うさぎとくまの交流戦2009

いざ、東京ドームでビジターのラッキーセブン
2009/6/5 東京ドーム
いざ、東京ドームでビジターのラッキーセブン

 なにかしら10周年への筋道は付けたモノの、これまで撮り溜めてきた膨大なデータをチェックする時間はあるのか、堂なのかという心配はあるモノの、厳選というか、トリミングだとかをしながら仕上げるってのをやっていこうとしていたり、winのアプリで鉛筆絵に変換してくれるモノがあるんですけども、それで表紙をとか、キモチだけは色々とある昨今でありますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 とりあえず、B様編からまとめてみたりしてますので、なにかしら生暖かく見守っていただければと。
 
 
 さて、今回は2009年のエントリー。2009年6月5日に東京ドームで行われた読売ジャイアンツと北海道日本ハムファイターズの試合で見た色々をお届けしています。

 「負けられない闘い2009」の喧騒を染み染み噛み締めつつあった6月5日、私は読売ジャイアンツ主催の交流戦、北海道日本ハム戦を見に東京ドームへ足を運んでいました。

 この辺は北海道日本ハムの東京ドーム主催試合とどれだけ空気感が違うのか、見える野球が違うのか、その辺りを見てみたいなーと思ったのと、北からB様がやってきていて、少しだけでも勇姿が見られればいいかなぁとか思ったわけであります。

 とりあえず、エコナイターとかで空調が弱められた東京ドーム。人大杉な中、柱の影響でレフト前は見られるけれど、ピッチャーが全く見えないおかげで人が少ない場所を発見。そこでひっそりとフィールドを見守ります。
 
 
 ※2015/2/24の更新から写真置き場をサイト本体よりFlickrに移管しています。見栄えだとかが変わってきていますが、さらなる更新頻度向上のためとしてご理解ください。

 写真本体はFlickr上でご覧頂くか、フレームの右、または左(ちょっとまだ安定しないんです。ごめんなさい)でスクロールさせながら御覧ください。
 
 

 空調弱め、人多めで若干の空気の薄さを感じてしまうこの日の東京ドーム。ファイターズのラッキーセブンでB様が登場。相変わらずのハイパーダッシュもレフトスタンドに向かうとなんとなく雰囲気が違うんだなぁと思ったり。

 そんな東京ドームの中、この交流戦辺りから使用されることとなった福原美穂さんの歌う「La La La FIGHTERS」を初めて聞いたり。しばらく場内音かなってボーッとしてたらB様がかっ飛んでくるとかそんな塩梅で。「La La La FIGHTERS」が収録されているシングルが今週発売らしいので、ささきいさおさんの歌う「ファイターズ賛歌」、速水けんたろうお兄さんの歌う「ファイターズ魂」と共に「La La La FIGHTERS」を自身の担当番組で3曲並べて聞いてみようと思い、実際に並べて遊んでいたり、なんてことをしていました(笑)。

 と言うわけで、B様の出番は以上で終了。北海道日本ハムファイターズが勝っていればまた違った登場だと思うのですが、結局、私がB様を見たのはこのパートのみ。書くまでもなく消化不良ではありますが、ジャイアンツさんの主催試合でって考えるとこの流れは織り込み済みだったので、強い気持ちでシャーナイと割り切っていました。

 マスコット交流は相手先の流儀に乗ってってのはB様コラムでもよく書かれてましたしね。兎さんの流儀だとスタンドグリ……は人大杉で収集付かなくなりそうで、無いんだろうかなぁって思ってたんですが、前半はあったらしいという話も。この辺は当たり外れ、状況次第で色々ありますし、ねぇ。
 
 

 さて、兎さんのラッキーセブンはライトスタンドでアディダスってかいてある「なにか」が飛び出し、かもめーず的には苦笑いだったんですが、それはさておき、兎さん達もなんやかんやと登場してきているようです。緑色のハッピをチャピーさんやツッピーさん、ビッキーさんが着ていたのですが、これは「GIANTS ECO SERIES」と言う活動のもの。省エネで地球を冷やせ的な流れなんじゃないかなと思うのですが、正直、東京ドームの空調を弱めるのは勘弁して下さい……。

 とりあえずは目先の色々を記録しようとしていた私。試合終了が決して、帰り行くお客さんをかき分けつつ、スタンド内へと向かっていました。team venusのみなさんが登場するのと同じ頃、兎一派がわらわらと登場してきています。

 このときに気づいたのはジャバさんのネーム。オープン戦の頃や昨年は英字で「GIABBIT」だけだったのが、カタカナで「ジャバ」表示になっていますね。わかりやすさを優先させたのかな、なんて思ってみたり。しっかりと名前が入ることで認識も上がってたと思うんですけど、現在はジャビット扱い。なんで戻っちゃったのかなぁって、ホントに寂しくある2016年です。
 
 

 と言うわけで、全員集合が終わったヒロイン裏であります。ビッキーさん、チャピーさん、ツッピーさんははっぴを着てしまっているので判らないのですが、ジャバとジャビィは完全にそのネームが確認できます。シーズン中でも細かい差異が結構あるんだなと思う私であります。

 兎さん所の兄弟は顔が基本的に同じ。上の2人(ジャビィさん、ジャバさん)、下の2人(ビッキーさん、ツッピーさん)の差異を衣装以外で判断するのは本当に難しい……と言うか、全く判らないんですよね。とりあえず、帽子だとかの小道具の差異で見ていくしかないわけで。とりあえず、ジャビィさんが帽子着用、ジャバさんが無しと言う形。マウンドの上ってのもありますが、前出の写真からすると、ジャバさんの方がキモチ大きいかな、なんて思いますけどどうしましょうね。

 ホームサイドが一塁側と言うこともあり、兎さん達は基本一塁側でのグリーティングを行っていました。そんな中で三塁側にやってきてくれたのはジャバさんでありました。ざっと見ていた感じ、全周囲的に兎ファンが非常に多い状態だったので、誰も来なかったら寂しいなぁとか思ってたところのジャバさんでした。昨年の山形以来となるジャバさん。何割かの人はちゃんと名前を呼んでいたようで、なんか嬉しかったです。

 久々に見たジャバさんですが、相変わらず若干の暴れん坊を含んでいるようです。普通にエキサイトシートを乗り越えて、内野にいたお客さん達にご挨拶をしています。こうしてみると、ジャバさんもマー様を筆頭としたチーム・メタボへのお誘いがあったり無かったりな包容力を持ってそうですね。なお、しばらくご挨拶した後、なぜかエキサイトシートのフェンスを腹這いに乗り越えようとして失敗してました(笑)。

 さて、ジャバさんの自由時間は続くようで、今度は警備に当たっている警備員さんの横で何事か指示を出していました。球団マスコットと警備員さんの相性はいろんなメンツを見てきて納得なんですが、ジャバさんもしっかりその相性に沿ってるようです(笑)。

 とりあえず、まじめな警備員さんをいじっていくのは彼らとしても面白いんでしょうね。そのうち、BirdZerk一座の審判さんみたいなアトラクションが出てきても面白いかも。
 
 
 兎さん主催試合は色々と普段見られない色々が見られるんですが、レフトスタンドの巨人応援席もその一つかなと。千葉マリンスタジアムでも開幕日や名選手の引退試合だとかの特別な試合だとレフトにホームの応援席があったりしますけど、東京ドームは阪神戦以外だと大概レフト巨人応援席があったりするわけで。三塁側のエキサイトシート周辺で触れあっていたジャバさんは徐々にライト方向へ移動する様で、てくてくと歩きながらレフトの応援席にビシッとポーズを決めてました。

 最後の盛り上がりを前にして、兎さん達は休憩の様子。と言うのもライトスタンド前ではteam venusのみなさん方が勝利のダンス中だったりするわけで。この辺は棲み分けがあるのか、まったりと見守っていた兎さん達でありました。とりあえず、ジャビィさんの体育座りにグッと来ましたw

 team venusのみなさん方の出番が終わり、まもなく終盤。ジャビィとジャバが両サイドに分かれて助走の体勢。この時点で何かが起こると風の息吹を感じるのは色んな場所に顔を突っ込んで遊んでいるが故かも知れません。とりあえず、両者がクロスしそうな場所を見当つけてのシャッター。見事に回る兎さん達が撮れました。

 ジャビィさんもジャバさんもバク転の締めはお馴染みの開脚式。ここの雰囲気はジャニーズな香りもしてしまったりするわけで。海の近くの球場に住んでて、ジャニーズ入りを目論んでいる鴎さんに見習わせたいなぁと一瞬思ったんですが、無理なことを狙ってもダメなので、そのままの鴎でいて欲しいと思いました(笑)。

 と言うわけで、兎主催の交流戦は以上であります。22ゲート付近で顔見知りの熊ファンな皆さんとお話をしてたりはしたんですが、空気的にサンクスグリーティングはないだろうねぇとシャンシャンシャン。対終電用に残した足は翌日に引き取るとして、帰りの電車の中で「負けられない闘い2009」のまとめをパチパチと打っていたオサナイでありました。
 
 
 
 
 
 ・うさぎとくまの交流戦2009
 
 
 
 
 
 次回は2013年のお祭り……札幌ドームで行われたマツダオールスターゲーム2013、第一戦の様子をお届けしていきます。ようやくあの祭りの色々に関して書けるかと思うと、ワクワクというか、何回で終わるのかというか……なにかしらお楽しみに。
 
 

 
 

著者紹介

オサナイ タカオ観戦撮影者/コミュニティFMパーソナリティ
自身の担当番組で話すネタにと野球場に足を運んでいたら、スタジアムを盛り上げているキャラたち、そしてチアたち、
いわゆる球場エンターテイメント班のみんなの活躍に心奪われ、素敵で素晴らしいみんなの活躍を色々な人に伝えたいと
写真とテキストで綴る「Radio TRICK -光画部-」を2006年7月19日からスタート。気がつけばもう開設から10年です……。
■現在の担当番組
FM HOT893 「Weekly Hotline」 パーソナリティ
FM HOT893 「Sunday Request Line」 レポーター
FM HOT893 「Now&Know」 パーソナリティ(代打)

«
»

コメント





コメント