こぐまのたんじょうび2009(その2)

誕生日の朝
2009/7/20 ファイターズスタジアム鎌ヶ谷
おねむです

 お盆期間の観戦集中区間も無事に終わり、マリンの色々が、千葉ロッテマリーンズの色々がやっぱりホームだなぁと感じたり、光画部の色々がバレていない、安全圏だと思っていた二年目組にバレッバレだったのに気づいたり、今年もなんだかんだで印象深い夏休みになったなぁとしみじみする昨今でありますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 とりあえず、予想している反応以上の素敵な反応をいっぱい頂き、現金な光画部はもともとみんなの姿を遺したいと思っている中で、バレているということが更に残したくなるよなぁって、そんなことを思ったり何だりというか。とりあえず、今まで以上に精進したいなぁと、そんなことをマリンで遊びながら思いました。みんなの頑張りを絵に残すのがおいらのライフワークかなーとも思いますしね。

 そして……久々の鎌ケ谷も。今、光画部で更新している2009年の頃と比較しても、スタッフさん(インターンのみなさんかな)の数が増えたなぁって。変わる所変わらない所色々あるってのは間違いないんですけど、鎌ケ谷の根幹にある空気感はいい意味であまり変わらないのかなぁと。

 そこが味であり、叉行きたいなーって思うポイントだったり。ただまぁ、現状だと今シーズン最初で最後にはなりそうなんですけど、ね(苦笑)。
 
 
 さて、今回は2009年7月20日にファイターズスタジアム鎌ヶ谷で行われた北海道日本ハムファイターズと湘南シーレックスの試合で見た色々を見ていきましょう。今回は「さる・かに・カビー」あとのステージの様子から、外周路を利用したパレードの様子などを見ていきたいと思います。

 カビーさんが書き、おねーさんとの一体感を見せてくれた「さる・かに・カビー」が終わったステージ上。やりきったこぐまさんは相当おねむなご様子なんですけど、寝ている暇は一切ないわけで。鎌ケ谷のある意味生命線である物販のご案内がこの後あるようなんですけど、大丈夫でしょうか(笑)。
 
 
 ※2015/2/24の更新から写真置き場をサイト本体よりFlickrに移管しています。見栄えだとかが変わってきていますが、さらなる更新頻度向上のためとしてご理解ください。

 写真本体はFlickr上でご覧頂くか、フレームの右、または左(ちょっとまだ安定しないんです。ごめんなさい)でスクロールさせながら御覧ください。

 とりあえず寝ている的に書きましたけども、「さる・かに・カビー」が無事に終わったという安堵感なのか、ステージ上でカビーさんが倒れ込んでいました。自身プロデュースのネタってのは私の記憶する限り初めて。三日間共に内容……もとい、小ネタをちょいちょい変えつつやっていたようですが、なんかもう安心しきったって感じでしょうか。

 ただまぁ、カビーさんですから、単純に「つかれたー」とかそんなレベルだと思うんですけどね(笑)。

 
 横たわっていたカビーさんを止めようとしたおねーさんだったのですが、不意に強めの風がふわっと吹いてしまい、かみしばいがバサバサっと舞ってしまいました。おねーさんと共にスタッフさんが慌てて集めて事なきを得たのですが……。横の方で小熊さんがとりさんと共にポーズを決めています。どっちかと言わなくても、かみしばい自体が飛んでいるのはひとごとですね(笑)

 
 「さる・かに・カビー」の後は物販の告知タイムへなだれ込むのですが、若干準備が漂っていないようで、カビーさん撮影会状態になっていました。貫禄の腰回りや脱帽すると印象が変わる様など、相変わらずだなぁとか思いつつシャッターを切っていました(笑)。

 若干の間があったのでスッと立って小熊さんを撮影。妙に凛々しく写るのは誕生日ならではというか、なんというか。多少のヒーロー的雰囲気が含まれているのですが、カビーさんのマイブームを考えると正義超人とかアイドル超人とかそんな塩梅かも知れません。

 そうこうしているウチにモノがステージにやってきました。

 物販紹介は「鎌芝」と言う今日限定の商品。文字通りというか、本当にそのまんまである商品なんですよ。略されてはいますけど要するに「鎌ヶ谷の芝」なんですよ。土と芝のグラウンド、鎌ヶ谷ならではの商品で、コレをいい塩梅にすれば自宅でも鎌ヶ谷気分って感じですね。

 つか、なんか食ってません?
 
 
 
 あー! 猫草とかと一緒の塩梅の熊草なのかー!(笑)
 
 
 
 ちなみにこの「鎌芝」、私が売店をのぞいたときは限定数100とかそんな塩梅だった様なのですが、このステージでしっかりと宣伝しておこうという塩梅でしょうか。タンブラーに貼られたシールはカビーさん直筆っぽい様な気がしますが、カビーさんは漢字出来る子でしたっけ……と、この告知ステージ前後あたりから日差しが強くなってきまして。いよいよ鎌ヶ谷の夏らしさを感じ始めている私でした。

 カビーさんは物販紹介までキッチリ終えて一旦帰って行きます。ばいばーいとやってるカビーさんとおねーさんだったんですが、ステージ上に散らかったおもちゃ類は……ふたり揃って放置ですか(笑)。

 この後はパレードからの登場と言う告知もしつつ、引き上げていくカビーさんでありました。その背中はなんかやりきった感満載で、今日も楽しめそうだという手応えを感じる私でした。
 
 

 当日の予定は「さる・かに・かびー」が終わった後は外周路を利用したパレード。サブタイトルに「スプラッシュパレード」と言うシロモノ。何というか、千葉マリンスタジアムの面々が舞浜駅近く「夢と魔法が渦巻くのあの辺」をライバル視……一部の鴎はあこがれていましたが、「あの辺」に追いつけ追い越せと色んなネタを練っているってのを2005年頃の本で見たことがあった私。「B☆B Photo Book RUN」の中でB様とパルちゃんの対談でも舞浜らへんの話が出ていたわけで、演者サイドで得るものもいっぱいあるでしょうし、リスペクトしたなるネタがいっぱいあったりするのかも、なんて思ったりしていました。

 去年はなんかもう人でごった返していたパレード始点ですけど、今年はなんとなくまったりさん。この辺、今年は入場待機列を優先していた人が多いのか、去年はB様が来場していたというそんな事があるのかもしれません。私はなんといいましょうか、お一人様なら何とかなるべぇと言うもくろみの元、入場待機を早々に諦めてました。

と言うわけで、パレードな皆さんの後ろ姿。よさこいか阿波踊りなの皆さんだったのですが、物凄い大きさの団旗にドキドキ。一気にファサッと掲げる男衆がまた格好良かったんですよ。相模原での仕事のようなものの時、こういう風景をレポートする機会があるので、お客さんとしてだけでなく、ちょっと違う視線で見てたりもしました(笑)。

 しばらくはパレードの皆さんと湘南シーレックスの守備練習を見ていたら、カビーさんが外周路でフィールドを見ていた皆さんにご挨拶をしながらやってきました。寮からスタンドに至る道は選手の姿を見ている老若男女が多いのですが、もちろんその辺の皆さんにもカビーさんは人気。ふつーに声をかけられ、ふつーに反応して言うという鎌ヶ谷の日常がそこにはありました。

 この辺は祭りの日だろうがなんだろうが変わらないんですよね。

 そんなこんなで寮の前あたり、パレードのスタートラインにやってきたカビーさんなんですが、いきなりアスファルトの上に寝っ転がり始めます。せくしぃな塩梅なのか、だるい塩梅なのかは判りませんが、いきなりの寝っ転がりに周りにいたお客さんからは「かわいいー!」なんて声が上がっていました。

 どーもかみしばいの辺りから若干のカビーさんママな気が出てるんですけど、気のせいでしょうか(笑)。

 なんか怪しさ満載だったので、折角だからと目線を同じくしてカビーさんを撮ってみます。勇翔寮と周辺の緑がバックに映えていて、やんちゃ坊主らしさが出てるかなぁとか思ってみたり。右手の位置が若干怪しいですが、目をつぶってあげて下さい。

 ちっちゃい子は基本的にう○こと○んこの話で盛り上がれるとか、なんかノスタルジーに浸ってしまう話を思い出していたのはナイショなんですが……オトコノコなんざそんなもんです(笑)。

 
 ソイヤソイヤソイヤと道の上からご挨拶をしていたその後、なぜか殉職状態だったカビーさん刑事。何がどうなったかとかはわかりませんが、どうやら天に昇って逝ってしまうようです。

 夏の暑い盛りですが、なんとなく天から天使が降りてきて「ぼくはもうねむいんだ」とかの幻聴が聞こえたような気がするんですが、おねーさんのツッコミにより再び起きあがるカビーさんでありました。

 パレードスタート地点はイコールでパレードの終着点でもあるんです。先行して進んでいたサンバ隊の皆さんが帰還。待機していたところにカビーさんが乱入。みんな大喜びでカビーさんを迎え入れています。

 みんなに迎えられたカビーさんだったのですが、お父さんの持つ太鼓に興味津々。いつも応援団の皆さんの輪に入る時、本当に上手く太鼓で応援のリードをとるカビーさんなので、打楽器はなんとなしに気になるのかなぁと。

 太鼓を持っているお父さんがなんか幸せそうです(笑)。

 太鼓をちょろちょろ叩かせて貰っていたカビーさんですが、サンバ隊にも所属していた小さいオトモダチがカビーさんを見つけて一緒に踊ろうと誘っていました。ここで指をくわえて待っているだけのカビーさん達じゃありません。たぶん北海道辺り出身だとは思うのですが、奥深くに潜んでいるラテンの血が騒ぐんでしょう、物凄いノリノリなサンバ披露していました。

 撮影漏れしてしまったのですが、両写真共に右端に写っている黒いスタッフTシャツを着たお兄さんがメチャクチャいいキャラクターだったんですよ。やらないですよとかそんなフリの後、熱すぎるダンスを披露。その場にいたみんなが笑顔でした(笑)。

 そんなこんなでサンバ隊の皆さんとハッスルしていたカビーさんなのですが、予定外のサンバダンスだったのか、早々に活動限界を迎えている様子。ほんの数秒前まで元気いっぱいだったのが、両手をだらーんとすると、そのまま固まっていました。コレにはサンバ隊の皆さんが予想外だったらしく大笑い。おとうさんとおかーさんが大丈夫かい? なんて笑っています。

 とまぁ、この辺は言うまでもなくカビーさんの冗談。ひっぱった後に鎌ヶ谷から車で30分ぐらい(渋滞時間考慮)の場所に住んでる鴎の長兄であれば、まず間違いなく何かが叫ぶ動きを入れてくると思うのですが(笑)、カビーさんは普通に再起動していました。

 サンバ隊の皆さんと触れあっていたカビーさんを見ながら、パレードの開始を待っていたのですが、なんか一回、勇翔寮方向に引き上げていきます。どうしたのかと思えば、カビーさんがもよおしてしまったそうで、寮のトイレを借りるんだとか、そんな話が出ていました。

 ……押さえ方を見ると、どうも小さい方じゃなくて大きい方の様な気がするんですが、真相は闇の中です(笑)。
 
 

 用を足し終わったのか、しばらくして勇翔寮から出てきたカビーさん。なんか遠目からでも判る位に状況がよろしくない感じ。変なもん食べてお腹の調子が悪いのかとか、くま型へろにょん病でも再発したのか、色々思うモノの、なんか違うなぁと思っていた私であります。

 結局、腕組みのままパレードスタート地点へやってきたカビーさん。なんか今までにないような雰囲気にちょっとドキドキしてしまいます。
 
 今までに見たことの無かった雰囲気を見せていたカビーさんに「どうしたんす?」と聞いてみると、「スプラッシュパレードに使う機材(洗車用ウォーターガン)が壊れちゃった」んだと教えてくれました。今回のパレードの肝であるスプラッシュが打てないと言う状況に腕組みで悩んでいたという形なんですね。
 
 
 予定していたネタが機材トラブルでアウト。

 それでもパレードの時間は刻一刻と迫ってくる。
 
 
 もちろん、ストレートに行くのが一番いいんでしょうけど、こう言う時にカビーさんと鎌ヶ谷班がどうするのか、ちょっとだけ楽しみに見守る私でありました。
 
 
 パレードカーという名の軽ダンプの荷台の上に大きなポリバケツが置かれていたのですが、それを一旦撤去。ポリバケツが置いてあった荷台にカビーさんが鎮座すると言う形に。いつも通りの表情ではあるのですが、なんか妙に神妙な面持ちに見えてしまいます。

スプラッシュパレードがキャンセルに追い込まれる中、荷台にのっかったカビーさん。一体全体何をどうしていくのでしょう?
 
 
 カビーさんと鎌ヶ谷班が選んだのは……「ごめんなさいパレード」と言う選択肢でした(笑)

 機材トラブルで水まきパレードがキャンセルになってしまったので、これはもう素直にごめんなさいをしていこうというそんな流れの様子。アテンドのおねーさんが趣旨説明を行い、他のスタッフが「すんませんでしたー!」と頭を下げている、そんな塩梅であります。

 カビーさんもごめんなさい体勢が整い、いよいよパレードのスタートです。
 
 
 昨年のパレードはなんかもう物凄い人出でしたし、B様とカビーさんが怪しく動いていたのですが、今年はカビーさんオンリー。さらには水まき予告もあったのでお客さんは普通に待機していたような、そんな塩梅だったんですよ。

 勇翔寮をバックにごめんなさいパレードを見ていたのですが、なんかもう寂しさ満載です(笑)。

 相当ゆっくりな速度で進むパレードカー。昨年はスズキ・キャリーでしたが、今年はダンプ仕様車なんですね。腰高な感じと共に荷台直下がカメカしい感じがポイントって感じでしょうかね。

 お客さんにごめんなさいしたり、手を振って声援に応えていたカビーさん。横を今シーズンから北海道日本ハムファイターズの二軍投手コーチに就任した小林繁さん(2010年1月17日にお亡くなりになっています。早すぎますよね……。)が歩いています。この直前にはダース投手も普通に歩いていたりと鎌ヶ谷らしい光景が広がっていました(笑)。

 カビーさんのごめんなさいパレードはいよいよお客さんが一杯いる球場正面へ。人も多いのでパレードカーが相当速度を落として走行していたおかげで、カビーさんが立ち上がってのごめんなさいへと移行し始めています。

ごめんなさいっぷりが何というか、謝罪会見状態になってきているカビーさん。私の脳内ではSuper Bell”zの「謝罪ストレッチ」が流れていました(笑)。

 パレードカーが球場正面に到着する前後でアテンドのおねーさんも荷台へ乗車。ふたりでごめんなさいをしていく形へとなだれ込んでいきます。出店付近にいたお客さんも何事かという雰囲気で見守っていますが、とりあえずはごめんなさいと謝るふたりでした(笑)

 しかしまぁ、この頃ちょうど選挙の時期だったってのもありますけども、街頭演説っぽくなっているような気がしないでもないでもないです(笑)。
 
 

 パレードカーは謝罪ストレッチを行いつつもズンズン進み、入場待ちをしている沢山のお客さんの方へ向かっていました。そんなパレードカーに声をかける謎の集団とイケメン兄さん、綺麗なねーさんが。何だろうねぇとよーく見てみると……。

 フジテレビアナウンサー、渡辺和洋アナと佐々木梨絵さんじゃないですか。

 この日のファイターズスタジアム鎌ヶ谷はテレビカメラが妙に多いなぁとは思っていたのですが、組み合わせとカメラマークを見るとどうやらフジテレビTwoのプロ野球ニュース班だったようで。全部チバテレビのカメラだと思っていた私はちょっとビックリでした。
 
 
 ……去年も取材してれば兄弟熊そろい踏みだったのになぁと思う私でした。なお、当日のプロ野球ニュースの映像に私の後頭部を確認。色んな意味で警戒を強めなくちゃなぁと思いました(笑)。

 パレードカーはいよいよ一番人の多いゾーン、入場待機列にやってきました。途中、誕生日プレゼントと言うことで銀色に輝くバルーンを貰った謝罪班。雰囲気的に「ドリフ大爆笑」における名作コント「バカ兄弟(故・いかりや長介さんと仲本工事さんの名コンビが織りなすシュールなんだけどベタなコントでした(笑))」を思わず思い出してしまいます。間違いなく風船がそのイメージだと思います(笑)。
 とりあえず、入場待機列は途中の折り返しを経て入場口方向へ延びています。なんかいいシーンが見られたんでどうせ人大杉なのでとパレード見物していて大正解かも、なんて思っていました。

 入場待機列の最後まで行ってパレードは終了。次の出番の絡みもあるので、荷台に座って移動を開始するカビーさんとおねーさん。なんて事内日常ではあるんですけど、球場外のパートだと一番好きな絵かも知れない。なんつーか、パートナーって感じがいい塩梅なんかなぁと。
 
 
 
 この後、球場正面の出店街をフラフラ。今年も唯一の他局出演、地元の大学生達が作るミニエフエムに飛び入り参加。直前に放送を聞いてみて、色々と手こずっている状況を見守りつつ、代表の方に促されたので完全ジャック。カビーさんの年齢やらB様との関係やらがgdgdだったんで、主導権を握った後に見守っているお客さんに聞いてみたりしてました。とりあえずは、放送ブース近くで見守っていたお嬢さん(みのさん風)とかお子さんが良い反応してくれたので、自分自身の手応えも感じていました……って、そんなことしてたのね(笑)。

 とりあえずは話す内容を頭でしっかりと組み立てて、わからんかったらちゃんと調べる。中継レポーターは行き当たりばったりで聞かずに事前にちゃんと聞く内容を話す。この辺は本当に重要で。ホント、ノリと勢いでやれるってのは、その人のキャラクターってのが一番でしょうけど、それよりもそう言う状況ある程度慣れていないと正直厳しいでしょうし……とか、神奈川県相模原と言う一部の地域だけで物凄くコアな球場エンタメに関する話ばっかりやってる番組の担当の人な私であります。当時は地域でしか聞けなかったんですけど、今はサイマルラジオという強い味方があるので、全国各地からコアな放送を聞いていただける
 
 
 とまぁ、色々とありまして、正面ステージに戻るとカビーさんと速水けんたろうお兄さんがサイン会の真っ最中。出遅れたなぁとか思いつつ、何とかおっつけていきます。

 私がステージ前に到着したときにはもうカビーさんが引き上げていく所。けんたろうお兄さんはもう少しサインを書いてくださるようなのですが、カビーさんはちょっと先に上がっていきます。色んな意味で先輩でありゲストさんなので、しっかりとご挨拶していきます。
 
 うん、いつ見てもけんたろうお兄さんはナイスガイですな。

 ご挨拶の後はねぎらいをと言う人生経験豊富っぷりを見せつけるカビーさん。なんというか、カビーさんは毎年三歳にはなっていますが、日々成長を遂げているって感じでしょうかね。オトナの階段を上がっていくのはこうやって上がっていくんだなぁとしみじみ思った私であります(笑)。

 と言うわけで、カビーさんは引き上げていきましたが、ギリッギリで速水けんたろうお兄さんのサインを貰える僥倖。けんたろうおにいさんにサインを貰うときに番組やってる事とかその番組で曲をかけてるなんて話をさせて貰いました。爽やかな笑顔で「ありがとうね!」なんて声を掛けて頂いて、本気で嬉しかったです。ちなみに、その週末、本当に「KAMAGAYAトキメキファイターズ~鎌サポ・ヴァージョン」をO.A.させてもらいました。

 ホント、全国のコア層に聞いて欲しいんすけどね(笑)。
 
 
 てな訳で、この時点でようやっと場内へ入場。座席は……案の定なさそうなんだけど、何とかなりそうな階段を発見。選手や色々の写真を撮影出来る場所さえあれば何とかなるべぇと色々と割り切って、実は今年初めてのファイターズスタジアム鎌ヶ谷のフィールドを目の当たりにする私なのですが……。
 
 
 
 
 
 ・こぐまのたんじょうび2009(その2)
 
 
 
 
 
 さて、次回は試合開始前のフィールドの様子などを。カビーさんが主役のこの日は色々とゲストもいらっしゃっていたのでありました……。
 
 

 

著者紹介

オサナイ タカオ観戦撮影者/コミュニティFMパーソナリティ
自身の担当番組で話すネタにと野球場に足を運んでいたら、スタジアムを盛り上げているキャラたち、そしてチアたち、
いわゆる球場エンターテイメント班のみんなの活躍に心奪われ、素敵で素晴らしいみんなの活躍を色々な人に伝えたいと
写真とテキストで綴る「Radio TRICK -光画部-」を2006年7月19日からスタート。気がつけばもう開設から10年です……。
■現在の担当番組
FM HOT893 「Weekly Hotline」 パーソナリティ
FM HOT893 「Sunday Request Line」 レポーター
FM HOT893 「Now&Know」 パーソナリティ(代打)

«
»

コメント





コメント