を調整してなんとか見に行けそうな形。22日、23日の自費取材もとりあえずは今のところ……という形で。

 とりあえず、いつもどおりをいつもどおりに過ごしていきたいと思う昨今であります。
 
 
 さて、今回は2009年のエントリー。2009年5月5日に京セラドーム大阪で行われたオリックス・バファローズと福岡ソフトバンクホークスの試合で見た色々をお届けしていきましょう。今回は試合中と終了後のフィールドの様子を見ていきます。

 始球式も問題なく終わって試合開始。金子千尋投手とホールトン投手の緊迫した投げ合いを楽しんでいました。ギリギリの投手戦は見ていて本当にドキドキするなぁとか、ごっつのスーパープレーとやらかしに和んだりしてたり。あとはいてまえドッグだけでは足りなくなって、スタ丼を買ったらその重量に一瞬泣きそうになったモノの、すっかり美味しく頂いたりと観戦遠征を楽しんでおりました。
と言うわけで、試合中の写真を見ていくことにしましょうか。
 
 
 ※2015/2/24の更新から写真置き場をサイト本体よりFlickrに移管しています。見栄えだとかが変わってきていますが、さらなる更新頻度向上のためとしてご理解ください。

 写真本体はFlickr上でご覧頂くか、フレームの右、または左(ちょっとまだ安定しないんです。ごめんなさい)でスクロールさせながら御覧ください。
 
 

 三回裏のマクドナルドバズーカはスタ丼を食べきることに夢中ですっかり飛ばしていましたが、五回裏の丸まん寿司バズーカの頃にはすっかりと食べ終わり、気合いを入れ直してその勇姿を撮っていきます。

 各チーム共にプレゼントバズーカはあると思うのですが、衣装装備ってのはあんまり無いキオク。つか、はっぴを着ているマスコットをフィールドで見るのは今回が初めてかも。正月のシャオロン・パオロン・ドアラ、先日の東京ドームでサンクスグリーティングんときにひこにゃんはっぴを着てBBを見たぐらいですしね。

 しかしまぁ、ネッピーさんは丸まん寿司のはっぴがよく似合いますな。カラーリング的に近いってのがあるのかも知れませんね(笑)。

 いうまでもなく、かも知れませんが、ネッピーさんだけでなくリプシーさんも丸まん寿司のはっぴを着てのバズーカタイム。ただし、おしゃれ好きな女子っぽさを思いきり表現しているというか、着こなしがネッピーさんとは違い、はっぴの裾をキュッと結んでいます。こういう細かい着こなしもそのキャラクターらしさを感じるポイントなんだなぁとか思いつつ撮ってました。妙に海賊の娘さんらしいというかなんというか。

 バズーカでのプレゼント打ち込みが終わったのを見計らって、リプシーさんがネッピーさんを呼んでいます。フィールド上ではグラウンドキーパーさんがあわただしくグラウンドを整備しているので、まだ多少時間がある様子。二人揃って整備風景を見学しようと言うそんな塩梅でしょうかね。

 リプシーさんの呼びかけに応えたネッピーさんがそばに寄っていきます。ツーショットで何事か話している様にも見えたりしたんですが、グラウンド整備の様子なのか、この後の試合展開なのか、色々な妄想が浮かんでは消えていきます。ネプリプに限らず、ですけど、色々と写真を撮っていると、表情的には変わらないはずなのに色んな風に写るんだなぁと言う思いで一杯です。とりあえず、背中の「丸まん寿司」が滅茶苦茶いい味出してます。

 試合の方は日高捕手のタイムリーで先制したオリックスに対し、ソフトバンクの方は田上捕手のソロムランで同点。根っこに鴎があるNPB好きなので、鴎さんが捕手によく打たれるということもあり、ドキドキしながら見ていて、手に汗握る投手戦を楽しんでいたんですよ。この「丸まん寿司バズーカ」の直前の五回裏、大村選手のタイムリーツーベースで均衡が破れ、オリックス・バファローズが1点のリードに変わるというそんな展開でありました。

 何事か話していた二人ではありますが、引き上げの時間が来た様で、スタンドのお客さんにさらなる声援をお願いしつつ引き上げていきました。ホールトン投手と金子千尋投手の投げ合い、あまりにギリギリで本当にどっちに転がるか判らなかったですからね。
 
 

 5回裏、大村選手のタイムリー以降、膠着化したドームではあるのですが、ラッキーセブンはやってきます。7回表、ホークスのラッキーセブンでハンパ無い数の黄色い風船を見て、ここは福岡ですか!? なんて空気も流れたのですが、当然ながら京セラドーム大阪。7回裏はSKYに併せてネッピーさん達の出番であります。

 ここのパートでは2つのチアリーディングチームが合同で登場。ホーム寄りにはじゃりんこ・ちあがこいのぼりの様な幕を持っていて、その横でネッピーさんがポンポンを持ってSKYなダンスを見せていました。丁度後ろにもこいのぼりっぽいのが見えていて、こどもの日感を増幅させてくれていました。

もう一組のチアリーディングチーム、Bs Dreamsの面々はライト方向で応援という形。その横にはポンポンを持ったリプシーさんが居て、熱い声援を送っていました。この年の大人の事情かとは思いますけども、2つのチアリーディングチームを運用していくってのも色々大変なんだなぁとか思いつつ、画角の関係でSKY中のリプシーさんはあきらめざるを得ませんでした。

ただ、その程度でへこたれるわけにも行かず、引き上げていくリプシーさんを。ポンポンはネッピーさんとおそろいのブルー&イエローなんですね。
 
 
結局、ラッキーセブンも得点は入らず。緊迫感ありありな試合は終盤戦へ。ラッキーセブン以降の二人はすぐにフィールドへ出られる場所に待機しているようで、ヒットが出たりやチャンスが来るとスタンドを盛り上げに出てきます。……昨年、川﨑投手から下山選手がスリーランをぶちかました時のことをふと思い出したりしましたが、それはそれ、これはこれで。

結局、緊迫した試合はそのまま両チームの先発が完投する形に。一点差を守りきったオリックス・バファローズが勝利を収め、ホームスタジアムのマスコットが華やぐヒロインやその後の様子を見られることが確定。9回表2アウトの時点で望遠寄りから広角も行けるレンズに換装、試合終了後の色々に備えていました。
 
 

 金子千尋投手とホールトン投手の投げ合いは本当に息の詰まる投手戦。馬鹿試合は見てて笑えるんですが、引き締まった投手戦も本当に野球観戦の醍醐味だなぁと思いながら観戦。気が付けばこの日時点の最短時間試合、2時間23分が過ぎていっていました。最終回の金子投手は先頭の川﨑選手に内野安打を喰らったモノの、以降を抑えてきっちり4人で完投勝利。丁度一週間前にバーナム・ジュニア選手の追いつかない程度のスリーランを見ていたので、そのキオクが若干甦ってきてしまったのですが、杞憂に終わったようです。

 勝利と共にネッピーさんとリプシーさんが飛び出してきて、スタンドと勝利を分かち合っています。
 
 
 フィールド上で勝利を分かち合っていた選手をベンチの選手と共にお出迎え。殊勲打を放っている大村選手がいい笑顔で帰ってきています。リプシーさんとハイタッチをしようとしてる選手は下山選手(現コーチ)でしょうか。この日は当たりが無かったんですけど、前日に敬遠後のバッターとなって逆転のスリーランをぶちかましてたとか。ホントにもういいキャラクターだなぁと思う私であります。

 この辺、勝負は時の運てなもんで、色々と魂売り渡している人間としては、ホームチームの勝利シーンを見ることが出来るのはラッキーだなぁと思いましたよ。

 フィールド上の選手をお出迎えした後、ベンチ前に全選手が整列してお客さんに感謝していくのですが、いの一番にリプシーさんがライト方向へダッシュしていきました。位置的に丁度私の目の前に来てくれて、元気いっぱい大喜びてな雰囲気を思いきり出してくれています。

 まさか、このときの勝利を境にバファローズは泥沼へ、9連敗という長いトンネルに突入するとは思いませんでした。ただまぁ、偉大なる記録のまだ半分。映像でしか見ていないですが、七夕のグリーンスタジアム神戸的なにかを思い出せば、まだあきらめる時間ではありませんけども……と、連敗は二桁乗ってからとか、そんな風に思う根っこが鴎のオサナイであります。

 ネッピーさんは大石監督の横でスタンドに感謝であります。この辺、指揮官の横でってのはメインマスコットらしいなぁと思うわけであります。帽子のつばをちょいと持ってのお辞儀が凛々さ満点であります。クラッチとかトラッキー、カビーなんかだと帽子をすぐに外せるのでススッとやりますけど、この辺は「お察しください」って感じでしょうね。

あ と、こっちの大ちゃんはフラッシュが必要だなとか思ったり。ルーキーリーグであの大ちゃん(山下大輔前横浜DeNAベイスターズ2軍監督)は頑張ってらっしゃるらしいですし、指導者として再び日本球界で活躍されることを祈るばかりです。

 選手が引き上げていった後、お立ち台の準備まで多少時間がある様で、ネッピーさんとリプシーさんが合流。改めてふたりで勝利を分かち合っていました。大多数のお客さんは誰がヒロインかなぁとワクワクしていたと思うのですが、個人的にはこういう動きが目の前で見られてホクホクもいいところです。

 ふたりだけのハイタッチを見て、ホントいいコンビだなぁと思う私。ジャンプしてハイタッチしているネッピーさんやちょこんと上げた脚がかわいすぎるリプシーさんなんですが、この2ショットの微笑ましさはある意味で卑怯ですね。
 
 

 ベンチ入りメンバーのご挨拶も終わり、ベンチ前にはお立ち台の組み立てが始まりました。カメラマンさんやテレビクルー、インタビュワーにBs Dreamsの4人にネッピーさん、リプシーさんと集まり、ヒーローインタビューを受ける選手を待ちかまえます。カメラマンさんを見ていると、バファローズ・オフィカメのまっちゃんさんもチラチラ見きれていて、当時は知らなかった、SNSのおかげで知った色々というのもあるなぁとしみじみしておりました。

 この日のヒロインは勝利投手である金子千尋投手と決勝打を放ち、3安打猛打賞の大村直之選手のふたり。二人とも本当にかっこいいなぁとと思いながらシャッターを切っていました。それにしてもネッピーさんの頭の大きさが際だってますね(笑)。

 ヒロイン終了後、サインボールの投げ入れが行われるようで、ボールにその場でサインをする大村選手であります。大村選手にはリプシーさんとBs Dreamsのおふたりが付いて、お手伝いやご挨拶を一緒に行うようです。

 大村選手はサインその他が結構早いようで、さくっと書いて外野へ向かっています。リプシーさんも一緒に外野へ向かってるんですが、全身からうれしさがにじみ出てますね。

 金子投手には別のBs Dreamsのお二人とともにネッピーさんが付いてのボール投げ入れになるようです。大村選手がさっくりと書き上げ、内野に一球投げ込んだ後も金子選手はサインが終わらないようで、ネッピーさんが若干煽りをかけているようです(笑)。

 この辺、カメラクルーの撮影だとか色々有っての遅れかな、なんて思いながら見てた私。それにしてもネッピーさんの存在感はハンパないですね。

 サインを書き上げた金子投手。手にはいっぱいのボールがあったのですが、そりゃ時間がかかるわとなんか納得であります。どうやらボールをどうするのか確認をしてるようなのですが、これ、どう見ても確認してる相手はネッピーさんですよね(笑)。

 とりあえずはと言うことで、内野に一球投げてください! っとお願いしているようです。そのお願いを聞いて、ヒョイッとボールを投げ入れる金子投手でありました。若き好投手とマスコットは相性がいいなぁとか思う私であります。

 外野のみなさんへのボールプレゼントも終わり、両選手ともに引き上げていきます。大村選手の方は内に喜びを秘めるタイプで、金子投手はストレートに喜びを表してるのかなと。

 ヒーローと球団マスコットが一緒に外野のみなさんの所へご挨拶ってパターンは各所で見られますが、チアのみなさんも一緒にってーとあんまり記憶が無かったりするんですが、どんな塩梅でしょうか。
 
 

 と言うわけで、ヒーローの両選手も引き上げ完了。内野のお客さんへ熱い声援への感謝を再び行っているおふたり。ネッピーさんが海神、リプシーさんが海賊の娘と言う人間タイプの二人なので、ススッと揃うと本当にスマートな格好よさがあります。この後は網越しではありますけど、最後まで残って声援を送ってくれていたお客さんへのサンクスグリーティングが行われるようですよ。

 網越しのグリーティングはライト方向から行うようで、残っているお客さんの声援を受けながら、てくてくと仲良く歩いていました。ただ、途中でリプシーさんが勝利時に飛ばされた赤いジェット風船を拾っていたんですよ。最初は「杜の都のカラスと同じようにゴミ拾いなのかな」って見ていたのですが……。

 リプシーさんが狙っていたのは、ゴミ拾いでは無く、なんか別の目論見がある様子。なにが起きるのか、私は見守るしかありませんでした(笑)。

 写真を見ていただくと判るとおり、リプシーさんが風船で狙っていたのはネッピーさんの大きな頭であります。そーっと後ろに忍び寄って、タイミングを見計らってFIRE! リプシーさんの狙い通り、ネッピーさんの頭に見後に当たっていました。

 何人かの人は気づいていた様なのですが、ネッピーさんも含めて大方のお客さんは気づかれていなかったようです。それでもリプシーさんは大喜びしていまして、後々気づいたネッピーさんとじゃれ合っていました(笑)。

 そんなこんなで試合終了後もじっくりとグリーティングしていたおふたり。目の前にリプシーさんがやってきてくれました。ホント、アミアミが細くて太い壁になっているんですけど、それはそれコレはコレで。

 勝利なポージングをしてくれたリプシーさん。次に会う機会は現状ではめどが立っていないんですけど、また会うそのときまでっつー感じで。とりあえず、何かしらどこかを見てくれるとの事なので、楽しんで頂いていれば幸いで……と、この頃はまだそういう流れが珍しいよなぁとか思っていたんですけど、後々これが浅はかな考えで、皆さん良くご覧頂いていることを感じ、身が引き締まる思いがあったりなかったりします(笑)。

 ネッピーさんも目の前に来てくれたので、「ネッピーさん! またね!」と声を掛けたら、キッチリとポーズをとってくれました。ネッピーさんとはうまいこと有給が取得できれば札幌でのオールスター戦で会うことが出来るかなぁと思うんですが……と、あの熱かった札幌でのお話は写真を相当増量して再構築する予定。今しばらくお待ちいただければ、なんて思います。

 とりあえずは、チアチームも出来たと言うことで、リプシーさんも、Bs Dreamsさんも含め、マスコット交流・チア交流でみんなで関東に来てくれれば嬉しいなぁと思う今日この頃です。

 勝利の余韻を味わいながら、ネッピーさんとリプシーさんが引き上げていきます。ネッピーさんの後ろ姿を撮ってみたんですが、その喜びが全身から溢れている様な、そんな気がします。チームに勝利を呼び込むというマスコットの役割をキッチリ果たした、そんな空気が漂っていました。

 勝った時には一緒に喜びを分かち合い、負けてしまった時にはその心を癒してくれる……。球団マスコット達は本当に凄いなぁと言う思いと彼らの役割の重要性を改めて感じた京セラドーム大阪でありました。

 そんなこんなで三大ドームツアーの二日目、京セラドーム大阪編でありました。とりあえず、ネッピーさんとリプシーさんの頑張ってる姿というのは年に何度も見ることがないのですが、本当に精力的にグリーティングしていたのと、予想以上に二人の出番があると言うことでしょうか。

 私が行った日はGWまっただ中で人が多く、じっくりとしたグリーティングもなんか納得だったんですけど、知り合いが最近、ウィークデーに京セラドーム大阪に行ったらしいのですが、お客さんの多寡にかかわらず、じっくりとしたグリーティングだったそうで。その辺の話を聞いて、なんかもう嬉しくなっていました。

 残念だったと言えば、やはり新生チアチーム「Bs Dreams」のダンスをしっかり見られなかったこと、でしょうか。この辺は運用その他が色々と大変そうなので、今後の展開に期待しつつ、是非他球団との交流で根付かせて欲しいなぁと思いました。とりあえず、衣装の配色とちっちゃいシルクハットがツボでありました(笑)。
 
 
 短時間の試合にホクホクしつつ、全身に疲労感が出ていた私。新世界の薬屋さんで塗り薬とおみやげ物を物色しつつ、夜の通天閣を撮影。宿の風呂に入った後は近くのコンビニでおビールを仕入れて、それを頂きながらマー様達の勇姿を更新してました。最近では度は旅で更新をお休みすることが多いんですけど、当時は頑張ってたんだなぁと、ちょっとだけ当時の自分をほめてあげたいです(笑)。
 
 
 
 
 
 ・せめぎあいの大阪(その3)
 
 
 
 
 
 さて、次回は2013年の色々。2013年7月はもう一回大宮に行けていたんですけども、その時の様子を。アルミーエリ姉の大宮劇場を改めて振り返っていきたいと思います(笑)。
 

 
 

著者紹介

オサナイ タカオ観戦撮影者/コミュニティFMパーソナリティ
自身の担当番組で話すネタにと野球場に足を運んでいたら、スタジアムを盛り上げているキャラたち、そしてチアたち、
いわゆる球場エンターテイメント班のみんなの活躍に心奪われ、素敵で素晴らしいみんなの活躍を色々な人に伝えたいと
写真とテキストで綴る「Radio TRICK -光画部-」を2006年7月19日からスタート。気がつけばもう開設から10年です……。
■現在の担当番組
FM HOT893 「Weekly Hotline」 パーソナリティ
FM HOT893 「Sunday Request Line」 レポーター
FM HOT893 「Now&Know」 パーソナリティ(代打)

«
»

コメント





コメント