きょしょうたちの夏休み(その5)

喜びの舞
2013/8/14 神宮球場
喜びの舞

 週末を野球関連に注力すると、ウィークデーのお夕飯が悲しいことになるよなぁとか、そんなことを思いつつ、出会いと別れが2016シーズンが始まっても色々とあるなぁ、なんて思う昨今でありますが皆さまいかがお過ごしでしょうか。

 お夕飯の話はいいとして、2016年はNPBの輪の中に飛び込んできたキャラクターがなんにんか。北海道日本ハムファイターズにキタキツネのフレップ・ザ・フォックス、東北楽天ゴールデンイーグルスにオウギワシのスイッチが新加入。なかなかビジター球場にということはなさそうですけども、フレップくんは東京ドームの北海道日本ハムファイターズ主催試合で初めましてのご挨拶を。スイッチさん(猛禽類最強の名もあるオウギワシ)も東京ドームの東北楽天ゴールデンイーグルス主催試合に出てくれないかしら、なんて思ったりしています。

 そして……横浜スタジアムで頑張っていたDB.ライダーさんとの別れ。
 
 
 DB.ライダー 球団公認キャラクターとしての活動終了のお知らせ
 
 
 開幕当初からその存在が不安視され、紹介ページもさっくりとなかった事にされ、色々と心配だったんですけども、プレスリリースがついに。引き際とかもっと色々あったんじゃないかなって、スタジアムで頑張っているライダーさんの姿を見ていただけにそういう思いが強くて。

 とりあえず、色々と書きたいことはありますけども、対外的に派手な部分もいいですけど、細かい部分でもうちょっと練ってほしいよなぁって、そんなことを思う4月上旬であります。
 
 
 さて、今回は2013年8月13日と8月14日に明治神宮野球場で行われた東京ヤクルトスワローズと中日ドラゴンズの試合で見た色々を見ていきたいと思います。今日は14日の試合中の様子を見ていくことにしましょう。

 東京ヤクルトスワローズの試合中の球場エンターテイメント班はフィールドでの色々が中心。イニング間の色々に加え、球場エンターテイメント班が注目される前まではよく見られた「ホームラン時のお出迎え」があります。演出の多様化によって、フィールドでの登場がその後である時にはお迎えありとか、各チームともなかなか見られないシーンになっているんですけど、東京ヤクルトスワローズは昔ながらの演出がしっかりと残っているような、そんな印象が。

 ただまぁ、登場後の動きはとてもみんならしい、そんな動きだったんですけどね(笑)。
 
 
 ※2015/2/24の更新から写真置き場をサイト本体よりFlickrに移管しています。見栄えだとかが変わってきていますが、さらなる更新頻度向上のためとしてご理解ください。

 写真本体はFlickr上でご覧頂くか、フレームの右、または左(ちょっとまだ安定しないんです。ごめんなさい)でスクロールさせながら御覧ください。
 
 

 この日は八木投手と西川投手の投げ合いで始まったんですけども、西川投手が爆散。完全にスワローズペースで試合が推移していたんですけども、2回には雄平選手のホームランが飛び出し、つば九郎さんがお出迎え。つばみちゃんがホームラン人形をプレゼントし、燕太郎さんは……なにかしらひっくり返っていまして、なんと言いましょうか、通常進行でした(笑)。

 3回裏前にはPassionさん達のダンスタイム。この辺の魅せ方とかスワローズらしいなぁって思いながら。確か楽曲は「ナイトオブファイヤー」あたりだったかしらと思うんですけども、フラッグを使ってのアクトだったんですけども、撮り方的には結構悩んでいました。

 5裏前につば九郎さん達が登場しての「We Are Swallows」のお時間。燕太郎さんは独自のワールドで攻めていましたし、つばみちゃんは元来のダンススキルを魅せ付けて行く方向、Passionさん達もバキッと魅せていく中、つば九郎さんはすわくろうさんと共に登場、毎度お馴染みのミニコントタイムが展開されます。

 基本的にはすわくろうさん相手にプロレスやっているような、そんな塩梅なんですけども、途中でフライングゲットのフリが入ってきたり、踊らないすわくろうさんを踊らせようとしていたり、細かい芸を見せてくれていました(笑)。
 
 

 5回裏終了と共にフィールドに登場したつば九郎さん以下、キャラクターのみなさん。前日は三塁側から撮った花火打ちあげシーンをこの日は一塁側から見て行きましょうという、そんな形。つば九郎さんを先頭にドアラさんが悠々と登場していた後ろをゴザを持った燕太郎さんがすたすたと駆け抜け、ゴザを設置。そのあたりでつばみちゃんも登場、燕太郎さんと共にお客様であるドアラさんに座って貰うゴザを調整していました。

 前日同様、燕太郎さん、ドアラさん、つばみちゃんとすわくろうさんが座り、つば九郎さんは立ちで。ドアラさんが座るときにすっころんでいるとか細かいところを入れて来たりしていたんですけど、一塁側からだとつば九郎さんに隠れてよく分からなかったです(笑)。
 
 
 そして打ちあげ。
 
 
 花火を扇子で扇ぎながら見ているドアラさんなめで撮っていたえどのきょしょう・つば九郎さん。後ろからのショットに飽きたのか、ドアラさんを立たせて一緒に自撮りしていたりとか。そんな中でなんとなく結婚記者会見ぽい、エア指輪を魅せ付けるようなドアラさんの動きが印象に残っています。

 花火終了後は撤収。さくさくとゴザを片付ける燕太郎さんに仕事人を見ましたし、悠然と引き上げていく両きょしょうの姿にはにやりと。特にドアラさんが扇子をビシッと掲げながら帰って行く姿は文字通りの師匠感たっぷりで、撮ってて笑っていました。
 
 

 花火以降のフィールドでのイベントはドラゴンズのラッキーセブンから。いつもはチアドラゴンズのみんなやシャオさん、パオさんと共にフィールドで盛り上げているドアラさんですけど、遠征では単独。ひとりで盛り上げるドアラさんの姿ってそれはそれグッと来るんですよね。

 序盤はゆるゆると登場、ブルペン前あたりから加速していき、レフトの守備位置あたりでくるっと回転。片手に小旗を持ったまま器用にまわって、スタンドへのアピールを。ここまでの流れは単独遠征のお馴染みではあるんですけど、何度見ても格好いいなぁと思います。

 燕太郎さんがその後のラッキーセブンに向けた移動をする中、レフト前ではドアラさんが引き続きスタンドを盛り上げています。曲の後半ではホーム方向に移動しながら旗を振りつつと、進行に合わせてしっかりと移動。自由だなんだと言われてますけど、きっちりと時間配分を品柄だというのがじっくり見ているとよく分かるんですよね。
 
 

 そして東京ヤクルトスワローズのラッキーセブン。ホーム側からはつば九郎さんとつばみちゃんが、ライトポール下からは燕太郎さんとPassionさん達が登場、東京音頭に合わせてラッキーセブンを盛り上げて行きます。大まかな流れはほぼ変わらないので、前日三塁側から見た流れを一塁側から押さえていく、そんな塩梅でありました。

 とりあえず座っていた位置が位置だったので、丁度Passionさん達が目の前だわ、位置的につばみちゃんが踊る位置が目の前だわで。数カット燕太郎さんやつば九郎さんを押さえたあとはつばみちゃんとPassionさん達のバトルを中心に撮っていました。

 実際問題、つばみちゃんとPassionさん達は仲がいいんだと思うんですけど、色々とギリギリを攻めているなぁと。こう言う動きをもっともっと前に出していったら楽しいのに、なんて撮りながら思っていたんですけど、セントラルリーグ・ファンミーティングでのPassionステージに乱入するつばみちゃんとかを見ていると、ちゃんと考えてるんだなぁって楽しくなります(笑)。
 
 
 ラッキーセブン後は7裏後につば九郎さんがホーム方向に戻りながらのプレゼント投げ入れがあったり、バレンティン選手のだめ押しとなる41号ホームランのお出迎えに出てきたり、完全に流れは東京ヤクルトスワローズ側に流れていた、そんな試合中でありました。
 
 
 
 
 
 ・きょしょうたちの夏休み(その5)
 
 
 
 
 
 次回は試合終了後、喜びに沸く東京ヤクルトスワローズの皆さんの様子を見ていくことにしましょう。
 
 

 
 

著者紹介

オサナイ タカオ観戦撮影者/コミュニティFMパーソナリティ
自身の担当番組で話すネタにと野球場に足を運んでいたら、スタジアムを盛り上げているキャラたち、そしてチアたち、
いわゆる球場エンターテイメント班のみんなの活躍に心奪われ、素敵で素晴らしいみんなの活躍を色々な人に伝えたいと
写真とテキストで綴る「Radio TRICK -光画部-」を2006年7月19日からスタート。気がつけばもう開設から10年です……。
■現在の担当番組
FM HOT893 「Weekly Hotline」 パーソナリティ
FM HOT893 「Sunday Request Line」 レポーター
FM HOT893 「Now&Know」 パーソナリティ(代打)

«
»

コメント





コメント