鴎と牛の夏祭り2013(その3)

再びステージに
2013/8/17 QVCマリンフィールド
再びステージに

 更新の都合的にちょっとずれてしまいましたけども、すっかり節目だと言うことを忘れておりました。
 
 
 2016年7月19日はRadio Trick -光画部-が誕生して10年の節目でありました。
 
 
 キャラクター達の「こんなにも面白い動きを誰かに伝えなきゃ」から始まり、3年やってナンボだと思いながらやっていた形が、途中にはチアの皆さんの「こんなにもわくわくする、楽しい時間があることをを誰かに伝えなきゃ」て側面も増え、トータルで「野球場を盛り上げている球場エンターテインメント班はこんなに凄いんだよ」ってのを伝えて行く、そんな場所に。

 伝えることをこの写真とテキスト、あとはコミュニティエフエム局の番組とポッドキャストという自分の置かれている環境でやれることを全て使って、伝え続けて行けたらな、なんて思うわけではありますが、光画部を始めた頃と比べて、伝える人が増えたのも嬉しいですし、伝えるが伝播して球場に足を運んだ、なんて人も増えてきて、みんなに楽しませて貰った時間のご恩返しが出来てるといいな、なんて感じで。

 とりあえず、球場エンターテインメントを伝えるというのは自分の勝手なライフワークだと、そんなことを頭に置きつつ、次の10年で球場エンターテインメントを取り巻く環境がどう変わるのかなってのに興味が一杯だったりも。ただまぁ、とにかく見て撮って伝えて行くだけ、なんですけどね。

 次の10年……というと大きそうな気がするので、次の5年で球場エンターテインメントを取り巻く環境がどう変わるのか、そっと楽しみにしながら球場に足を運んで行きたいと思います。
 
 
 さて、今回は2013年8月17日にQVCマリンフィールドで行われた千葉ロッテマリーンズとオリックス・バファローズの試合で見た色々を見ていきましょう。今回はこの日のキャラクターバラエティーステージの様子、終盤戦の様子を見ていきましょう。

 前半を折り返して、両者共に不正解という、予想出来た展開を見せていたステージ上。キャラクター&チアバラエティーステージなので、正解不正解ではなく。その過程を楽しむモノではあるんですけども、演者たちは真剣そのもの。勝敗のない負けられない闘いを戦っていく、そんな雰囲気が漂っていました。

 後半戦もキャラずはフルで、チアのメンツが入れ替わってジェスチャー対決を行っていく様子。今回はジェスチャーのメンツにKuちゃんが入っていたので、KYOKOちゃんがマイクを持って進行をという流れが。ステージでMCもやっているBs Dreamsさんらしい動きだなぁと思うんですけど、数年後にもっと大きな箱でMCしてる姿を見ることになるとは当然ながらこのときは気付いていませんでした(笑)。

 
 
 ※2015/2/24の更新から写真置き場をサイト本体よりFlickrに移管しています。見栄えだとかが変わってきていますが、さらなる更新頻度向上のためとしてご理解ください。

 写真本体はFlickr上でご覧頂くか、フレームの右、または左(ちょっとまだ安定しないんです。ごめんなさい)でスクロールさせながら御覧ください。

 とりあえず、ブルくんベルちゃんにKuちゃん、HISAEちゃん、NATSUKIちゃんが後半戦のジェスチャーを担当していくようなんですけども、順番に色々物言いが。本気モードに入っているベルちゃんがどうも納得いかなかったのか、順番変更を提案。参加メンバーもブルくん以外は同意した形で順番変更が行われてたようです。

 そんなこんなでバファローズ側のお題はズー様がお喜びになりそうなモノ。「新喜劇に出演するズーちゃん」という、ズーちゃんの趣味嗜好を考えると、直球ど真ん中なお題が出てきて、ズー様自体がなんか喜んでいたような、そんな雰囲気があります(笑)。

 お題を見て、最初に伝えて行くのは今回、ベルちゃんが担当なんですけども、ベルちゃんの「アイドル感満載」な印象とは真逆と言いいましょうか、ゲームと言えど、本気で戦っていくという市井というか、根っからの関西ノリというか、新喜劇と聞いて黙っていられない、その動きがスパークしていたような気がします(笑)。

 ベルちゃんに負けず劣らずKuちゃんもかなりのスパーク。このあたりは「Bs Dreamsは関西のチーム」というのを強烈に意識させられる、そんな動き。新規劇的な動きはおそらく問題なく伝わっていたんだろうなぁと。ただ、誰が新喜劇なのかがちゃんと伝わっているのか、色々と心配でした(笑)。

 NATSUKIちゃんがKuちゃんの動きをある程度踏襲してブルくんに伝え、ブルくんもちゃんと伝えてはいるんですけど、やっぱりズーちゃんというのが中々伝わりにくいようで、HISAEちゃんが固まるという。そのかたまっている姿が何となく可愛らしいねとか思うんですが、ベルちゃんはこの展開に色々を察し、ステージ下へ。凹み倒すベルちゃんがそこにいた訳なんですけども、ダメなモノはダメ。結局は……ブルくんが肩を落としていたと言うことを見ていただいて、なにかしら察していただければと(笑)。

 ただまぁ、新喜劇は分かってもズー様が難しかったよねと、そんな塩梅でしょうか。
 
 

 後半戦のトリを務めたのはマー様とズー様の鳥とともに貴代リーダー、詩乃ちゃん、佐和子ちゃんと言うメンツ。マー様もズー様もここまでじっくりと見守っていたので、やる気満々というか、ようやく出番だという、そんな気合がひしひしと伝わってきていました。とりあえず、ズー様がお題を確認後、みんなに伝える役のようで、ステージ上でラブリー感満載の姿が見えていたんですけど、ズー様本気ですよね。

 そんなズー様に出されたお題は「夏休みの宿題が終わらないマーくん」と言うもの。そこまでガン見しなくてもと言ういう勢いでお題を見て、その後の動きを構築していたような形でしょうか。ズー様もなんだかんだで表現力が素晴らしいので、その後の動きに期待したくなるような、そんな勢いが。2013年キャラショー、「ズーちゃんの誰もがオンリーワン」とか、ほんとに素敵でしたしね。

 と、ズーちゃんが伝えるのはチームを締めつつ、Marines Music Navigationでボーカルを担当したりもしていたり、M☆Splash!! の要として活躍していた貴代リーダー。2010年から数えて三年目のシーズンを迎えていた貴代リーダーですけども、ダンスも素敵、MMN結成前からボーカルをとったりするシーンが有ったり、しかもそれでいて人懐っこかったり、MDAの先生として活躍していたりでお子さんにも人気だったりと完璧超人だなぁと思ったりしていた(んですよ、ホントに(笑))んですが、このジェスチャー対決ではかなり怪我をしていた感がぷんぷんでして(笑)。

 ズー様から動きを受け取る時も、詩乃ちゃんに伝える時も不安でいっぱいだったようで。やりきった後にはその出来のまずさが自分でもわかったのか、ズー様に抱きついて泣いておりました(笑)。

 貴代リーダーの動きを受け取った2013ルーキーの詩乃ちゃんもどうしていいのか悩むような展開ですけども、とりあえず伝えていかないとということで、そのままの動きをトレースしてマー様に伝えるのですが、伝わるわけもなく(笑)。詩乃ちゃんの動きを見ていたマー様がフリーズしてしまうと言う状況にまで鴎ちゃんは追い込まれていました。

 詩乃ちゃんは詩乃ちゃんで頑張ったものの、マー様が固まっている状況。出しきった詩乃ちゃんを暖かく迎えるズー様と貴代リーダーの姿を見て、ズー様はまだしも貴代リーダーは……と笑いを堪えるのが必死でした(笑)。
 
 
 どうやっても伝わらないジェスチャーを全力で行うマー様。マー様のハートも強いなぁと思うんですけども、貴代リーダーが崩した(笑)色々を立て直せるわけもなく、よくわからない動きを佐和子ちゃんに。佐和子ちゃんが全くわからないって顔をしながらもマー様の動きをチェックしているんですが、どうやってもわかるわけがないと思いました。

 なにかしらをやりきったマー様はズー様たちが待つ袖へ。そして残された佐和子ちゃんに「さぁ、答えを!」とかやっていたんですけど、正解するわけもなく。むしろ無理でしょとはなっから白旗。その後、内ゲバが始まるんですけども、最初はマー様とズー様が色々やってましたけど、最終的に貴代リーダーがアレだったのではないかという結論に達していたようです(笑)。
 
 

 そんなこんなでゆかいで楽しい対決の終了。最後は全力で戦ったみんなの記念撮影をという流れ。この辺はお馴染みの光景ではありますし、その日の記念なんですけども、2016年から見ると、卒業したメンバーもいれば現役メンバーのルーキーの頃の姿も有り、さらには体制が変わる前のオリックス・バファローズの球場エンターテインメントな皆さんの姿が残っていたり、ある意味で貴重なコマなのかな、なんて思います。

 とりあえず、翌日も交流があると言うことで、ある意味で前ふり。翌日はダンスバトルも予定されていましたし、軽く肩ならし的な、そんな夏の一日でありました。
 
 
 
 
 
 ・鴎と牛の夏祭り2013(その3)
 
 
 
 
 
 さて、次回は一旦2013年の夏の日を離れ、2009年のエントリーの再構築。今も続く、カビーさんの誕生日イベントの日の様子、2009年版を思い切り伝えていきたいと思います。まずはこぐまとおねーさんの小……紙芝居と小芝居が合わさった時間、「さる・かに・かびー」の様子をサルベージしていきましょう。

 
 

 

著者紹介

オサナイ タカオ観戦撮影者/コミュニティFMパーソナリティ
自身の担当番組で話すネタにと野球場に足を運んでいたら、スタジアムを盛り上げているキャラたち、そしてチアたち、
いわゆる球場エンターテイメント班のみんなの活躍に心奪われ、素敵で素晴らしいみんなの活躍を色々な人に伝えたいと
写真とテキストで綴る「Radio TRICK -光画部-」を2006年7月19日からスタート。気がつけばもう開設から10年です……。
■現在の担当番組
FM HOT893 「Weekly Hotline」 パーソナリティ
FM HOT893 「Sunday Request Line」 レポーター
FM HOT893 「Now&Know」 パーソナリティ(代打)

«
»

コメント





コメント