蘇る東京セネタース(1)

東京セネタースマスコット、お迎え中
2013/7/27 西武ドーム
東京セネタースマスコット、お迎え中

 オフシーズンらしさが一切ないままにまもなく開幕戦のチケット争奪戦が始まるだとか、各チームのキャンプ地から聞こえてくる様々な情報にワクワクとドキドキを。プロ野球が始まると言うワクワク感がたまらないものがあるなぁという思いとともに、野球に飢えているという状況をひしひしと感じる昨今がこの時期らしいなぁと感じるわけですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 とりあえず、来年こそは弾丸でも沖縄に行きたいという念を書きつつ、行けないものはいけないので自分の出来る色々を粛々とこなしていくだけという形で。なんとなく今年は繁忙期が前倒しになっているような気もするので、巻いていけるところは巻いていかなきゃなぁと、きりっきり勤労する気満々だったり……。

 ここで稼いで、オンシーズンに大放出って塩梅だと思うんですけどね、例年ですと(笑)。
 
 
 さて、今回は2013年のエントリー。2009年7月27日に西武ドームで行われた東京セネタースとオリックス・バファローズの試合で見た色々を見て行くことにしましょう。

 毎週末はエフエムさがみ(現在はFM HOT839という愛称が付きました。これからもよろしくお願いいたします)で色々やっている私ですが、27日の土曜日は相模原にあるJAXAでイベントがあり、その公開生放送が行われたという事で、放送がお休み。実際は1番組担当があったんですけども、代打をお願いして、西武ドームにやってきていました。

 前日の金曜日から翌日の日曜日までは「ライオンズクラシック2013」と題し、過去のユニフォーム復刻や関連イベントが予定されていました。過去に西鉄ライオンズや青い西武ビジターユニフォームの復刻などが行われたライオンズクラシックですけども、この年は沿線に球場があったり、旧西武鉄道が出資していたりという形で関連はあったモノの、直系ではない東京セネタースの復刻。あの手この手で色々なネタを見つけてくるその手腕は凄いなぁって思ってキオクがあります。

 またこの日は大阪からバファローブルくんが来場。復刻試合とキャラクター交流が合わさると、どんな化学反応が産まれるんだろうと色々と楽しみにしながらニコン新宿でカメラを点検清掃してもらったその足で西武線に乗車、西武ドームにやってきたのであります。

 ステージ前の場所をなんとなく確保して、会場直後の場内を見ると……東京セネタースのユニフォームに身を包んだおふたりが。ユニが違うだけでいつもと雰囲気ちょっと違いますよね。
 
 
 ※2015/2/24の更新から写真置き場をサイト本体よりFlickrに移管しています。見栄えだとかが変わってきていますが、さらなる更新頻度向上のためとしてご理解ください。

 写真本体はFlickr上でご覧頂くか、フレームの右、または左(ちょっとまだ安定しないんです。ごめんなさい)でスクロールさせながら御覧ください。
 
 

 場内でお迎えするレオさんとライナさんを見守りつつ、ステージ周辺で待機。7月後半の暑さに色々とやられかけながらも待っているってのは、好きだからこそだよなぁとか、そんなことをぼーっと考えながらいると、レオさんとライナさんが徐々にステージ方向へ移動してきていました。

 ステージ近くが丁度お客さんの入場列だったので、そこでハイタッチをしていくと言う形。レオさんはハイタッチでお迎えしつつ、細かく動いてと言う流れがありましたし、ライナさんはじっくりとハイタッチしていたような、そんな印象があります。

 お客さんの入場がある程度落ち着いたあとはおふたりとも自由に。お客さんに向けてバキーッとポージングしてたり、そのポージングを見て「ライナー!」って声をかけたら恥ずかしがったり、支柱を登ろうとしてたり、ライナさんはかなり野生に目覚めていた感じで(笑)。

 一方のレオさんは余裕というか、まったりというか。ステージの縁に座っている姿はなんというかお父さんな感じがしました(笑)。
 
 

 しばらくしてステージのスタート。ブルーレジェンズさんがMCを担当してってのがこの頃の流れ。ステージ上にレオさんとライナさんが登場しつつ、ステージの開幕を伝えていくという流れ。ステージ構造上、仕方ないんですけど、ゲストが後ろの方でひょっこりしてるシーンが見えているってのは色々な意味でご愛敬だなぁと思いました(笑)。

 そんなひょっこりしてたゲスト、バファローブルくんが登場。直前のマツダオールスターゲーム2013で魅せてくれた勢いの良さをそのままに西武ドームに来場したような、そんな勢いが。ブルくんベルちゃん揃って遠征というのが実は少ないオリックス・バファローズさんですけども、単体で登場したときはしたときでしっかりと魅せているなぁって、そんな印象があります。

 ただ、ちょっと残念だったのはこの頃の西武ライオンズさんの色々は……変わろうとしていた頃か、変わらなきゃって思い始めていた頃か……キャラクター達はキャラクター達で登場、そのまま何をするでもなくブルーレジェンズさんたちと記念撮影だけで。

 みんなのポテンシャルを考えるとただただもったいないよなぁって感じながらだったんですけども、この年から始まった「千葉 vs 埼玉ライバルシリーズ(2015年は千葉埼玉シリーズ)」を重ねることで、色々変わっていったんじゃないかなって感じる事になるんですけども、それはまた別の話で。

 記念撮影後、みんなとハイタッチしながら引き上げていくみんな。ライナさんのキラッキラしたところが何となく残ってるなーって、そんな気がします。
 
 

 綱島理友さんによる東京セネタースのユニフォームに関するトークショーが行われたあと、ブルーレジェンズさんたちのステージ。西武ドームを訪れたのが久しぶりだったこの日、ブルーウィンズ時代に何回か見ていたのと、レジェンズになってからも何回か見ていたんですけど、良くも悪くも変わらないなぁって印象を受けたキオクが。

 集団で魅せていくという形と系統がアメリカンな感じだってのはぶれていないなぁって思うんですけど、色々なところでステージを見ていると、なんとなく残されている感というか……。ブルーレジェンズさんらしさといえばらしさなんですけどもってのがこの頃のキオクで。

 ただ、それも「千葉 vs 埼玉ライバルシリーズ(2015年は千葉埼玉シリーズ)」での交流を経て変わっていく流れというのがあったり。2015年のダンスバトルとかで見たブルーレジェンズさんの勢いってちょっと変わったなぁって、そんな印象を受けましたし、選曲自体も流れは大きくは変わってないんですけども、最新に近いナンバーが使われていたり、ライナさんやレオさんも含めてのアクトを魅せてくれたり、変わって行ってるんだってのが実感としてあるので、2016年も楽しみなんじゃないかなって思います。
 
 
 あとは、現在MCを担当してるまりさんの現役時代のコマがちらほらと。そうと分かってればもっと撮ったんですけど、あまり足を運ばないチームだと、まずは全体を押さえたいって、そんな意識になってしまうんですよね(笑)。
 
 

 この日は前の方ではなく、上の方でネットを越えさせようという形でB指定。たまに行く球場で、しかも公開生放送に関連してのお休み確定がギリギリだったという事もあって、そのあたりしか残ってなかったというのもあるんですけど、ある程度見渡せるという部分で上の方を好む傾向がオサナイはあるような気がします。

 狭山茶を飲みながら練習風景を見守っていると、一塁側のカメラマン席あたりからブルくんがひょっこり。そのままライトスタンドの皆さんの前に移動して、スタメン発表を盛り上げて行くようです。三塁側がホームの西武ドームなので、ビジターユニフォームを着用している事意外だと京セラドーム大阪で見る光景とあまり大差がなかったり。近くでこの日先発の井川投手が投げていたり、試合開始前の雰囲気が何となく残っているかな、なんて思います。

 オリックス・バファローズのスタメン発表に続いて、埼玉西武ライオンズの皆さんのスタメン発表。両サイドにブルーレジェンズさんたちが東京セネタースのユニフォーム、東京セネタースのフラッグを持って発表を盛り上げる形。レオさんとライナさんも登場していたんですけど、丁度角度的に撮れないあたり、だったキオクが何となく残っています。

 レオさんとライナさんの姿は試合開始前のバズーカタイムに臨む姿から。レオさんもライナさんもバズーカがホントによく似合うなぁって。立ち姿が綺麗だと映えるのかなぁって思うんですけども、どうでしょうね。とりあえず、レオさんが三塁側とレフトスタンドを、ライナさんが一塁側とライトスタンドを担当していくんですけども、ライナさんの班にブルくんも合流。一緒にスタンドを盛り上げて行くようです。ブルくんはバズーカを使わず、フィールドシートにヒョイッとボールを投げ込んでいたんですけど、それはそれでらしいなぁって思いました(笑)。
 
 
 バズーカタイムの終わりと共にブルーレジェンズさんたちが一旦引き上げ、変わってフィールドには西武鉄道のキャラクター、レイルくんとスマイルちゃんが。なんとかかんとか2Dを3Dにした感がありありだったんですけども、おふたりはとても頑張ってらっしゃいました。

 ブルくんがふわっとホームベース後方に移動する頃、選手送りだしイベント参加の皆さんがフィールドへ。それに併せてレオさんがアクロバットをという流れだったんですけど、レオさんらしい、身体能力を魅せ付ける感じのアクロバットは流石だなぁとファインダー越しに見ながら思いました。

 ライナさんはライナさんで送り出しを可愛らしく盛り上げる方向。ライナさんのユニフォーム姿って、実は結構セクスィだと思うんですけども、ライナさん自身はそんなに思ってないというか、ナチュラルにいらっしゃるというか、そういう風に魅せているというか。そういうのもひっくるめてライナさんの魅力だよなーって、ライナさんの姿を多めに撮りながら思いました。
 
 
 選手送り出しが終わり、最後は始球式。よくあるパターンだと、始球式を担当される方をマウンドまでアテンドするって姿がありますけども、この頃の埼玉西武ライオンズの流れはライナさんがベンチ寄りに控え、ホームベース後方にレオさんというパターンだったようです。

 この日はブルくんが来場していたので、レオさんはホームベース後方にブルくんと共に。しっかりと始球式をもりたて、最後はライナさんも合流して試合開始前の諸々を締めくくっていました。
 
 
 
 
 
 
 ・蘇る東京セネタース(1)
 
 
 
 
 
 次回はライオンズクラシック2013、試合中から試合終了後の様子までを一気に見ていきましょう。
 
 

 
 

著者紹介

オサナイ タカオ観戦撮影者/コミュニティFMパーソナリティ
自身の担当番組で話すネタにと野球場に足を運んでいたら、スタジアムを盛り上げているキャラたち、そしてチアたち、
いわゆる球場エンターテイメント班のみんなの活躍に心奪われ、素敵で素晴らしいみんなの活躍を色々な人に伝えたいと
写真とテキストで綴る「Radio TRICK -光画部-」を2006年7月19日からスタート。気がつけばもう開設から10年です……。
■現在の担当番組
FM HOT893 「Weekly Hotline」 パーソナリティ
FM HOT893 「Sunday Request Line」 レポーター
FM HOT893 「Now&Know」 パーソナリティ(代打)

«
»

コメント





コメント