蘇る東京セネタース(2)

イニング間のヒトコマ
2013/7/27 西武ドーム
イニング間のヒトコマ

 プロ野球、各チームのキャンプも最終クールに突入。ここから更に上と下の絞り込みがあって、オープン戦に突入していくなんて時期ではありますが、更新の息抜き的にやっている艦隊これくしょんの冬イベントだとか、ローソンコラボに賭けるみなさんの情熱だとかを見ながら、何事も突き詰めるってのは楽しいんだなーって思う昨今でありますけども、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 ただまぁ、時間的制約だとかもあり、ゆるーい鎮守府だったり。艦隊これくしょんから実際の艦艇の本を買って読んだり(大昔に買ってどっか行っちゃった本とかを買い直したりしてます)、横須賀に停泊している護衛艦を撮りに行ったり、海上保安庁の巡視船の名前で過去を引き継いでいる船の名前にぐっと来たり、知らなけれはそのままであったであろう色々に彩りがって、そんな気分でいっぱいだったりします。

 とりあえず、まだE3を抜けないので、頑張ってなんとかしたいなーって思うんですけども、火力が足りないのかなぁ……(ラストダンスに悩み中)。
 
 
 さて、今回は2013年のエントリー。2009年7月27日に西武ドームで行われた東京セネタースとオリックス・バファローズの試合で見た色々を見て行くことにしましょう。今回は試合中から試合終了後の様子を見ていきます。

 この頃のレオさんとライナさんのイニング間はどちらかと言うとイベント中心。グリーティングがあったのかどうかってのがものすごくあやふやなんですけども、自身のデータを見ると、イニング間イベントを厚く、ふれあいの時間は多少少なめだったのかなって印象が。この辺りのさじ加減はその年その年によって異なるんですけど、この頃はあまりお客さんと触れ合う時間がすくなった、そんなキオクが若干あります。

 もちろん、西武ドームの暑さでやられていて、動くのが億劫だったってのももちろん有るんですけども、とりあえずは座っていた一からイベントが見えたので、それでいいやってなっていたキオクも。とりあえずはゲストのブルくんも参加してイベントを盛り上げているようですね。
 
 
 ※2015/2/24の更新から写真置き場をサイト本体よりFlickrに移管しています。見栄えだとかが変わってきていますが、さらなる更新頻度向上のためとしてご理解ください。

 写真本体はFlickr上でご覧頂くか、フレームの右、または左(ちょっとまだ安定しないんです。ごめんなさい)でスクロールさせながら御覧ください。
 
 

 ブルくんも参加してレオさんとやっていたのはいわゆる「セブンイニングストレッチ」の西武ドーム版。演出全体の毛色がアメリカ方向を向いていたのかなって、そんな印象を2016年に写真をまとめていて思うんですけども、なかなかこの辺のストレッチ系は二本の球場には馴染まないのかなぁって。横浜スタジアムでもストレッチ系な色々流行ってましたけど、あまり定着せずに終わったキオクがあります。

 ストレッチ系のイニング間イベント、ライトスタンド方向を見ていると、ブルくんが見えたのでホイホイと。ちょうど外周も含めて全体が見えやすい位置にいたので、なんとなく気づいてって形。以下に試合自体に集中していないかってのがわかるんですけども(笑)、色々な楽しみ方が出来るのは野球場ならではだよなぁと思います。

 ブルくんにご挨拶した後、座席に戻ろうとすると、たしか……キスカムの時間帯辺りだったと思うんですが、ライナさんがスタンドを闊歩している姿が。ナチュラルに闊歩している姿が楽しかったんですけども、その後、座席でのイベントを行っているさなか、後ろから見てたらなんとなく雪見だいふくっぽい丸々とした頭が見えまして。たまたま見えたそんな光景がちょっと可愛らしいなぁって思う私でありました。
 
 
 その後、五回裏はブルーレジェンズさん中心のダンスタイム。年に何回も行く球場だと「あの時はあの曲」ってのがすっと出てくるんですけども、西武ドームはなかなか足が向かないというか、神奈川県を起点にすると、会社帰りにふらっと行くにはちょっと難易度が高く、帰りもちょっと厳しいという形なので、たまに見るとなんだっけ……ってなってしまうんですよね。

 過去にはマカレナを使っての時間だったり、最近は「Cotton eyed Joe/Rednex」で一緒に踊りましょう的な時間だったりって流れがあると思うんですけど、選曲の傾向だとか流れがあまり変わらない埼玉西武ライオンズさんの球場エンターテイメントなので、「Cotton eyed Joe/Rednex」で良かったっけかなぁと、色々とキオクを呼び起こしていました。

 とりあえず、2013年より前のキオクだと、みなさんの出番がほんとに切ない状態だった記憶もあり、もったいないお化けを感じつつも、徐々に変わってきてるのかな、なんて感じる私でした。
 
 

 途中、ゲリラ豪雨の影響もあって、傘の横から雨が吹き込んできたりする中(笑)、迎えた両チームのラッキーセブン。まずはオリックス・バファローズのラッキーセブンから。ブルくんとベルちゃん、二人で遠征しているシーンやベルちゃんだけというシーンは何回か見ているんですけど、ブルくんだけってのは初めてで。ひとりでスタンドと共に戦っているんだってキモチがしっかりと伝わってきて、なんかグッと。でもSKYのジャンプシーンはなんか不思議な形になっていました(笑)。

 一方の埼玉西武ライオンズ……この日は東京セネタースでしたけども、レオさんが大型のフラッグ、ライナさんがブルーレジェンズさんたちと同じサイズのフラッグをもっての登場であります。お客さんも参加して、レフトスタンド前で「吠えろライオンズ」に併せてフラッグを振るレオさん、三塁側とレフトスタンドの丁度間ぐらいに陣取っていたライナさん、そして全体的に広がっていたブルーレジェンズさんという布陣。西武鉄道のレイルくんとスマイルちゃんも一緒にラッキーセブンを彩っています。

 終盤のジェット風船は東京セネタースの赤と青のカラーリング。その赤と青のジェット風船の合間から見える、クルクル回るレオさんが格好良く。レオさんのフラッグをしっかりと回収していくライナさんも素敵でありました。
 
 

 この日の東京セネタースとオリックス・バファローズの試合は2-7でオリックス・バファローズの勝利。勝利と同時にバファローブルくんもカメラマン席あたりから登場して、高橋信二選手(2016年は北海道日本ハムファイターズでコーチを務めます)の前に入り選手達とハイタッチしています。

 選手を迎え入れたあとはヒーローインタビューのお供。この頃にはお客さんがだいぶはけていたので、フィールドを抜けて替える準備をしつつ、ヒーローインタビューの様子を三塁側から。この日のヒーローはバルディリス選手(2016年はサムスン・ライオンズでプレー)だったんですけど、そのバルディリス選手の横でしっかりとその存在感を魅せ付けていたような、そんな塩梅でありました。

 ヒロイン後はスタンドのお客さんの所へ。ライトスタンドの皆さんと二次会を楽しんだり、ギリギリまでフィールドシートのお客さんにサインをしていたり、ブルくんのまじめさというか、性格がしっかりと出てた立ちふるい舞かなぁ、なんて感じで。

 時間が来てしまったところで引き上げていくブルくん。最後の最後までしっかりお辞儀をしてらしさを魅せ付けていました。
 
 
 
 
 
 
 ・蘇る東京セネタース(2)
 
 
 
 
 
 次回は2009年の様子を。マリンを支配する赤い軍団、そしてピロの影のお話をお届けしていきます(笑)。
 
 

 
 

著者紹介

オサナイ タカオ観戦撮影者/コミュニティFMパーソナリティ
自身の担当番組で話すネタにと野球場に足を運んでいたら、スタジアムを盛り上げているキャラたち、そしてチアたち、
いわゆる球場エンターテイメント班のみんなの活躍に心奪われ、素敵で素晴らしいみんなの活躍を色々な人に伝えたいと
写真とテキストで綴る「Radio TRICK -光画部-」を2006年7月19日からスタート。気がつけばもう開設から10年です……。
■現在の担当番組
FM HOT893 「Weekly Hotline」 パーソナリティ
FM HOT893 「Sunday Request Line」 レポーター
FM HOT893 「Now&Know」 パーソナリティ(代打)

«
»

コメント





コメント